〜兄弟の気持ち〜

昨日は、親が病気の子どもを見舞うときに、兄弟の過ごす場所を設ける病院がとても少ないことの問題点を書きました。

病院はその必要性に気づいていないわけではなく、本来の業務ではないという認識に加え、物理的、人的にそこまでカバーできない、というのが実情のようです。

🌀兄弟は病棟に入れず病気の兄弟に会うことができない・・。

🌀親を待つ間の兄弟の居場所のなさ、寂しさは、兄弟の治療という課題の影に隠れてしまい、問題として認識されにくい・・。

しかし、病気の子どもの兄弟の問題は、

親が面会中だけのことではありません。

☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀

週末、映画「ワンダー君は太陽」

を観ました。

遺伝子疾患により変形した顔で生まれた10歳のオギー。困難にぶつかりながらも学校へ通い、懸命に生きるオギーはいつも両親の心配と関心の的。

両親の愛は弟に注がれがち、お姉ちゃんのヴィアは「私を見て!」と心で叫ぶだけ。

「オギーは太陽で、私は惑星」

とヴィアは寂しさを抱えます。

⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅ ⛅

兄弟たちは、

「お母さん、お父さんに自分もかまって欲しい」

「だけど、自分は健康。我慢しなくちゃ」

「病気の兄弟に優しくしてあげなきゃ。だけどちょっと憎らしい。そんな気持になる自分が嫌だ」

「両親にこれ以上、大変な思いをさせないようにしっかりしなきゃ」

「でもめちゃくちゃ寂しい」

こんな思いを抱きながら日々、自分は太陽の周りを回る惑星の1つにすぎないのだと気持ちを押し込めながら、自分をどうにか保ち生活するのです。

また、そのような時期が過ぎた後も、自分は蚊帳の外だった、大切にされなかった、孤独だったという感情がトラウマになって苦しむ、ということも少なくありません。

この問題に取り組む団体があります。

「しぶたね」

病気の子どものきょうだいのためのNPOです。

兄弟の居場所作りの必要性を早くから抱き、大阪の総合病院できょうだいと一緒に活動する場を設けています。

”きょうだいさん”のためのイベント、仲間に出会い仲間を作る、題して”きょうだいの日”も実施しています。

”兄弟さんたちの気持ち”を広く知ってもらおうと啓蒙活動も。題して”たねまき活動”

そして兄弟さんたちの支えになる冊子を発行しています。

☀「きょうだいさんのための本 たいせつなあなたへ」

☀「きょうだいさんのための本②おにいちゃん、おねえちゃん おとうと、いもうとを亡くしたあなたへ」

設立代表の清田悠代さんは、

印刷OK。そして、2種類どちらも増刷したタイミングで無料配布、喜んで!

とのこと。きょうだいさんに早くプレゼントしたくなりました。

お問い合わせフォームより、申し込めます。

詳しくは、

しぶたねホームページ http://sibtane.com

兄弟の置かれた状況には、身の置き場のなさ、アイデンティティや集団への所属意識の持ちにくさなどもあるかもしれません。

医療の進歩に伴う母親への支援と同様に、大切に取り掛からなければならない社会課題です。

しぶたねのような、病気の子どもの兄弟が孤立して一人で苦しまないような取り組み、これからますます必要になってきます。

広がれ!兄弟支援。

〜みんなが作るみんなの学校〜

「義務教育」ってなんだろう?

「子どもは学校へ行く義務がある」という風に捉えられちゃってない?

そのせいか、学校と子どもとの関係が上下に分断されているように思えてなりません。

学校を運営する立場と授業を受ける生徒というように。

垣根を取り払って互いに学び合える場になれば、

そしてみんなが学校を作っていく、という意識に変われば、

生きた教育の場になるのではないかな。

ここで「義務教育」の意味をおさらいしてみます。

憲法26条第2項に、

「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育はこれを無償とする」

とあります。

「子どもが教育を受ける義務」ではなくて「大人が子どもに受けさせる義務」です。

これは子どもにとってはあくまでも「教育を受ける権利」なはず。

ところがいざ不登校になった子は、するべきことを怠っている、とばかりに問題行動として咎められる傾向が未だにあります。

これは子どもは学校に行く義務があるという観念に基づいた現象です。

無理やり行かせたら子どもの心は置いてけぼりです。

子どもにとって権利としてあったものがいつの間にか責務のようになっている。

学校は画一的で同調することが多少なりとも求められる集団活動の場になっていないかな、と子どもが中学校に通っていた時に感じたものです。

そうだとしたら、行けない子にとっては苦役になってしまうでしょう。

子どもたちはHappy かな・・。

すぐ近くにある母校の前を通るたび、鉄格子越しに校舎をふと見上げます。

そんな中、

みんなが作るみんなの学校を見つけました!

その名も、

大阪市立大空小学校

日本にも手作りのすごい公立学校がある、と聞いたのを思い出してホームページ検索してみました。

みんなが安心して学んでいる奇跡の学校としてドキュメンターリーで紹介され、さらに2015年に劇場版『みんなの学校』として全国の映画館で公開となりました。

発達障がいの子も、知的障がいの子も、みんな同じ教室で学ぶ学校。

なぜ今まで知らずにいたのだろう。元学校職員として迂闊であった!

この学校は地域の児童数増加のために2006年に開校されました。

全員が守らなくてはいけない約束事はただ一つ。

「自分がされていやなことは人にしない いわない

さらに学校の理念は、

「すべての子どもの学習権を保障する」

子どもの権利を前面に出しています。

地域にも開かれていていつも学校の職員以外が関わっているといいます。

大人にとっても安心できて、大人が学ばせてもらえる、子どもたちと共に成長させてもらえる、と。

もはや学校に行く行かないの議論を超えています。

多様性が入り混じる学校は、どこにも分断はなくて互いを尊重しながら

みんなで作り、作り続けていく、

そんな温かみのある「みんなの居場所」なのでしょう。

映画になった頃は話題になったはずなのに、同じような学校が増えていかないのが残念で仕方ない。

一度訪れてみたい「みんなが作るみんなの学校」です。

〜考える練習〜

昨日、素敵な心の持ち主の少女のことを書きました。

「今自分はどうするべきなのか」

を直感し即行動し、爽やかに去っていった小学生の清々しい行為は、ぐっと心に迫ります。

話は変わって、悪質タックル事件を機にスポーツパワハラが社会問題として浮き彫りになり、その熱は冷めそうにありません。

誰にでも似たような経験があったり、または同じような思いをした友人がいたりして、その時どう振る舞ったかを悔しさや反省を込めて思い出した人も多いのではないかと思います。

今まさに同じような状況にある人にとっては、行動の指針となったかもしれません。

パワハラの現場というのは、

被害当事者として、または他の人が受けているのを知りながら、どうにかしたい、と思いながらも悪化や飛び火を恐れて頭から振り払う。

ただ威圧者の激昂や強権的態度が過ぎ去るのを待ち、ひたすら

「今自分はどうするべきなのか」

を考えることをやめ思考停止を繰り返す、それが事態をエスカレートさせることにつながる。

そんな構図ではないでしょうか。

いじめも然り。

私が中学生の時のいじめは、いじめを受けている人と仲良くした、というだけで標的となりました。味方になってくれた人は一人もいませんでした。それどころか、どんどんエスカレートしていきました。

差別を受けている人、障がいのある人、マイノリティのために理不尽や不自由を強いられている人たちは、

社会からパワハラを受けているようなもの。

一人ひとりの心が、冒頭の少女のようであったなら・・・。

人が成長する過程で、ことあるごとに、

「こんな時。どうしたらいいと思う?」

というような対話が自然に家庭にあったなら。

社会で起こっていることを食事をしながら話題にするのが常であったなら。

そんなちょっとした考える練習が、

考える習慣になって、まわりの出来事に気づき、

「今自分はどう行動すべきか」

に思いを巡らせる癖になっていくような気がします。

悪事や無関心が助長される土壌は、みんなが考えることをやめることでどんどん肥沃になっていきます。

考えること、

あとは少女のような行動力があれば

いろんなことが解決できそうです。

〜「目標」ってなんだろう?〜

「あなたの人生の目標は?」

「1学期の目標をきめましょう」

「一年の計は元旦にあり」

折に触れ答えを迫られるのが

「目標」。

目標を決めると行動に移りやすい。

とは言っても目標を決めるってなかなか難しいもの。 

本来、いろいろな経験をしながら方向性を見いだしていくものだと思います。

私自身、目標を掲げて達成した!と自慢できることが1つもありません。

現在、NPOを作って軌道に乗せることができたのも、多くの人に出会ってたくさんの気づきがあった結果に過ぎません。

「目標を立てる」という行為そのものに縛られて身動きがとれなくなる、ということも考えられます。

昨今、アクティブラーニング(能動的学習)という言葉が学校教育の場で使われるようになりました。

何を学ぶかという目的を見つけるためのアクティブラーニングか、

定めた目標に向かって行うアクティブラーニングか。

まず目標を決めて、となるとアクティブラーニングという考えかた自体に無理が生じるように思います。

学校では節目節目に目標を決めることを生徒に求めます。

忙しい学校現場で、国が定めた学習指導要領(指導内容)をこなすために目の前の課題に追われれば、子どもたちを追い立てることになります。

そんな中、締め切りまでに目標を決めなさいと言われても、子どもたちは、目標を決める行為自体に「追い立てられ」ることにならないでしょうか。

締め切りに間に合うように決めさせられた、という思いが残り、失敗したときに誰かのせいにすることになるかもしれません。

以前フィンランドの教育について書きました。

7/12投稿 フィンランドの教育

何を学ぶかは、様々なフィールドワークを経て興味や関心を通して自分で決めます。

教師は国が定めるコアカリキュラムの中で自由に授業をデザインできます。

子どもは、失敗を決して恥ずかしいことと捉えずにそこから学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。だから子どもの幸福度世界2位というのもうなずけます。

主体性を持って成長すれば、決まったカリキュラムなどない社会へ出たときに失敗も糧にしながら試行錯誤して目標を決めることができる。主体的に決めるから責任感や自信に裏付けられ、成熟した人間に成長できる気がします。

目標を決めないと動けないということになると、目標設定そのものが、まず動いてみることの弊害になるともいえそうです。

自由で伸びやかに成長する中で出会う「こんな大人になりたい」という湧き出るような憧れ。

それが主体性の源となり、目標に向かって行動するようになれば一番ナチュラルだと思います。

子ども時代に信頼され、自由を保障され、ゆっくりと「なりたい自分」を探すことができたら、

ああ、幸せだ!

と心から思う人になれる気がします。

自分らしく幸せに生きる大人が子どもたちの憧れとなり、「目標」となるのではないでしょうか。

〜線上歩行!?〜

モンテッソーリ教育の活動の中に「線上歩行」というのがあります。

教室の2×3メートルほどの空間に、幅5cmくらいの白いビニールテープで円が描かれており、綱渡りのように両足を交互に進めていきます。平衡を保てるようになると、手や頭の上にあえて不安定なものを載せて歩くことに挑戦します。

このような練習を毎日続けることは子どもにとって楽しいばかりでなく、体の平衡感覚を身につけ、不注意から怪我をしたり事故にあったりすることから身を守ることにつながります。

モンテッソーリ子どもの家で3年を過ごした息子も、「線上歩行」が好きで、真剣な表情でいつまでもやっていました。最後まで線を外さないで歩けた時の得意げな顔は忘れられません。

線を見つけるとその上を歩きたくなる子どもの習性はまさに、モンテッソーリの言うところの「自然からの宿題」なのだと思います。

つい最近、コマーシャルで使われ、見るたびおかしくて、

「そうそう」

と頷いた場面。

子どもというのは道路の白線や路肩に敷かれた縁石の上をわざわざ選んでバランスをとって歩く習性がある、というもの。

自分にだって覚えがある。お転婆だった私は親が見たら卒倒しそうな場所を選んでいたもの。

昭和の杉並区。

住宅街を流れる神田川には、両岸に架かる無数の一本橋がありました。幅は片足でやっと乗れるほど。

急に懐かしくなって調べてみると、「切梁」と言って、鋼矢板を打ち込みコンクリートで固められた橋で、土圧で土手が崩壊しないように支えるものだそうです。

今でこそ、整備されて撤去されましたが、当時は神田川というと大雨のたびに氾濫していたから(高井戸と浜田山の間のあたり)水深もそれなりにあり、流れも速かったように思います。

そんな危険な場所の幅10cmにも満たない「切梁」が格好の遊び場だったのです。

まさに究極の「線上歩行」。長さは8メートルほどだったと記憶します。

当時をスマホジくんで再現!

小学校低学年の頃でしょうか。やんちゃ仲間と一緒にこの「切梁」をなんどもなんども行ったり来たりしてスリルを味わって満足していたのです。

「危ないからここでは遊んではいけません」

という札は全く効き目なし。

「それが面白いんじゃん!」

てな感じでした。

両親にとって、三人兄弟の真ん中の私は眼中にないから、そんな危険な悪いことをしていたとは知らず終い。

この曲芸はバランス感覚を身につけるのに大変有効ですから、親の目を盗んで犯したことには大きな大きな意味があります。

危険を顧みずスリルを追い求めたあの時代。あの頃があって唯一の取り柄、運動神経の良さが育まれました。何にも活用されていないけれど、奇跡的に命を取り留めた経験はそのおかげかも知れません。

加齢による足腰の衰えを感じるこの頃、なるべく体を動かすようにしています。

「線上歩行」も、流行りのバランスボールと同じようにインナーマッスルを鍛えてくれるかも。