打楽器万歳! Part Ⅱ

コミュニケーションの道具でもある音楽を通して

シンプルに

「同調する」「共鳴する」

という方法で

互いに理解が深まる

そんなことを綴った前回。

このことを改めて意識した「学びサポート」音楽の時間では

さらに発展したことがありました。

アーティスト石橋和子さんの発案 ”指ダンス!”

アーティストピアノ弾き語りと

Cちゃんと家族によるパーカッションでセッション。

この音楽に合わせて

両手の人差し指と小指を脚に見立てて

踊りを披露するのはアーティスト。

両手両指がぶつからないように

リズムに合わせて軽快に・・

やってみたけどどうしても指と指がもつれてしまう。

何度か練習しないと無理。

これは指先の柔軟なピアニストだからできること?

曲は

5匹のこぶたとチャールストン

1961年に発表された原曲は

“Shimmy Shake” 

シミーとは、肩・腰を激しく振るダンスの一つだそう。

64年には

みんなのうた

お母さんといっしょ

でも歌われるようになったノリの良い

いつかどこかで聞いたことのありそうな曲です。

まず、ピアノ、歌、パーカッションのセッションを録音。

映像にはCちゃんの家の犬2匹もちょろちょろと出演します。

そして録音した

”5匹のこぶたとチャールストン”

に合わせて

アーティストの4本の指を2匹の子ぶたの脚にして

指ダンス。

より華やかに爪には色をつけて。

ティッシュとマスキングテープででささっとチュチュを作って

手の甲に貼ればスカートを履いたこぶたの出来上がり!

バックにはもちろん3匹の子ぶたの脚が。

2匹+3匹=5匹!

まるで一列に並んで一斉に足を振り上げる

フレンチカンカンのよう。

そしてダンスの舞台は

真っ赤なカーテンとキラキラの看板がついて豪華絢爛。

Cちゃんご家族の手作りです。

ここまでの録画素材を

学びサポートコーディネーターが編集して

1つの作品に仕上げました。

その名も

「フィンガーダンス

5匹の子ぶたとチャールストン

by Kazuko & Cちゃんファミリー楽団」

実はこれ、Cちゃんの音楽の時間に

ノリの良い家族が温めていたアイデアでした。

「いっそ

YouTubeスマイリングちゃんねるにアップして

病室でも子どもたちに楽しんでもらおう。

病室でのアクティビティとして提案してみよう」

と。

医療用手袋を看護師さんに分けてもらって豚の足を作り

チュチュはベッド脇に必ずあるティッシュを破って形作り、

貼り付けるためのマスキングテープも

看護師さんにもらって。。

手が思うように動かせない子は

保育士さんに手伝ってもらって・・・」

そんな風に

Cちゃん宅では医療スタッフの忙しさをよそに

子どもたちが楽しめるようなアイデアが

尽きることがありません。

さて今回アップした動画には

退院してお家で闘病するCちゃんも参加しています。

打楽器を叩きながら

入院しているみんなに応援を送っているかのよう。

離れていても伝えられる

オンラインの活動。

病院という環境で

スタッフの手を煩わせない範囲でできることを

可能な限り行なっていきたいと思います。

感染が収まり活動が再開しても

アーティストによる動画の配信は

活動の一つとして続けていくつもりです。

コロナが産んだ

新しい活動。

今回はさらに子どもも参加する

という画期的なものです。

入院していても自分のベッド上から広く発信できるようになったらいいな、

そんなきっかけづくりになれたら嬉しいです。

石橋和子Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

スマイリングストア

病棟に届けよう 色ぬり紙芝居🎨

やっと活動が再開になったとはいえ

1か所のみ。

そうしている間も再び感染者が増えたりして

先が読めない状態は長く続いています。

活動が停止になった3月には

訪問して参加型芸術活動をする代わりに

アーティストによる塗り絵のプレゼントを。

4月に入って、これは長引きそうだ

という判断から

アーティストによる動画を順次YouTubeチャンネルにして公開

してきました。

スマイリングちゃんねる

退屈した時にリマインドできるように

病棟や施設にポスターを貼っていただいています。

そして6月、

新しアクティビティとして

絵本作家 保科琢音さんが

「色ぬり紙芝居」を作ってくれました。

A5サイズ(210X148mm)で 全10枚セット。

お話、紙芝居の作り方説明および

保科さんのメッセージ付きです。

幼児さんならお母さんか保育士さんと一緒に

小学生以上ならお話を読み進めながら

塗り絵を楽しんでどんどん作っていきそうです。

10枚あるので分担して作ったらコミュニケーションも生まれて

プラスαの活動が生まれるかもしれません。

さらに

パターンの繰り返しのお話なので

自分で考えて新しい場面を挿入してもいいし

作り方を覚えたら

全くオリジナルの作品を作ることもできます。

塗って作って周りの人に読んで聞かせて・・

とたくさんの主体的な活動につながりそうです。

紙芝居制作という1つのワークの中に

多様な作業、多様な遊び方、

そして作ることを通して

周りと交流する機会が生まれます。

手を動かすことで世界が大きく広がります。

「色ぬり紙芝居」

全国の病院に発送中です。

音楽も制作活動も

主体的な活動になればアートの果たす役割や価値が

倍増すると考えます。

私たちの推進する「参加型芸術活動」は

その場の鑑賞で終わってしまう劇場型ではなく

アートを媒体として主体的に作り出すこと。

新しい日常になった今

私たちの活動を必要としている現場へ

万全の感染対策のもと

変わらない価値を届けたい

以前のように当たり前に

「参加型芸術活動」が

どこの現場にも届けられる日が

早くきますように。

それまでは月単位で

新しいワクワクのアクティビティを届けられるよう

アイデアを絞っていきます。

保科琢音 ホームページ

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜コロナ禍が深めた病院との絆〜

活動できなくても・・

病院からのメッセージは何よりの励みです。

アーティストのファシリテートのもと

子どもたちが主体的に音楽や創作活動をするのが

SHJの本来のかたちですが

現場に行けない・・・

ならばどうする?

子どもたちのことをひたすら思いながら

アイデアを絞り形にするのも

SHJの(新しい)本来のかたち。

社会情勢に合わせて

事業自体を休止するというのは

世の中がどう変わっても変わらない

「病気や障がいと闘う子どもがいるという現実」

に背を向けることになります。

この気づきはコロナ禍がもたらした

発想の転換という福かもしれません。

アーティストの協力により

塗り絵の図柄の提供を受け、

病院からリクエストを募り、

せっせと印刷。

そして病棟ごとに手書きのお手紙を添え・・・。

44ある活動場所のうち

大多数の病院、施設にプレゼント完了。

普段の活動で

毎週どんなアーティストかな、

と子どもたち、病棟スタッフ、ご家族が

楽しみにするのは

バリエーション豊かな

音楽やパーフォマンス系のアーティストたちのおかげ。

そんなアーティストたちの動画を楽しんでもらおうと開設したのが

YouTube ”スマイリングちゃんねる”。

各病棟に

「スマイリぐちゃんねる」でけんさくしてね!

というポスターを掲示し楽しんでいただいています。

アーティストたちは

病院・施設へ行けないもどかしさ

そして

自らの表現活動ができなくなってしまっている無念を胸にしまい、

プレイルームにも集まれない子どもたちを思い、

病室で一人でもできるワークを工夫し・・

楽しい動画を作って集めて・・

笑顔を何とかして届けようと

一生懸命です。

そんなアーティストたちの思いを

最大限大切にし

ずっと病院で施設で活動が続けられるようにするのは私の仕事。

私自身が今できること。

みんなのアートを現場へ届けながら

団体の思い伝えること。

各病院からも折り返し

嬉しいメッセージが届きました。

「このような気遣いをいただきありがとうご
ざいます。明日の笑顔のために、皆で支え会いましょう!」

「当院の子ども達や医療スタッフのことを気にかけていただき、温かい労いの言葉と支援を提供いただいたこと、当院一同心より感謝しております」

「気遣いのお気持ちだけでも嬉しいところを、
このように具体的な支援として提供してくださり、大変有難く感じております」

「病棟での活動ができない中でも、このように支援していただけて非常にありがたく感じています」

「1セット毎、とても丁寧に梱包してくださり、手書きのお手紙まで入れていただき、お忙しい中子どもたちのことを思って準備してくださったとを思うと、とても嬉しく心が温かくなりました」

「気持ちがホッと暖かくなる素敵なプレゼントをありがとうございました!」

「コロナ騒ぎの中,少々疲れ気味の看護部長をはじめ各科の師長さんに見ていただいたところ『小児だけでなく認知症や精神科の患者さんの行動療法としても使いたい』との意見が上がりました。心の安定を得るために活用させていただきます」

「同封してくださったお手紙も拝見させていただきました。このような状況の中で、温かいお心配り、大変感謝しております。
素晴らしいアーティストさんたちにお会いできる、再会できる日を、子どもたちとともに楽しみにしています」

嬉しい。嬉しい。

病院と一致団結して

子どもの闘病を支えていこうと

現場に行けない今、

初心を胸に思いを新たにしています。

関連の投稿:

2020/3/19投稿~こんな時こそ新しい発想を

2020/4/6投稿~塗り絵は自律神経を整える

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

🏥 面会は両親祖父母2名まで 合計一日2時間の現実

子どもにとって入院とは

家族と離れ

友達と離れ

学校を休み

長期になれば転校し

サッカーも水泳もピアノも英語教室など

大好きだった習い事も一旦お休みです。

自由に動き回り

外で走り回った日々とは一転

カーテンで仕切られた狭い場所に連れてこられ・・。

真っ白い病室の真っ白なベッドの上に座らされ

見回せば

身の回りの生活品や着替えを収納するための細長い棚と

反対側に小型冷蔵庫が収まったキャビネット。

薬やら細々とした日用品を入れておく小さな引き出しがついていて

その上には少しだけ角度が変えられる小さなテレビ。

ベッドの横には申し訳程度においてある

面会者用の丸いす。

そのうちに、わずかな隙間も

点滴台やらモニターやらで埋め尽くされ・・。

お気に入りの運動靴の代わりに持ち込んだスリッパは

いつの間にかベッドの下に追いやられ潜り込んでしまう。

そこへ看護師さんが医療機器の乗ったステンレス製のカウンターをカタカタと冷たい音をさせて引いてきて

回診の時は医師たちがベッドをぐるりと囲みます。

白衣の壁に視界を遮られ、ものすごい圧迫感。

なにやら難しいことを難しい顔で話し合っている。

さらに

聞こえてくるのは

ピーピーという冷たい電子音や館内放送。

そして看護師さんが患者さんのところへ急ぐナースシューズの足音。

そんな中、唯一耳に入る音楽といえば

どこかの患者さんが看護師さんを呼ぶ

ナースコールの呼び出し音。

単調な同じメロディーの繰り返しです。

このような日がいつまで続くかわからない不安と恐怖の毎日が幼ごころを苦しめます。

大人でさえ病棟のイメージは

冷たい

硬い

無機質

だと。

そこに加わる痛みと孤独。

経験のない人は思い描いてみて。

経験のある人は思い出してみて。

そして

それが子どもだったら?

さらに今、

院内のコロナウイルス感染対策に緊急事態宣言が重なり

感染への防御が一層強まります。

そのため、

ある小児病院から

面会は両親祖父母2名まで合計1日2時間

と報告を受けています。

1日も早く日常に戻り

面会も学校も活動も再開し

子どもたちに笑顔が戻りますように。

👧 👦 👶 👧 👦

病院、施設の子どもに向けて作った

SHJアーティストのパーフォマンス動画集

YouTube「スマイリングちゃんねる」公開しました。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook