~事務所の夢~

そろそろ今の事務所が手狭になってきた。

事務所と言っても自宅のリビングルーム奥約6畳ほどのスペース。

容赦なく届く郵便物や印刷の上がった団体パンフやニュースレター、封筒やちらしなどの宅急便。7年間は保存しなくてはならない事業報告書や帳簿など、閲覧用書類の数々はそろそろキャビネットからはみ出している。かといって収納庫を買い足しても置くところなどない。

さらに超がつくくらいローカルな私鉄沿線の駅から徒歩約7分。経理事務の担当者は自宅から1時間半かけてきてくれ、

やっと慣れました~

と言ってはくれるものの、事務所に着くと既に疲労感を漂わせている。

事情を察しささっと、

「まずは一服」などと言って

ちょこっとつまめるお菓子とコーヒーを。

最近では団体の話を聞かせて欲しいという学生さんや他のNPOのスタッフ、それから取材、会員管理アプリ導入のための打ち合わせ・・etc.

いろんな人がグーグルマップを駆使してはるばるやってきてくれる。

事務局ミーティングや理事会・総会は、飯田橋にある東京ボランティア・市民活動センターのロビーを借りている。

ここは任意団体としてスタートする前からお世話になり、何かと相談に乗ってもらっている心の支えでありオアシスだ。

先日、事務局ミーティング終了後、新入会アーティストのボランティア保険加入のために受付に立ち寄った。

用件が済んでも、何だか居心地がよくてぐずぐずと悩みを相談したりする。

この日もいつものようにモジモジしていると、頼りの相談員さんがささっと来てくれ話し相手になってくれた。

NPOって事務所をどうしてるのかなあ・・・

・・・ほとんどの場合、代表の自宅が事務所ですね

やはりそうか。

たいていのNPOはお金に余裕がないのだ。

あったとしても事業費に当て、なるべく管理費に回したくなどない。

そこでNPOの運営に欠かせないのが助成金。

しかし助成金のほとんどが事務所経費や家賃などは対象外。

どうしたら事務所を持てるのか・・。

宝くじなど絶対に当たらないから買わない。

虚しい夢を見るのは無駄な気がして・・・。

そんな私も、明確な目的のために年末ジャンボに夢を託し、夫に買わせた。

結果は言うまでもない。

私が買えばよかった。

さて現実に戻ろう。

しっかりと運営をしていくために今年は何ができるか・・。

手話フォンが羽田空港に!

先週、帰省中の息子を留学先の久米島へ送りに羽田空港へ。

そこで見つけたものは、国内初の「手話フォン」。

これは日本財団が国際障害者デーの12月3日に、羽田空港国内線第1・2旅客ターミナル 出発ロビーに設置したもの。国内初となる聴覚障害者向けの手話対応型公衆電話ボックスです。

財団は2013年9月から聴覚障害者向けの電話リレーサービスを提供していて、利用者はスマートフォンやタブレット、パソコンを使ってオペレーターと手話で会話し、電話を利用できます。利用者が電話ボックス内のモニター画面から、手話でオペレーターに伝えたい内容を伝達。オペレーターが相手側と話し、内容を伝える仕組みだそうです。

これまで聴覚障害者は、手話のできる知人に依頼して、電話をかけてもらう必要がありました。また、メールでは数日かかったやりとりが、数分で済み直接スムーズに会話ができると期待が高まっています。

世界20カ国以上で同様の「電話リレーサービス」が無料提供されていて、たくさんの人が利用する公共施設では情報コミュニケーションのバリアフリーの一つとして利用されています。日本では今月4日に、つくば市にある視覚、聴覚の障害者向けの国立大、筑波技術大に2機目が設置されました。

国内ではコミュニケーションのバリアフリーは、まだまだ遅れていますが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、今後、全国の主要空港にも設置する計画があるそうです。

今後の普及に期待が高まります。

問い合わせ先:日本財団 コミュニケーション部 

03-6229-5131

pr@ps.nippon-foundation.or.jp

 

〜広がれ!ヘルプマーク〜

見た目で判断されにくい困難を持つ人にとって、理解されず理不尽な思いをすることが多いとよく聞きます。

内部障害のあるSHJスタッフの体験談をひとつ。

高校生のときのこと。エレベーター使用許可が出ていたにもかかわらず、教頭先生に、

「お前、足悪くないのに エレベーター使うな!!どこが悪いか言ってみろ!」と、大勢の生徒の前で怒鳴られた、という。

また、電車の優先席に座ると、お年寄りから、

「若いのによくそんなところに座るな」

と言われたある女性の話も聞いた。

そもそも、誰だって体調の悪いときはあるだろう。若くたって歩き疲れることもある。

仮に一目散に空席に飛んでいく若者がいたとしても、何か事情があるに違いない。もしパッと見て何の問題もなく、座ってスマホをいじりだしたなら、何て周りを見ない自己中心的な人だろう、と呆れるまでだ。でもその人に抱える困難がないとも言い切れる?

何でも見た目で判断する人間の悪い癖。

そこで考案されたのがヘルプマーク。

義足などを使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている人がいます。

周囲に配慮を必要としていることを知らせて援助を得やすくなるように作成したマークです。

裏にはメッセージが書けるようになっていて、どのようなことに困っているのか、またはどんな援助が必要か書けるようになっています。

東京都が2012年に導入し、好評が好評を呼び、今では全国に普及しています。

助け合いのしるし ヘルプマーク 東京都福祉保健局HP

いっぽう、ともにShare with FIAT コラボレーション団体の一つ、NPO ピープルデザイン研究所 は、コミュニケーションチャームと言って、お手伝いする人もされる人もハッピーになる意思表明ツールを作って店舗で、通信で販売しています。

言葉が通じなくても指差しで、対話できる様、困った時に良く使うという6つをアイコン化し、デザインしたコミュニケーションカードです。

こんな取り組み、想像力と思いやりでどんどんひろがるといいなあ。

そして誰もが謙虚な気持ちで他を排除することのない、寛容な社会になったらどんなに素敵でしょう。

〜アートなお正月〜

年始は大好きな場所、山梨県立美術館へ。

チケットを買ってさて展示室へと向かおうと振り向くと・・

「風景を眺め、聴く」(2017年 アクリル絵具 パステル 鉛筆 水性クレヨン)

10メートルほどもある巨大な絵画が出迎えてくれました。

ホールで上條暁隆展が開催され、そのテーマは、

「在ること 見ること 描くこと」。

なるほど、作者は河口湖畔の森の中に暮らして15年、毎日目にする風景を描き続けているといいます。生きている時間を画面に置き、連続する画面は時間の流れを感じさせています。

ここでまた思います。アーティストはいいなあ。

自分の生きた証を残していけるから。

そんなことを思いながら、美術館40周年記念企画展会場へ。

アンケートによって選ばれた所蔵品「私の愛する作品たち」をコメントと合わせて展示するという企画。

前回訪れた時はゴッホ展、今回は記念企画展とともに、コレクション展としてミレーと萩原英雄の作品も多く展示されていました。

まず目に入ったのは「手でみるミレー」。

ミレーの代表作《種をまく人》と《落穂拾い》の図版と点字解説、それにミレーの生涯の点字解説が展示されていました。

希望により、視覚障害者一人に対して解説協力ボランティアが一人付きそうというシステムです。

渋谷区松濤にあるギャラリーTOMは、視覚障害者が彫刻に触って鑑賞できる美術館で、こちらもお気に入りの場所ですが、県立の大きな美術館が同じような取り組みをしていることにワクワクします。

素晴らしいアートワークはもちろんのこと。

建築としての素晴らしさ、充実のミュージアムショップやオシャレなレストラン。

広大な敷地内にゆったりと展示された数々の彫刻。噴水や植栽の配置など、

今回も美術館の魅力に浸ることができました。

みることで、眺めることで、触れることで、そして感じることで心にたくさんの栄養を与えてくれました。

山梨県立美術館 開館40周年記念コレクション企画展

「山梨県立美術館物語」3月4日まで

〜子どもたちがサンタさん!〜

🌲メリークリスマス!

子どもたちから、病院からクリスマスカードが届いたよ!

🎄小さな手でぺったん! サンタさんのヒゲに見立てた愉快な手がたのモチーフ

🎄ポンポンポン! 小さなサンタやトナカイをたくさんスタンプしたリース

🎄あれあれあれ! 雪だるまもびっくりしているそれはそれは立派なツリー

今年も子どもたちの創造カや感性から元気をいっぱいもらった一年でした。

たくさん気づかせてくれて、たくさん教えてくれた子どもたちは、ものごとの本質を示してくれる一番の先生。

子どもを観察してみてください。そのまっすぐな眼差しから目をそらさずに、教えてもらってください。

ことばでうまく表現できない子どもたちは、ことば以上のメッセージを全身で発信しています。

子どもの動きから大切なものに気づいて感じてください。

誰でも時間が経てば大人。

年季が入ってしまった感性に、魔法のように少しずつ輝きを呼び戻してくれる子どもたち。寄り添えば寄り添うほど。

そんな最高のプレゼントをしてくれる、子どもたちこそサンタクロース!

毎日がクリスマス!