〜SHJアシスタントのちから〜

SHJ愛知地区のアシスタント布野裕子さんが、活動に寄せて素敵なコメントを綴ってくれました。

ぜひ紹介させて!とこちらに掲載することに。
活動の様子が伝わってきます。アシスタントの愛情や活動への思いが込められた、嬉しいメッセージです。

🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺

~ 子どもも大人もみんなを笑顔にする、素敵なアーティストさんたちと共に ~

先週の台風一過の水曜日は、月に一度のあいち小児保健医療総合センターでのボランティアの活動日でした。
私が「スマイリングホスピタルジャパン」という団体のアシスタントとして活動に関わらせてもらいはじめてから、ちょうど1年がたちました。

「スマイリングホスピタルジャパン」というのは、毎月、様々なアーティストさんが病棟を訪問し、入院中の子どもさんたちに本物の芸術を届け、子どもたちや保護者の方たちも一緒に参加し楽しんでもらうという、素敵な活動団体です。

すでに名古屋大学病院では、隔月に一度の活動を続けてこられているアーティストの皆さん。昨年9月から、大府のあいち小児でも活動を始めるに当たり、アシスタントを募集していたので、仕事を終わってからでも参加できる時間帯だったこともあり、応募しました。

以前中学で仕事をしていた時、関わった生徒さん何人かが、定期的にあいち小児に通っていたということも、応募した理由のひとつでした。

私は、荷物を運ぶのを手伝ったり、当日の様子を写真におさめ、報告書を書くことや、当日参加してくれた子どもさんたちへのフォローなどが主な担当で、大したことはしていないのですが、毎回、アーティストの皆さんの素晴らしいパフォーマンスに、感動しています。

この日の活動は音楽ユニット「スーハーハー」のみんなで作る演奏会

当日まで、参加する人数も年齢層もわからないのですが、皆さんたくさんの引き出しを持っていらっしゃるので、集まった顔ぶれを見て、パッと当日のプログラムを考え、それがまさにピタリとはまり、子どもも大人もみんな笑顔が弾けていく様子は、見事というしかありません。

最初は恥ずかしくて、控え目なリアクションだった子どもたちも、どんどんイキイキしてきて目の輝きが増してくるのが、手に取るようにわかります。また保護者の方がリラックスした表情をされるのも印象的です。

このような素晴らしい活動に、少しでも関わることができることに感謝しながら、これからも続けていきたいと思います。

活動の様子がわかるブログはこちらです。
http://smilinghpj.org/aichi/

🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺

アーティストの活動を、真心込めてアシストするアシスタントの存在は、なくてはならない縁の下のちからもちです。

Smiling Hospital Japan Official Website

子どもたちからの宿題

病棟でのアートプログラムは、

アーティストの表現の場としては普段と違った緊張感が伴うものです。

プロフェッショナルとはいえ、闘病中の子どもたちの気持ちを楽しくさせるために、自身の専門分野であるアートにひと工夫、ふた工夫、そして一人ひとりに目を配ることが必要になります。

毎回勉強です、とボランティア活動を通して成長する自分を感じるというアーティストたちがいます。

プレイルームに集まれる子は何人?

ベッドサイドで個別の活動は?

年齢は?

安静度はどれくらい?

全てその日、その瞬間で変わります。

今回のアシストは、歌と絵本語りの活動でした。

毎週月曜日に活動するこの病院は小さな子どもが多く、アーティストたちはしっかりとそれを意識して準備しています。

絵本の場合、はっきりした色使いのもの、景色など抽象的なモチーフでなく、人や動物が中心となった動きのある絵を選びます。

活動や研修会を通して気づき学んだことをもとに、場合に応じた工夫と対策をして活動に臨む「クセ」のようなものが付いている・・さすがの熱意です。

アーティストとアシスタントは、毎回活動報告書を作成しながら1つひとつの活動を振り返ります。

その時に、子どもたちからもらった宿題を反芻し、次の活動に活かします。

それは、

🌀応えられなかったリクエスト曲を練習しておこう

🌀読んでと言われた絵本がなかったから次回は用意しよう

🌀色鉛筆をもう1セット余分に持って行こう

ということだったり、

💫楽器を渡して参加してもらうだけではなく、ワクワク歌いたくなるよう活力を引き出すにはどんな語りかけがいいか

💫活動を始める前にどんな会話や雰囲気作りで導入しようか

💫状況が変わった時、決められた時間の中でプログラムの順番をどう入れ替えたらいいか

💫障がいの重い子にはこちらの語りかけに対する少しの変化を見逃さないようにするには?

💫次回は手渡さずに、幾つかある楽器から自分で選んでもらおう

などだったりします。

今回は2歳、3歳、または5歳など、幼児さんが中心の病棟だから絵本をたくさん準備したアーティストですが、小児の頃からかかっている子どもは成人しても引き続き同じ病院で、ということは一般的なことです。

さて次のベッドには26歳の患者さん。

急遽、プレイルームの本棚からストーリーを選び、これなら・・と朗読をお願いした次第です。

思いの外、長い話だったため、汗をかきながら、そして最後にプレイルームで2名待っていることを気にしながらの朗読となってしまいました。

いろんな年齢の方がいる、ということ。

想定していた対象にだけ活動するのではない、ということ。

読み語りや朗読の場合、

絵本の中に、詩集など忍ばせておけば、時間に合わせて1つまたは2つ、患者さんと語り合うようにゆったりと朗読できるね。

そんな宿題を出された今回の活動でした。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜お医者さんがボケ役に?〜

来週はいよいよ、かつて勤めていた院内学級のある世田谷区の病院で6年越しの開始です。

教員最後の冬、ボランティアルームに拙い企画書を持って行ったけれどあっさりと門前払だったことを昨日のように覚えています。

出鼻をくじかれ、すごすごと退散しましたが、この苦い経験をバネに、2年後にはこの病院の最上階にある”赤い絨毯敷きの総長室”へ直談判に行くという強行作戦を実行したのが懐かしい。

緊張のせいか、慣れない毛足の長い絨毯のせいか、足を取られつんのめりながら豪華応接テーブルにたどり着くと、その先には小さく見える総長さんの顔。

思い切り声をはりあげないと声が届かないくらい広い応接間です。

私の必死の訴えに、総長さんが、

「是非!」

と笑顔で頷いてくれ、天にも昇る気持ちを急降下させたのは事務方。

ボランティアは管理が大変なんだよ・・。

ということで今回も却下。

ちなみにあれから3年後・・「是非打ち合わせしましょう!」

と連絡が来て改めて「今度こそ!」と意気込み、「あれから実績も積みましたよ~」という得意な気持ちと説得材料を抱えて勇んだものの、またまたお蔵入り。

そんな病院からこの夏、連絡が入りました。

「今度こそお願いします」

💫 💫 💫 💫 💫 💫 💫 💫 💫 💫

4度目の正直でやっと始められる懐かしい病棟のプレイルーム。

初回は大道芸人と行く予定です。

・・・ここからが本題・・・

大道芸人といえば、笑いの達人。

少し前にこんな活動のアシストをしてお腹が痛くなるほど子どもたちと笑ったことが何度かあります。

活動に参加している子どもたちの笑顔を見て、

「おお!楽しそうだな。じゃ、処置は後にするか」

そんなお医者さんたちの決断に、子どもたちは、

「よっしゃ!」と大喜び。

「それにしても面白そうだなあ・・。いいなあ」とお医者さん。

すかさずアーティストは、

「それならドクター、一緒にいかがですか?」

と誘います。実は、これはアーティストが仕掛けたワナ。

大道芸人は何が一番ウケるかを、日々研究する笑いの専門家です。

医師が「しまった!」と気づくも、時すでに遅しです。

子どもたちもお母さんたちも、もちろん看護師さんたちも、キラキラの期待感を瞳に浮かべています。

もうやるしかない、という医師たちの勇気とサービス精神は、場を盛り上げるのに一役も二役も買います。

躊躇している医師には、子どもたちを裏切らないようにと、間をおかず半ば強制的に引っ張り込みます。

医師はかくして、大道芸のボケ役に抜擢されることになります。

普段痛いことばかりするお医者さんが目の前でツッ込まれ、しくじり、頭をかく。

子どもにとって大人の失敗は蜜の味ですが、ここ小児病棟ではまた格別です。

キラキラの瞳がいっそう輝きを増し、鬼の首を取ったかのように得意顔です。

そして今にも椅子から転げ落ちそうなほど、ゲラゲラと笑いころげ、お腹を抱えるわ、つっこむわ。

こんなに楽しいことはない、といった喜びようです。

医師は苦笑いしながらも、子どもたちの腹の底から笑う姿にホッとしています。

そんな場面に何度楽しませてもらったことでしょう。

お医者さんの隠れた芸の才能が開花。

お医者さんたち、ごめんなさい!

支援機器を使えばたくさん遊べる! 

〜学びサポート通信「支援機器講習会3」〜

🌀操作しやすいスイッチで動く道具たち!

「やってもらう」のではなく可能な限り自ら活動に参加すること・・・

これが充実感となり、子どもの生活の質を高めます。

運動障害がある場合、操作しやすいスイッチは、「活動の参加」と「充実感」に大いに貢献してくれます。

射的 手前のスイッチに触れるとピッチングマシンからボールが飛び、奥のロボットを打ち倒すことができる。しかも、おもちゃの電気銃の効果音付き。

スマホでプラレールを操作。運転席からの景色もモニターできます。

ピッチングマシンでサッカーボールを蹴り出しゴール!

🌀視線入力装置Tobiiで風船落としや音楽が楽しめる!

島根大学伊藤史人先生の視線入力訓練ソフトEyeMoT 3D風船割りゲーム

陽気な音楽が流れ、いろんな色の風船が右から左からそして上から下から飛んできます。

風船こそのふわりふわりとした動きは、視線を動かしにくい子どもに優しいプログラム。

たまに飛んでくるグライダーは画面に変化をつけています。

視線で風船とグライダーを打ち落す遊びを本人そして、お母様たちに体験してもらいました。

横臥の方も楽しめるよう、「学びサポート」で伺うお宅では、パソッテルという固定装置で見やすい角度に固定しています。もちろん、子どもたちに大人気です。

その他、音楽を楽しんだりもできます。詳しくは・・

8/13投稿 視線入力装置と映像楽器+SHJアーティスト=ジャズセッション!

Smiling Hospital Japan Official Website

〜支援機器講習会でわかったこと〜

〜学びサポート通信「支援機器講習会2」〜

障がいが重いと、とかく見た目の重度さから、いろいろなことがわからないだろう、と判断されてしまいます。

しかし、まず機器や環境を工夫することでその人がわかっていることがわかると、回りの人の対応も変わってきます。

例えば提示。見えにくさに対して工夫することで、本人が見えるていることがわかれば、回りの人もそうやってみせようとします。

多くの肢体不自由がある方は、以下のような工夫をすればぐっと見えやすくなります。

🌀背景の整理・・・見えにくい方の場合、目の前が常に「ウォーリーを探せ」 のような状態であることを理解し、対象を探すために背景をシンプルにします。

🌀白黒反転 コントラスト・・・白地に黒文字が一般的ですが、白は眩しい色のため、文字も沈んで見えにくいのです。これを反転させれば見やすくなります。

🌀カーテンをしめる・・・逆光の場合は子どもによっては全く何も見えません。光源が見せたいものの後ろに来ることのない様にします。

🌀間接照明・・・特にストレチャーで活動する場合、常に天井を向いている状態です。眩しくないように不燃性の和紙で照明を覆う工夫もできます。

🌀色の濃い茶碗・・・白い茶碗に盛られたご飯は見えにくさの代表。コントラストのはっきりした茶碗なら残さずご飯を食べることができます。

こんなことが当たり前に行われていれば、他の人もかかわり方を最大限に工夫するようになるのです。

時には固定観念をリセットすることも大切かもしれません。

本人の不安を軽減するために、

だれ

どこ

なに

の手がかりも示すこともとても有効です。

〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜

何もわからないだろう・・

何もできないだろう・・

そんな風に思われること、想像してみてください。

我が子がそんな風に思われていること、お母さんの立場に立ってみてください。

わかってもらえたことの喜びはどんなでしょうか。

さあ、さっそく身近な方のところへ行って教えてもらいましょう。

どこに困っていますか?

こんな風にすれば動きやすいですか?見やすいですか?

Smiling Hospital Japan Official Website