〜参加型活動へのこだわり〜

物理的にも精神的にも制限された空間で

いかに感性を呼び覚まし、自分の世界を広げられるか

アートを病院や施設の子どもたちに!

と日々取り組むスマイリングホスピタルジャパンの4つの活動方針は

🌀本物のアート

🌀定期活動

🌀参加型活動

🌀個別活動

この中でどれが一番大事か、と言われて順番をつけることはとても難しいですが、

「参加型活動」

は基本中の基本。

音楽鑑賞、絵画鑑賞と言いますから

もちろん観て楽しむ、聴いて楽しむのも

アートに触れる豊かな情操活動です。

しかし、 

受け身になりがちな入院生活で、

アートを媒体として

やりたい、やってみたい

という能動的な気持ちが生まれたら

なんて素敵なことでしょう。

いかにアクティビティに巻き込むか、

作業に興味を持ってもらうか、

それは芸術の技術プラスアルファの、プロのアーティストの腕の見せどころです。

そこへ、

好きなだけ楽しいことをやっていい時間が

ちゃんと保障されていることも条件。

処置や入浴など病棟のスケジュールを気にすることなく、

創造活動に没頭する。夢中になる。

主体的に自由に創造力を発揮できます。

人間的で子どもらしい時間と言えます。

その姿はとても美しいのです。

瞳は澄み、その純粋さに憧れさえ抱きます。

手持ちの古ぼけた感性を持て余し、

退屈する大人に喝を入れるが如く輝いています。

眩しいくらい。

心の中で自由に遊んでいる、

そんな時間は、

どこにいても、

どんな状況にあっても平等です。

活動の時間

「SHJアーティストと遊ぼう」の時間

さえ確保されていれば・・・。

その先はアーティストのファシリテート次第。

いかに魅力的なワークを

いかに多角的にいかに種類を豊富に揃えるか。

その日の人数も年齢も、事前にわからない。そこで活動するなど、なんと途方もない無理難題でしょう。

でも、どの子にも参加してもらいたいから、場合に合わせたいろんな引き出しを用意します。

活動を重ねてアーティストが学んできたことです。

引き出しがどんどん増えます。

その中身はワクワクでいっぱい!

活動の時間はその準備にかける時間よりも短いかもしれない。

それでも構わないと口を揃えます。

何故って、

子どもたちが目を輝かせて自分が用意した独自のアートに夢中になってくれたら、

それほどアーティストにとって嬉しいことはないからです。

プロの誇りがそうさせるのかもしれません。

有難いことです。

不自由な状態にあることなど忘れて、

自由に想像力を膨らませ、

楽しかった~

入院しててこんなことできるなんて~

という嬉しそうな笑顔を見たら、

次はこうしよう、ああしようと、

アーティスト自身が想像力を膨らませ、

楽しみにします。

やりがいがあるから続けます。

参加型・・・

そこにいる全員が共有できる意義があります。

Smiling Hospital Japan Official Website