またか!UDタクシー拒否🚗

感染症対策のために

車椅子で乗車できるスロープ付きの

UD(ユニバーサルデザイン)タクシーが

配車を拒否したという記事を見て愕然!

利用者の苦情が

紙面に載っていました。

路上での拒否については以前に書きましたが

→2019/12/30投稿〜UDタクシー誰のため?何のため?

今度は配車すら拒否⁉︎

またか!

と頭から湯気♨️が出ています。

拒否の理由は

・運転席と客席の間の感染防止フィルムが外せない

・コロナで車両台数を減らしているため予約はできない

さらに当該タクシー会社は

「説明が足りず誤解を与えた」

と釈明したそうだが、

これは誤解なのか

それとも差別?

意地悪?

タイマン?

苦情を申し立てたYさんは

説明不足でも誤解でもない

コロナといえばなんでもアリなのか

と憤りを見せています。

🚗 🚙 🚌

常々思うことですが、

災害時など有事の際は障害者や高齢者など

不自由さを抱える方や

社会的弱者が

サービスを受けにくかったり

窓口抑制されたりする社会は

変わらなければ。

今回のUDタクシー配車拒否についても当然です。

怪我をしている

荷物をたくさん持っている

赤ちゃんを抱っこしている

体調が悪い

など

誰にとってもタクシーはとても助かる存在。

タクシー会社には

「みんなの頼りになるタクシー」

という誇りを持って営業し

モチベーションの高まるような

社員教育を徹底してほしいと強く思います。

✔︎車椅子のままの乗車や配車を拒否すること

✔︎スロープを載せないまま(これではどうやって車椅子を載せる?)運用すること

これらは道路運送法に違反するそうです。

確認された場合は厳正に対処するとのことですが、

そもそも

懲罰を受けないため

ではなく

当事者の困難さに心を寄せ

本当に頼りになるタクシーでいられるために

ぜひ、

タクシー会社の方達には

みんなの味方

スーパーヒーロー・タクシーマン🙋‍♂️🙋‍♀️

になってほしいなと思います。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook