どの子も一緒に遊べる?バリアフリー公園🌷

ハード面でユニバーサルデザインが進んでも

心のバリアフリーが進まないと

せっかくの合理的配慮も

絵に描いた餅

になってしまいます。

昨今、障害のある子もない子も一緒に遊べる

「インクルージブ」公園

「ユニバーサルデザイン」公園が

都内に続々と作られています。

心のバリアフリーを実践するためにも

その媒体となる

物理的な改革、

公園でいえば

インクルージブな遊具への更新は必須ですから

この取り組みは画期的と言えます。

車椅子でも遊べる遊具

安全ベルトがついたブランコ

・・・・・

なるほど、

2006年のバリアフリー新法に基づき

園路の幅を車いすで通れるようにするなどの基準が作られたものの、

遊具自体に安全性についてのガイドラインがあるだけです。

遊具だけを配慮型に変えるだけでは

車椅子用のスロープが長すぎたり、急すぎたりして使いづらい、

駐車場から遠い、

などの課題はそのままです。

そんな中、

都は共生社会に向けて

「すべての子どもたちがともに遊び、

学ぶ機会を積極的に提供する」

という方針を打ち出し

インクルージブ&ユニバーサルな形を目指して

複数の公園で改修工事を始めたそうです。

しかし、

障害のある子もない子も一緒に楽しく生き生きと・・・

これを本気で願うのならば

公園に

ファシリテーターを配置するのはどうでしょうか。

”さあ、誰でも使えますよ”

と言われて

初めて会った子ども同士がすぐに打ち解けるはずはない。

そこに

指示したり仕切ったりするのではなく、

そう、ちょうどSHJのアーティストみたいに

程よい立ち位置で子どもたちを見守り

間に入って融合を目指す人として

UD公園ファシリテーターがいたらきっと

障害のある子もない子も一緒に楽しく生き生きと・・・

が実現できそうです。

さらに

子どもたちが遊具を使っているところを観察し

子どもや親の意見を聞きながら

さらに工夫が必要なところを見つけ

改善を提言する役目としてもその存在には意義があるのでは?

みんなで一緒により良い公園を作る実践者としても活躍できそう。

誰もが遊べる公園づくりに取り組む

http://www.minnanokoen.net 

「みーんなの公園プロジェクト」(岡山市)は

「当事者と対話しながらより良いものを目指して欲しい」

と。

もう一歩工夫して

公園での遊びのファシリテーター

いかがですか。

意識を高めなくてはならないのはどっち?(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

都は5年ごとに障害者の生活実態調査を行なっている。

対象は

身体、知的、精神障害者そして難病患者。

2018年に行った統計結果は

東京都福祉保健局ホームページ

平成30年度「障害者の生活実態」として

これから公開されるが、

その概要が11/6東京新聞朝刊に掲載されていた。

社会参加を妨げる理由は?

という問いに対し、

「周囲の理解不足」

という答えが

全体的に一番多くなっている。

ソフト面でのバリアフリー化が進んでいないことを表している。

身体障害者にとっては

道路や駅、電車や、バスなどの利用時に

一番困難を感じるという。

ハード面でのバリアフリー化も然り。

これらの回答はいずれも

前回の調査2013年より増えている。

今回調査の3年前、2016年に

障害者差別解消法が施行されたというのに、だ。

都の担当者は

「障害者が社会に出る機会が増え、

意識が高まっていることもあると思う」

と増えた理由を述べている。

ここで💢

チコちゃん、今こそ!出番!

障害者が社会参加することは当たり前のこと

意識を高めなくてはならないのは障害者ではなく

私たち不自由のない人間の方ではないか!

あたかも障害者は社会参加が少ないのが自然であるかのような

発言ではないか。

この発言を

さらりと記事に載せているところにまず違和感を覚える。

この担当者の発言にこそ、根元の問題があり

この発言こそ、心のバリアフリー化ができていないこと

の表れであると考える。

私が記者だったらそう書くだろう。

いずれにしても

当事者とはかけ離れたところで

都はバリアフリー化を行なっているということになる。

2020を意識して

ソフト、ハードの面でのバリアフリー化を推進していると聞くが

当事者意識のない人が何を進めても

お門違いの

やってます風のお飾りになってしまう。

それでよしとする風潮が許せない。

 〜アーティストの隠れた才能🎹🖌〜

才能が隠れたアーティスト・・

とは矛盾した表現ですが。

💫 💫 💫 💫 💫

そもそも芸術家

といえば

大きなカテゴリーに分けて

音楽家

画家

造形家

大道芸人

朗読家

俳優・・・

といったところでしょうか。

もちろん、一言で音楽家といっても

ピアノ

サックスやフルートなどの管楽器

バイオリンやギターなどの弦楽器

声楽

など専門は様々。

ジャンルも

クラシック

ジャズ

ラテン

ロック・・・。

そして

美術家といっても

油絵画家

水彩画家

版画家

陶芸家

立体造形家

・・・・

と挙げきれないほど多岐にわたります。

そんな中のうち特定のアートに秀でた才能を持ち

芸術家として活動しているアーティスト。

しかし一つの技術にとどまらず

感性の豊かさというgifted(=天賦の才能)は

別の意外な面でもその花を開かせているたくさんの方達がいます。

私にとってとても身近な存在の

スマイリングホスピタルジャパンのアーティストたちには

そんなマルチなかたがたくさんいます。

画家でもあり作家でもある

絵本、紙芝居作家

そこにとどまらず落語家でもある。

または

立体造形家でありながら

イラストレーターでもある。

ボーカリストでありながら

生け花のプロでもある。

アナウンサーでありながら絵本作家でもある。

はたまた

化学とアートを融合させたものづくりのプロでありながら

画家でもある。

ピアニスト&ボーカリストにとどまらず

書家でもある。

陶芸家でありながら料理家でもある。

・・・・・

羨ましいを通り越して

もはや尊敬や憧れの対象です。

そんな中、

アコーデオン&オカリナ奏者でありながら

オカリナ作成も手がけるアーティストがいます。

広島地区で活動している野口美紀さん。

表参道での作品展へお邪魔しました。

普段は離れているから個別に話すという機会もなく

SHJの趣旨に賛同して活動を続けてくれていることが

ただただ嬉しいのですが

今回アトリエで、やっとゆっくりお喋りできました。

所狭しと展示されたオカリナの数々。

「これはこんな音が出るんですよ。

音はこうやって出します」

と一つ一つの作品を愛おしそうに奏でながら説明してくれ

音に対する愛情がひしひしと感じたひと時。

♪コンドルは飛んでいく

のオカリナ演奏に続き、

アコーディオンで演奏してくれたのは

世界旅行をしているような楽曲のセレクション。

10/18に投稿した

入院してても音楽が広い世界に連れて行ってくれる!

で綴った活動を再現してくれました。

ロシア、ヨーロッパの国々、そして南米へ。

リクエストは?

と言われて思わずラテン好きの私は

コーヒールンパ!

思わず踊りたくなるようなリズムはアコーディオンの

分厚い音量、音質、そして野口さんの軽快な鍵盤さばき?!

でその特徴が何倍にもクリアに

素敵に伝わってきました。

3人の孫預かりを翌日に控え

鳥の形の可愛いオカリナを3つ購入しました。

鳥の無駄のないフォルム、

これはオカリナの形そのもののような気がします。

一つひとつにメッセーが添えられています
優しい解説書付き

指穴の数や配置が決まっていない

極めてカジュアルな楽器のイメージ。

でも鳥の形だけではない

野口さんの手にかかれば

オカリナの形状は自由自在。

活動報告書を読みながら

アーティスト一人一人の技を思い浮かべる毎日ですが

一人一人をもっともっと知りたい!

そのために、

ライブや個展

ワークショップには

可能な限り出かけていきます。

今回もアーティストの奥深さや

隠れた才能!?に触れることができて

幸せな気持ちになりました。

忘れてならない野口さんのもう一つの才能は

作曲&演奏した作品のCDつき絵本の作成です。

お話も野口さんのオリジナルです。

こちらも一冊購入し

もちろん翌日は孫たちに読み聞かせ!

アコーディオン&オカリナ奏者 野口 美紀 オフィシャルサイト

野口美紀ブログ

 

素敵な村見つけた!「中川村」🏔

信州が大好きで

上高地、安曇野、伊那・・・

と旅するうち

魅力的な村を見つけました。

南部伊那谷のほぼ中央

上伊那郡にある

「中川村」。

昭和33年、古くは「天の中川」と呼ばれた天竜川を挟んで東側の南向村と西側の片桐村が合併してできた村で、天竜川を中心に結束する新しい村として中川村と命名されました。

ホームページ〜中川村 「日本で最も美しい村」連合〜より。

四方のアルプスから爽やかな風が吹く村。

村の人に聞くと

移住者を温かく受け入れ

土地の人との融合もスムーズで

とても暮らしやすい場所だとか。

都会から

環境自然との共存を求めて

オーガニックな生活を求める人たち。

つまり、

農薬を使わない有機農業

自然の生き物や生態系を大切にするエコロジーな考え方

に回帰する方達が

商業的に作られたものではなく

人間本来の生活に根ざした生き方を選び

ここへやって来て

土地の人に学びながら

バランスの良いコミュニティを作っている・・

そんな印象です。

NPO法人日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

によれば、

オーガニックとは

🌀環境の保全・・化学農薬や化学肥料を使わずに、水、土、大気を汚染から守る。

🌀健康な生活・・保存料や着色料などの添加物をできる限り低減し、食品の安全性を確保する。化学的な染料や塗料を使用せず、アレルギーのない生活を目指す。

🌀自然との共生・・自然の動植物を守り、生物多様性を保全する。

🌀身土不二・・適地適作・地産地消で、地域の文化を大切にする。

🌀健全な社会・・児童労働の禁止、植民地栽培の排除、南北格差の解消など、人を大切にする社会を目指す。

こう見ると、

人間本来の生活を追求すると

自ずと健康で健全な社会が出来上がるような気がします。

☘ ☘ ☘ ☘ ☘

昨今、オーガニックな生き方をする人たちが世界中で

じわりじわりと増えている印象です。

プラごみを減らす運動・・

地産地消を進める動き・・

添加物の有無等食の安全をを求める人たち・・

・・・・

経済至上主義の世界のリーダーたちも

もう後戻りできないと諦めるのではなく

地球上で増えつつある

自分たちで明るく健全な社会を作っていこうとする人たちから学び

真の幸せを追求する生き方

に正面から向き合ってほしいな。

☘ ☘ ☘ ☘ ☘

さて中川村。

地元の無農薬野菜を中心とした無添加食品、天然酵母パンなど自然食のお店「たろう屋」(別ブログでぜひ紹介したい。乞うご期待)

自然を生かした生活雑貨の店

フェアトレードのお店

料理を通した語り場

週末の小さなチャリティイベント

子どもたちの集いの場

そして数々のアーティストたちのアトリエや

美術館(アンフォルメル中川村美術館。こちらについても追って綴ります)

日本の原風景の中にある

顔の見える小さくて豊かで幸せな経済

そんな風に感じる場所です。

チコちゃん、補助犬拒否の現場こそ叱って!💢

~進まない補助犬への理解(最近の東京新聞夕刊)~

という記事を読んで、

チコちゃんみたいに頭から煙?湯気?

が吹き出しました。

💢 💢 💢 💢 💢

補助犬とは?・・・

🌀介助犬・・手や足が不自由な人をアシスト(全国で65頭)

🌀盲導犬・・目が不自由な人をアシスト(同928頭)

🌀聴導犬・・耳が不自由な人をアシスト(同68頭)(頭数今年3月実績)

紙面より。

さて怒り心頭の理由。

盲導犬を連れた人が

タクシーに乗車拒否された話は記憶にも新しい。

さらに紙面には

家族の通院に付き添うために

介助犬を伴い向かおうとしたところ

「犬は入れない」

と一蹴された人のこと・・・

父親の危篤の知らせを受け

病院に駆けつけたが

盲導犬を伴っての入室を断られた人のこと・・・

が書かれていたのです。

介助犬拒否の病院って何?

今こそ、ちこちゃんに叱ってほしい!

病院は病気や障がいのある人を支える場所ではないのか!

と。

ぼーっと生きてんじゃねーよ!

と言って笑いを誘っている場合ではないです。

余談ですが先日の「うどんのコシってなあに?」

知らなくても問題ないです、チコちゃん。

🍜 🍜 🍜 🍜 🍜

さて話を戻します。

日本盲導犬協会の調査によると

昨年1年間で

回答者の6割が

公共施設や交通機関での

盲導犬の受け入れを拒否されていたといいます。

いっぽう

日本補助犬情報センター実施アンケート(2018/11実施)

によれば

飲食店、宿泊施設、医療・福祉業の従事者のうち、

回答者の8割近くが

補助犬を伴った人への対応について

「知らない」

と答えたと言います。

💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢

いまさら

障害者差別解消法や合理的配慮を

持ち出すのも虚しくなります。

手厳しいかもしれませんが

共生社会が実現できないモラルの欠陥を補うために

法律が作られたようなもの。

あくまでも個人的見解ですが。

さらに

この法律をわかりやすくするために

国の機関、地方自治体、民間事業者に、

障害を理由とした差別を禁止し、

介助犬や盲導犬の同伴などを含む

合理的配慮を義務付けるという具体策を付けているのです。

にも関わらずです。

直接人と接する現場で8割近くの人が

合理的配慮について意識が低いことを知り

ショックを受けました。

💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢

いかに

世の中で起こっていることが

そして目の前のぐるりさえも

見えていない人が多いのかと愕然とします。

\\\٩(๑`^´๑)۶////

人権教育というのは

一朝一夕で叶うものではありません。

遠回りのようで

一番の近道は

小さい子どもの時期から

いろんな人が一緒に遊び

一緒に学べる

共生の環境をいち早く作ること。

個人のレベルで意識づけしていくことではないでしょうか。

法律を作っても効果がないのですから。

チコちゃん、

こういう問題こそテーマにして

ぼーっと生きてる人たちに喝を入れて欲しいな。