〜しあわせの経済フォーラムへ〜

・・・グローバリズムからローカリズムへ・・・

~あなたは豊かさをどんな物差しで測りますか~

と題して、7/10ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ監督*のドキュメンタリー映画「幸せの経済学」について感想を書きました。

(→7/10投稿「幸せの経済学」

昨日は明治学院大学にて、ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ氏とともに「いよいよローカルの時代」を著した辻信一氏*始め、そうそうたる登壇者が揃う

「しあわせの経済」フォーラム2018(主催:ローカル・フューチャーズ/「しあわせの経済」フォーラム2018 in 東京実行委員会)

がありました。

プログラム進行と同時に、ローカライゼーションの考え方をもとに活動するパルシステム、国内、世界中からのファーム、日本の種子を守る活動をする団体、社会問題を配給する会社、再生可能エネルギーを広める団体などが集うマルシェが開催されました。

楽しみながら「しあわせへの経済」を目指してローカルで事業を運営する魅力的な人たちで大にぎわいでした。

・・「しあわせの経済」・・

グローバリゼーションの時代から自立的経済 ローカリゼーションへ。

「グローバル経済の腕はあまりにも長く、手の先で何をしているかわからない」とはホッジ氏の言葉。

先住民の文化を壊す多国籍企業の行為をピタリとわかりやすく表現しています。

貨幣経済の台頭によりお金さえあれば何でも手に入るという幻想を持ってしまったグローバリズムの警告を告げています。

しかし、グローバル社会の無限の経済成長は有り得ないことに気づき始めた人たちがすでに動き始めています。

健全で持続可能、自らの行動を自ら決める本当の幸せを求めて。

本当の幸せの見つけかた。

それはローカリズムによる経済体系の縮小。

ローカル金融、地産地消、自給自足など地域で完成させること。

それが顔の見える人間関係や流通システムを生みます。

そして再生可能ビジネスが生まれる。

株式会社という形が全てではなく、ローカルでシンプルなビジネス、

大きなスケールより小さなスケールをたくさんつくり互いに繋がり合う社会。

その繋がりと共生の思想は

土、水、すべての自然環境との繋がりです。

登壇者の誰もがホッジ氏の”ビッグピクチャー”の考え方をわかりやすく伝えていました。

それは、理論的な分析や目の前のことに翻弄されるのではなく、

今まで当たり前に”前提”とされてきたことを立ち止まって本当に?と広い視野に立って考える。消費者文化の中で、本物を見分ける力を麻痺させられないように、といったメッセージでした。

講演では専門家によるグローバリゼーションの現状と限界をみんなで確認。その上に立って、希望を持って明るい未来は作っていけるのだと、誰もが結んでいました。

人間は生れながら社会の健全さを引き起こし保つ権利がある。

そんな市民主導のローカルムーブメントがうまれ、相互の繋がりが、世界中のあちこちで発生しています。

一人ひとりが本当のしあわせをつかむ時代がやってくる、そんな気配です。

*ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ (Helena Noberg-Hodge)

スウェーデン生まれ。Local Futures(ローカル・ヒューチャーズ)創設者。グローバリゼーションに警笛を鳴らし、ローカリゼーション運動を世界中で展開するオピニオンリーダー。1975年、グローバル化により失われつつあるインド・ラダックの文化や環境を保全するプロジェクトに取り組む。著書『ラダックー懐かしい未来(Ancient Futures)』は、40の言語に翻訳され、高い評価を得た。2010年にはドキュメンタリー映画『幸せの経済学』を監督。各国で上映運動が行われている。(同氏著『ローカル・ヒューチャー』より抜粋)

*辻信一

文化人類学者、明治学院大学国際学部教員。環境活動家。「ナマケモノ倶楽部」世話人。「ゆっくり小学校」校長。著書に『スロー・イズ・ビューティフル』(平凡社)など多数。(同氏監訳「ローカル・ヒューチャー」より抜粋)

お・も・て・な・し・に思うこと・・。

 なんか変だぞ!

そこまでしてくれなくても・・。

せっかくの親切なのにばちが当たるでしょうか。

 批判を覚悟で、日頃思うこと、書いてみます。

電車の車内案内。

「ご利用ありがとうございます」

から始まって、

「次は○○○駅です。

降り遅れのないように~~」ととても親切なアドバイス。

お身体の不自由な方へ席を譲ってね、までくると幼い子ども相手か!

そこまで言われなければ行動できない未熟な人間でできている国なのか!

と思ってしまいます。

この手のアナウンスが当たり前になってしまったら、

電車は別名、指示待ち人間製造機。

鉄道会社の罪は重い。

お客様サービスはあればあるほどいいだろう。

という配慮?

他者とのサービス合戦?

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

車内放送多い、少ない、

どちらがいいかは別として・・。

今から40年前。

英国留学のために初めて異国の地へ。

誰も教えてくれない。

ターミナル駅に掲示してある行き先別プラットフォームや乗り換え案内を見て、

「自分でなんとかしてね」、

というスタンス。

車内でも、

“Next ~~station”.

それだけ。

That’s all. 

一気に緊張が走るけれど、

そんなものか。

そうだよね。

自分のことだ。

100人いれば100通りの旅。いちいち鉄道会社や駅が案内するわけにはいくまい。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

車内放送は、日本のサービス精神の典型かもしれません。

2020年のオリンピックに向けて、

和のお・も・て・な・し

はさらに深みを増すのでしょうか。

外国人に心地よく映るのか、

はたまた、うるさくて会話もままならない、と映るのか。

日本のおもてなしを観光として経験するForeigners。

かたや、それが日常になっているわたしたち。

この場でさらに批判的態度に出たくはないけれど、

つい思い浮かべるのが

「思考停止」の助長・・・。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

ついでに、乗客の側からすると、

自分へのサービスは当たり前。お客然としている。

しかし、乗客同士の助け合いやマナーはそっちのけ。

ぶつかっても逆にお互い迷惑そうな顔をしたり、

周りに席を必要としている人がいるかどうかを確かめる前に空席へ一目散。

座ったら最後、スマホを取り出して自分の世界へ。

他人への関心シャットアウトを決め込む風景満載です。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

いっぽう、中年の女性が赤ちゃんを連れた若い女性へ気配りする風景をよく目にします。とても気持ちがいい。

そのまま会話が弾んだりすることも多いものです。

こんな風景にぶつかると、ホッとします。

頰が緩み、にやけている自分に気づく。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

電車内で会う人とは、ほとんど最初で最期の出会い。

人生は一期一会。

短時間の、たまたまの縁の繰り返しだとしたら、その一つ一つを丁寧にすることで人生が豊かになるような気がします。

車内アナウンスなんかなくても、他人と目を合わせて話すことで、必要な情報プラスαの小さいけれど嬉しい幸せがあるかもしれません。

ある日の活動報告書!

アーティストからのコメント:

歌っていると、ベッドの柵の間から、だんだん足が出てきて、帰る時にはピンと伸ばしていた男の子がいました。

まるで足で握手をしたがっている様に見えたので、保育士さんに聞いてから、「はい握手!」と、ちょっと触らせて頂きました。

柔らかくて温かい手のような足でした。

病室を出る時は、足を少し動かして、「バイバイ」と言ってくれているようでした。

声は聞けなかったけど、足でこんなに表情を見せてくれて嬉しかったです。

byシンガーソングライター石橋和子さん

アシスタントからのコメント:

今日も順番が待ちきれずに他のお部屋の前で聴き入っているお子さんがいました。

一緒にお部屋に入りたそうな姿を目にするのはとても嬉しくなります。
そのお子さんのお部屋訪問は終わりの方になり、期待感がどれほどかとお顔をみると一目瞭然。
そしてお部屋に入る時にはさすが保育士さん。ワントーン高く『○○ちゃんっお待たせしましたあ~っ^^//』と喜ばせ上手なのです。

お母さんの手の平と自分の足裏とを合わせ楽しそうにリズムに乗ってるお子さんもいます。

その同じお部屋で自分一人お付き添いがいないお子さんもいます。

そんな時音楽には一瞬で気分を変えてくれるパワーがあります。

楽しい曲にはきっと寂しさもどっかに行っちゃってるに違いない♪

好きな曲なら尚更ですね。

一般的に大人の曲と言われているものでも、メロディーに リズムに 詞の意味を通り越して言葉の波動だったり、何がその子にヒットしているのか定かではないけれど、赤ちゃんがじっと聴き入る心地良いお顔を見ると、聴き覚えたものでもなく、培われた好みでもなく、持って生まれた感性に響いているとしか思えないのです。

これがアートなのですね✨

きっと一番の理由は石橋さんの醸し出す雰囲気と声のトーン☆彡

by活動アシスタント岩井眞知子さん

🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 🎸 🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 🎸

報告書は活動の様子を生き生きと伝えてくれるものばかりです。

こうして届くたびにゆっくり読んで情景を思い浮かべる時、

💕アーティストへの感謝

💙アシスタントへの敬意

そんな気持ちでいっぱいになります。

この日は病棟の後、乳児院での活動もありました。

保育士さんたちに止められても止められてもピアノの周りに集まる子どもたちの様子、ワクワク楽しんでいる様子も思い浮かべることができました。

いいなあ、参加型アート。

スマイリングの活動、ずっとずっと続きますように。

Smiling Hospital Japan  Official Website

〜でも大丈夫!〜

やっぱり奴らはやってきた!

月に一度預かる孫たちだ。

3人いれば喧嘩は絶えず、だけどそのうち示談が成立し、ばあばが仲裁に入らずとも、何もなかったかのように仲良く遊んでいます。

ふと1年前を思い出せば、

お兄ちゃんは自分のおもちゃを弟に取られようものならものすごい剣幕だった。

まだ赤ちゃんの相手に容赦ない。

さらに4年前。

もうすぐお兄ちゃんになる、そんな頃。

歩けるようになったのが嬉しくて・・。

心配なママの手を振り払って意気揚々と得意げ。

好きなところに向かって歩けるようになった僕。

誇らしいぼく。

手をつながず一人で歩くのが楽しくて仕方ない時期。

もちろん転ぶこともある。

そんな時かならず自分に言い聞かせる言葉が、

「でも大丈夫」。

半分泣きべそかきながら、

痛い! でも僕は大丈夫なんだ。自分で起きる。痛くなんかないさ。

そんなオーラがまぶしく愛おしくて仕方なかったこと、忘れられません。

僕は大丈夫。

転んでも自分で起きるんだ!

🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱

思えば保育園も最初は泣いた。

小学校の入学式の日は頑として教室に入らなかった。

水泳はなかなか進級しないけど絶対辞めない(今のところ)。

頑固さが短所でもあり長所でもあり。

しかし、何かと、ちゃんと立ち止まって自分に向き合い自分なりの対処をしてきたお兄ちゃん。その頑固さ、いいぞ!

転んで擦り傷作っても、

「でも大丈夫!」

と、かならず自分で起き上がった2歳のけなげさが、いろんな場面で耐性となって表れているように思います。

転んで膝がヒリヒリだ。幼い子どもの頭の中は一大事。

痛いな、でも僕は僕。頑張らなきゃ。

そこへ至る決断まで心の中では、

泣いてママに助けを求めようか、

いや待てよ。自分でやってみよう。

と、自分はどうしたらいいのか、葛藤し模索する。

私たち大人が、日々の事象に振り回されたり錆びついた「常識?!」に囚われたりというのとは次元が違います。

自由な心、ほんとうの気持ちに正直に生きています。

幼い子どもは常にマインドフルネスの状態、と言っていいかもしれません。

築地マデイラにてインターネットラジオ収録!

新しくSHJアーティストとして登録したイザウラさん(ジャズ・ボサノバボーカリスト)の紹介で出会った築地ライブ・イベントスペースマデイラ 。

左:イザウラさん
右:オーナー中野秀章さん
築地マデイラにて 壁にはSHJ登録アーティスト 樹木の音色さえこさんのアートワークも!

「ありがとうカンパニー株式会社」が運営する「イベントスペースMADEIRA」オーナーの中野秀章さんが手がける

「ホンマルラジオ築地マデイラ」

に出演が決まり先日収録してきました。

ここマデイラのコンセプトは、

いろいろな方との良いご縁で、 人と人とが繋がっていくさまざまな楽しいイベントや、癒し&感動を与えるライブ、 自分の人生が楽しくなっていくためのワークショップなど 「こころからの笑顔」「人と人との良いご縁の創出」すること。

天井高が5mあり、2面がガラス張りという開放的な空間で、心穏やかになるパステルシャインアートやいろはひふみ呼吸書、ユニークな紙製品で囲まれ、常によい氣が充満する空間、というイメージです。

スマイリングホスピタルジャパン登録アーティストのアートやライブも楽しめます。また、ボサノバギター教室やボタニカルペイント、ダンスレッスンなどワークショップも盛りだくさん。

MADEIRAは、ポルトガル語で「樹木」という意味。

少なくとも月に1度は都会を離れて自然に浸かりに行くという我がライフスタイルにピッタリ。

遠出がままならない時には自然を感じられるMADEIRAに、気づくと足が向いてしまう、そんな予感です。

番組は、中野さんの軽快なトーク、

「本気の人が本気でしゃべる・・・」

で始まります。

松本、喋りが多すぎて、1度に続けて15分の番組3回分の収録。

しかもいつもの悪い癖が出て、早口もいいところ。2回目は少しスローダウンしてね、という中野さんの指摘を受けて、

またやっちゃった!

と頭をかきながら2回目のトークスタートの時にゆっくりしゃべるを宣言したものの、5分と続かない。

伝えたいことが脳からどんどん溢れてきて止まらない~、しゃべっているうちに他のシーンや思いがよぎって、

「話は逸れますが」

と一応宣言しておきながら脱線→軌道修正を繰り返す、というありさま。

しかししかし、それでもまだ足りないことを察してくれた中野さん。

続きはまた喋らせてもらえそうです。

ここマデイラは本当に心落ち着く空間。

来年からこのライブスペースでチャリティライブを定期的に開催していきたいという思いを、中野さんはしっかりと受け止めてくれました。

ありがとうカンパニー Official Website

築地ライブ・イベントスペースマデイラ Official Website

ホンマルラジオ築地マデイラ Official Website

マデイラ☆GOチャンネル! Official Website