コロナ撲滅、本気なら・・・✊

ニュースウィーク3/30付記事に釘付けになりました。

”ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援”

ドイツの救済パッケージでとくに注目を集めているのが、

フリーランサーや芸術家、個人業者への支援。

文化相は

「アーティストは今、生命維持に必要不可欠な存在」

と断言し大幅なサポートを約束しました。

記事によると、

ドイツには約300万人もの個人または自営の小規模起業家がいて、

その半分近くが文化セクターで働いているといいます。

このところ続くイベントのキャンセルは8万件以上にのぼり、

それによる損害は12.5億ユーロと推定されていて、

これに対する財政パッケージには個人・自営業者向けの支援として

最大500億ユーロが含まれていると。

同様の措置が取られている国も。

イングランドではフリーランサーや芸術家、個人業者へ

1億6千万ポンドの支援がなされているし、

ニューヨークのメトロポリタン美術館は

米国の美術館への40億ドルの救済措置を

政府に求めているところだといいます。

ドイツの3部構成のパッケージは助成金やローンの形で提供されますが、

その中で個人のアーティスト、および最大5人の従業員を持つ中小企業は

3か月間、最大9,000ユーロの一括払いを受け取ることができるそうです。

「助成金は一度取得すれば返済する必要はない」

ということも強調されています。

連邦政府の援助パッケージにより、

音楽家も画家も作家も、映画・音楽関係者や書店・ギャラリー・出版社も、

誰もが生き残ることができる仕組み。

*****

一方、日本はどうだろう。

素晴らしいアーティストがたくさんいて

しかしイベントは軒並み中止に追い込まれることで

活躍の場、生活の糧が奪われる

不条理を一昨日綴りました。

ドイツ政府や他国の取り組みを参考に

是非‼️日本でも‼️

と願います。

コロナ対策、

本気の政策に向けてもっと言うなら・・・。

国や都は

夜の街に繰り出す人たちに

想像力を働かせ、

若者はカラオケやライブハウスには行かないで!

中高年はバーやナイトクラブなど接待に使う飲食店に行くのは控えて!

と言います。

同時に

生活のために営業せざるを得ない立場を守ってほしいと切に願います。

外出の自粛という国民への要請とセットで

全ての飲食店、商店、大規模商業施設などを

営業停止にし

従業員への給与を国が全額支払う。

ここまで徹底しないと

目に見えない脅威と

自分の行動と

どう折り合いをつけたらいいのかわからない、

というのが

人間の本音ではないでしょうか。

人間関係のしがらみや

義理人情そして

同調心理に縛られ

意のままに行動できないのが

日本のある意味、文化。

そんななか、想像力をフル回転させて!

と口で言うだけでは

もはや

本気の撲滅は不可能だと思うのです。

*****

コロナ対策、本気なら

感染以前に

人々の生活と命を守るために

大規模な財政出動はもはや必須。

早く決断を!

すでに職を失い明日もわからない人がいることを

きちんと直視して!

イベント自粛とアーティスト🎧

先日楽団の奏者が苦悩を訴える様子が

テレビ画面に映し出されているのを

たまたま見かけました。

コロナウイルスの猛威の中、

イベント自粛が当たり前になった今日この頃

音楽会やライブなども軒並み中止となっていることを受け

真っ先に切り捨てられるのは芸術なのか・・・

と。

ずいぶん前に書いたブログを思い出しました。

題して

アーティストの力” (2018/8/17投稿)

知り合いのアーティストが意外なことを口にし、驚いたエピソードについて綴りました。

「毎日絵ばかり描いていて、いったい人の役に立っているのかな、と悲しくなる。自己満足で終わってる感じ」

と話すアーティストに向けて私は、

「ちょっと待って。誰でも美しいもの、心動かされるものを無意識に求めるもの。

見て聴いて触れて豊かな気持ちになる。疲れていたり、傷ついたり、気持ちが落ち込んでいたりしたら、なおのこと。

心をリセットしたり、ホッとしたりするでしょう?

まして、闘病中の人、不自由と折り合いをつけながら生活する人にとっては芸術以上の喜びはないと思う。

だからこの活動を始めたの。

特に子どもだったら毎日成長していく中で、絵や音楽といった情操活動が、絶対に必要。

是非力をかして!」

と、つい熱く語ってしまいました。

このアーティストは

ドン引き?

とまではいかなくても

半ば呆れたようにしばらくキョトンとしていましたが、

活動に応募してくれました。

半信半疑?で騙されたつもりで始めた彼女。

子どもたちやお母さんたちがこれほど喜んでくれるなんて・・

と今ではやりがいを実感しながら活動を続けてくれています。

そして「人の役に立っているのかな」という言葉

撤回する!、と。

🖍 🎷 ✏️ 🎸 🖍 🎺 ✏️ 🎻 🖍 🎹 ✏️

今はコロナウイルスが猛威を振るう中

病院での活動は軒並み中止です。

しかしその理由は

芸術の価値が低くみられ切り捨てられるのではありません。

芸術は人の命を救うものではないけれど

病気と闘っている人

困難を抱えている人にとって

何よりも励みになり生活を豊かにできる

至高のものです。

スマイリングホスピタルジャパンの活動が

多くの医療現場で求められるのは

そのためです。

演奏会、ライブなどのイベントを中止せざるを得ないのは

たくさんの人が集まるから。

心の癒し、そして幸せを求めて。

しかし悔しいけれど

感染拡大は人の密集が大敵です。

芸術を披露する楽しみ

鑑賞する楽しみが奪われてしまう理由が

たくさんの人が求めるからとは

これほどの皮肉、矛盾はあるでしょうか。

アートは

展示会、個展、

ショーやライブ、演奏会・・

などで楽しむことができます。

生きるうえで欠かせないものだからこそ

多くのひとが集まります。

集まる行為が日常に戻るまで

世界中のアーティストたちが

自分にしかない才能を大切に

この時を生かして磨いていってほしいな、と思います。

スマイリングホスピタルジャパンでは

訪問できないなら送ってしまおう

と考え

イラストレータによる塗り絵のプレゼントを順次行なっていますが、

音楽やパーフォマンスも届けたいと考え

SHJのチャンネルを作成し

youtube配信を準備中です。

アイデアを伝えた次の瞬間から

賛同してくれるアーティストがぞくぞく現れ

やりましょう!と

ウキウキした声が続いています。

食事も各病室で、プレイルームでの集合遊びもできない状況だけど

ベッドに横になっていても

SHJのパーフォマンスが楽しめるよ!

と早く子どもたちに伝えたい。

みんなで一緒に楽しむのは当分お預けだけど・・。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

コロナウィルス感染拡大につき一斉休校~孫とばあばの家庭学習にっき-2-

ちょっぴり背伸びして3年生の漢字を。

なんでも漢字で書きたくなる孫は

ちょっと博士タイプ。

○○って漢字でどう書くの?

などと容赦ない質問をしてくるので

止め、はらいはちゃんと伝えなきゃと

いちいち正確な漢字を調べ確認する必要あり。

ばあばに勉強の機会をたっぷりと与えてくれます。

ことわざや四字熟語が大好きな彼は

何気ない会話の中に

何気なく四字熟語や慣用句を使ったり

例え話にことわざを使ったりして

ヘェ~と

じいじばあばを驚かせます。

ダジャレ連発のじいじ

ことわざで返され

タジタジです。

言葉あそびは本当に楽しい時間。

さて、学校がない中、

退屈をあの手この手で紛らわせるような

面白いものはないかとネットサーフィンすると

ことわざのサイトを見つけました。

これ、面白いからプリントする?

と聞いてみると

うん、うん!

と嬉しそう。

ところが次の言葉に負けた~。

「前門の虎 後門の狼」

が載ってないよ。

恥ずかしながら

え?

もう一回言って。

「前門の虎 後門の狼」

災いが過ぎたというのにまた災いが降りかかることだよと、丁寧な説明付き。

あ、それ「泣きっ面に蜂」

ってこと?とすかさず私。

まあ、そんなとこかな。

と孫。

恐れ入りました。

こんな調子ではありますが

いざ3年生の漢字練習プリントに向かうと

え~、めんどくさい。

もうできる~。

1回書けばでいいでしょ~。

はい、ここまででもう終わり!

もう覚えた~!

と孫。

やっぱりプリント学習は嫌いなのね~。

コロナウィルス感染拡大につき一斉休校〜孫とばあばの家庭学習にっき-1-

なるほど~。

ヘェ~そんな解き方が!

掛け算が好きだという2年生の孫には

感心することしきり。

1番面白かったのは九九に隠された数字のトリック。

私:なんの段が好きなの?

孫:9の段。

私:え~ばあばの一番苦手な段だ!

孫:9の段は面白いんだよ。

と言いながらその辺にある

鉛筆やらサインペンやらボールペンを

10本集めて。

孫:9の段の好きな掛け算を言ってみて。

私:簡単なところで「2」

孫:じゃ、2番目の鉛筆をとるよ。

  すると左に何本?

私:「1本」

孫:右に残ったのは?

私:「8本」

孫:それを並べて数字にすると?

私:「18」

孫:9✖︎2の答えは?

私:「18 」

さらに

9X3

9X4

9X5

 ・

 ・

 ・

と全て確かめてみると同じ方法で正答が出ました。

これはすごい!

面白い!

一斉休校でばあばの家に疎開している間に

孫に色々教えてもらうことにします。

午前中にちょこっとさんすうと漢字を練習したら

目下の興味である漫画の作成に没頭した後

ポケモンカードゲーム対戦。

仕組みやルールが今ひとつわかっていないながら

「ポケモンのキャラクター、こんなに増えたの⁉︎」

などと

息子がハマった頃を懐かしみながら

まったりと過ごす昼下がり。

さて明日は何をしようかな・・。

〜公教育のビジネス化?〜

教育をテーマにしてみると

以前はなかったなあ、と思われる現象を感じることが多い。

まずテレビをつけると

進学塾の宣伝に児童文学の世界を巻き込むコマーシャルが結構な頻度で流れる。

ほとんどテレビを観ないのにそう感じるほど。

児童文学は成長期の子どもに生きる上で

大きな示唆を与えてくれる。大人になってから読んでも

また別の気づきがあるほど、深い洞察力を与えてくれるものだ。

人生のテキストともいうべきものを

かなしいかな、意図しているかしていないかに関わらず

企業の宣伝と、数値による競争扇動に利用されてしまってる。

怖い。

それから

全国学力テストが抽出式だったのが全員参加に変わった。

2007年から小学校6年生と中学校3年生を対象に行われている

学力テストは、民間企業に莫大な税金を投じてのこと。

癒着?

さらに

小中学校で子ども一人に一台のパソコンを配布?の動きとも耳にする。

お金をかけるところ違うんじゃない?

癒着?

あ、またこの言葉が浮かんでしまった。

これって全部

教育の市場化ってこと。

そんな議論は専門家を中心に起こって久しいが、

もう私達一般にとっても目に見える形でジワリジワリと・・。

教育とは一体なんだろう。

本当の教育とは?

数で勝負、競争、競争。競争させることが学力を高める。

???

どんどんぶれてしまう(と私は思う)世の動きに

押し流されてしまうのは悲しすぎる。

現に学力テストは

学校間の点数競争を引き起こし

結果、子ども達を

殺伐とした競争社会に陥れ

勝ち組とか負け組といった言葉で人を評価する風潮を作る。

教員は点数を上げる対策に追われ

子ども理解や生きた触れ合いの時間が圧迫される。

そんなことが本当の教育だと思って先生をしている教師は

ほとんどいないはず。

流されずに先生たち頑張って、と言いたい。しかし

子どものためを第一に考える先生たちは

理想を求めて疲弊してしまう。

そんなことあっていいのか!

と怒り心頭である。

「教育を数値化しテストで子どもや教員を競わせれば教育は良くなる、という考えは間違っている」という教育研究者のコメントが

新聞に載っていたがもっともだと思う。

しかし、

もはや教育を良くしようとしてやっている施策ではなく

教育を市場化し子どもたちを市場活動に利用していると

「そんなつもりはありません」

と言われようが、私はどうしても

そう思ってしまう。

経済とは本来人を幸せにするためのもの。

しかしこんなかたちで経済産業省が教育への参与を強めていることを考えると

経済の定義自体がなんだか汚いものに思えてくる。

教育にビジネス理論を持ち込むのは

やめてほしい。

子どもたちの本当の幸せを求めるために。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook