SHJ研修・交流・親睦会大いに盛り上がりました!

SHJメンバーの勉強会、

北海道から沖縄までアーティスト、アシスタント

事務局ボランティア、事務局スタッフ

総勢179名いるメンバーのうち

82名が参加しました。

毎年3月第4週末に開催する研修会は今年が4回目。

日赤医療センターの講堂は人数も熱気も毎年増え続けます。

全員紹介の後は恒例の勉強会。

講義1

「赤ちゃんと音楽の不思議~乳幼児期の音楽性の発達にみるヒトの基本デザイン~」

by SHJ愛知地区コーディネータ・ドラムサークルファシリテータ 箕浦恭代氏

講義2

「AI時代の能力と特別支援教育 テクノロジーとアートの果たす役割」

 by 東京大学先端科学技術研究センター教授 中邑賢龍氏

(講義ごとに別ブログでまとめます)

に続く交流タイムでは

地区の枠を超えたグループワークをしました。

お題はなし!

7~8名ずつ11グループ

全てのメンバーがグループを作りますから

アーティストもアシスタントも

事務局も全員がそれぞれの立場で、

日頃感じていること、

みんなに聞きたいこと、

心に残ったエピソード、

アイデアの出し合い・・・

など、声、声、声の大変な賑わいです。

グループごとにテーマも少しずつ決まっていき

活発な意見交換となりました。

日頃個別で活動しているために

地区内でもなかなか交流できない部分はランチミーティングで。

このグループワークは他地区の仲間との触れ合い。

同じSHJでも地区によってカラーが違っていたり

同じジャンルでもアーティストごとに味が違う。

活動風景も全て異なります。

初めて出会う仲間もいる。

そんな人との話し合いもとても貴重です。

こんなことがあった!

あの時は感動した!

プロのアーティストとして活動することの意義!

これからこうしたい!

そんな”思いの発表”から、

ああ、そんなやり方もいいなあ。

なるほど、同じ読み聞かせでもそんなやり方があるんだ・・。

などと、

”聞くこと”で

新鮮なアイデアや気づきが生まれ、

大きな学びの場となりました。

ワークのまとめとして

これからに向けての”決意表明”を

それぞれのグループから発表してもらいました。

さすがアーティストたち

パーフォーマンスを交えて発表したり

歌で披露したり

だんだんと夕方からの懇親会に向けてボルテージが上がっている

という様相ありありです。

その前にしっかりとSHJの理念を全員で確認、共有です。

主な決意表明は以下の通り。

・マンネリ化は絶対NG!

・一度きりの出会いもある。一期一会を大切に!

・現場を巻き込もう!

・病気、障がいの子としてでなく、そして父も母も同じように分かち合えるように!

・家族や医療者などケアする人の笑顔ももっと作れるように!

・子どもたちとの共同作業がSHJ参加型活動!

・プロとして誇りを持って!

・引き出しをたくさん作ろう!

本当に熱心な人ばかり。

ワークの最後は

SHJテーマソング”かけがえのない君へ”

全員合唱で決まり!

私が参加したグループで話されたエピソードは感動的でした。

ある病院の看護師長さんからのお話。

「たくさんのボランティアがいる中で

病室まで行っていただくのはスマイリングさんだけです」

設立者として

「よかったんだ。この団体を作って」

素敵なエピソードを交えて

”プロのアーティストが病棟へ行く意義”

を全員で共有でき、大成功の研修会でした。

続く懇親会は場所を変えて

渋谷VREXにて!

情熱たっぷりに真剣だった面々の変容を別ブログでたっぷりとまとめます。

Smiling Hospital Japan Official Website

SHJテーマソング”かけがえのない君へ”

〜赤い羽根共同募金〜

日本国内の寄付先として

赤い羽根共同募金

日本赤十字社

が半数を占めます。

海外向けは

ユニセフがダントツ。

そんな中、

スマイリングホスピタルジャパンは赤い羽根ひょうごから

兵庫県立こども病院での子どもたちの情操面での支援

に対し、助成を受けました。

兵庫地区の活動が高く評価され、

活動の充実のための楽器購入に対し

支援されました。

赤い羽根といえば、

戦後間もなく「国民たすけあい運動」として始まりました。

当初は、戦後復興のために被災した福祉施設を中心に支援が行われ、

その後は、各地区にある同募金会が地域福祉の推進や地域に根ざした活動に取り組む民間団体を

支援、助成しています。

歳末助け合い募金や街頭募金が有名です。

個人の寄付と合わせて団体からの寄付も多く、

今回SHJがいただいたのは

ジャパンラグビートップリーグリーダー会議「FOR CHILDREN」活動

神戸製鋼コベルコスティーラーズからの寄付です。

✔️地域に根ざした活動のために募金活動をするのが共同募金会

✔️主に災害時の義援金のために募金活動をするのが赤十字社

と言えそうです。

この2団体への寄付が寄付総額の半数を占めているというのは、

日本では社会に役立ちたい気持ちから寄付したい人が多い中、どの活動に?どの団体に?

というはっきりした相手が見つからない

という実態があると聞きます。

東日本大震災など大災害時には人々の寄付への意識が高まり

義援金が多くなりますが、平時には寄付金額が落ちてしまうことがそれを裏付けているように思います。

また、NPOなどの情報不足や信頼度がまだまだ低いというのが

残念な実態かもしれません。

私たちSHJも

この活動の意義と広める価値がある!

と自負しているわけですから

継続、発展のための活動として

🌀難病や障がいと闘う子どもたちの存在と実態

🌀成長過程における情操活動の必要性

🌀そこに手を当てる団体としてのスマイリングホスピタルジャパンの活動とその意義

を、

きちんと

わかりやすく

私たち一人ひとりが丁寧に

個別に、そして

イベントなどを通してダイナミックに

語り続ける

そんな姿勢が不可欠です。

信念を持って日々の活動をすることは大事。

だけど

それなら広めるべき。

より多くの方々からの理解と支援を仰ぐ努力を

惜しんではいけないのです。

活動が広がり

運営も都から認められ認定をとった。

今後どう拡大していくのか

そのためにどうしたらいいのか

今、団体として問われているところかな

と感じます。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜チャリティイベント〜

アーティスト集団でありながら

なぜチャリティイベントをしないの?

と聞かれることも少なくありません。

運営スタッフに余裕がなかった。

ずっとやりたかったことなのに・・。

普段の活動だけで十分チャリティだしと。

どこかで言い訳していたのかもしれません。

思えば法人設立チャリティパーティーを

Fiat(現FCAジャパン)の協賛で

青山のFiat Cafeで行なった・・

それをきっかけに2年連続、同じ会場でチャリティをやりました。

その後は、アーティストはじめメンバーが増えてきたことで

団体の趣旨共有と団結!を目的に

団体内部の勉強会に重きを置くようになりました。

そして日々の活動に邁進!すること数年。

年に1度の研修・交流会も今年で4回目です。

この春

そろそろチャリティを、ということになり

福岡SHJアーティストたちと

ライブハウスの協力を得て

3夜連続、福岡にてチャリティライブ決定です。

4/25

 @KandM(北九州市八幡区中央2-6-5)

Guitar: 藤嶋茂 Percussion: 藤原隆幸 Base: 吉本信行

4/26

 @Cafe & Bar Brisa ,do(福岡市中央区港3-2-1)

Guitar: 伊藤ぺぺ Percussion: 藤原隆幸

4/27

Live cafe DAL SEGNO(福岡市南区大楠3-18-27) 

Guitar: 伊藤ぺぺ Percussion: 藤原隆幸

Piano: ミランダマサコ

いずれもボーカルはジャズ&ボサノバシンガーの

EMiKO VOiCE

このアーティストは

団体を設立する前の教員時代に

仕事が引けた後に習いに行っていた

ボーカル教室の先生です。

教員というのは声がある程度大きくないと

「せんせ~い、聞こえませ~ん!」

などと、容赦なく生徒からクレームがきます。

行事の司会をすることも(なぜだったんだろう・・)多く、

声の小さいままではダメだ!

と奮起してボイストレーニングを始めたというのがきっかけ。

団体を設立してからは生活のリズムが変わってしまって

月曜日19:00からのレッスンに行かれなくなり

ドロップアウト。

ところがしばらくすると

福岡地区の中心的メンバー

ドラマーの藤原隆幸さんとEMiKOさんが

Facebookで繋がっていることを知り、

アーティストのネットワークに感心している間も無く

数年ぶりに再会となった、そんな縁です。

バックバンドのほとんどがもちろん、SHJ登録アーティスト。

楽しいライブになりそうです。

各回、パーフォマンスの途中で

EMiKO VOiCE & SHJ代表トークショー

というのが組まれているらしい。

バックに控えた強力なメンバーも一緒に

SHJの活動について紹介したいと思っています。

実際に現場で子どもたちと活動するアーティストのコメントは何より臨場感を持って語られること間違いありません。

会場に溢れるほどのひとが来てくれたりして。。

新しい出会いが楽しみです。

福岡にお住いの方、ぜひお立ち寄りください。

これをきっかけに今年は東京でもチャリティやります!

昨日はあいにくの天気の中

東京マラソンが無事行われました。

東京マラソンチャリティRun with Heart

寄付先団体に

いつかきっと!

スペシャルニーズのある子どもと家族支援を考えるシンポジウム

昨日の日本財団でのシンポジウムは

医療的ケア児がテーマ。

医療の進歩により、多くの小さな子どもが救命されるようになり

その結果、たんの吸引、経管栄養、人工呼吸器、酸素などの

医療的ケアを必要とする

「医療的ケア児」

が増えている一方、

医療、福祉、教育、保育などの分野での受け皿は不足し

家族に大きな介護負担を強いる現状があることから

2016年6月3日に改正障害者総合支援法・改正児童福祉法が成立しました。

同時に「医療的ケア児」

という名前が一般的に使われるようになったことで

医療的ケアとともに頑張る子どもと家族の存在が

認知される大きなきっかけとなると良いなと思います。

医療的ケア児の数は10年前の約倍になり

人工呼吸器を常時つける子ども(0~19歳)の数は役12倍に膨れ上がったと資料にありました。

この数の急増により

社会が当事者の存在にもっともっと目を向ける

どころか、当たり前に共に生きる存在である

という意識変革が期待されます。

自分ごと、他人ごと

の前に

ノーマライゼーションが発達し

当然のように支えあう世の中が来たらいいなあと。

実際、

医療的ケアがあると

・たんの吸引

必要な時にすぐ吸引できるように常にそばを離れられない

・気管切開

管は詰まりやすい、抜けやすいことを前提に再挿入の準備の必要あり

・人工呼吸器

アラームがなるたびになぜ鳴ったのかを調査する必要

・経管栄養

流動食の注入(一日3~5回)水分の注入 片付け

・酸素

重たい酸素ボンベの予備を常に用意

流量や残量の管理

などで家族は疲弊します。

また、気持ちの上でも

障がいがある子ども

障がいがある子どもの親

というレッテルを社会から押し付けられている感覚

さらに当事者自身が

障がいがある子ども

障がいがある子どもの親

という立ち位置に自分を追いやってしまい

社会との距離を作ってしまわざるを得ないという現実もあります。

ここでシンポジウムでは

どの立場であっても

「決めつけない」

という言葉がキーワードとなりました。

家族にとって

病名に振り回されず

溢れる情報に溺れず

我が子が一人の人間として

何をしたいのかを見ることが大切。

家族も

障がい児の親、と自分をくくらず

自分に制限をかけず

やりたいことはやる。

無理だと「決めつけない」。

シンポジウムのクライマックスは

これらをさらに現実のものにできるよう

「頼る力の育み方」

と題して、

孤立しない社会づくりとみんなでかんがえるセッションがありました。

楽しんで子育てができるような取り組みや

施設の設立が全国で展開されています。

地域で安心して子育てができ

親が就労できるような

そんな社会を目指し

日本財団がその拠点づくりを推進しています。

何よりも

「『預かってもらえるだけでありがたい』

という当事者家族の声を聞くが

本当にそれでいいのか」

という登壇者の意見に

「我が意を得たり!」

と感じました。

この思い、

2018/1/17投稿「その先の支援」で述べています。

スマイリングホスピタルジャパンも

重い障がいのために孤立してしまいがちな

学齢期を過ぎた子どもの学習の継続を目的に

在宅学習支援事業を進めていきます。

学びサポート通信

■2017/12/11 医療的ケア児や重い障がいの子にお家で学習サポート!

■ 2017/12/12 ユニバーサルさんすうセット

■2017/12/28 重複障害児のこれから

■2018/1/12 重複障害児のこれから2

■2018/8/13 視線入力装置と映像楽器+SHJアーティストジャズセッション!

■2018/8/20 支援機器講習会

■2018/8/21 支援機器講習会でわかったこと

■2018/8/22 支援機器を使えばたくさん遊べる!

■2018/12/3 在宅ジャズセッション!

■2018/12/4 ベッドサイド授業の学習環境づくり

■2018/12/25 在宅学びサポートでの工夫

■2019/2/4 i+padタッチャーでセッションをリード!

■2019/2/7 学びに導く教具・教材・支援機器

■2019/2/19 ドラムが走る!

「学びサポート通信」続く・・。

日本財団ホームページ

日本歯科医師会 x 日本財団 TOOTH FAIRY

*SHJの小児病棟や施設にて推進する芸術活動はToothfairyの支援により行なっています。

 

〜ドラムが走る!〜

〈学びサポート通信〉

2/4投稿(「i+padタッチャー」でセッションをリード!)で紹介した活動について、

担当のシンガーソングライター石橋和子さんの素敵なコメントを紹介します。

🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹

このところ毎回、松本学習支援ボランティアのアイデア満載の機器と、

i+padなどの音楽アプリ(映像楽器)を使って

一緒に演奏できる方法を探ってきましたが、

今回はなんとH君自身が新しいタブレットを準備して待っていてくれました。

やる気満々のH君に、早速こちらも準備してきたプログラムをトライ。

今回は、動かせる手の指と足の指に一つずつ学習支援ボランティア特製のスイッチをセットして、

リズム楽器を中心にセッションしました。

実は、以前、曲の始まるタイミングを出す「カウント」を、

H君が同じ様な方法でドラムの音を使って

1.2.3.と出してくれて、

私が演奏を始めるという事をやってみましたが、

今回はなんと、曲中をドラムのリズムだけで

引っ張っていくという大変なエネルギーと

集中力を要する曲に挑戦しました。

曲名は今、映画「ボヘミアン・ラプソディー」で

大ブレイク中のクイーンのヒット曲「We will rock you!」。

いきなりハイレベルな曲かもしれませんが、

ドラムだけの曲は、他に思い浮かばなかった事もあります。

H君は、まだ病気が発症する前、

学校で鼓笛隊の太鼓を叩いた事があったそうで、

もし体が自由に動かせたらドラムを叩いてみたかったと、

以前聞いたことがありました。

その事もあり、

他の楽器が介入せずドラムだけで完結する曲なら、

リズムやテンポが多少揺れても

皆がドラムについていくという、

リード楽器の存在感を味わえるのではないかと思ったからです。

さて、私自身もクイーンの曲は初めてでしたが、

映画を観て感動して、俄然やる気になっていました。

まず、指のスイッチと足のスイッチで、

大きいドラムと小さいドラムの音色を分けて出してもらったのですが、

足のスイッチのタイミングが時差もあり、本人は納得しなかった様子で、

すぐさま同じ音色ながら、指のスイッチだけで、

例の「ドンドンチャッ」のリズムを作り始めました。

こういうところがH君の凄いところで、

そこにいたお母さんや松本さん達と一緒に、

3拍目に手拍子を入れ始めたら、

そこはもうクイーンのライブ会場!

見事に皆をドラムで引っ張って行ってくれました。

あまりにスムーズなので驚いたら、

お母さんもH君もクイーンは大好きだったらしく、

クイーンの曲を演ってみたかったそうでした。

H君が「楽しい!」と言ってくれて、

思わず「やったー!」とバンザイしました(笑)。

これがやりたかったんだ!と行ったHくんの言葉、忘れられません)

たまたま録音した音を皆で聞いてみたら、

H君いわくアニメで聞いて気になっていた言葉、

「ドラムが走る」

という意味を初めて実感できたとのこと。

「テンポがだんだん早くなる」と言う意味ですが、

健常者でもリズムキープは難しいのに、

そこまでこだわるあたり、

サスガだなあと感心しました。

他にも、前回好評だったブルースセッションや、

「冬の星座」や「ラストダンスは私に」など、

それぞれ違うリズムの曲も何曲か聴いていただきましたが、

その間も時々ドラムでリズムを取ってくれました。

いつもニコニコとポジティブなお母さんの影響かも知れませんが、

音楽に対する素養だけでなく、

機器の使い方の適応力やチャレンジ精神なども素晴らしく、

まだまだ様々なセッションの可能性を感じて次回も楽しみです。

🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹

今後、

メロディー楽器も使って、

一緒にメロディーを作っていく事にも挑戦したいと、

意欲満々のHくんと和子さんです。

Smiling Hospital Japan Official Website