生きにくさを抱える子どもこそ、本質を見抜いている!

息子が大学生活を送る新天地。

引っ越しの手伝いがてら京都に行ってきました。

寮生活を経ていよいよ一人暮らしを始める息子よ、

想定外の困難も思いがけない発見も

全部を糧にしていくことと期待しています。

さて、3月1日の高校卒業式翌日、

寮生活の集大成、3年間の報告会がありました。

高校3年間を親元離れて寮生活をした生徒たち。

離島留学制度を利用して住み慣れた場所を飛び出し

沖縄県久米島で生活した10名。

どの子も親に勧められたのではなく

新聞などで紹介されていた制度に興味を持って説明会へ出向き、

受験を決意したという子がほとんどでした。

→2017/7/15投稿〜久米島離島留学制度

報告の冒頭ではどの子も中学時代に生きにくさを抱え壁にぶつかっていたことを堂々と話しました。

・中学生活に違和感を感じながら模索していた子

・集団に馴染めなかった子

・自分の居場所を見つけられずに学校を休みがちだった子

・勉強嫌いでこのまま高校へ行って同じような生活が待っていることに疑問を感じていた子

・家族との折り合いが悪く、家にも自分の身の置き場がなく悩んでいた子

・・・・・

この子たちはそれぞれの悩みと正面ぶつかりながら打開策を求めて

これからどう生きていったらいいのか

自分はどんな人間なのか

自分は何をしたいのか

をしっかりと考えて

単身親元を離れる決心をしたのです。

中には

自分を変えたい

そのためには自分のことを誰一人知らない世界で新生活をスタートさせたい

という子がいました。

この子たちは15歳にして

この時点で既に

自分はこのまま当たり前に地元の高校へ進学するのでいいの?

と自分とぶつかり批判的思考を繰り返し

本当に自分がすべきことを求めて

思考と葛藤という事業を成し遂げています。

今の自分に最適な場所を模索し

その結果最も厳しい道を選んだ。

誰にも甘えられない

一人で切り開いていかなくてはならない道を。

現地にはサポート体制もあり

何もかもが新しい場所で戸惑う子どもたちを

しっかりと支えるシステムがありました。

しかし、

この子たちは

既存のシステムや学校の支援を超え

自分らしい活動をどんどん創造していきました。

・・生徒の自主性を重んじる

それが留学制度の特色・・

などと掲げれてはいても

やはり大人たちは

前例のないことはダメ

規則ありきの枠組み

形式を重んじる重苦しさ

を押し付けてくるのは

多かれ少なかれどんな社会でも同じ。

そこに親がいたりしたら脅威にがんじがらめになってしまっていたでしょう。

それならと

闘って規則を変えようという労力は温存し

自由な発想で切り開いていくことに

持ち前のエネルギーと

中学時代に模索の苦しみを乗り越えた底力をプラスして

3年間を自分らしく生きていくための

最初のみちしるべを打ち立てました。

海外留学制度を利用して複数回海外で多様性に触れた子、

寮の敷地内に農園を作る許可をもらい立派な野菜作りに夢中になった子、

地域のボランティア活動に参加し支援の必要な現場体験を重ねた子、

土地の芸術文化を思う存分味わい体得した子、

島の漁協に就職して漁師になる夢を実現させた子。

大自然の中でゆっくりと自分を見つめ

自分を知り

他者に感謝し

社会を良くするために自分にできることを探す時間がふんだんに与えられ

結果、芯が強く開拓精神旺盛な若者が育ったのです。

余談かもしれませんが、

ここまで彼らを見ていくと

行政とNPOの関係に似ているなあと感じます。

組織や行政の手に及ばないこと

発想に及ばないところに

自由な発想と当事者意識を総動員して

行動するのみ・・

これがNPOの姿とすると

ここの子どもたちの生き様は

頭の堅い大人たちの眼中に及ばないことを

若い力と創造力を結集して

素直にまっすぐに行動に移している・・

そんなところから、NPO設立者として

彼らにとても共感し、ワクワクします。

若い力を埋もれさせないシステムづくり。

この国の未来のために

何より構築していかなくてはならない課題ではないでしょうか。

若者たちへ

大人たちが決めたことに疑問を感じたら

従わなくてはならない、

ではなくて

自分の頭で考え

仲間を巻き込んでいけるようなアイデアに変え

若い力を存分に発揮し

惜しみなく実行していってほしいと思います。

 

一斉休校🎒~子どもの過ごし方~

一斉休校中、親が仕事に出ている間の

子どもの居場所を確保するために

児童が過ごせる場所を開く自治体が少なくない。

ある都内の施設を取材した記事が東京新聞に載っていた。

→<新型コロナ>児童、長机は1人ずつ利用 室内、1人で遊ぶよう指導 世田谷の居場所づくり (3/12朝刊)

午前9時半。

マスクをつけリュックサックを背負った子どもたちがやってくる。

会議等で使う長机がずらりと並んだ部屋はまるで試験会場みたい。

ここに座るのは一人ずつ。

前の席と距離を保つため座り方はきちんと互い違いに。

職員が見守る中持参したドリルを出して問題に取り掛かる後ろ姿が載っている。

幼い小さな背中が規則正しく並んでいる。

室内にはボードゲームや本があるけれど、

遊ぶときは向かい合うゲームは避け、一人で遊ぶことが決まり。

外では縄跳びや一輪車、相手と距離が保てるドッジボールなどを。

子どもたちが前を向くと教室のようにホワイトボードがあり、過ごし方の注意が書かれている。

写真からそのまま書き取ることにする。

1 自習中はしずかに、前をむいてべんきょうします。

2 休みじかんはひとりで座ってできることをします。

3 トイレに行く時はスタッフにつたえましょう。

4 せきエチケットをまもりましょう。

5 ぐあいのわるい人はすぐスタッフに言いましょう。

6 本をよむときは1冊ずつもってきましょう。

7 まわりの人にめいわくになることは・・・(この部分は子どもの頭で隠れています)

この様子を紹介する記事で

記者は何を伝えたかったか。

写真を見る限り、子どもたちのなんと従順なことかと感心⁉︎する。

ホワイトボードには注意点が箇条書きで書かれているが、

なぜそうしなければならないのか

彼らは飲み込めているのだろうか。

長机に一人ずつ座らなければならない理由は?

本はなぜ1冊ずつ?

*****

どんな時でも子どもは成長する。

こんな時だから仕方ない、

と大人以上の試練を子どもに与えていいはずはない。

大人たちは満員電車で通勤する中、

経済に直接影響のない教育現場をターゲットにした

今回の全国一斉休校措置。

子どもが大切にされている社会だと感じることが

どんどん少なくなっている中、やはり今回もまずは子どもが犠牲か、

と怒りは収まらない。

写真に写った彼らの後ろ姿が

なんとも健気で切ない。

この我慢の時間がこれからどれほど続くのか、

ストレスを溜めて免疫力が下がり逆効果になるのでは?とまで思ってしまう。

なんども言いたい。

いつでもやり直せる。

早く一斉休校を取りやめ

まめな換気、手洗い、うがいを忘れない

など学校での過ごし方をみんなで考え徹底することの方が

生産的で教育的だと思う。

有事の際の対応や工夫について考える

良い機会と捉え

課題について考え自分にできることを実行したり

友達と協力したりなど

考える時間と学びのチャンスにしたらどうだろう。

関連→3/4投稿 突然の臨時休校要請

  →3/5投稿 全国一斉休校・・子どもを守るために教育を受ける権利を奪っている矛盾

  →3/9投稿 プリント自習の無責任

〜プリント自習の無責任✏️〜

3/5づけ東京新聞朝刊のコラムを読んで大きくうなづいてしまった。

→編集局 南端日誌 「一斉休校要請で国の対応『完全自習の無責任』」(特防部デスク)

休校に伴う家庭学習課題をめぐる記者と小学4年生のため息交じりの会話が紹介されている。

息子:

「これを自分でやっといてね、っていうならそもそも学校いらなくない?」

記者:

「先生にどう指示されたの?」

息子:

「教科書を見ながら問題を解いて、わからなかったらインターネットでも見て補足してね、と言われた」

記者は非常に無責任な子どもへの丸投げだと。

そこで文科省の方針をHPで調べると

「学習に遅れが生じることが予想されることについては、可能な限り家庭学習を適切に課すなど配慮いただきたい」

とした上で工夫の例として

・教科書を再読して感想文を書く

・教科書の反復問題を解いたりする

が挙げられていたという。

未学習の内容を自分でというわけにはいかないから当然復習ばかり。

3週間の未修分どうする?

もしかして今年は夏休み返上か?

悲観的観測もちらほら・・らしい。

✏︎  ✏︎  ✏︎  ✏︎  ✏︎  ✏︎  ✏︎  ✏︎  ✏︎

とにかく今はプリントやっとけ!

とプリントの山を家庭に、子どもに丸投げの状態。

現場としては

授業をやっちゃダメ、と言われれば仕方ないのかもしれない。

しかし、ここで思うのです。

そもそも、学ぶということってどういうことだろう、と。

学校教育が

~年生はここまでやらないと

と知識を身につけることに追われ

「知識を覚えること」

「~年生でやるべき計算ができるようになること」

を学ぶことの価値や本質としているから

今回のような場合、

家庭学習をプリントにして丸投げせざるを得なくなるのではと。

家庭も否応なしに一つの価値観に追い立てられてしまう。

少なくとも

それらが今の学校教育だとして

環境が全く違うのに学校でやることをそのまま家庭で・・

というのは無理な押し付けに思えるのです。

そもそも突然の一斉休校という

備えのない要請に多くの自治体が従ったことを残念に思います。

が、それを選んだならば

大変だ!

プリント作らなければ!

と近視眼的になるのではなく

もっとおおらかに

こんな事態だからできること

例えば

ちょっと気になってことをとことん考えたり

興味関心から自分のテーマを決めて

じっくり調べたり

実験してみたり

そんな時間にしてください、

となればいいなあ

と思うのです。

”放っておけばゲームばかりしている”

と子どもを頭っから信用しない大人の態度が

子どもの創造性を否定し

心の世界を潰してしまうのではないかな。

目下の我が家、

2年生の孫とのんびり過ごしています。

なんとプリントは1枚も出さないという学校の方針に

拍子抜けするやら感心するやら。

1年生からの復習をしながら

どんな風に答えを出してるの?

へ~、そんな考え方があるんだね~。

と孫の考えを聞くのが楽しい

非日常になっています。

遠山啓先生の「わかるさんすう」シリーズがテキスト。考える力と概念の形成に力を入れ、イラストもモノクロ昭和な感じで楽しくて。数学教師でもある特別支援学校教員の夫(じいじ)の一押し。

全国一斉休校・・子どもを守るために教育を受ける権利を奪っている矛盾

今回の全国一斉休校要請に対し

大多数の自治体がこの要請に従った。

子どもたちを守るためという理由を裏付ける科学的根拠も示されないままの鶴の一声に。

始まってみれば

働くお母さんたちの悲鳴や

休校になったためにその期間職を失った人たちの苦労があちこちで聞かれるのみだ。

それに伴い、

NPOや民間企業では

急な休校に伴う働く親やその子どもを支援する動きが広がっている。

居場所解放

授業配信

弁当宅配

・・・・

これらはとりあえずの

待った無しの迅速な対応であることは確かだ。

しかし肝心のコロナ対策が

失策対策に奔走せざるを得ない動きは否めず

違和感を感じて気持ちが悪い。

社会全体が一つの方向に向かい

批判的精神は失われ

感覚が麻痺し

そもそもの課題に気づくことができなくなっているように見える。

世の流れに従わないと何かあった時に責任を取らなくてはならない、というのが決定する立場の葛藤でもあろう。

しかし

無計画な方策に自ら振り回されることはない。

要請というのは義務でも決まりでもない。

要請とは必要だとして願い求めること。

それに自らの方針が合わなければ従う必要はないのである。

先日のブログでも意見を述べたがもう一度言いたい。

各自治体は独自の選択や決定をしても良いのである。

文科相は

この混乱を受けて、

「地域や学校の実情を踏まえた上で柔軟な対応を」

と柔軟な!姿勢を示し始めた。

各自治体は

独自の判断で休校をいつまで続けるのか

要請を脇に置いて考え対処する必要がある。

”子どもを守るため”

多くの人たちに苦労を強いるばかりか

子どもの教育を受ける権利

を奪うことになっていると言えないだろうか。

🏫突然の臨時休校要請 (゚o゚;;

コロナウイルス感染拡大を受けた

政府の唐突な対応に大きな混乱が広がっています。

娘の住む川崎市では

預け先のない場合

14時まで学校で保育⁈、その後学童保育を実施することになりました。

これは授業はしないけど預かりますよ

という対応。

これは学校閉鎖にくらべ

大変ありがたい対応のように思えますが、

大きな矛盾は否定できません。

普段学校へ通うのが当たり前になっている中

とうぜん学校での保育と学童を選択する家庭が多いだろうと察します。

共働きの家庭ならなおのこと、

子どもだけで留守番させることの危険と不安から学校へ送り出すでしょう。

ではいつもどおり授業すればいいのでは?

と首を傾げたくなります。

授業がない分家庭学習の課題を出すため

教員は休校期間を見越した学習内容のプリントを急ぎ作らなくてはなりません。

さらに家庭内だと油断してマスクを外してしまったり

みんなで同じタオルを使ったりなど

家の中はかえって感染源になる可能性も大きいという専門家の意見も頷けます。

さて

川崎市に住む娘の家庭。

夫婦とも病院勤務のため

月に一度、週末に3人の子どもたちを

ばあばに預けるわけですが、

今回は

小学2年の息子をばあばんちに預ける

という選択と

学校&学童

という選択が。

本人は学校よりばあばんちがいい!

と嬉しい😅選択をしました。

仕事の帰り

保育園に通う下2人を迎え、面倒を見ながらお兄ちゃんの宿題を見ることを考えると

娘にとっても

これは願ってもない決定です。

それなら、と

ばあばは工作、実験、料理など

楽しんでしまおうと腹を括ったわけです。

それにしても

比較的近くに住み自宅で仕事をし預かってくれる親戚がいる家庭がそう多いとは考えにくいし

娘のような医療従事者などは仕事を休んだりテレワークというわけにはいきません。

ここは

改めて専門家に諮り

対応を仕切り直したらどうだろうと思わざるをえません。

自治体も単なる要請と考え

従わない選択をするところもあります。

いつもどおり登校し

手洗い、うがい

まめな換気を徹底することを決めた学校もあります。

そもそも

コロナウイルスに感染した子どもは高齢者にくらべ圧倒的に少なく

感染確率も低い。

さらに子どもは重篤化しないということも

明らかになっています。

今回の混乱は

ものごとの一面にとらわれたり、

近視眼的に対応を急ぐことの弊害として

あらゆる人々の記憶に深く刻まれそうです。

予想と準備が欠けていたと。

いずれにしても

手洗い、うがいの励行

まめな換気

体調の変化を感じたらマスクをする

など

ひとりひとりができることを全ての人が行うことがまずは

感染拡大を防ぐこと。

個々の心構えで事態はずいぶんと改善されることは

少なくないと考えます。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook