〜大地は私たちの先生〜

都会の小さなマンションに住んでいると、自然、特に川辺に繁茂する緑の中を歩きたくなります。

ああ、私たちは大地の子どもだなあ、大地と繋がっているなあ、と感じます。土は、木や緑は、水は私たちの先生。幼いころはそれらが都会の空き地で私たちを包んでくれました。

私が生まれる前は、農家は自ら種をとり、何世代もかけて改良し、その土地に適した種を作っていました。ところが、経済成長期になると農業にも経済至上主義が持ち込まれ、大量生産型の単一栽培が拡大し、それに向く生産性の高い種子が求められるようになり、種子づくりは農家の手から種苗会社の手に移りました。

種子の特許をとることで利益を独占するビジネスへと発展しそして遺伝子組換え技術へ。

特許権をかざして自家採種を禁じているから、農家はせっかくの土からの恩恵を無駄にせざるをえず、企業から種子を毎年買い続けることになります。

そんな経済価値を中心とする生き方から、母なる大地とのつながりを大事にする生き方へ回帰できたらと思います。

少し前に公開された映画「奇跡のリンゴ」を思い出します。青森のりんご農家で、無農薬栽培を目指した木村さんが血の滲むような試行錯誤を繰り返してたどり着いたのは大地、土のちから。

ヒントは足元にあった!

大地に根を張り養分をもらって実る。そして収穫。作る者が自ら種を取り、次の収穫を目指す。

土と種のちからを敬い、自然に感謝する。

そこには無駄な競争や醜い争いはない。

そんな生き方にシフト出来たらな。

もはや後戻りはできないのかな。

あったかい人間らしい生活へ。

^^^^^^^

事務所のマダカスカルジャスミン。

肉厚の葉が重たくて枝が倒れそうになるのを必死にこらえるかのように、つるが自ら反対方向に伸びて壁に飾ったヤモリにつかまっているのを発見。

自然の持つ知恵やたくましさを改めて感じた小さな感動です。

自然は人間が思うよりうんと賢い。

自然の秩序に敬意を。

人間はそのほんの一部なのだから。

ノーマン・クンツ”支えの信条”

障がいを持つ方を、当たり前に共にいる存在ではなく、哀れみと援助の対象としてしまう感覚は、長い年月DNAに組み込まれてきた、人類最悪の思い込みと過ち。

”支えの信条”は、無意識に分け隔てる人間の愚かさに、喝を入れてくれます。

1995年、カナダに住む障害者権利運動家ノーマンクンツ氏は脳性マヒで生まれました。体験をもとに、社会に向け妻のエマ・ヴァン・ダー・クリフト氏と共にビデオメッセージを制作。

”支えの信条”の詩をここに紹介します。

=支えの信条= 

歴史を通じて障害を持つ者達は、産声と共に見放され、社会から見捨てられ、 宮廷の道化師として嘲笑われ、ナチスドイツ時代にはガス室に送られ、 そして今の尚、隔離され、施設に入れられ、「行動管理」という名の拷問にさらされ、 虐待され、犯され、安楽死においやられ、そして殺され続けている。 

今日史上初めて、障害をもつ人々が己の持つ権利に基づき、価値ある一市民としての存在を主張し始めた。 ここに潜む落とし穴は、社会が彼らの叫びに対し公平と尊重ではなく救済と慈悲で応じてしまうという危険。

だから今、あなたに届けます・・・ 支えの信条 

私の障害を問題としてみないでください。障害は私の一部です。

私を欠陥人間として見ないでください。私を異常で無力な人間として見ているのは、あなたなのです。 私の事を直そうとしないで下さい。私は壊れてなんかいません。

支援してください。

そうすれば私なりの方法で社会に貢献できるのです。

私をあなたの患者として見ないで下さい。私もあなたと同じ、一市民です。 

あなたの隣人として見てください。人は皆、人に支えられて生きているという事を忘れずにいて下さい。

私の行動を矯正しようとしないでください。 静かに、聴いて下さい。あなたが不適切行動と決めつけているものは、 私にできる唯一の方法であなたに何かを伝えようとしているのかもしれません。 

私の事を変えようとしないでください。あなたにそうする権利はないのです。

私が知りたい事を学ぶ手助けをしてください。

あなたが感じている不安や迷いを専門家としての距離で隠さないでください。 私の声に耳を傾け、私の“もがき”を簡単に解決できるかのように軽く受け流したりしない、 そんな人でいてください。 

理論や方法論に、私を当てはめようとしないで下さい。 ただ一緒にいてください。そしてぶつかり合った時には互いに自らを省みる機会としましょう。

私をコントロールしようとしないでください。人として自分らしく生きる権利が、私にはあるのです。 あなたが不服従や操りと呼ぶ行動は、 自分の人生を自分でコントロールできる私にとっての唯一の方法なのかもしれません。

いつも素直で従順で礼儀正しくいる事ばかり叩き込まないでください。 自分を護るためには、嫌な時には「嫌だ。」と言える事が必要なのです。 

無理に私の友達になろうとしないで下さい。そんな同情はいりません。 私の事をよく知ろうとして下さい。そしたらいつか、友達になれるかも知れないね。 

例えそうする事があなたの気分を良くするとしても、勝手に私を助けようとしないで下さい。 手助けが必要かどうか聞いてください。私から、あなたが私に手を貸せる方法を教えてあげます。 

私を称賛しないで下さい。精一杯生きようとする事は、特に崇拝されるようなものではありません。 私を尊重してください。尊重の前提には対等があるから。

指示したり、矯正したり、指導したりしないで下さい。

聴いて、支えて、後をついてきて下さい。 私は料理されるだけの鯉じゃない。

あなたと私、同じ水に棲み、共に生きよう。 

今は亡き、トレイシー・ラティマーに捧げます。 

文・ビデオ製作 ノーマン・クンツ、エマ・ヴァン ダー クリフト 日本語訳 笠原真帆 訳協力 斉藤明子、横山実、中谷路子 声 笠原真帆 

昨年のスマイリングホスピタルジャパン研修会にて、特別支援学校教諭による講義”重症心身障がい児への支援”があり、その中でこのビデオメッセージが紹介されました。大きな反響がありたくさんのアーティストが涙しました。

折に触れ、この詩を読んで、それぞれ自分の中にあるつい偏ってしまう弱さや過ちを矯正していきたいものです。

”手助けが必要かどうか聞いてください。私から、あなたが私に手を貸せる方法を教えてあげます” 

わからなかったら教えてもらう勇気を胸に。

〜ガチャポンのある小児病棟2〜

ガチャポンのある小児病棟といえば日大板橋病院。

子どもに限りなく寄り添う医長さんの温かい計らいです。

今日はアシスタント研修のために久しぶりにやってきました。

アーティストはまさともじゃ。

老若男女問わず、大人気。

2歳の男の子。怪訝そうな顔で警戒心をあらわにしながらお母さんにしがみつきながらも、興味津々でじぃっともじゃさんを見ていました。

目が合うと泣き出しそう。それをさっと察したもじゃさんは押したり引いたりを繰り返す。そのうち、最後にはハイタッチしてバイバイするほどに仲良しになりました。

小学生の男の子。トランプマジックに参加して驚きの連続。自分の選んだトランプがもじゃさんの口の中から出てきた時はプレイルームの全員がおーっと歓声をあげました。

へんてこパトマイムが始まると、保育士さんたちはゲラゲラと大笑い。お母様たちも一緒にころげるほどに。

相変わらず怪訝そうな顔をしている幼児さんは終始、「変な人だな~」という思いを隠さずに、でも時々笑ってる。

プレイルームでのショーが終わっても、みんな全く動こうとしない。

そのうち仕方なく、個室に移動するもじゃさんに小さい子は次々にハイタッチしてお部屋に戻って行きました。

さてICUでは医師や看護師が忙しそうに動き回っている中、それはそれは浮いているもじゃさんですが、誰もが歓迎しているのがすぐにわかりました。

きっと、緊張の連続の中、ふと笑える瞬間を味わえる気分転換になっているのでしょう。廊下でその様子を見ながら、スタッフとして吹き出している場合ではないのはわかっていても、おかしくてたまらない。

学童男子の部屋。いじられていじられてなお、道化を続けるもじゃさん。

「また来てね」「うん。マジックもっと練習してくるね」

女子の部屋。なんだかしらけた雰囲気。でも負けない。痛い視線など気にせず、そんな時はダイナミックなトランプマジックで唸らせてしまおうという作戦が成功。最後は女子たちも大受けに受けてくれて笑い声が廊下に聞こえてきました。よかったね、もじゃさん。

女の子の個室。相手になんかしないわよ、と言わんばかりに背を向けていたけれど、そのうち面白くてケラケラ笑い出した様子が廊下まで伝わってきて、やれやれ。

ベッドサイドを12もまわってさあ帰ろうと廊下に出ると、そこには処置があって見られなかったという男の子が。自分だけのマジックショーに大満足してくれました。

*******

子どもに限りなく寄り添うのは医長さんだけじゃない。

お父さんが昼間に面会に来て世話をしている・・と遠目で見ていたら、お父さんではなく担当医師でした。アンパンマンの絵が全体に施されたTシャツを着ていたものだからまさかと思ったけれど、着ていたのはアンパンマンの絵が全体に施された白衣?でした。来るたび、ああ、この病院は立場を超えて溶け合っているなあ、と感じます。

前回は可愛い幼児さんの声だったけど、今日の院内放送は中学生かな。お姉さんの滑らかな声でした。子どもたちに放送などのお当番があること、ガチャポンがあること、この病棟の魅力の一部です。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜本物のアートを届ける!〜

「患者さんたちに喜んでもらおうとして、子ども向けの音楽を選んで演奏する、というのはどうなのかな?」

とNさん、再び単刀直入に質問をします。

ハープならハープの名曲を聴いてほしい、と。

本物のアートを届けたいSHJの理念にまたピタリ。

「大人ならわかる」という理屈は、少なくとも芸術の感性に関しては当てはまらない、むしろ子どもだから感じることができる、と言えると思います。

よく、子どもにジャズ? ボサノバ?

わかるの~?

という声を聞きます。

これはとんだ先入観。

子どもの心はスポンジのようでそしてとても純粋。

音楽に合わせて自然に体を動かして全身で感じています。

だから素直にいいものはいい。好きなものは好き。

本物がわかるのです。審美眼は大人よりすごい。

だからアーティストたちはいつも容赦ない子どもたちの審査を受けているよう。

子どもたちから学ぶ、成長させてもらうという感覚はここでも納得です。

そんな風に答えると、またまた、

「全く同感。子どもたちに媚びるの、好きじゃないの」と。

せっかくの技があるのに、子どもの好きそうな曲を無理に奏でる必要はない。時に変化を持たせる意味で取り入れるのは面白いかもしれない。

でもそればかりだと、知ってる曲しか興味がない、となってしまいそうで、豊かな感性の持ち主たちには本当にもったいない。広い世界を知る意味でも、素晴らしい音楽をたくさん聴いてほしな。

という私の意見にも、大きく頷いてくれました。

Nさんははっきりとした演奏家としての、パーフォーマーとしての理念を持っている。

聴いてもらう側の心意気を感じます。

〜かわいそうな人じゃなくて・・〜

月に1度、事務局ミーティングの後、ボランティア説明会をしています。

今日の説明会にアーティスト応募をしてきてくださったのはフィンランドの音楽大学でハープを学び、演奏活動をしているNさん。

車椅子で来てくださったNさんは、様々な種類のハープを車に乗せて、求められるところどこへでも演奏に出かけるバイタリティあふれる女性です。

自身が立ち上げたNPO法人ホスピタルコンサート2001は、「芸術的な感動は治療や機能回復訓練と同じように大切なもの」と考え、病院や施設などでのコンサートを事業としています。

理念を同じくして出会うべくして出会ったと確信、いえ、SHJを見つけてくださったことに感謝するばかりです。

受け入れる側も演奏者にもスペースや経費、その他環境が整っていない現状の中、主に施設での活動をするにとどまっていたそうです。そんな中、演奏家で代表のNさんは、「SHJを知り、子どもたちと一緒に病棟で活動する夢がやっと叶う」と目を輝かせていました。

スマイリングホスピタルジャパンのホームページをを見つけた時は、「あ、これだ!」と思ったと笑顔で話してくださった時は、何より嬉しい瞬間でした。

小さい頃から入院生活が多く、ずっと車椅子生活。

いろんなボランテイアが訪れては演奏してくれたり、マジックを見せてくれたりしたけど、どれも単発の慰問。それが続くといつの日か、

「自分たちを哀れんで来てくれている。私ってかわいそうな存在なの?」

と子ども心に自問したといいます。

そんな風に思わせてしまうボランティアってなんでしょう。

・・・・・

「どう思いますか、松本さん」

単刀直入に尋ねてきました。

私は迷わずいつも心に思っていることを話しました。

「ボランテイアってやってあげてるじゃなくて、やらせてください、というスタンス。はじめは支えるんだと意気込んで活動を始めますが、逆に自分たちが目の前の方たちから大切なことを教わります。それに気付いて、子どもたちのところへもっともっと行きたいと思う。SHJのアーティストボランティアたちはそんな人たちです」

「治療を受けている人たち、困難と立ち向かっている人たちはかわいそうな人じゃなくて、尊敬すべき人たちです」

ホッとしたような顔で、「そんな松本さんを尊敬します」

嬉しい言葉をいただきました。

最初は試すような、怪訝そうな表情で説明を聞き始めたNさんでしたが、話せば話すほど穏やかな優しい表情に変わっていき、共感が生まれた瞬間を沢山感じることができた、素晴らしい出会いでした。これからもたくさんの共鳴がありそうな予感です。

NPO法人Hospital Concert 2001 Official Website

Smiling Hospital Japan Official Website