笑わせているのか笑わせてもらってるのか・・😆

パフォーマンスで笑って頂けているのか、

子どもたちが大人を笑わせているのか、

演じていて分からなくなってくる・・

という大道芸人のはっちーさんのコメントを紹介します。

✏️・・・・・

入院1週間目で退屈しているという4歳の男の子のところへ

おじい様とおばあ様がお見舞いにお越しでした。

看護実習生さんも2名同伴。

保育士さんの

「一緒に楽しむだけじゃなくてAくんの様子も見てカンファレンスで言えるようにするのよ!」

という実習生への耳打ちに僕も緊張。

少しでもAくんの変化を引き出し、

カンファレンスに貢献できるよう頑張りました(笑)

幸いAくんは

変化を見つけるには打って付けの人見知りで、

初めは部屋に入って来させず

「廊下でやってもらって」

とおじい様に耳打ちしていましたが、

パフォーマンスを進めるうちに

時折笑い

ポツリポツリと言葉を返してくれるようになり

今だ!とばかりに

「もう友達だよね?お部屋に入っても良いよね?」と聞いてみる。

それでも頑なに首を横に振り続けていました。

その反応がかえって周りの大人の笑いを誘うのです。

そのうちなんとか

部屋に入る許可!

を得ることができました。

そんなAくんでしたが、

パフォーマンス後に偶然おじい様とお話しする機会があり、

お聞きしたところによると、

僕たちがいなくなってから

嬉しそうに自分が感じたことなどを話していたそうです。

お孫さんのお話を嬉しそうにして下さる様子を見て、

こちらもまた嬉しくなりました。

ベッド柵に鼻と口を押し付けながら熱心に?見てくれる子。

「あとでプレイルームでもやるから見ないでね。同じことするから」

と伝えると

本当に見ないようにしてくれる真面目な子。

そんな子どもの様子を見た大人たちのほうが笑顔にさせられる

という現象が色々な場面で起こっていました。

子どもたちの反応は百人百様、数十分の中でも変化に富んでいて、

僕を含め大人たちを魅了していたように思います。

こうやって楽しんで頂けると

喜んで頂ける媒体としての自分の芸を実感できることが、

また次への原動力や意義にも繋がり、

本当に有り難いなと思います。

今回も帰りのバスの中で

子どもたちや親御さんの言葉、反応を思い返しながら

「自分の芸は人に喜んでもらうためにある」

と例によって30分間だけ!?

清らかな気持ちで別人のようになっていました

(家に着く頃には元に戻ります)。・・・✏️

私は私で

そんなはっちーさんの報告書を

読みながら笑わせてもらっています。

*****

この活動にアシストしたのは

埼玉地区コーディネータでもある小田愛梨さん。

アシスタントのコメントも

現場の様子を思い浮かべるのための

大切なツールです。

🖍・・・・・

見ている人達にスポットライトを当てながら

パフォーマンスをするはっちーさん。

その場の人を巻き込んでいく

コミュニケーション力とパフォーマンスで、

子供、保護者、スタッフとその場にいる人たちが、

“見やすい””居やすい空気”を作ります。

見る側とパフォーマンスを行う側との垣根を作らない

距離のとり方が絶妙です。・・・🖍

七つ道具を入れるカバンの中は

いつも色とりどりのバルーンで散らかっているのを

見るに見かねたアシスタント。

整理の仕方のアドバイスをしたところ

カバンの中は

見違えるほどに改善され、

バルーンの色をすぐに子供たちが選べるようになり感激しました、

というアシスタントのコメントに

アーティストとアシスタントの微笑ましい関係性と

理想の連携を

垣間見た気がしました。

*****

余談ですが

病棟には毎回ポスターを掲示していただきますが

保育士さんの提案により

以前よりも目立つように

より目立つ場所に掲示されるようになりました。

ケロヨンの

「静かにしましょう」

とのアンマッチな感じがNICE!

普段はケロヨンが医療スタッフを代表し

安静が必要な患者さんのために極力静かにと

呼びかけている中、

毎週月曜のこの時間は

”アーティストと遊ぼう!”

で賑やかにしていいよ!!、と

笑顔で許可を出してくれています。

このユーモアのセンス

何気なさすぎて笑いを誘います。

やられたっ!

徳島はっちープロフィール→SHJ関東アーティスト紹介

Smiling Hospital Japan Official Website

かがくママのワークショップ体験!🧪

絵本・紙芝居作家 保科琢音さん紹介の

かがくママ すずきまどかさんと保科さんと

吉祥寺Mothersでミーティング。

SHJ応募フォームに熱く綴ってくれた応募の動機を読んだ時の感動は

先日投稿のブログに綴っています。(→6/3投稿~かがくママとSense of Wonder

その流れから

食事のオーダーもそっちのけで

出会いの瞬間から盛り上がりました。

サイエンスパーフォーマーとしての活動の話・・

子育ての話・・

子どもの学校の話・・

と、ひとしきり花を咲かせたあとは

SHJアーティスト登録の説明。

すでに抗体検査、健康診断を済ませ結果を持ってきてくれたまどかさん。

メールでの先行打ち合わせもあって、さすが仕事が早い!

各病院あての申込書にさらさらと記入し

誓約書にはささっと押印。

途中でサラダがやってきたけど

これまたさっさと食べて

残りの書類に記入。

あとは美味しいパスタを食べながら話の続きを。

食べ終わるか終わらないかという時に

そろそろワークショップを。

とまどかさん。

ええっ!ここで!

と驚いてみせるが実はワクワクが抑えられなかった。

病棟でのプラン1号をまず私たちに体験させようということで

パスタ皿を下げてもらって

テーブルの上に手作りの実験シートを広げてくれました。

「色の不思議」がテーマ。

この先は子どもたちと一緒に再度楽しんだら

またブログで紹介しようと思います。

そもそも、まどかさんはイラストレーターでもあります。

実験シートには素敵なイラストが施され

まず

わあ!なんだろう。

という興味をひく仕組みづくり。

さすがだな、と感じました。

🌡 🧪 🌡 🧪 🌡 🧪

子どもにかえってワイワイと(お店の視線も気にかけながら・・)

楽しんだあとは

氷の溶けてしまったアイスティーの

グラスについた汗を拭きふき

日頃の仕事についてのアツい話になりました。

保科さんの仕事に対する熱意にも引き込まれました。

最近達成した「声援出版」の話。

ねないこだれだ」で有名な

せなけいこさんと横須賀美術館で

読絵ん会『せなけいこ 寄席』をすることになった話・・

そんな話もゆっくり聞けて幸せなひと時でした。

📗 📘 📙 📗 📘 📙

それぞれが独自の世界を語る様子は本当にすごいな~

と憧れしかありません。

「松本さんも何かされるんですか~?」

と聞かないでくれてありがとう。

何もできません。

皆さんの才能を

待っている子どもたちのために

よろしくお願いします

とお願いするだけ

そして現場に一緒に行くだけ。

応募への感謝の気持ちと

これから共に活動できることへの感動を込めて。

かがくママ すずきまどか Facebook

絵本・紙芝居作家 保科琢音  Facebook

絵本作家としてずっとずっとやりたかったこと📚

お話も絵本も紙芝居も

そして笑顔も

ぜんぶ手づくり!

保科琢音さんは

絵本作家として「あっかんべー」を出版。

そして紙芝居作家として「もうすぐあえる」など。

「読絵ん会(どくえんかい)」

という名の読み笑わせ口演も精力的に行っている

アーテイストです。

なんと口演場所は500以上!

さらにベトナムホーチミンの幼稚園など

海外でも活躍されているというから

そのパワーには驚かされます。

保科さんの得意技は老若男女すぐに笑顔にしてしまうこと。

そのツールは全て手作り。

SHJの活動初回は

神奈川県立こども医療センターでの

絵本と紙芝居の読み笑わせでした。

紙芝居は全て原画です。

大きな箱(こちらももちろん手作り)にぎゅうっと詰まった

楽しい紙芝居の数々。

原画だから消毒布で拭けません。

原色の色使いが子どもたちにはとてもはっきりと見やすくて

わかりやすくて楽しい、そして

明るい気持ちになるに違いない!

という直感から

絶対に子どもたちに見せてあげたい!

と粘りました。

消毒できないものは

この日の活動病棟「クリーン病棟」(骨髄移植や化学療法を行う病棟)

には基本持ち込み禁止です。

それは一旦触れてしまうと

感染に極端に弱い子どもたちにとっては大変危険だからです。

絶対に触れない位置で

ある程度の距離を保って

という条件で晴れて病棟に持ち込むことができました。

興味を持てばつい触りたくなります。

そんな子どもの伸びてきた手を自然に戻す保育士さんの力も

愛情たっぷりでした。

「病気と一生懸命たたかっている子ども達が、ぼくの絵本と紙芝居で笑ってくれる。

ただただ、それが嬉しくて幸せでした」

と保科さん。

病棟での活動の後は兄弟預かり*コーナーへ行って

きょうだいさんたちと保育士さんたちに

紙芝居を披露。

*→2018/6/19投稿入院児のきょうだいあずかり

こちらでも

「このカゲなんのカゲ?」

の参加型紙芝居が大好評でした。

「たたかっている子ども達は病室の中だけじゃない。

きょうだい児もみんな、家族と一緒に頑張っているんだよね」

と。

さらに

「今、やれることはやれた。

も、絵本作家としてやれることはもっとある。

来月にむけて、またシッカリ準備します」

と。

プロ意識が光ります。

「スマイリングホスピタルジャパンの活動も、もっと知ってもらえるよう、だからこそ絵本作家 保科琢音として、もっと精進します」

ともFacebookで伝えてくれました。

「絵本作家としてずっとずっとやりたかったこと。

大袈裟に言えば夢がひとつ叶った日。

そう感じることができた日」

保科さんの気持ちがとても嬉しかった日。

📚 📚 📚 📚 📚 📚

その他の保科さんの活動を紹介します。

✔︎Webサイト「ヨコハマNOW」にてコラムを連載中。

✔︎絵書家筆之輔(えかきやふでのすけ)の芸名で落語家として活動。

✔︎神奈川県を中心に落語会や落語イベントを開催。

✔︎横浜市内の小学校にて落語の授業を数多く担当。

✔︎2017年3月小学生60名が出演した「大黒寄席」プロデュース開催。

✔︎父親と子ども達による演芸クラブ「背中の集い」企画代表。

✔︎毎月定例の落語会として横浜市保土ヶ谷区の「しばた。寄席」地域情報紙「タウンニュース」にて落語こらむを連載。

✔︎2018年 国際交流基金アジア市民交流プログラム助成を受け、ベトナム・ホーチミンでの活動を開始。

絵本作家保科琢音のホームページ 

『絵本作家としてやりたかった、夢のひとつ👅/

保科琢音Facebook 

おまけ・・

あっかんべーは孫たちも大好き!

かがくママとSense of Wonder 🧪

最近連絡をくれたある”かがくママ”の話。

子どもが検査入院した病院でのこと。

小児病棟で治療を頑張る子どもたちがたくさんいることを知り、

科学マジックを披露して元気になってもらいたいと

心から思ったそうです。

そこで

子どもたちのためにサイエンスショーをさせて欲しい

病院に掛け合った。

だけど取り合ってくれなかった・・。

障がいのある子どもの親として、

そして

自分にできることがある!という思いがあったとして、

しかし個人の力の限界を感じ

そのまま時間が過ぎ・・・。

そこへ最近登録した絵本作家からの紹介でSHJを知り、

これだ!

と思ったと。

しかも自分の子どもが検査入院し

闘病する子どもの生の姿を見て衝撃を受けたあの病院でも

この団体が活動していることを知り、

とても縁を感じたと伝えてくれました。

あの時の無念を晴らすチャンスがSHJだったと

ウキウキした活動応募フォームが届いたのです。

科学マジックといえば

兵庫地区で活動を始めた

サイエンスレンジャー

北野貴久さん。(→2018/11/13投稿〜科学マジック!〜

工作教室や教員研修の講師として多忙な中

全国で理科実験ショーをこなす北野さんは、

合間の時間に病院でボランティアをしてくださっています。

思えば、院内学級にいた時に

芸術専科の授業の次に

子どもたちが食いついていたのが

理科の実験でした。

だから北野さんが

科学マジックを病院の子どもたちに!

と提案してくれた時は

飛び上がるほど嬉しかったのを覚えています。

そしてついに関東でも実現できるようになるとは

科学ママにとっても

私にとっても

もちろん

科学好き

マジック好きの子どもたちにとっても

まさに夢の実現です。

科学ママは

サイエンスに触れることで乗り越えられることもある、

と、子どもの障がいが判明した時に感じたと言います。

それを少しでも入院している子どもたちにも

体験して欲しいと。

科学で乗り越えられる・・・

物事の裏を知ることができ

知ることで目の前の困難をむやみに恐れる心が軽くなる、と。

ふうむ、ここのところ、さらに詳しく伺うのが楽しみです。

考えてみたら

世の中、

大きく捉えれば

科学と切り離せないような気がします。

科学で証明、科学的根拠とか

硬いイメージの反面、

不思議だな

とか、

なぜ?

と、極めて感性に訴えるのが科学でもあります。

私たちの生きている世界が

”センスオブワンダー”

に満ち溢れていると考えれば

生きているのがもっと楽しくなります。

子どもの頃はなぜ?

不思議だな?

と思うままにあれこれイタズラしたり

ダンゴムシをつついてみたりしたものです。

病棟にかがくママが行くことで

医療スタッフも

科学者になった原点を思い出して

子どもに戻るかも。

本当の子どもたちも

おとな子どもたちも

みんな一緒に

センスオブワンダーを

楽しもう!!

こちらもどうぞ↓ 

2018/10/11投稿〜不思議と思う心〜

〜スマイリングお茶会!〜

第1回スマイリングお茶会!

福岡チャリティライブに続く、

アーティスト企画のイベントです。

今回はアーティスト、アシスタント説明会が主な目的。

取り仕切ってくれた

ボサノバボーカリスト Izauraさんは

SHJの活動にとても興味を持っている知り合いが数人いるので

みんなで集まってお茶を飲みながら

活動のこと

松本の設立の経緯や団体に託す思い、

実際の登録手続きなどの説明を!

と思い立ったそうです。

活動しているアーティスト自ら企画し、

場所の手配、招待・・

全て自発的にマネッジしてくれること

本当に嬉しく感謝でいっぱいです。

今回のお茶会に参加されたのは

主に活動に参加したい、

興味がある!

という人たちですが、

既に登録しているアーティスト、

アシスタントも来てくれ

実際の活動の様子や活動しながら思うことなど

お茶を飲みながら

おもいおもいに

話しました。

これから!と思って参加した人には

インスピレーションが、

すでに活動している人には共感と新たなヒントが

もたらされたようです。

女優で歌も歌うみゆきさん、

ブラジルで長年活動してきた多才なシンガーけいこさん、

アナウンサーで歌も歌う編み物アートの長久保さん、

癒やしの天使セラピストちあきさん、

パワフルで愛に溢れたアシスタント岩井さん。

メキシコ帰りの歌う絵描きのあゆみさん。

まずそれぞれ自己紹介し、

松本からは設立の経緯や理念、

登録への事務手続きと続きました。

抗体検査はどこで?

クリニックによって随分と費用が違うね。

え?補助金が出るの?

健康診断の結果は胸部レントゲンだけでOK!

ホームページに掲載するプロフィール待ってますね。

プロフィール用に

演奏したり作ったりしているところの写真もください!

そんな話で盛り上がった後はさらにボルテージアップ!

第一の目的を終えたら

今度は音楽で交流という次なる目的へ。

勢い余って、セッションタイムとなったことは自然の流れです。

会場となった

築地マデイラはライブハウスでもあるから

ピアノなどの楽器、演奏に使う機材は揃っています。

Izauraさんがここを会場に選んだ理由はここに!

それぞれソロで、デュオで歌い、ゴスペル弾き語りも。

朗読もあり・・。

最後は皆でsing out!

アートはあっという間に人と人を繋げる魔法です。

この会は今後も続きそうです。

どんな団体だろう?と参加するだけでもいい。

闘病中の子どものことや、重い障がいをもつ子どものこと。

そしてもちろん活動のことを聞いてみたい・・・。

音楽系、美術系、パーフォーマンス系・・

団体のことを知って貰うだけでも良いのです。

次回も何人か希望者が集まれば企画します、

とIzauraさん。

既に登録したアーティストでも良いし、

これから病院で活動してみたい、

何かお手伝いしたいという人、

近所だから来てみたよ!というのもOK。

たくさんの人に知ってほしい

そして巻き込みたい・・

代表の夢がみんなに伝わり

共感が共感を呼ぶ一にち。

活動をしながら

いい活動!

と実感したからこそ、

ミッションのバトンを繋げたい

というアーティスト、アシスタントがいること。

心から感謝します。

スマイリングお茶会問い合わせ先:

Izaura e-mail: izauramusica@gmail.com

SHJ e-mail: info@smilinghpj.org