〜SHJ各地区、個性派ぞろい vol.6〜

 愛知まで広がったのは2016年9月。

名古屋大学医学部附属病院で。

もともと、こちらの小児病棟でバルーンの活動をしている

ぷくぷくばるーんの代表 大竹由美子さんと知り合いで、

バルーンだけじゃなくて色々なアートは絶対に喜ばれる!

と、名大に繋げてくれました。

コーディネータはcumin (くみん)とチバちゃん♪のユニット「スーハーハー」

のくみんこと箕浦恭代さん。

ベストファシリテーターオブ ザ イヤー賞の受賞歴もある、

ドラムサークルファシリテーター。

ドラムサークルのネットワークによるSHJの広がり、改めて感謝です。

ユニット名の「スーハーハー」は深呼吸の息の音。

ゆっくり息を吐き、リラックスしたら活動の始まりです。

子どもの名前を呼ぶ挨拶の歌や、乗り物や動物の歌をアカペラで。

笑い声もそのまま音楽にしてしまうというから一度は体験してみたい。

3月の研修会ではくみんさんのワークショップが楽しみです。

私も参加した初回の活動は、

日用品音楽ユニットkajiiさんによるパーフォマンス。

なんだ、なんだ、何が始まる!?

準備段階から期待感にワクワク。

その名の通り、食器や調理器具、掃除道具やたらいなど、日用品ならなんでも楽器にしてしまうアートです。

楽器がなくたって身近なもので音を出してリズムをとったのが音楽の始まり。

太古の時代は石と石を叩いていたとか、

ナイジェリアでは何千年もの間、ドラムが言語の代わりに使われていたというのを何かで読んだことがあります。

話は戻り、kajiiさんたちの音楽は、目をつぶれば

立派な楽器で奏でているかのようにしか聞こえません。

それほどまでに、音質も音量も響きも何もかもがホンモノなんです。

これには本当に驚きました。

駐車場で待ち合わせ搬入の時から一緒でしたが、

ありとあらゆるサイズや厚さの陶器のお皿をいかに割らずに運搬するか、

まさに芸術的な技はここから始まっていた!

とにかくyoutubeで聞いてみよう!

さてダンスも活動の1つ。

担当は『カラダのアトリエ マナマナ』主宰で、コンテンポラリーダンサーの

沼田真由みさんと久野和美さん。

活動の様子は、活動報告書を読んだだけで子どもたちへの寄り添いや愛情がたっぷり感じられるほどです。

今年3月のSHJ研修会で発表した、

SHJテーマソング~かけがえのない君へ~

一度聴くなり振付を考案、参加者総勢82名で踊りながら歌ったこと、

強く印象に残ります。

この振付で来年の3月は何人で歌えるかな。

さて、今年の夏に登録アーティストとして活動する

ラジオDJ 空木マイカさん。とっても自由で、とっても楽しい読み聞かせ。

「目を合わせることもなかった子が、あんなふうに喋ったり笑ったりするのを初めてみました」

という保育士さんの言葉がとても嬉しかったと、

絵本の力はすごい、とは最初の活動でのマイカさんの感想ですが、

とっても自由でとっても楽しいマイカさんの雰囲気とやりとりが生み出した笑顔だったのだろうな、と感じます。

SHJ愛知地区活動レポートブログ

Smiling Hospital Japan Website

〜ツッコミどころを作る〜

子どもが心から楽しい時。

  好きなことをいつまでもやっていていい時。

  できなかったことができるようになった時。

  ちょっと難しいことを頑張って褒められた時。

  お手伝いしてお母さんが嬉しそうにしている時。

  お友達と仲直りした時。

  欲しかったオモチャをゲットした時。

  自分の家でやると怒られることをばあばの家で思いっきりできる時。

  いたずらが成功した時。

  おやつがいつもより多い時。

それからそれから・・。

孫が来ると一番嬉しそうなのが、じいじがヘンテコなことを真顔で言う時。

それと、

じいじの間違いを発見した時。

つまり、子どもはダイの大人にツッコミを入れる時が一番幸せなのです。

「あれ?そうかあ、じいじ、間違えちゃった」

「えっと、なんだっけ・・」

と困った顔のじいじに、

「あのね・・」

と正解を教えてあげる時のなんとも言えない得意げな顔。

知らないなんてしょうがないなあ、

という顔で。

さらに得意顔がちょっと威張った顔になり、

「ま、わからない時はなんでも聞いてよ」

と締めくくる。

その時の自信に満ちた顔がまた愛おしい。

院内学級にいた頃に教員の重箱の隅をつつくのが仕事みたいな子がいて、

大人のタジタジぶりを楽しませてもらったのを思い出します。

2017/9/19投稿~SHJヒストリー9 Mくんとの再会

で触れています。

SHJの活動でも同じような場面があります。

これはもう病棟が笑いの渦です。

8/23投稿お医者さんがボケ役に?

にも綴った、大道芸人のさすが!の演出です。

パーフォーマーがボケ役に選ぶのは、

爆笑している看護師さん、

  「え?私?」

子どもに付き添うちょっと難しい顔をしたお父さん、

  「ちょっと待ってくださいよ~」

そして後ろの方で腕を組み感心しながらみんなの様子を見ているお医者さん。

  (おっと、しまった!という表情)

それでもみんな子どもの期待!?に応えなきゃ、という思いはあったかく、

頭を掻きながらも前に出てきてくれます。

この場面ですでに子どもたちの顔はみるみる笑顔と期待感でいっぱい。

パーフォーマーのさりげないファシリテーションが生き、

ツッコミ役の子どもたちは堂々たるもの。

その存在感はとっても大きい。

大人がしくじればしくじるほど・・。

大人の失敗は子どもにとって蜜の味。

SHJの生み出す人間ぽくってほんわか温かなコミュニケーションのひと時です。

家庭でも、学校でもやってみて!

子どもにバカにされたら困る、なんて思わないで。

案外、生きる力に結びつくかもしれません。

大人にとってもね (^_−)−☆

〜SH J各地区、個性派ぞろい vol.5〜

たっきゅうさんが京都での活動を担当するようになり時をおかず、

当然のようにSHJの笑顔はお隣の大阪にも波及しました。

大阪での初日は、ドラムサークルのネットワークを通じて大阪でもぜひ!

というアーティストが大阪駅ビルのマルシェにあるカフェで説明会を開催。

わいわいと6~7名が集合。

もちろんそこで初めて顔を合わせる人もいて、

これぞドラムサークルの力、これぞ芸術家の力。

アートの吸引力を感じました。

ドラムサークルとは?・・

  参加者が輪になって打楽器を即興で演奏するというもの。

  楽譜はなく、各自が好きなリズムで自由に音を出していく中でつくられる、

  一期一会のセッション。

そのサポートをするのがドラムサークルファシリテーター。

ここ大阪はファシリテーターが地区コーディネータをつとめます。

ドラムサークル「どんちゃか村の子どもたち」を主宰するファシリテーターの西純江コーディネータを中心に個性的なアーティストが集まっています。

そんな西さんは通常「どんちゃか村のそんちょー」として関西を中心にコミュニティドラムサークルをはじめ、親子向け、小学校、高齢者・福祉施設、イベントなどで活動しています。

9歳から鼓笛隊を始め、ジャズ、ラテン、ボサノバなどジャンルを超えたバンドに参加するうち、ドラムサークルに出会い、「絶対に間違ってはいけない演奏」から「間違ってもいい、それが正解とする演奏」という理念に感動し、ドラムサークルを学び「どんちゃか村の子供たち」を結成したといいます。

SHJの活動では、その場その時の子ども達の様子に寄り添ってほんわかあったかい音楽を通したコミュニケーションを実践しています。

さて、そんな大阪地区。

今では、

💫音楽療法士による音楽遊び

💫パーカッション・インディアンフルート

💫コメディー大道芸

💫ジャグリング・バルーンアート・マジック

💫折り紙アート

💫フリースタイルバスケ

💫パステルアート

💫西アフリカ生まれの民族楽器アラサトパーフォマンス

などなど幅広いジャンルで、しかもそれぞれがユニーク。

一人一人が熱い思いで1回1回の活動に真剣に、

一人一人の子どもたちに愛情たっぷりに向きあう、

そんなチームです。

「体を動かすのが難しいお子さんが楽器を鳴らそうと意欲的な姿を見ると毎回感動を頂いています」

という子ども達へのきめ細やかな目配りと寄り添い。

「凄い、面白い、不思議、共感する、ハラハラする」ジャグリングやマジックで子どもたちに高揚感を。

「大ドジ芸人」のコメディ大道芸は爆笑を誘う。

バスケとダンスが融合したかっこいい! パフォーマンスはワクワクした憧れを生んでいるようです。

さらに盛り上がる予感の大阪地区。

毎年3月に行う研修会に、この賑やかな雰囲気をそのまま運んでくれるのもまた楽しみです。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜病院の壁はなぜ白いのか!〜

白からイメージされるのは清潔感

だから病院の壁は白、という概念があります。

壁が真っ白だと、ほこり等の汚れが目立つので、マメに掃除して常に衛生面に気を配ることができます。

衛生に気を使わなければならない場所は、「壁は真っ白」が定番ということになります。

白は信頼感を与える色とも言われます。

白衣も含め、医療の専門家への信頼や威厳を感じる人も多いかもしれません。

白は明るさ、広がりを感じさせ、整頓されて広々とした雰囲気も生んでいるかもしれません。

いろいろ検索してみると、
19世紀の西洋の医師は、黒いコートを着用していたことがわかりました。

驚きです。

黒は礼服の色であり、神聖なる医療の現場にもふさわしい色である、

と考えられていたためです。

その頃は衛生面よりも儀礼的な慣習が優先されたということ。

そもそも、当時は一般に公衆衛生への理解がほとんどなく、

衛生観念が薄かったようです。

19世紀末ごろになりようやく「不衛生が原因で病気が流行する」と認知されて清潔を保つことが重要視され、

医師たちはそれまでの黒いコートをやめ、白衣を着るようになったそうです。

清潔で信頼感を意味する白・・・。

しかし、反面、冷たい印象もあります。寒々と殺風景な空間を作ります。

さらに最近の研究で、白は緊張感を高め、自然治癒力を低下させるということがわかってきたそうです。

患者の立場からしたら、リラックスでき、気持ちが明るくなるような色や柄が欲しいところです。

そこで!

長い前置きに続くのは、

スマイリングホスピタルジャパン

〜病院の白い壁をポップに変えよう!〜

プロジェクトの宣伝です。

スポンサーのFCA  Japanの支援を受け、25日まで開催中です。

目標額が集まれば、活動中の病棟の壁を順次、ワクワクするようなカラフルな壁紙ステッカーで明るくできます。

しかもこのプロジェクト、入院中の子どもたちが主体。

登録アーティストが手伝いながら子どもたちが好きな色を塗り、ステッカーに加工します。

SHJアーティストMari manabeによる病棟の壁画イメージ

現在、目標額の約40%まで達成。

万一届かない場合は、このワクワクの計画はお預けとなります。

子どもたちを決してガッカリさせてはいけません。

どうか、クラウドファンディングを成功に導いてください!

サイト

~病院の白い壁をポップにしよう!~

シェアもよろしくお願いします。

Mari manabe Official Website

Smiling  Hospital  Japan Official Website

〜SHJ各地区、個性派ぞろい vol.4〜

さあて、いよいよ関西は京都大阪。

大道芸人たっきゅうさんと繋がり、京都地区設立。

活動は2014年春に始まり、

あれよあれよとたくさんの愉快なアーティストが集まり総勢15名。

まずは京大のボランティアグループ「にこにこトマト」、

通称にこトマさん(→「にこにこトマトスタッフブログ」)

の仲間に入れていただき、

第3水曜日の3時半から毎月のレギュラー活動。

大道芸人たっきゅうさん、普段はもの静かに見えて・・、

しかしいったんショーが始まると、

かちっ!

と音がするほどにスイッチが入り、

最初から最後まで「笑顔」通り越して、

「笑い」も通り越して、

「爆笑の連続」を引き起こします。

スマイリングの理念は、

笑いは一番の薬

”Laughter is the best medicine”

なので・・・。

と、安心して見ていていいのだか・・・。

思わず付き添いの看護師さんの顔色を伺ったりしてみるが、なんのことはない、

子どもや親御さんに混じって大爆笑。

なるほど、付き添いながらショー見学も。

時々無理矢理、子どもたちの前に引っ張りだされ、

飛び入り参加で盛り上げる存在です。

SHJ のスローガンは、

Happiness Helps Healing!

笑いすぎて、お腹が痛くなったら回復を助けるんだか、

負担になるんだか、という心配は取り越し苦労。

もっとも、これは大道芸見学の時の私のお決まり心理パターンですが。

たっきゅうさんとは、

ノーマン・カズンズ著「笑いと治癒力」に聖書から引用されている言葉

~楽しい心は医師と同じ働きをする~

に共感し合いました。

→4/2投稿「たっきゅうさんと『笑いと治癒力』

笑いの研究をしているたっきゅうさんならではの感性に引き込まれること、しばしばです。

おっと、たっきゅうさんの話、つい長くなりました。

たっきゅうさんが京都地区のコーディネーターとして関西に広げてくれた後、

次はやはりすぐに大阪に広がりました。

こちらはドラムサークルがきっかけ。

ドラムやインディアンフルートアーティストが、

コーディネーターとして、たくさんのアーティストを巻き込んでくれました。

大阪についてはまた次の機会にじっくりと綴ります。

大道芸人たっきゅうさん

Smiling Hospital Japan Official Website