〜「目標」ってなんだろう?〜

「あなたの人生の目標は?」

「1学期の目標をきめましょう」

「一年の計は元旦にあり」

折に触れ答えを迫られるのが

「目標」。

目標を決めると行動に移りやすい。

とは言っても目標を決めるってなかなか難しいもの。 

本来、いろいろな経験をしながら方向性を見いだしていくものだと思います。

私自身、目標を掲げて達成した!と自慢できることが1つもありません。

現在、NPOを作って軌道に乗せることができたのも、多くの人に出会ってたくさんの気づきがあった結果に過ぎません。

「目標を立てる」という行為そのものに縛られて身動きがとれなくなる、ということも考えられます。

昨今、アクティブラーニング(能動的学習)という言葉が学校教育の場で使われるようになりました。

何を学ぶかという目的を見つけるためのアクティブラーニングか、

定めた目標に向かって行うアクティブラーニングか。

まず目標を決めて、となるとアクティブラーニングという考えかた自体に無理が生じるように思います。

学校では節目節目に目標を決めることを生徒に求めます。

忙しい学校現場で、国が定めた学習指導要領(指導内容)をこなすために目の前の課題に追われれば、子どもたちを追い立てることになります。

そんな中、締め切りまでに目標を決めなさいと言われても、子どもたちは、目標を決める行為自体に「追い立てられ」ることにならないでしょうか。

締め切りに間に合うように決めさせられた、という思いが残り、失敗したときに誰かのせいにすることになるかもしれません。

以前フィンランドの教育について書きました。

7/12投稿 フィンランドの教育

何を学ぶかは、様々なフィールドワークを経て興味や関心を通して自分で決めます。

教師は国が定めるコアカリキュラムの中で自由に授業をデザインできます。

子どもは、失敗を決して恥ずかしいことと捉えずにそこから学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。だから子どもの幸福度世界2位というのもうなずけます。

主体性を持って成長すれば、決まったカリキュラムなどない社会へ出たときに失敗も糧にしながら試行錯誤して目標を決めることができる。主体的に決めるから責任感や自信に裏付けられ、成熟した人間に成長できる気がします。

目標を決めないと動けないということになると、目標設定そのものが、まず動いてみることの弊害になるともいえそうです。

自由で伸びやかに成長する中で出会う「こんな大人になりたい」という湧き出るような憧れ。

それが主体性の源となり、目標に向かって行動するようになれば一番ナチュラルだと思います。

子ども時代に信頼され、自由を保障され、ゆっくりと「なりたい自分」を探すことができたら、

ああ、幸せだ!

と心から思う人になれる気がします。

自分らしく幸せに生きる大人が子どもたちの憧れとなり、「目標」となるのではないでしょうか。

〜子どもが教えてくれたこと〜

気持ちを同じくして映画製作をした女性がいることに深い感動を覚えました。

まず映画のタイトルがこのブログ名とそっくりなのに惹かれてついポスターを手に取り、食い入るように端から端まで読んでみました。

病気と闘う子どもたちの生活を通して、「毎日が愛おしい」作者の思いを作品にしています。

フランスの脚本家・映画監督アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンさんが手がけたドキュメンタリー映画は、五人の病気の子どもたちの日常を通し「生きること」とは?をテーマにしています。

自身の娘を病気で亡くした経験があり、発症からの日々を綴った「濡れた砂の上の小さな足跡」(講談社刊)がベストセラーになり、映画化したというもの。

ジュリアンさんに会って話をしてみたい!

教員時代からずっと、闘病する子どもたちの明るさ、優しさ、潔さ、包容力にこころを動かされ、勇気をもらっています。

「今、この時」を精一杯生きることの大切さを教えてくれる彼ら。

「過去を振り返るのではなく、未来を予測するわけでもなく、ただ目の前にある、ありのままの日常、そしてその瞬間を。彼らのおかげで、人生を恐れず、どんな状況であろうと今ある人生を愛せるようになった気がしています。      

監督 アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン」

明日何が起こるかわからない。

この考えは決して悲観ではない。

事実。

だから与えられた時間は皆平等。

それぞれの生き方で思いっきり今日を生きよう。

「一日一生」

今を、今日いちにちを精一杯生きることが生きていることに応える唯一のあり方

普段から胸に刻む私の生き方です。

子どもが教えてくれたこと

6月よりシネスイッチ銀座にてロードショー

〜線上歩行!?〜

モンテッソーリ教育の活動の中に「線上歩行」というのがあります。

教室の2×3メートルほどの空間に、幅5cmくらいの白いビニールテープで円が描かれており、綱渡りのように両足を交互に進めていきます。平衡を保てるようになると、手や頭の上にあえて不安定なものを載せて歩くことに挑戦します。

このような練習を毎日続けることは子どもにとって楽しいばかりでなく、体の平衡感覚を身につけ、不注意から怪我をしたり事故にあったりすることから身を守ることにつながります。

モンテッソーリ子どもの家で3年を過ごした息子も、「線上歩行」が好きで、真剣な表情でいつまでもやっていました。最後まで線を外さないで歩けた時の得意げな顔は忘れられません。

線を見つけるとその上を歩きたくなる子どもの習性はまさに、モンテッソーリの言うところの「自然からの宿題」なのだと思います。

つい最近、コマーシャルで使われ、見るたびおかしくて、

「そうそう」

と頷いた場面。

子どもというのは道路の白線や路肩に敷かれた縁石の上をわざわざ選んでバランスをとって歩く習性がある、というもの。

自分にだって覚えがある。お転婆だった私は親が見たら卒倒しそうな場所を選んでいたもの。

昭和の杉並区。

住宅街を流れる神田川には、両岸に架かる無数の一本橋がありました。幅は片足でやっと乗れるほど。

急に懐かしくなって調べてみると、「切梁」と言って、鋼矢板を打ち込みコンクリートで固められた橋で、土圧で土手が崩壊しないように支えるものだそうです。

今でこそ、整備されて撤去されましたが、当時は神田川というと大雨のたびに氾濫していたから(高井戸と浜田山の間のあたり)水深もそれなりにあり、流れも速かったように思います。

そんな危険な場所の幅10cmにも満たない「切梁」が格好の遊び場だったのです。

まさに究極の「線上歩行」。長さは8メートルほどだったと記憶します。

当時をスマホジくんで再現!

小学校低学年の頃でしょうか。やんちゃ仲間と一緒にこの「切梁」をなんどもなんども行ったり来たりしてスリルを味わって満足していたのです。

「危ないからここでは遊んではいけません」

という札は全く効き目なし。

「それが面白いんじゃん!」

てな感じでした。

両親にとって、三人兄弟の真ん中の私は眼中にないから、そんな危険な悪いことをしていたとは知らず終い。

この曲芸はバランス感覚を身につけるのに大変有効ですから、親の目を盗んで犯したことには大きな大きな意味があります。

危険を顧みずスリルを追い求めたあの時代。あの頃があって唯一の取り柄、運動神経の良さが育まれました。何にも活用されていないけれど、奇跡的に命を取り留めた経験はそのおかげかも知れません。

加齢による足腰の衰えを感じるこの頃、なるべく体を動かすようにしています。

「線上歩行」も、流行りのバランスボールと同じようにインナーマッスルを鍛えてくれるかも。

〜重心施設での一コマ〜

専門家から見ても新しい発見がある・・

日々関わる立場でも、子どもの変化にハッとする・・

子どもの可能性は無限です。

改めてそれに気づかせてくれた重心施設での活動に対する職員さんのコメント。

🌀初めてスマイリングホスピタルジャパンの大道芸を見せていただけることになった時、子どもたちに伝わるだろうかという不安とどんな反応をしてくれるだろうかとワクワクした気持ちで当日を迎えました。子どもたちのだいすきな音楽やバルーンアートを見せてもらい、職員側が考えているよりも活動に集中して参加できる子どもが多く、新たな子どもたちの一面を見ることができました。

🌀重症心身障がい児は、一般的に意思表出の読み取りに時間を要すると言われます。しかし音楽の力はそれを飛び越え、今回もまた子どもたちに心踊る体験をもたらしてくれたと思います。笑顔溢れる表情や普段とは異なる身体の動きがそれを証明しており、子どもも大人も気持ちが通じる時間を持てたと感じることができました。

活動中に、

「こんな表情はなかなか出ないんですよ」

「よく見てますね」

「今日はいつもと違う笑顔だ」

などと教えてくれる介護士さんや保育士さん。

高揚感を引き出すような情操活動は、どんな子どもにもものすごいインパクトがあります。

反対に、つまらないものには退屈さをあらわにし、

子どもだましでごまかされないぞ、と大人に喚起してくれます。

だから子どもたちにこそ、質の高い芸術を届けたいもの。

学びの場面で媒体となる環境づくりや教具教材の追究も然り。

それらを通して、大人も子どもの可能性や能力に気づき、わくわくする学びが得られます。

重心の子どもたちが気づかせてくれること、それは命の輝き。

そして、ここにいるよ、学びたいよ、というメッセージ。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 

〜スマホジくん誕生!〜

スマイリングホスピタルジャパンのホームページトップ画面に、ちょこんと座っている棒人間。

楽器やクラフト材料、絵の具や絵本を散らかして、いたずらっぽくニコニコと。

このイラスト、私が趣味で描いてみたもの。

HPのデザインを一新するにあたり、写真などの素材がない中、「こんな感じにしたい」というイメージを膨らませて仕上げました。

今では、「やっぱり活動中の写真や、何より子どもの笑顔の写真が欲しいよね」

という声もあり、今年中には再度HPのデザインを変えるつもり。

それにしてもこのイラストはなかなかの評判で、

「このイラストを描いたイラストレーターさんに、団体のパンフレットの挿絵を描いてもらいたい」

などと問い合わせをもらったりで、

「おおっ、なんちゃってアーティスト返上か!」

と飛び上がるほど嬉しかったもの。

しかし、

「実はこれ、私が描いたんです・・」

と聞いた次の瞬間、相手はうろたえたように、

「ああ、そうなんですか。すごいですね!プロの方ではないんですね・・」

ということになり、話はお蔵入り。

応用が利かないのでそれはそれで助かった!

さてこの人物に勝手にスマホジと命名していたところ、あるイベントでバルーンアーティスト瞳さんが風船でこのスマホジくんを作ってくれました。

風船のプクプクした感じがあまり可愛くて、写真を撮ってとっておいたところ、スタッフがトリミングをして出来上がったのがこの公式!?スマホジくん。

スマイリング

スピタル

ャパン

の頭文字をとって名付けられたキャラクター。

しばらくは事務所でニコニコしてるど、やがてしぼみ、次のイベントでまた瞳さんが作ってくれるというパターンが定着しつつあります。

改めて、

スマイリングホスピタルジャパン公式キャラクター

スマホジくん

よろしくお願いします!

*この場を借りて、スタッフの皆さん(トリミング担当者以外)にお詫び

・・代表が勝手なことをしてゴメンなさい!・・

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)