本を書くということ-2-📕

本を作るって本当に大変な仕事なんだなあ、

と原稿を書き上げてつくづく感じています。

出版企画書を練りに練り

添え状にも念を入れ・・

出版社数社に郵送して

「興味があるので詳しくお話を聞かせてください」

と、憧れの出版社から嬉しい返事をいただき

いそいそと企画の趣旨について語りに行きました。

そんな話し合いがひと月かけて4~5回あったかな。

出版社側もそれはそれは念入りでした。

この企画、社員全員がGOを出しました!

というメールが届き

天にも昇る心地になったのが

今から1年半前。

素材はブログにあるんだから

ストーリーとして繋げて

表紙デザイン含めて体裁を整えて

製本して出版だ!

などと業界事情を知らない私はまるでお気楽でした。

その後始まったのは

ブログ内容の精査、

書き直し、

加筆、

気に入っていたところを削除😭、

 「趣旨から脱線してますね」

 「ここで私情はNG」

文章の構成し直し

 「文脈が前後してます」

・・・・・

などなど。

やっと初校ゲラが上がったのが先週のこと。

赤だらけのゲラに

これまでの苦労?はなんだったのか

と打ちひしがれる間も無く

夢中で修正しました。

さて、今は結果待ち。

ちょっと余裕の時です。

やっと全体が見えてきました。

さらに活動に関係するいろいろな立場の方の生の声を

コラムとして挟もう、

というアイデアがプロデューサー達から飛び出しました。

本という商品を売る、というより

一個の夢を後押しするために

良い作品にしようというサポートが

心に染み入ります。

医師

病棟保育士

アーティスト

コーディネーター

にオンラインで一人一人インタビュー、

コラム化するのはプロデューサーの仕事です。

ここまでしてくれるのかあ~と感謝あらた。

インタビューを通して

それぞれの立場から活動に対して思っていることを知ることができて

一番嬉しかったのは

活動の趣旨と内容が決して

一方的な独りよがりではなかったということ。

まずアーティストからは

”活動を通して子どもたちから教えてもらうことがたくさんある”

”子ども達の変化を目の当たりにできる”

と。

コーディネータからは

”病棟という環境でプロのアートのものすごい臨場感を

子どもや家族に味わってもらえる”

”なかなか動けなかった子どもが

活動中に声をあげたり

腕をあげたりする変化が

医療者にとって治療の予測を飛び越えて励みになっているという実感がある”

と。

医師からは

団体との信頼関係は確固たるものであり、

子どもの成長を見守る上で

互いに一番の理解者である、と改めて手を取り合える間柄であることを

確認でき、まるで夢のようです。

そして今日は最後のインタビュー、病棟保育士さんでした。

”子どもが子どもらしくいられる時間と

子どもの可能性を発揮する機会をくれるのがSHJ”

だと。

子どもに

「楽しかった!次はいつ来てくれるの?」

と聞かれても

週に1回の定期活動だから

「来週来てくれるよ!」

と即答できることが保育士として誇らしいと。

そしてこうも話してくれました。

この病院は月曜日と木曜日が入院の日ですが、

入院したその日に面白いことがあると

入院が怖くなくなり、一旦それを経験すると

子ども達は病棟でリラックスしているそうです。

しかし一方の活動がない方の曜日に入院した子は

なかなか新しい環境に慣れずにいますと。

「週2回に増やしましょうよ!」

とつい調子に乗ってしまいましたが

反対するアーティストやコーディネーターは

一人もいないはずです。

さらに嬉しかったのは

「コロナのせいで活動はいつ再開できるか心配だ」

などという声は誰からも聞かれなかったこと。

活動の良さがこれほどあるのだから

何があったって

SHJは当たり前に存在できる、

という実感をかみしめています。

📕📗📙

いざ、出版となれば

またあれこれ嬉しい忙しさが待っているだろうと思います。

この1年半夢中になったから完全燃焼と言いたいけれど

まだまだこれから。

のびしろはこれからのビジョンとして

長く長く続いています。

*****

本を作ることで団体を応援してくれる出版社。

今回のインタビュー含め、折に触れ

自分でも気づかなかった意義に思い当たったり

自信につながったりする機会をくれるプロジェクトです。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

ブログを書く、ということ✏️

ブログを始めて3年3ヶ月。

信じられないことに

振り返れば600以上も投稿しているから

我ながらあっぱれです。

文章力が上がっていればなお良しなのですが・・・

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

作文が超苦手だった子ども時代を思うと

生涯学習という言葉が浮かびます。

いくつになっても未熟

いくつになっても伸びしろがあるってこと。

毎回楽しみに読んでますと言ってくださる方

文章が軽快で読みやすいとか🤙

愛があるとか😍

松本独自の世界観が見えるとか😉

いっぽう

ちょっと極端だねという辛口意見をくださる方もいたりして😆。

どれくらいの人が読んでくださってるのか気になり始め

カウントを開始してそろそろ3年ですが

閲覧数は11万PVを超えました。

励みになります。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

さてブログを始めた理由。

立ち上げたNPO、スマイリングホスピタルジャパンの

さらなる発展のために何ができるか。

それは設立した経緯と趣旨

そして

ブレない世界観のもと

何を目指すのかを

広く知ってもらうこと。

そのためには設立した人が

著書にまとめ、

活動を紹介し、

その意義を世に問うのが一番

という内外からの期待を受けました。

しかしいきなり本を書くなどは現実的ではない。

そこで

さまざまな挫折や

教員として病院に身を置く中で感じてきた疑問や気づきを通して

得た発想とその原点からこれまでを

文章にし公開していったらどう?という

周りからの励ましに背中を押されて始めたのがこのブログです。

芸術や教育、子どもをテーマに時事ネタも必須、

ということで毎日が勉強でした。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

文章を書くことに苦手意識を持ちつつも

活動を始めた理由に大きな意味があること

だからこそ全国に広がったこと

伝えなければ

伝えることで

もっと理解や賛同が集まり

もっと広がっていくという期待に駆り立てられるように綴り続けています。

長期入院を余儀なくされる子ども

重い障がいのために学習や活動とその内容までが極端に制限される子ども

そのような子どもたちのために

教員として身を置いた特別支援学校でのあれこれから

ヒントを得て始めた

入院・入所中の子どもにプロによる本格的な芸術を参加型で!

在宅を強いられる子どもに温もりのある本物の学びを!。

このような活動の意義を広く知ってもらい

やがては

子どもがどんな状態にあっても

学びや生きる喜びを感じられるような

トータルな成長の環境を保障していくことが

大人の使命であることが

当たり前の社会になっていくことを願って。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

かっこよくまとめることもできず

拡散の仕方も未熟。

わからないづくしのまま

ひたすら毎日書く、書く、書く。

原点である長期入院と院内学級勤務。

そして軌道に乗ったところまでを書いたところで

さてそろそろ、という直感から

出版社に企画書を出し

熱心にやりましょう!と言ってくださったのが

英治出版

決まってからはブログは徐々にペースダウン。

毎日書いていたのを

週に2~3に減らしました。

新たに書くことを減らし

出版企画のために

書き溜めたものの選別や

書き直しにシフトしました。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

出版が決まって随分と時間が経ちました。

1年半もかけて

私の夢やSHJの使命を応援するために

じっくりと時間をかけて本づくりに取り組んでくれている

この出版社には感謝しきれないほどです。

月末にはゲラが届く予定。

楽しみで仕方がありません。

この自分が本を出すなんて夢のよう。

しかしそうは言いつつ

頭の片隅では

次なるテーマがぐるぐる回っているから

自分でも呆れてしまいます。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

ブログ・・・。

活動のことはもちろん

子どもをめぐる様々なテーマや

現在の教育システムへの異議

さらに日常感じたことをエッセーにしたり

気に入った本の紹介をしたり・・

内容は多岐にわたっていますが

これからさらに

好きな料理もテーマの一つに入れたいな

と思っているところです。

気持ちは元気ながら

寄る年波には勝てず

がむしゃらを卒業し

これからは

等身大、自然体で文章が書けたらいいな、

と思います。

年齢を重ねたゆえの渋みとか

熟成された旨味!なんかが

加わったら最高です。

英治出版

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

〜美大に行かないか?🎨🖌~

前回綴った「アートの力」。

アートの持つ力については

アートと子どもをテーマに団体を立ち上げたこともあり

度々ブログで触れている。

院内学級で芸術が子どもたちを笑顔にすることを

度々目にしていた頃は

本屋に行けばアートを題材にしたストーリーに手が伸びていた。

ちょうどそんな頃に手にとったのが

〜「あなたには夢がある 小さなアトリエから始まったスラム街の奇跡」

ビル・ストリックランド+ヴァンス・ローズ著 英治出版〜

→5/7投稿〜「あなたには夢がある」

事務所の書棚に収まったこの本に目がとまり

吸い寄せられるようにして

12年ぶりに読んでみた。

著者は無目的に通っていた高校の美術教師に才能を見出され

やがて芸術を通して行き場を失った人たちを救うという大事業を成し遂げる。

我が高校時代と重ねてみた。 

小さい頃から物作りが好きだった私は当然のように選択科目は美術を選んだ。

ホームルーム教室の1.5倍ほどある美術室の壁には

イーゼルやらキャンバスやらが雑然と立てかけられ

キャビネットにはデッサン用の石膏像がずらり。

生徒たちの未完成の作品が棚に並べられて乾かしてある。

奥の準備室には美術部員の作品だろうか

油絵の大作がいくつも重ねて立てかけてある。

他の教室とは違った

なんとも言えない開放感

なんだかそこだけ外界と隔てられ

時間の流れすら違って見えた。

自由な創造性と可能性に満ちた不思議な異空間。

別の教科の先生たちから

一歩距離をおくかのように

どこか冷めていて

でもアートには熱い美術教師。

そこが共感を誘った。

独自の世界観に魅力を感じて勝手に親しみを感じていた。

その頃から芸術家が好きだったんだな、きっと。

アーティストには

決して群れない自立したオーラを感じるのだ。

そんな我が(⁉︎)美術教師にとって

美術室はみんなが集える庭

そして準備室は先生の城

とすると職員室は

先生にとっては混沌とした社会そのものだったのかな、と今思う。

自分らしくいられるために向かう先が

庭の向こうにある美術準備室だったのかもしれない。

もっとも、先生に確かめたわけではない

私だけが作り上げたイメージに過ぎないが。

その頃自分はどうだったかというと

「あなたには夢がある」の著者同様、

特に目的も楽しみも見いだせず無為に過ごしていたし

家庭のゴタゴタを言い訳に投げやりだった。

そんななか

「美大に行かないか?」と

先生に声をかけられた時のことを

思い出す。

自分がいて、だけど自分がいない

空虚で地に足がついていないようなふわふわした自分に

初めて自分の実態を、少なくとも自分という存在の一部を

他者から教えられらたような感じ。

先生は私の中に何かを感じてくれたのだと思う。

著者は美術教師の

「君には才能がある」

という言葉に素直に意味を汲み取り

期待に沿うことで奇跡を起こした。

自分の知らない自分を他者が教えてくれる瞬間

というものをどう生かすかで

人生はまるで変わってしまう

ということがこの本に書かれているが、

そうだなあ、

私があの時の先生の言葉をちゃんと受け止めていたなら

また違った人生だっただろう、と思う。

もしかしたら

というより

かなり高い確率で

アーティストとして

今の活動をしていたかもしれない。

結局たどり着くのは

ここ

なのかもしれない。

引き寄せられるものに従って

生きるのが人生かな、などと思ったりする。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜「あなたには夢がある 」〜

小さなアトリエから始まったスラム街の奇跡・・・

そんなサブタイトルがついた「あなたには夢がある」

ビル・ストリックランド+ヴァンス・ローズ著 駒崎弘樹訳

お世話になっている英治出版が12年前に出版した本。

当時は院内学級で国際理解教育に熱を入れていた頃で、

インスピレーションをくれる予感と同時に手に取った書物。

そして

アートが入院している子どもにとって

大きな力になることに気づき始めて

輪郭のない将来のプラン(今の活動をすること)が膨らみかけていた時期だ。

読書をする時間ができた今、

この本を改めて手に取り

その頃をふと思い出した。

アートが人生を豊かにすることを

著者の生き方を通して再確認したいという思いに駆られて。

それはほかでもない

新型ウイルス猛威により

病棟や施設での活動が停止し

アートを入院している子どもたちに届けられていないという

焦りがそうさせたのかもしれない。

「生きていくこと」と「アート」を

ぐっと引き寄せておきたい

そんな少々乱暴な思惑があったかもしれないと

自分のこころの中を俯瞰してみたりする。

本書の始まりはざっとこうだ。

高校時代、目的意識もなく落ちこぼれだった著者に

美術教師のロス先生が希望を与えた。

美術室はいつもロス先生の好きなジャズが流れ

コーヒーの豊かな香りが漂っていた。

そんな空間で

陶芸を通して初めて自分の可能性に気づいた著者。

アーティストとして目覚めた彼は

スラム街で少年たちのためのアトリエを開く。

そこはやがて人生を降りてしまったような人たちが希望を見出す場所として

大きく変わっていく。

*****

自分の高校時代を振り返る。

もともと物作りが好きだった私は迷わず選択科目は美術を選んだ。

美術室に一歩足を踏み入れた時の

なんとも言えない開放感は今でもはっきり覚えている。

イーゼルやらキャンバスやらが無造作に立てかけられ

キャビネットにはデッサン用の石膏像がずらり。

奥の準備室には先生が描いたらしき油絵の大作が立てかけてある。

確か先生も準備室でコーヒーを飲んでいた。

美術室。

なんだかそこだけ外界と隔てられた

異質な、不思議と自由で可能性に満ちた空間に思えた。

そして先生の自立した世界観に魅力を感じて

とても居心地が良かった記憶がある。

「あなたには夢がある」の著者も、もしかしたら

ロス先生に同じような魅力を感じたのかもしれない。

アーティストその人にしかない世界観を。

著者はやがて大学で美術を教えるようになり学生たちに芸術の力を訴えた。

「芸術はより大きな世界、幅広い経験ができる世界への架け橋」

「人は芸術で変われる。芸術は骨の髄まで染み込む。芸術の不思議な力が、生きがいのある生き方とはどんなものかを教えてくれる」

と。

今、世界中が混乱し

先の見えない大きな不安を誰もが抱いている。

そんな時に希望と勇気を与えてくれることのひとつが

まさに芸術ではないだろうか。

私が

院内学級にいた頃に

病と闘う子どもたちに喜びと希望をもたらすのが芸術だと悟ったことが

この本を改めて手に取ったことで確信となって迫ってくる。

芸術の力は普遍である、と。

芸術が奇跡までも起こす。

芸術は社会を変える。

世界中のアーティストこそ

彷徨う人々を骨の髄から救う人たちなのかもしれない。

今、この本を改めて手に取って良かった

と心から思う。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

物事の本質はいつも子どもから学ぶ👦

”いつでも、どこでも

子どもたちは正直で

物怖じせずに貴重な知識を授けてくれた”

「国をつくるという仕事」

西水美恵子氏著 英治出版 より

出版10周年記念イベントでお会いしてから

西水さんの人生観や物事の捉え方に

深い頷きと共感

インスピレーションをいただいた

衝撃の夜!から3週間が経とうとしています。

→11/18投稿「国をつくるという仕事」著者 西水美恵子さんと語り合う会

→11/20投稿「「国をつくるという仕事」著者 西水美恵子さんの想いに触れて

元世界銀行副総裁という肩書きを見ただけで

”物怖じ”してしまった私。

それもそのはず

私が米国の銀行(現チェース・モルガン銀行)

に入行し

Treasury Back Officeで

主に外為事務をちまちまと行なっていた時に

西水さんは世銀に入行して

途上国の貧困対策のために

世界中を飛び回っていたのだから。

さて、冒頭のくだりは

西水さんが

トルコやバングラディッシュ、スリランカに出張中に感じたこと。

早朝の子どもたちの登校に頻繁に参加し、

時にはなかなか先生が来ないクラスで

臨時英語授業をすることもあったと。

地域を知る、また

子どもたちとの雑談の中から

その国の教育事情

政治の歪み

女子教育に対する軽視・・・

様々な課題をキャッチしたそうだ。

途上国内の格差是正へのヒントを得る事に大いに役立った

ということが書かれている。

こんなところに西水さんの現場主義が如実に表れているなあと感じる。

📕 📗 📘

子どもは本当に屈託無く

正直に心の中を伝えてくれる。

もっとも、小学校高学年にもなると

テレが邪魔をしてそうもいかないところもある。

”子どもは正直で物怖じせずに意見を言う”

西水さんが現地にいた40数年近く前の日本でも

同じように子どもは伸び伸びしていたような気がする。

なんだか自由で泥臭くて

太陽の香りがするような

そんな存在だった。

さて今。

子ども特有の素直さや正直さ、怖いものなさが

失われつつある、というより子どもたちもまでが

大人たちにそんたくする事で

貴重な意見を心の中にしまってはいないか、

と気になる時がある。

そうしているうちに

言葉にすることの大切さや重みを感じるチャンスを失い

ものを言うことへの

気恥ずかしさや

責任が先に立って

ものを言う機会そのものや

自分を表現する場を逸し

その力が失われていくような怖さを感じる。

ものを言うことへの圧迫感が

低年齢化しているとしたら

それは

「国をつくる」

と正反対の作用となりそうで怖くなる。

もしかしたら

西水さんは

途上国で伸びやかに話す子どもたちを見て

この国は大丈夫。よくなれる。

と確信したのかもしれない。

📕 📗 📘

ここで話は少々飛ぶが、

少し前に紹介した

「教えない授業」氏著 英治出版

で綴られている

対話型授業。

→9/13投稿「教えない授業」

対話を通して子どもの発話を促し

思考停止を食い止め

話すこと伝え合うことで

自ら学び課題意識を持ち

発信し合う。

知識偏重ではなく

考える隙間の時間を大切にする

という基本理念は、教育現場でなくてはならない本質的なものと感じる。

子どもに自由に話せる時間を!

意見を言い合うことの喜びを!

なぜって、

本当に大切なこと

本当に本当のことは子どもが教えてくれるから。

そして

物事の草の根は全て子どもにあるのだから。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook