どの子も一緒に遊べる?インクルージブ公園🌷

ハード面でユニバーサルデザインが進んでも

心のバリアフリーが進まないと

せっかくの合理的配慮も

絵に描いた餅

になってしまいます。

昨今、障害のある子もない子も一緒に遊べる

「インクルージブ」公園

「ユニバーサルデザイン」公園が

都内に続々と作られています。

心のバリアフリーを実践するためにも

その媒体となる

物理的な改革、

公園でいえば

インクルージブな遊具への更新は必須ですから

この取り組みは画期的と言えます。

車椅子でも遊べる遊具

安全ベルトがついたブランコ

・・・・・

なるほど、

2006年のバリアフリー新法に基づき

園路の幅を車いすで通れるようにするなどの基準が作られたものの、

遊具自体に安全性についてのガイドラインがあるだけです。

遊具だけを配慮型に変えるだけでは

車椅子用のスロープが長すぎたり、急すぎたりして使いづらい、

駐車場から遠い、

などの課題はそのままです。

そんな中、

都は共生社会に向けて

「すべての子どもたちがともに遊び、

学ぶ機会を積極的に提供する」

という方針を打ち出し

インクルージブ&ユニバーサルな形を目指して

複数の公園で改修工事を始めたそうです。

しかし、

障害のある子もない子も一緒に楽しく生き生きと・・・

これを本気で願うのならば

公園に

ファシリテーターを配置するのはどうでしょうか。

”さあ、誰でも使えますよ”

と言われて

初めて会った子ども同士がすぐに打ち解けるはずはない。

そこに

指示したり仕切ったりするのではなく、

そう、ちょうどSHJのアーティストみたいに

程よい立ち位置で子どもたちを見守り

間に入って融合を目指す人として

UD公園ファシリテーターがいたらきっと

障害のある子もない子も一緒に楽しく生き生きと・・・

が実現できそうです。

さらに

子どもたちが遊具を使っているところを観察し

子どもや親の意見を聞きながら

さらに工夫が必要なところを見つけ

改善を提言する役目としてもその存在には意義があるのでは?

みんなで一緒により良い公園を作る実践者としても活躍できそう。

誰もが遊べる公園づくりに取り組む

http://www.minnanokoen.net 

「みーんなの公園プロジェクト」(岡山市)は

「当事者と対話しながらより良いものを目指して欲しい」

と。

もう一歩工夫して

公園での遊びのファシリテーター

いかがですか。

「ねむの木」村へいきました🌳

静岡県掛川市にある

「ねむの木学園」

を訪ねました。

女優 宮城まり子さんが

1973年に設立した肢体不自由児施設です。

様々な施設が作る一帯を「ねむの木村」と言って

広大な敷地に様々なコンセプトの建物が点在しています。

小さい頃、身体の不自由な人を見て

「かわいそう」

と言った我が子に

「かわいそう、ではないのよ。

みんな一生懸命に生きてるの」

と言ったお母さんの言葉が原点。

しかしお母さんは宮城まり子さんが12歳の時に

結核で亡くなってしまい

その言葉がいっそう心に刻まれたと。

女優を始めたのが15歳の頃。

華奢な身体のため

役は決まって子どもだったそうです。

ある作品で

脳性まひの子どもの役をすることになり

役づくりのために

脳性まひについて知ろうと

懸命に勉強したそうです。

母親が勉強していたマリア=モンテッソリーの感覚教育を

勉強しはじめたのもその頃だとか。

彼らの社会的な立場を知ることになり、

とくに当時は肢体不自由の子どもの中に

学校にさえ行っていない子がたくさんいることに心を痛めたといいます。

というのも

宮城さんが学校に行っていない子どもたちの存在に衝撃を受け、

なんとかしなければ

という使命感を強くした背景には

その頃、障がいの程度により

学校に行かなくてよいしくみ(就学猶予)があったのです。

また、家庭にめぐまれない身体障害のこどもには

学校教育と生活の場が与えられておらず、

法律も制度もないことを知り

「どのようなこどもにも、学ぶ権利があり義務がある」

という強い思いを抱き

施設を建てることを決心しました。

障害児教育の歴史を振り返ると、

1947 年に、教育基本法・学級教育法が決定され、

盲学校・聾学校への就学は義務化されましたが

肢体不自由養護学校の義務化は

遅れること30数年後の

1979年。

宮城まり子さんが

ねむの木学園を作ったのが1973年ですから

彼女の動きがこの義務化に

大きな力となったことは容易に想像がつきます。

設立を決めたあとは

資金調達に向けて

女優業の傍ら

チャリティで公演を重ねていきました。

このことは以前綴っています。

→2018/5/14投稿~ファンドレイズ・スーパースター列伝

「ねむの木」村には

ねむの木学園、

特別支援学校ねむの木と入所施設、

そして卒業生の生活する施設のほか、

子どもたちの作品が並ぶ

「ねむの木こども美術館」があります。

学校だからといって

教える

のではなく

限りなく子どもたちの湧き出る感性を大切にしている

学園の方針そのままに

自由に思うままに製作した数々の素晴らしい作品が並びます。

子どもの絵をもとにした木彫りのマスコット雪だるま(奥)とちびこ(手前)奥は美術館で買った作品の絵葉書

宮城まり子さん自身の作品や

こどもたちとふれあう写真等が混ざり合うように展示され

館内に「ねむの木のこどもたち」という

学園のこどもたちによる美しいコーラスのコンサートCDが流れていたりします。

宮城まり子さんが

いかに愛溢れるみんなのお母さんに徹しているか

それが彼女の生い立ちから自然体の生き方であり無私の心であること

何より、どんな子もたくさんの可能性を秘めているという信念

職員さんたちの彼女への敬いが根っこにあること

そんな空気が

ねむの木村全体に行き渡っているようでした。

余韻は持ち帰り、心を温めてくれています。

村にはさらに

あかしあ通りこどものお店という可愛らしい建物も点在しています。

こどものお店は

🌀雑貨屋さん

🌀毛糸屋さん

🌀お花屋さん

の3店。

ねむの木学園雑貨屋さん
ねむの木学園毛糸屋さん
ねむの木学園お花屋さん

時間によって子どもたちが店番をします。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

どこもここも愛に溢れていて

とても清らかな気持ちになりました。

全ては子どもたちのために

そしてそのためならどんな苦労も厭わない

そんな大きな働きの上でこのような素晴らしい

施設ができたのだということ。

瑣末なことは置いておいて

自分の決めた道をまっすぐに歩いて行っていいのだと

改めて背中を押してもらった

「ねむの木」村訪問でした。

   やさしくね やさしくね

   やさしいことはつよいのよ

       ー 宮城まり子 ー

次回は学校の様子

製作や音楽の様子を見にいきます。

教師にこそ働き方改革を!✏️

子どもにとっては一日のうちで

大半を過ごすのは学校。

教師が子どもと向き合う時間は

何より大事にされなければならない。

教科指導に加え

生徒個人の中で何が起こっているのか

集団の中で問題はないか

そこを注視し対応し

生徒、教員互いの学び合いを通して

信頼関係を深めていくことで

大切な学校での時間は意味あるものとなる。

さらに予期せぬ生徒指導や

保護者からの相談なども重要な部分だ。

しかし

最近特に増えているのが事務仕事。

長時間の残業を余儀なくされ

教員が疲弊し病気休暇をとるケースが続出している。

異常事態!

以前、教員が本来の業務に集中できるように

校務分掌等の事務担当制度があったらいい

と書きました。

→2018/11/26投稿〜学校に教員事務員を!

さらに

小学校では

英語指導、プログラミング指導

道徳教育

・・・・

また、

入学式、卒業式での起立&国歌斉唱を義務付けられたり・・

多岐にわたる業務や思想までも押し付けられる現場。

このような労働環境の低下を憂い

大学生が教職を避ける

強い傾向があるといいます。

教師の仕事が増え続けているというのに

財務省は少子化を理由に教師の数を減らそうとしています。

少子化が理由ではない。

教員の劣悪な労働環境を理由に教員を志望する人自体が激減しているのだ。

教育への予算を削る理由を少子化にこじつけているだけ。

すでに大学の運営交付金は毎年減り続けているし

教育学部のある大学では定員が減らされているという。

すべて少子化を理由にするなんて詭弁だ。

数の問題ではなく質の問題と考えれば

全くのお門違い。

日本の子どもの学力低下を憂う政府。

これはとりもなおさず、教育現場を担う教員が

本来的でない仕事に忙殺され疲弊しているからだ。

教師は楽しい仕事、やりがいのある素晴らしい仕事

でなければこれからの教育を担っていく人材も育たない。

国防費にかける膨大な予算を教育予算に回してほしい。

大学の教師養成へ、

残業代などの人件費等

教育現場への予算を増やすことの方が

国力を上げることになるのは自明のことだ。

そして

教師にこそ、働き方改革を!

・教師の数を増やして一人ひとりに目配りする余裕を

・クラス定員を20人に

・校務分掌事務員制度を導入し子どもとの時間を増やす

・教職員給与特別措置法による一律4%の調整額をやめ、残業代を払う

まだまだありそう。

教育とは、人間対人間のナマの営み。

決められたノルマを

決められた時間内に済ませる仕事ではない。

そこにこそ、時間をかける意味があり

教師としての最大のミッション

醍醐味がある。

事務作業に追われて

子どもと向き合う時間がない現状を

どうか変えていってほしい。

子どものために。

教師のために。

日本の未来のために。

〜笑顔の花〜

~長野県安曇野市に咲く「笑顔の花」~

長野地区設立を機に訪れたこども病院のすぐ近くで

患者家族滞在施設「笑顔の花」

の開設に力を注ぐ

一般社団法人笑顔の花 代表理事の

茅房栄美さんと出会うことができました。

文字通り、

笑顔の素敵な2児のママです。

茅房さんは妊娠中に

我が子の障がいが見つかり

治療のために長期の通院生活を余儀なくされました。

専門治療の受けられる県立こども病院へは片道100キロ。

往復200キロ車を飛ばしての通院と

入退院の連続という生活に

心も身体も疲弊していったといいます。

しかし子どものためには全てが待った無し。

産後もそのような生活が続き、

我が子の医療的ケア対応や

行政の無理解と闘いつつ感じたのは

産前産後の母子や遠方から入院する家族が

心身を休ませることのできる

長期滞在施設の設立でした。

支援を呼びかけながら形になりつつある

「笑顔の花」でのひと時は

これからのこの施設の発展と

ここで笑顔になるお母さん

ご家族の風景を思い描くことができました。

中央が茅房さん、向かって右から農業をしながら安曇野の素晴らしさを発信している(株)ワンズベストの小室博文さん、そして絵本 紙芝居作家 読み笑わせ家&SHJアーティストの保科琢音さん、育児セラピスト ドラムサークルファシリテーター&SHJ長野地区コーディネーターの小倉輝久さん(「笑顔の花」前にて)

医療の進歩により

助かる命が増えた一方、

重度の障がいとともに生きていく

子どもの数が急増しました。

もちろんかけがえのない命を救う

というのは医療の最大の使命であるかもしれません。

しかし出生後の生活

というところに

心を寄せているでしょうか・・・

手が行き届いているでしょうか・・・

受け皿のないまま社会に放り出される

重度障がいと生きる子どもや家族の現状を

世の中に問う

という使命感も

茅房さんの笑顔から

痛いほど感じることができました。

とにかく待った無しの現状を変える

そのためにどんな苦労もする

そんな意気込みが

安曇野の大自然の中で凛と咲く

大輪の花のようでした。

笑顔の花にご支援を!

一般社団法人 笑顔の花ブログ(寄付先もこちらにて)

       

〜アドボカシー制度〜

アドボカシー制度とは

前回綴った「子どもの意見表明権」

を保障するためのもので

その役割をするのがアドボケイト(代弁者)。

秘密厳守の約束をした上で

子どもの意見に徹底的に耳を傾け

何を望んでいるのか

関係機関に伝えるというものです。

そもそもアドボケイトとは

様々な理由によって自身の意思を表明するのが難しい

高齢者や障害者、子どもらが自身の思いを示せるよう支援し

その権利を代わりに主張するというもの。

今回ここで言うアドボカシー制度とは

虐待を受けてSOSを発している子どもが見過ごされないように

弱い立場の子どもの思いや希望をくみ取り、

対応を誤らないためのものです。

子どものアドボケイトは英国やカナダなどで公的な制度として導入されています。

アドボカシー制度に詳しい熊本学園大学の堀正嗣教授によると

「女性や障害者の権利は当事者が声をあげて認められることも多いが、子どもは事実上無権利状態」

「アドボケイトは完全に子どもの側に立って、むしろ子どもの後ろに立って、子どもの声を応援するような立場」

と言います。

参考:東京新聞記事「アドボカシー制度」日本でも動き

前回綴ったように

日本では支配・被支配の関係を親や教師から強いられがちで

「大人が保護し子どもは従う」という文化は根強い。

今年1月に千葉県野田市で起こった小学4年生の女児の虐待死事件は印象に強く残ります。

女児は親から暴力を受けている事実を学校に伝え助けを求めたが

学校も教育委員会も児童相談所も女児の訴えを軽んじ、

彼女は自宅へ戻され殺されてしまったという経緯。

女児は勇気を持って声を上げたのに、

大人の事情にその声はかき消されてしまった。

なんとも理不尽で

同じ大人として女児に謝りたい気持ちになります。

この事件が

アドボカシー制度の導入へと大きく国を動かしました。

三重県など試験的に制度を導入したところもあります。

この動きが活発になり、

大人の論理で物事が動く社会の中で、

大人が弱い子どもの立場を理解し

子どもが意思を表出できるように。

大人が弱者に対し、

知識や地位、親権などを振りかざすことのないように。

今後、子どもの権利が

最大限守られ

子ども自らが行使できるように

変わっていきますように。

自分の意見を尊重されて育った子どもは、

相手の意見を尊重するし

大人になったら子どもの意見を尊重するようになる。

長い目で見て良い循環ができます。

日本では児童虐待相談対応件数が年々増え、

2017年度は13万件を超えたといいます。

アドボカシーの必要性は喫緊!