〜基礎学習の先にあるもの✏️〜

「はい、あなたたちの学ぶことはこれです」

小学校入学式で

6~7歳の子どもたちに

ど~ん!と教科書が配られます。

うず高く積まれたピカピカ新品の本たち。

珍しそうに眺める子どもたちの瞳はキラキラしています。

この輝きをどうしたら継続させられるのか

どうしたらもっと輝かせ

もっともっと知りたい学びたい!と思うような教育ができるのか・・。

選択肢のない一方的な内容、カリキュラム。

一年生になったらなんだか何もかも決められちゃってる・・。

環境の変化にそんなことを思う暇もなく毎日が

新しいことの連続。

気づけばみんなと同じ内容を

みんなと同じ速さで覚えることが当然になっている。

子ども一人一人興味も集中力も違うのに

「さあ、今日からこれらを頭に入れましょう」

となります。

もちろん、国語、算数、理科、社会を勉強し

知識を覚えることは

自分の周りを、世界を知り

知ることを楽しみ

自分の将来の居場所を探すための手がかりになりますから

とても大切なことです。

教壇に立つ先生が

目の前の知識や数字に近視眼的にならずに

まず、世界がどうなっているのか知ることが大事で楽しいと伝え

それは

君たちがこれから大きくなって

広い世界に漕ぎ出していくときに大きな力になるんだよ、

たくさんの可能性やたくさんの出会いが楽しみだね、

と伝えられたら

子どもたちはきっとワクワクしてくるんじゃないかな。

何のために学ぶのか

小学校入学時にこのテーマで話をする機会、

十分とってほしいな。

小さな子に学びの楽しさを伝えることは大切なことだと思うから。

もちろん実際に学びながらその楽しさを知れたらいい。

逆に言えば子どもたちがその楽しさを知ることができるように

基礎勉強を組み立てていく、というのは教師の工夫のしどころです。

全てのものごとは君たちが知ってもらうことを待っているんだよ、

というスタンスで。

→2018/4/26投稿~なぜ勉強するのか~

しかし

余裕のない学校現場では

基礎学力をつけて点数評価する・・

ここで終わってしまっていないかな。

それはAIの得意とするところのはず。

ロボットがどんどん活躍する現在だからこそ、

人間だからできることのためにまず基礎学習が必要だということを伝えてほしい。

人間だからできることは考えること。

学習したことから問いを見つけそこを出発点に考え

互いにアイデアや考えを出し合う・・。

課題を見つけて

どうしたら社会を良くすることができるか考える。

知識やスキルは、答えを求めていくためにあり

知識が最終目的ではなくそれはツールだということを。

目の前の数字評価に走るから

勉強嫌いが小さいうちに量産されてしまうのだと思います。

人間だからできること・・

それは他者との違いを認めて

お互いを尊重し共感しながら

共有する目的に向かって協働すること。

問題解決のためにアイデアを出し合い

クリエイティブに物事を解決する力をつけていくこと。

そんな場面を想像すると

一斉に黒板に向かう姿

一斉にプリントに書き込む姿

ではなく、

face to faceの

創造性あふれ

活気ある教室や

学習の場面が浮かんできます。

瞳はキラキラし

対話を通して

自らそして他者から自分の価値に気づき

違った考えを知り

好奇心がどんどん膨らんでいく。

多様性溢れる生き生き活動する子どもたちの様子が

ありありと浮かんできます。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜公教育のビジネス化?〜

教育をテーマにしてみると

以前はなかったなあ、と思われる現象を感じることが多い。

まずテレビをつけると

進学塾の宣伝に児童文学の世界を巻き込むコマーシャルが結構な頻度で流れる。

ほとんどテレビを観ないのにそう感じるほど。

児童文学は成長期の子どもに生きる上で

大きな示唆を与えてくれる。大人になってから読んでも

また別の気づきがあるほど、深い洞察力を与えてくれるものだ。

人生のテキストともいうべきものを

かなしいかな、意図しているかしていないかに関わらず

企業の宣伝と、数値による競争扇動に利用されてしまってる。

怖い。

それから

全国学力テストが抽出式だったのが全員参加に変わった。

2007年から小学校6年生と中学校3年生を対象に行われている

学力テストは、民間企業に莫大な税金を投じてのこと。

癒着?

さらに

小中学校で子ども一人に一台のパソコンを配布?の動きとも耳にする。

お金をかけるところ違うんじゃない?

癒着?

あ、またこの言葉が浮かんでしまった。

これって全部

教育の市場化ってこと。

そんな議論は専門家を中心に起こって久しいが、

もう私達一般にとっても目に見える形でジワリジワリと・・。

教育とは一体なんだろう。

本当の教育とは?

数で勝負、競争、競争。競争させることが学力を高める。

???

どんどんぶれてしまう(と私は思う)世の動きに

押し流されてしまうのは悲しすぎる。

現に学力テストは

学校間の点数競争を引き起こし

結果、子ども達を

殺伐とした競争社会に陥れ

勝ち組とか負け組といった言葉で人を評価する風潮を作る。

教員は点数を上げる対策に追われ

子ども理解や生きた触れ合いの時間が圧迫される。

そんなことが本当の教育だと思って先生をしている教師は

ほとんどいないはず。

流されずに先生たち頑張って、と言いたい。しかし

子どものためを第一に考える先生たちは

理想を求めて疲弊してしまう。

そんなことあっていいのか!

と怒り心頭である。

「教育を数値化しテストで子どもや教員を競わせれば教育は良くなる、という考えは間違っている」という教育研究者のコメントが

新聞に載っていたがもっともだと思う。

しかし、

もはや教育を良くしようとしてやっている施策ではなく

教育を市場化し子どもたちを市場活動に利用していると

「そんなつもりはありません」

と言われようが、私はどうしても

そう思ってしまう。

経済とは本来人を幸せにするためのもの。

しかしこんなかたちで経済産業省が教育への参与を強めていることを考えると

経済の定義自体がなんだか汚いものに思えてくる。

教育にビジネス理論を持ち込むのは

やめてほしい。

子どもたちの本当の幸せを求めるために。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

コロナウイルス感染拡大を受け病棟閉鎖相次ぐも🏥

目下の社会課題はコロナウイルス拡大を阻止すること。

世界的にはエピデミックからパンデミックへの状態悪化を懸念する声も多い中、

とうぜん個々の社会生活に大きな影響を与えています。

それは病棟という安全安心への管理が極めて重要な現場なら

なおのこと。

昨日都内の病院から

外部からの病棟への訪問を中止という連絡が相次ぎました。

「SHJの訪問は、子供達ばかりでなく、親御さんや保育士さんにとっても楽しみな時間だったので残念です」

とはある病棟スタッフのコメント。

病院としては苦渋の決断だったそうです。

それに伴う対応に追われる中、

現場の声は大きな励ましになります。

子どもの安全が第一、

けれども

闘病を頑張る子どもたちにとっての楽しみを奪ってしまうことは

病棟スタッフにとって大変悩ましいものだったと。

そんな中、

「ポスターを見た子どもたちが楽しみにしているので」

という看護科長さんのご厚意で

閉鎖を決定した次の日も

いつも通りの活動をすることができました。

医療上の安全管理とSHJの活動を少しでも

天秤にかけてくれる余地があったこと

とても嬉しく思います。

子どもたちの生活を第一に、大切に思う医療現場なんだなあと。

この日は小学校3~4年生の男の子が多く、

読み聞かせの間じゅう、ツッコミ満載で

この日この病院が初めてのアーティスト、

目食らったけど次に活かしたい、

といじられ役もなかなか嬉しかったようです。

「また来てね」

という素直な子どもの言葉がご褒美です。

紙芝居のどらさん

いっぽう、毎日子どもたちをみている保育士さんは

細かいところまで見たり、聞いたりして、子どもたちがとても活発だった!

と喜んでいました。

プレイルームの後ベッドサイドへ。その後再びプレイルームへ。

引っ張りだこのアーティスト。

雛祭りをテーマにした絵本や紙芝居は少しでも季節感を、

というアーティストのはからい。

巷はコロナウイルス拡大で大混乱の中

大人の心配そうな顔を、愉快な活動がかき消します。

病院によってはこれからしばらく活動停止が続きます。

院内感染が危惧される中での

危機管理は徹底しなくてはならず

SHJとしては早い収束と

再び病棟で子どもたちと笑い合う日を心待ちにするばかりです。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜バルーンアートの魅力🎈〜

バルーンは見るだけけで笑顔にさせてくれます。

ワクワクして思わず触りたくなります。

そして触ればそのぷくぷく感がさらに笑顔を増します。

 

動物ならだっこして癒されますし

お花ならいつまでも持って眺めていたい。

ベッド枠で揺れるハートも

明るい気持ちにさせてくれます。

パーン!

と割れる音を連想して怖がる子どももいますが、

それはアーティストが膨らませているときに

大人が耳を塞いで

割れるよ、割れるよ。

とあえて怖がらせているから。

だから大人は先入観を振り払って我慢我慢。

と言ったアーテイストもいました。

プロのアーティストだからまず作っているときに割れる

ということはほとんどないのです。

風船は割れるものという固定観念を持たせては楽しさ半減です。

ただし、病棟プレイルームが南向きだったり

西向きだったりすると

時間によっては温度が上がって風船は割れやすくなるもの。

だから部屋が暑く感じる場合のみ

少し注意が必要です。

🎈 🎈 🎈 🎈 🎈 🎈

スマイリングホスピタルジャパンでは

たくさんのバルーンアーティストが活動しています。

バルーンアーティスト瞳さんがアースディでSHJのロゴとスマホジくんをバルーンで飾ってくれました。

同じバルーンといってもそれぞれとても個性的です。

うさぎ、くま、お花、剣、犬などは一般的に見えても

アーティストや

バルーン教室で作る子どもたちなど

作る人によって全く違います。

SHJは見るだけ、もらうだけ・・

じゃないから子どもたちも

ときにはお母さんたちもアーティストになって

作品を仕上げることができます。

色を選ぶ

膨らませる

結ぶ

ねじる

組み合わせる

形を整える

一つひとつの工程に

違った楽しさやドキドキがあります。

風船? 可愛いね。 作ってもらって飾りたいな・・。

だけではその醍醐味は伝わりません。

一瞬の表面的なイメージで終わらせたらもったいない。

SHJは必ず参加型の活動です。

🌀膨らませるときはポンプの力の入れ具合

🌀結ぶ時のコツ

🌀ねじる時の勇気の大きさ

🌀動物を作るなら足の長さや数を見越してねじる位置を決める

回数を重ねるうち、どのように分割したら

バランスのとれた形ができるか工夫することで

考えることや概念学習にもつながります。

ダックスフンドなら

足はこれくらい短くていいかな

とか想像して楽しみながら製作活動に没頭できます。

さあ、できたらみんなで見せ合って

一匹いっぴきの違いは豊かな多様性に気づかせてくれるかも。

アートは人を幸せにする!

実感です。

*ラテックスアレルギーの子どももいるのでその点もSHJは細心の注意を払っています。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

在宅学習支援 学びサポート〜感覚教具”メダルはめ”〜 

数量を視覚的に捉えることが困難な場合、

繰り返し決まった数の感覚教具”メダルはめ”をするうち、

見てすぐにその数を言えるようになる場合があります。

スマイリングホスピタルジャパン

オリジナルユニバーサルさんすうセットの効果絶大です。

参考→2017/12/12投稿〜ユニバーサルさんすうセット

最初は3個直線に並んだはめ板の数を

指で数えてから3と答えていた生徒さんが、

このSHJオリジナル UDさんすうセットで様々な数のメダルはめに取り組む中、

途中で見ただけで3個と答えられる場面がありました。

感覚的な定着のために

引き続き根気よく取り組んでいます。

同じように

最初は指で数えてメダルはめの穴の数を答えていた他の生徒さんも

メダルをはめる課題を週1回3ヶ月ほど行っていたら

穴の数を数えることなく、

パッと見て穴の数が言えるようになりました。

さらにこの学習が文字の習得にも波及する効果があることがわかりました。

この生徒は単語をひと文字ひと文字の拾い読み、

つまり「ば・な・な」のように切り離して読んでいたのが

メダルはめを行い、

ものの数を指で数えずに言えるようになるに従い

文字も単語ごとにまとめて読めるようになりました。

*****

数を、紙や画面上で学習することより

・手を使い空間的なイメージを持つこと

・もので感覚をつかみ実感すること

が本当の学習につながることを教えてくれたエピソードです。

メダルはめは一見

複雑なパズルに挑戦する前段階のシンプルなかたはめ

としか見えないかもしれません。

私自身、25年も前になりますが

モンテッソーリ教育に出会うまではそう思っていました。

しかし

数などの概念を身につける大切な時期に

この教具は欠かせないものです。

それは数のしくみに限ったことではありません。

おのずとものごとの基本やなりたちを体得することにも繋がるのです。

言葉を読むことへの波及効果もその例と言えます。

周りの大人は

より早くより難しいことができるように

もっと高度なものに

と子どもを駆り立てます。

しかし焦ることなく

基本を身につける体験をじっくり味合わせたいものです。

学びサポートの生徒たちは

まさにこの学習法で

数量や文字を楽しく学んでいます。

学びサポート「目と手の協応/数量/文字」の学習より

学びサポート活動ブログ

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook