「わきまえない人」

私はどちらかというと

わきまえない人

だと思う。

そのせいで何度職員室で浮いたことだろう。

  🌀教員としての立場をわきまえずに

   いつまでも病棟にいて

   生徒の病室で子どもの様子を見て回ったり

   お母さんと立ち話をしたり。

  →職務逸脱!と先輩教員から叱られた

  🌀休日だというのもわきまえずに

   気になる子の病室を訪問した。

  →やりすぎ!と看護師長に怒られた

  🌀平教員だというのもわきまえずに

   ある生徒への対応に疑問を持ち

   主任教諭に楯突いた。

  →しばらく学部全員から無視された

言わずにいられないのだ。

身体が自然と動いてしまうのだ。

黙ってなんかいられない。

曲がった事が大嫌い。

* * * * *

東京五輪・パラリンピック組織委員会の前会長が

「理事の女性はみなわきまえておられて」

(女性という立場をわきまえているから余計な発言はしない)

と発言し、

女性蔑視だと世界中で批判を浴び、辞任に追い込まれた。

ジェンダーギャップ指数、153カ国中、日本は121位という数字を

この方が見事に証明した。

〜 〜 〜 〜 〜

さて「わきまえる」・・・

その意味は

 ・区別する

 ・理解する

 ・道理を心得る

と辞書にある。

使用例として

 ・分をわきまえる

 ・身の程をわきまえる

 ・礼儀をわきまえる

などがある。

本心という余計な口出しは遠慮するのが美徳、という印象。

道徳的で控えめ

美しい立ち姿の大人の女性のイメージがする。

空気が読めて

出すぎたことをせずにおとなしくしている淑女の。

しかし決して男性の姿は浮かばない。

それだけ男が主導の社会ということか。

そんな人でありなさいと

女性に課すのが男性。

脈々と続くこの男尊女卑の文化は

男性によって作られてきた。

女は黙ってろ!

という男性を恐怖し

力に屈することで自分を守るしかなかった女性たちの我慢の上に。

でも「◯◯をわきまえる」というこの言葉は

女性たち自身が被った不条理や

差別という事実を目的語にするのでは決してない。

善悪、分、身の程、礼儀・・・

全てとても曖昧で抽象的な目的語だ。

わきまえろと言われている本人が判断するしかなく

煙に巻かれおしまい。

ところが近年

me too運動や

ku too運動、

フラワーデモ・・・

性差別のせいで苦しんできた女性たちが

声をあげ、

声をあげていいんだ

という空気をつくった。

わきまえてなんかいられない!

女性たちよ、もっともっと声を出そう。

主張しよう、

それが自分を大切にする

ということ。

何故ならば

黙って嵐が過ぎるのを待つことくらい

屈辱的なことはないから。

だから、

職員室でいくら浮いたって

構わなかった。

「わきまえない女」でいい。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

英国発 ACT OF KINDNESS❤️

英国でのこと。

感染力の強い変異種が猛威をふるい

3度の都市封鎖を余儀なくされている。

本来クリスマスだけは・・・

と予定されていた昨年の ”クリスマス緩和” が撤回され

ロンドンや南東部でロックダウンが開始。

さらに1月に入ってからイングランド全土で

3度目のロックダウン。

報道されているように

英国での変異種の感染速度はひどいものだ。

そんな中、

販売員を見かけると買って愛読している

BIG ISSUEに

”パンデミックが人と人とのつながりの大切さを

改めて認識する機会を提供した”

とつたえる記事が載っていた。

3密にならないように

2メートル、少なくとも1メートル

相手との距離を置くことが

感染拡大予防に欠かせない対処法だが

このフィジカルディスタンスが必須のさなか、

人と人との心の距離や

共感力、そして行動力が逆に養われその大切さを教えてくれた、

というのだ。

それが

ACT OF KINDNESS(親切行動)

と呼ばれる人々の行動。

昨年3月の第1波の際のロックダウン前後に始まったそうだ。

外出規制のなか

自己隔離中の人や高齢者を

地域で支えようというもの。

このコミュニティ活動が

誰の手でどこからはじまったのか不明のまま

口コミやSNSを通して

瞬く間に全国に広まったという。

 ・スーパーの買いもの代行します

 ・荷物持ちをします

 ・郵便物を発送します

 ・話し相手になります

などの項目が携帯電話の番号とともに

記載されたチラシが配布され

困っている人が助けを呼べる仕組みになっている。

イングランドに住んでいた時に

近くの郵便局で見かけたあのウィッシュリストを思い出した。

”以下のもの、不要でしたら引き取ります”

その掲示物の下部に細かい切れ目が入っていて

それぞれに電話番号が書かれ

興味を持った人がちぎって持って帰り

必要に応じて電話をかけ連絡を取り合うというもの。

住んでいた寮の売店にも同じようなものが貼ってあった。

「来月寮を出るので欲しいものがあったら譲ります。連絡ください」

といったような。

果たして日本でこれが可能だろうか、

と想像してみる。

コロナに乗じた犯罪が後を立たず

国や市区町村の職員を装い、

ATMに誘導してお金を振り込ませるとか

市区町村や総務省等を装い、

給付金の需給を理由にして手数料を振り込ませたり

個人情報やキャッシュカード、現金等をだまし取ったり

と、

そんな犯罪が蔓延している状況では

いくら困っていても

チラシを見ながら電話して誰かに来てもらおう

とするだろうか。

しかしこの記事を読む限り、

そんな危惧が存在することはどこからも感じられない。

英国の郵便局や売店で見つけたあの掲示物・・・

文化として定着していて自然な形で信頼関係を作っているのかな。

昨年6月に綴ったブログ「買占め騒動」で

他者を信頼できるかの

興味深い統計を引用したが

改めて引っ張ってきた。

総務省「情報通信白書」(2018年版)

他人を信頼できるかどうかの調査結果

Q. ほとんどの人は信頼できる

  ・ドイツ人 6割

  ・アメリカ人 6割

  ・イギリス人 7割

  ・日本人 3割

Q. 相手が信頼に足る人物かどうか自分で判断する自信がある

  ・ドイツ人 8割

  ・アメリカ人 7割

  ・イギリス人 8割

  ・日本人 4割弱

分析として根底に他者への不信感がある、と加えられていた。

その興味深い理由も同ブログに記した。

→2020/6/20投稿~買占め騒動

オレオレ詐欺やコロナに乗じた犯罪などが

起こりやすい土壌がすっかり定着した日本では

根底にある他者への不信がますます解消できなくなっているのかもしれない。

そうだとしたら悲しいこと。

英国のジョンソン首相は

緊急会見で英国で新たに見つかったウイルス変異体は

従来のものより感染力が最大70%も強いという

科学的な分析結果を公表。

そして人々に説得力を持って協力を求めた。

一国のリーダーが科学者を信頼し、その結果得られた科学的根拠をもとに

心からのメッセージを送り理解を求める・・・

そんな土壌こそが

他人を信頼できる雰囲気、国のあり方を作っていくのではないだろうか。

ドイツのメルケル首相の心からのメッセージを同時に浮かべながら

そう思う。

英国の

ACT OF KINDNESS

地域で支え合うということ。

子育てもしかり。

災害時もしかり。

人を信じ、人はみんな繋がっている、

という意識は、

どんな時でも

生きやすい社会を作り

命までも守ることができると

そう思う。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

赤ちゃん連れ 応援自販機 続々・・・

少子化が止まらない!

第2次ベビーブーム期の昭和40年代後半に

年間200万人を超えた出生数は、

2014年に推計100万1,000人と半減し(2015年「少子化社会対策大綱」より)

最新のデータでは

2019年に過去最少の

86万5,234人、出生率1.36

を記録した。

少子化の進行と高齢化は深刻で

2060年には、高齢化率が約4割に達すると推計されているという。

子どもが減っていくという現象は

単純に考えて活気が薄れ空気も淀んでしまうようなイメージだ。

マイノリティとして追いやられるような状況になったら

子どもや若者にとって

意見や主張が届きにくい生きづらい社会になってしまいそうだ。

また、大人の目が届きすぎて

のびのびと成長できないという弊害もありそう。

さらに子どもが成人し、

地域・社会の担い手となれば

その数が減少し

一人ひとりの負担が増加する、ということでもある。

フランスやスウェーデンは、

子育て支援の充実や仕事との両立支援策など、

長期少子化対策により、

低下した出生率が 2.0 ほどにまで回復したそうだ。

この成功例を参考にしたのか、

政府が

~結婚、妊娠、子供・子育てに温かい社会の実現をめざして~

と謳いまとめた「少子化社会対策大綱(2019年に更新)」に

数値目標を定め

色々な策を講じている。

例えば

保育園の無償化や

「子育て世代包括支援センター」の整備

保育園や学童保育の待機児童を減らす取り組み

病児保育や一時預かり事業など

子育てのための施設利用料の給付を始めるなど。

ふむ、ふむ。

時間をかけてじっくり普及していく計画という感じだ。

そんな中、

スピード感を持って広がる取り組みがある。

オムツや液体ミルクを販売する自販機だ。

1/19付東京新聞で大きく紹介されていた。

2019年にNPOと民間の企業が協働を始め

北海道に続々展開中。

さらに他の民間企業も手がけるようになり

現在は全国に100台以上あるという。

「応援自販機」、子育て世代の強い味方だ。

こんな取り組みが

もっともっと裾野を広げていったらいいなあ、と感じる。

始まりは

子育て支援のNPO法人「こまちぷらす

が開いたワークショップで

「自販機にオムツが入っていたら便利」

というあるお父さんの声。

災害時なども利用できたら本当に助かるだろうと

容易に想像できる。

このような取り組みを参考に

子育て支援のアイデアがどんどん生まれたら素敵だ。

全国展開するスーパーや雑貨店などで

企業のCSVとして子育て支援を前面に打ち出したら

子育て世代はもちろん助かるし

当事者でない人は子育て世代の苦労を生活の中で

感じることができるかもしれない。

子育て中の人とそうでない人の分断が取り除かれ

子育て中の人や赤ちゃん、子ども、お母さん、お父さんへの

温かな眼差しが溢れるようになったら

子育ては楽しく、より誇りが持てるものになる。

子どもはみんなで育てる、という雰囲気ができたらいいな、と思う。

子ども自身に自ずと社会性も育つのでは?

制度の充実と並行して

人々の意識レベルを変えられるような取り組みは

どんな課題に対しても大切なことだと思う。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

医師が思いを短歌に 〜治療最「前線」〜📖

救急科専門医であり歌人でもある医師が

歌集を刊行する。

題して「前線」

先日東京新聞で紹介されていた。

まず釘付けになった作品は

 世の中の 風当たりにも耐えるよう 防護ガウンを今日も着込んで

世間の偏見を表現したという。

2度目の救急事態宣言が出され

全国で感染拡大が続く現状に

「自分の歌を発信することで、人々の行動を変えたい」

との思いを込めた、と紙面で伝えている。

言葉にすること

言葉で伝えること

言葉を書き記すことは

日々、文章を書くことを習慣にしている私にとって

一つひとつの言葉の選び方に苦労するが

心から楽しい作業である。

しかし、私のように要領を得ずだらだらと書いてしまうのとは違う。

五・七・五・七・七の

短歌という手法で

短く凝縮されたメッセージは

耳に

視覚的に

簡潔にシンプルに直接的に

ピンポイントで

伝わってくる。

そんなペンネーム 犬養楓さんの

今の医療者の現状、思いを端的に伝える短歌を

紹介したくて

紙面で紹介されている作品の一部を

そのまま抜粋させていただくことにした。

  県越える 祖父の葬儀の参列を 自粛するなり 医療者として

  咽頭を ぐいと拭った綿棒に 百万人の死の炎(ほむら)見ゆ

  毎日の 死者数よりも意味を持つ ICUを生きて出た人

  「どうしても 無理なら他をあたります」 受け入れ要請 二件を拒む

  何もかも シェアする時代の週末に ふたりでひとつの人工呼吸器

  この波を 越えたら出そうと退職の 書類が三度 眠る引き出し

医療従事者として

外出する人の減らない理不尽さや

緊張の続く過酷さに逃げ出したくなることもある

とは紙面が語る犬養さんの思い。

心の叫びとでも感じられる次の一句からは特に切実さが伝わる。

 マスクでも 感謝でもなくお金でもない ただ普通の日常が欲し

医療者の逼迫状況を

1/22に投稿した「ゴールが見えない」に綴った。

犬養さんは同著にて次の句も載せている。

マラソンと 同じさ遥かゴールまで 次の電柱 目指して走る

犬養楓著「前線」

2月7日、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)より発売。

結局罰するのね・・・👎

「感染者個人に責任を負わせることは、倫理的に受け入れがたい」

日本医学会連合の緊急声明に大きく頷いたものだ。

政府の感染症改正法案で

感染者への刑事罰が盛り込まれた際のこと。

患者が入院先から無断で外出し温泉に行ったり

宿泊療養中に出歩いたりした例をあげ

行動の制約を罰則をもって強めようという考え方だ。

確かに病院を抜け出して温泉へ!

というニュースを耳にした時はたまげたものだが

しかしこれらの患者が感染を広げたという

科学的な根拠はないという。

また類似の事例が他にあったのかも

調査・集計していないという。

そもそも感染してしまったこと自体が

本人にとっては災難である。

感染者が入院できなくなっているほど

医療の逼迫がある中での発想だから

ちょっと、何を言っているのかわからない域だ。

感染者は

上から目線で罰したい人たちのターゲットなのか。

注意がたりない、自己責任だ!

といういじめにしか見えない。

「罰されることを恐れて検査を受けなかったり

結果を言わなかったりする恐れがあり

感染抑止がかえって困難になる」

という医学会の指摘にも同感だ。

・・・・・

と、昨日1月28日、

入院措置を拒んだ患者への刑事罰を

懲役刑、罰金刑含め全面的に撤回し

前科がつかない行政罰の過料に見直すことに

与野党が合意したそうだ。

今日、審議入りして来月初めに成立するという。

懲役刑なんてあり得ない!

と怒りを感じていたところ協議をしっかりと重ねた結果が出て

ほんの少しホッとした。

しかし、結局罰するのね・・・

としっくりはいかない。

強制隔離政策が

ハンセン病患者に対するいわれのない差別や偏見を引き起こした

という過去の反省を忘れてはならない。

感染した個人へ責任を負わせるということは

当事者への差別や偏見を生み

過ちを繰り返すことになりそうで怖い。

・・・・・

感染症患者へ罰を!

短絡的で幼稚な発想ではないか?

うっかり忘れ物をした児童に

「罰として廊下で立っていなさい」

というのに近いと感じる。

政府には科学的根拠を示し

わかりやすく説明すること

誠実に理解を求めることに神経を使って欲しい。

しっかりとしたリーダーシップとそれに対する安心感や

確固たる信頼関係があればさらに良い。

専門家の見解をもとにした説得力のある

心のこもった強いメッセージがあれば

一人ひとりが自覚を持って

周りのために自分のために

適切な行動をとるだろうと

そう思う。

罰則など不要だ。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook