安静時間もなぜか賑やかスマイリング!

今日もアシスタント代打として病院へ行ってきました。

13:00からの活動。

小児病棟に入るや、

2人の少年がプレイルームで待っていてくれました。小学2年生の男の子たち。名札を見て、

「松本さん、っていうの?ふうん。

今日はモジャさんのマジックでしょ。どんなマジック?」

「どんなマジックかな、楽しみだね」

そんな会話をしているとスピーカーから、

「1時から3時まで安静時間です。お手洗いを済ませ、電気を消して横になって休みましょう」

と可愛らしい棟内放送が流れてきました。

小学校低学年の女の子、という印象です。

処置、入浴、検査、訪問学級の授業など何かと忙しい子どもたちにとって、この時間は貴重な安静時間でもあり、自由時間でもあり。

でも、嬉しいことに、SHJの日は特別にプレイルームに来て良いことになっています。

「君にも放送の当番が回ってくるの?」

「ううん。僕はやらない。やりたい人だけだよ」

「そうか。どっちでもいいんだ」

「うん」

この病院には闘病中の子どもたちに役割を提供して、自信をつけさせる工夫をしています。するしないの選択も当然のように任せています。

子どものきもちへの寄り添いにも、とても温かいものを感じます。

仲良しのいる病室に一歩でも踏み入れると、

「ダメ!」

とさえぎるのがほとんどの病院ですが、たまたまパーフォマンスを見学に来られていた医長さん、

「おっと、ここまでだよ」

と優しく伝えます。

それでもじわりじわりと入ってくる子には我慢がたまっていることを察して見えないふりをしていたり。もちろん、医療者ですから、ギリギリの線は保ちつつ。

さて、モジャさんのパーフォマンスはいつもに増して盛り上がる。

子どもたちは手を叩いて笑ったり、「すごい!」とびっくりしたり。

かたや、モジャさんのふざけぶりに保育士さんたちのはしゃぐ声も混ざって、病棟はものすごい騒ぎ。

プレイルームでの活動後も、2人の少年たちは各部屋へついて歩くほどの追っかけぶり。

廊下では、

「ねえねえ、モジャさんて面白いね」

「また来る?」

「さっきのマジックはさ~・・・」

などとおしゃべりは続きます。

仲良しすぎて途中ハラハラする喧嘩も発生。どうした、何があった?と保育士さん。

でもそのうち仲直り。

病院で知り合い、一緒に病気と闘っているふたり。一生の友になるんだろうな。

こんな感想文をもらいました。

「今日はとってもたのしいまじっくありがとうございます。ぼくはたのしいまじっくをみて元気がでてきました。今日は本当にありがとうございました」

ありがとうはこちらの方こそ!

楽しんでくれてありがとう。

おしゃべりも楽しかったよ。

出会いに感謝!

〜君に出会えて〜僕は嬉しいんだSHJテーマソング&PV「かけがえのない君へ」より〜♫

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜スマイリング効果 その3〜

病院ごとに担当の活動アシスタントボランティアがいますが、当然のことながら、都合が悪い時もありあす。

そんな時はホイホイと出かけていくのも代表の仕事の一つと思っています。

月曜日はそんな日でした。

アーティストのパーフォマンスやワークショップを子どもたちに混ざって楽しんでしまうのは、普段ボランティアに任せきりにしている証拠。

おっといけない、プレイルームでの参加人数を数えるのを忘れた!と慌てて保育士さんに聞くこともあったり。

でも慣れているアシスタントは、もちろん、一緒に楽しみながらも自分の立ち位置を外すことなく、アシスタントの仕事をしてくれています。活動が終わればアーティストから送られてくる報告書に必要事項を追記して事務局に送るのもアシスタントの仕事。なくてはならない存在です。アシスタントへの感謝を新たに。

さて、今回の担当はジャグリング、パントマイム、バルーンアートの徳島はっちーさん。

はっちーさんの報告書がたった今届き、感動再び!

毎回丁寧な報告をしてくれるのが運営していく上での励みになります。

コメントより抜粋

「子どもたちの反応は様々で、泣く子、笑う子、ぽかんと凝視したままの子、ほとんど表情の変化はないけどコミュニケーションを続けているうちにほんの僅かながら口角が上がる子(こういう僅かな変化に出会えると凄く嬉しい)など、当たり前ですけど全く同じ反応の子はいません。そして、どういう反応であれ心が動くことがまずは大事ではないかなと…。泣かれた言い訳ではありませんが(笑)泣くことも笑うことも驚くことも等しく大事だと思うのです。笑うことだけが正解なのではなく」

それでもはっちーさんは正直者。

「そうは言っても笑ってくれると嬉しくて、調子に乗ってプラスのサービスが入ったりするわけですが(笑)」

そしてここからが自慢のスマイリング効果。

「これは毎回のことですがSHJ活動の帰りは自分でも妙なくらい清らかな気持ちになっていて、しばらくは心穏やかな優しい時間が続きます。入院中の子どもたちと接し、喜んでもらえるという体験は普段の生活では味わえない感動で、その感動を通じて逆に自分のほうが洗われるような感覚があります」

それでもやっぱりはっちーさんは正直者。

「残念ながらその日のうちに元の自分に戻ってしまうのですが(笑)」

だからアーティストは繰り返し活動を希望されるんですね。

単発のイベントでなく、子どもたちの日常に関わるSHJはどの病院、施設も繰り返し訪問します。「定期訪問」という活動形態は、子どもたちのためだけではなく、アーティストのためでもあった!。

win winて素晴らしいな。

SHJが続けていける秘密がここにもあります。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜兄弟の気持ち〜

昨日は、親が病気の子どもを見舞うときに、兄弟の過ごす場所を設ける病院がとても少ないことの問題点を書きました。

病院はその必要性に気づいていないわけではなく、本来の業務ではないという認識に加え、物理的、人的にそこまでカバーできない、というのが実情のようです。

🌀兄弟は病棟に入れず病気の兄弟に会うことができない・・。

🌀親を待つ間の兄弟の居場所のなさ、寂しさは、兄弟の治療という課題の影に隠れてしまい、問題として認識されにくい・・。

しかし、病気の子どもの兄弟の問題は、

親が面会中だけのことではありません。

☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀

週末、映画「ワンダー君は太陽」

を観ました。

遺伝子疾患により変形した顔で生まれた10歳のオギー。困難にぶつかりながらも学校へ通い、懸命に生きるオギーはいつも両親の心配と関心の的。

両親の愛は弟に注がれがち、お姉ちゃんのヴィアは「私を見て!」と心で叫ぶだけ。

「オギーは太陽で、私は惑星」

とヴィアは寂しさを抱えます。

⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅

兄弟たちは、

「お母さん、お父さんに自分もかまって欲しい」

「だけど、自分は健康。我慢しなくちゃ」

「病気の兄弟に優しくしてあげなきゃ。だけどちょっと憎らしい。そんな気持になる自分が嫌だ」

「両親にこれ以上、大変な思いをさせないようにしっかりしなきゃ」

「でもめちゃくちゃ寂しい」

こんな思いを抱きながら日々、自分は太陽の周りを回る惑星の1つにすぎないのだと気持ちを押し込めながら、自分をどうにか保ち生活するのです。

また、そのような時期が過ぎた後も、自分は蚊帳の外だった、大切にされなかった、孤独だったという感情がトラウマになって苦しむ、ということも少なくありません。

この問題に取り組む団体があります。

「しぶたね」

病気の子どものきょうだいのためのNPOです。

兄弟の居場所作りの必要性を早くから抱き、大阪の総合病院できょうだいと一緒に活動する場を設けています。

”きょうだいさん”のためのイベント、仲間に出会い仲間を作る、題して”きょうだいの日”も実施しています。

”兄弟さんたちの気持ち”を広く知ってもらおうと啓蒙活動も。題して”たねまき活動”

そして兄弟さんたちの支えになる冊子を発行しています。

☀「きょうだいさんのための本 たいせつなあなたへ」

☀「きょうだいさんのための本②おにいちゃん、おねえちゃん おとうと、いもうとを亡くしたあなたへ」

設立代表の清田悠代さんは、

印刷OK。そして、2種類どちらも増刷したタイミングで無料配布、喜んで!

とのこと。きょうだいさんに早くプレゼントしたくなりました。

お問い合わせフォームより、申し込めます。

詳しくは、

しぶたねホームページ http://sibtane.com

兄弟の置かれた状況には、身の置き場のなさ、アイデンティティや集団への所属意識の持ちにくさなどもあるかもしれません。

医療の進歩に伴う母親への支援と同様に、大切に取り掛からなければならない社会課題です。

しぶたねのような、病気の子どもの兄弟が孤立して一人で苦しまないような取り組み、これからますます必要になってきます。

広がれ!兄弟支援。

〜入院児の兄弟あずかり〜

スマイリングホスピタルジャパンが最初に活動を開始したのは神奈川県立こども医療センター。

こちらでは、保育士とボランティアが患児の兄弟あずかりを行っています。

兄弟あずかり?

小児病棟は基本、保護者のみ、面会に入ることができます。その主な理由は、学童は特に多くのウイルスにさらされていて、どんな感染症を病棟に持ち込むかわからないというリスク回避のためです。

だから親が入院中の子を見舞うとき、兄弟は病院まで一緒に来たはいいけれど、病棟にいる兄弟には会えないのです。会えても、病棟入り口のガラス扉越しです。この光景には涙が出てしまうけれど、当の子どもたちはしっかりと受け止めていて、ここでも子どもの圧倒的な現実への包容力を感じます。

現在、兄弟のあずかりを行っていない病院がほとんど。子どもたちは、親の面会が終わるまで病棟外の廊下のソファなどでゲームをしたり漫画を読んだり、宿題をしたりして待ちます。

親御さんは目の前の子どものことが気がかりなのに加えて待たせている兄弟には罪悪感のようなものを抱きます。なんという不条理でしょう。

このことの解決のために、

兄弟あずかりコーナーを設ける病院があります。

スマイリングホスピタルジャパンの活動は2時間ですが、参加人数や病室訪問の数によっては早めに終わることが度々あります。そんな時はここあずかりコーナーで残りの時間を歌やパーフォマンスをしていました。

今では、病棟で時間いっぱい活動した後も、ほとんどの場合、あずかりコーナーでも短時間活動するようになりました。病棟の外にいる子どもたちにもケアが必要なんだ、と気づき少しでも役に立てるなら、という気持ちからです。なんてあったかいんでしょう。

「子どもたち、いますね。寄りましょう!」

「どんなことしようかな」

などと言いながら、コーナーへ。

「面白いこと」「ワクワクすること」

をして、子どもたちはもちろん、保育士さんやボランティアさんたちにも大歓迎されます。

「退屈してたんです」

「ママ、取られちゃったって泣いてたんですよ」

子どもたちは、

「風船作って~」

「お話して~」

と。我慢の中にも屈託のなさが愛おしい。

隔週水曜日と金曜日、今では兄弟あずかりコーナー15:30頃からスマイリングホスピタルジャパン登場~!です。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 

〜世界の哲学者に人生相談〜

悪い劣等感は他者との比較から生まれる。良い劣等感は理想の自分から生まれる。                 アドラー

NHK Eテレのこの番組は、「プチ哲」が趣味の私にはとても魅力的なプログラムです。

劣等感・・

この響きは、常に付きまとう黒い影のようでもあります。

いっぽう、

あの人は頭が良くていいなあ・・とか、

足が長くて羨ましい・・とか、

そういった思いは、

特定の他者に対してのうっとりとした憧れ。

よくあることで、それ以上でもそれ以下でもなくさらっとしたもの。すぐに忘れてしまう感情です。

アドラーによれば、他者との比較から生まれる劣等感は悪い劣等感なのだそうで。

「他者に対する劣等感」というと、特定の相手に嫉妬とか焼きもちとかがドロドロと心の底に渦巻いていそうで、なんだか怖い。その人の不幸や失脚を望んだりすることになったとしたら、これは全く負の感情でしかないからやっぱり悪い劣等感か・・。

反面、劣等感が原動力となり、ライバル意識を持って切磋琢磨するのであれば、それは他者との比較だけど成長への肥料になるような気もします。

私などは、

もっと頭が良かったらなあ(勉強しておけば良かった)

歌がうまかったらなあ(途中で諦めたせいかもしれない)

落ち着きのある性格だったらなあ(慌てんぼうの性格は生まれつきだから仕方ない)

などというのが自分の劣等感としてあります。

でも特定の他者と比較して自分はダメだ・・などという深刻なものでもなく、()内の反省の通り、全部自分のせいだとわかってる。

頭が良くて歌がうまくて落ち着いて行動ができて・・これは理想の自分。

劣等感情を並べることによって、一体自分はどうなりたいのかを整理することができました。なるほど、良い劣等感。

だけど、なんだか漠然とした目標があるだけで、「良い劣等感」をバネに自分を成長させるというより、ダラダラとなんとなく頑張るという感じだなあ。

Q. その先、あなたは具体的には何をしたいの?

A.・・・何になりたいのかまでは特に~。

Q. 頭が良くなって何に生かすの?

Q. 歌がうまくなって歌手になるの?

A. え~ちょっと待ってよ、そこまでは決めてないけど、とにかく頭が良かったら今の様な苦労はしないし、歌がうまかったらかっこいいから~。

ってなトコで成長への勢いなし。

理想の自分への劣等感を生ぬるい、と感じるのは怠け者の私だけかな。

悪い劣等感は他者との比較から生まれる

劣等感を抱く他者を「目標」と捉えれば、決してマイナスの感情ではない様な気もする。ゴールが明瞭でスッキリします。

アドラーさん、どうでしょうか。

*アルフレッド・アドラー(1870~1937)  オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。1911年、個人心理学(アドラー心理学)を創始。