〜マニュアルが命を奪う〜

難病「先天性筋ジストロフィー」の生徒、通学バス内で死亡。通報まで16分「教員の力量不足」

5/17 に宮城県の特別支援学校で起こった痛ましい事故。

校長は、

「教員の力量不足だった。もっと短い時間で通報できるよう取り組みたい」と話してる。

ここで疑問と怒りがこみ上げる。

本当に

「教員の力量不足」

が原因なのか。

事故の経緯を追ってみます。

・通学バスに同乗する保安員が、生徒の顔色が優れないことに気付く

・呼びかけても反応が悪いため学校に連絡した

・16分後に学校から119番通報の指示

・保安員が119番通報

・救急車が到着した8時50分には心肺停止状態

この生徒は学校で1日3回の痰の吸引の医療的ケアを受け

10年間問題なくバス通学していた。

だから窒息を想像できなかったという学校の釈明が続く。

ここで大前提としての疑問が湧きます。

特別支援学校の機能が果たせているか。

医療的ケアを必要とする生徒に

いつ なんどき なに

が起こるかわからないという緊張感はどこへ。

そして一番の疑問は

保安員が直接119番通報する選択肢はなかったのか

または、連絡を受けた学校職員がすぐに119番通報する選択肢はなかったのか

ということ。

学校での16分が無駄なのだ。

大きな組織の中で

然るべき担当者を通す

トップダウンの意思決定構造

それを徹底させるための

マニュアル。

このマニュアルに従ったために時間がかかり

重大な事故を引き起こしたのではないのか。

だとしたら安心安全のために作ったツールが皮肉な結果を招いてしまったことになる。

このマニュアルの存在が16分の無駄につながったとしたら・・・。

組織の規則やマニュアルが合理化を狙うあまり思考不要の文化を生む。

マニュアルに縛られ

マニュアルの文言に従って

まるで機械のように動く

立場に見合ったマニュアル通りの業務を淡々とこなす。

その結果

正義感や直観

行動する勇気を

阻む。

今動けば、という想像力や良心が

「マニュアル通りに動け・・」

という社会の中で自分を苦しめる。

それならばと

感じること、考えることをやめる。

思考停止が

命の重みにさえも鈍感になる。

さらに思う。

命と向き合う現場で

気づいた人がすぐに必要な行動(この場合119番通報)に出れば

責任追及や責任逃れも無くなるのではないか。

「教員の力量不足だった。もっと短い時間で通報できるよう取り組みたい」

犯人探ししてマニュアル修正?

何とも歯がゆい。

 

〜アートで子どもが変わるとき〜

何だろう・・・。

あれ、どこからかギターの音色が聴こえてきたよ。

「こんにちは。スマイリングホスピタルジャパンです。

ギターと歌を聴いてね」

アーティストが病室に入ってきました。

今日はオトイロクレヨンの久末冴子さんと平原謙吾さんの日。

看護師さんに

「聴こうね〜」

とベッド上に座らされた2歳くらいの男の子。

「何だろう」

ポカンと固まっています。

見たことない人が病室に入ってきたので少し緊張したのかな。

不思議そうにアーティストを見ています。

しばらくは表情を変えずに聴き入っていました。

多分この子も聞いたことがある

♪ はらぺこあおむし。

歌う人

読む人によって全然違うから

同じお話でも何度聞いても新鮮です。

絵本をめくりながらの冴子さんの声は

とっても生き生きしていて

とにかく明るい。

そして深くて胸に染み入ります。

調子の良いギターのストロークが

歌声に寄り添うかのように優しく

病室全体を包み込みます。

そんな様子につられたのでしょう。

愉快な、でもどこかゆったりとした調べに

心も身体もほぐれ、

そのうち手を動かし

ベビーチェアのテーブルを叩き出し

身体もゆらゆらと揺らし始めました。

その表情はすっかり和らいで

身体全体がリラックスしていました。

退屈な入院生活、ワクワクや興奮が必要。

アートの可能性を感じます。

♬ ♪  ♫ ♬ ♪  ♫

外国の方の入院も多いこの病院。

とある病室に入ると

まさに今入院し説明をお母さんと一緒に受けているところで

言葉の壁も少しあるのでしょう、

とても不安そうにしていました。

アーティストの歌や演奏など

耳に入らない、といった様子でしたが

しばらくしてふと見ると

酔いしれているかのように

身体を揺らしてリズム感よく音楽に乗っています。

入院したその日にベッド上で演奏が聴ける!

アートによって

入院のイメージが変わるかもしれません。

別の病室。

3年生くらいの男の子。

お母さんと何やらゲーム中かな。おしゃべりかな。

「こんにちは。音楽聴いてくれるかな?」

え?何?

興味ない!

といった風に背中を向けていましたが

忍たま乱太郎

ドラえもん

などなど

とてもポップで楽しげな歌声が

聴こえてくるほどに

だんだんと正面を向いてくれるようになりました。

溌剌とした明るい歌声に引き込まれたようです。

知っている歌がキラッと瞳を輝かせました。

この少年もしまいにはキラキラの笑顔を見せてくれました。

アートは感動をくれ心をウキウキさせてくれます。

♬ ♪  ♫ ♬ ♪  ♫

アーティストによる報告書のコメントです。

病気と闘いながらのお子さんたち。

1分1秒でも笑顔の時間を増やせば、少しはいろんな痛みから離れる事ができる。

笑顔を増やすその近道は、一緒にその場を楽しむこと。

アーティストがいるだけで、普段の病棟を明るくする事ができる。

お子さんだけではなくて、

親御さんや病院のスタッフの皆さんにとっても楽しんでいただける時間にできればと思う。

アーティストは活動中に子どもの変化に気づき、活動を通して学びます。

子どもの変化が嬉しくて活動をより良いものにしていこうと向上心を持ち続けます。

子どもが本来持っている感性や柔軟性。

入院生活に埋もれさせてはならない。

アーティストの力があれば

感性や柔軟性という宝物を失うことなく引き出し

伸ばすことができるのです。

活動中に子どもが変わるとき

それはアーティストの学びと喜びのとき。

オトイロクレヨンFacebook

Smiling Hospital Japan Official Website

〜不適切な指導〜

「ばかやろう」

「殺すぞ」

と怒鳴る。

ものを投げつける。

日常的に暴力を振るう。

・・・・

これらは

生徒への教員による

不適切な指導

行き過ぎた指導

と呼ばれます。

同じやり方で我が子をしつけたら、

不適切なしつけ?

行き過ぎたしつけ?

とはいわず、

明らかに

虐待

であり、

親は

児童虐待防止法違反や暴行罪、

傷害罪、強要罪

で逮捕される可能性があるほどの罪。

何か問題があると

「不適切な~~」

というタイトルがつくこと自体に違和感を感じます。

不適切=適切でない

暴力は適切でないどころか

犯罪ですよ!

どこか加害者をかばう

要らない思いやり

を感じてしまいます。

特に教師と生徒

親と子

のような

力のあるものと非力なものとの関係において起こる事象に関して。

虐待を受けて自宅で死亡した小4女児(千葉県野田市)の事件についていえば、秘密だと言いながら助けを求めたアンケートを加害者の父親に渡すという

非力な行為どころか

子どもを守る立場が行なった愚行により

最悪の事態を招いたのです。

・・・・・

弱い立場である子どもが

大切にされないのは

大人自身が非力だからです。

非力だから

非を「不適切」などという文学に

変えたりするのでしょう。

・・・・・

何れにせよ、

不適切な指導や

虐待が主な理由であろう自死が

10~14歳の子どもの死因で1位であること。

-2017年厚生労働省による人口動態統計による-

近年日本で自殺者が減っている中、

この年代の子供たちの人数が増えている。

しかも少子化の時代に!

子供の孤独度が世界一、という恐ろしい事実がこの実態を表しています。

国連の関連団体が発表する

各国の幸福度ランキングも参考になります。

日本は156カ国中58位。

昨年からさらに4つ順位を下げました。

OECD経済協力開発機構の調べによると、

加盟国36カ国中32位と

特に先進国の中で幸福度が低い現状が浮き彫り。

もはや先進国なのか・・。

経済力と心の満足度がアンバランスな状態=

競争社会の中で人間が人間らしく幸せに生きることができない図

見事と言っていいほど、

OECDの打ち出す順位に現れています。

大人が社会生活の中でストレスを抱え

精神的な余裕がないことが

不適切な

行き過ぎた態度

という結果に出てしまうのでしょうか。

立場や知識を振りかざす大人に対して

子どもは圧倒的に非力。

そんな相手に

「殺すぞ」

「ばかやろう」

などと怒鳴る・・。

自分を貶めているだけだと感じます。

恥ずかしい大人に対して

子どもは心の中で馬鹿にしながらも

身の安全のために

従順に振る舞わなくてはならない。

性的虐待

暴行

差別

など現場での被害者の心理構造は皆同じです。

👨 👩 👴 👵 👦

まず不適切な指導!をしてしまう教員は

自分の行いを俯瞰してみてほしい。

その醜さに気づき、

子どもを怒鳴る前に

自分を省みてほしい。

子どもは見透かしていますよ。

かわいそうな大人・・と。

大人がもっと本当の大人になりましょうよ。

〜病棟のシンボルツリー〜

入院中の子どもと叶えるプロジェクト

病棟の白い壁を明るくポップに変えよう!

クラウドファンディングで共感と支援を集めて実施したウォールステッカーは、SHJの理念全てを実現するものでした。

・この活動に興味を持ち参加したい、と思って自分からプレルームにやって来ること。

・塗り絵を選ぶこと、色を選ぶこと。

・自分なりのデザインを加えること。

これらは主体的な活動に繋がります。→→参加型活動

・ベッドサイドで制作する子はアーティストを独り占めできる

自分だけのための個別の時間です。→→個別活動

・プロのアーティストというファシリテーターのもと、

・ダイナミックなアートに没頭し、

・オリジナルのアイデアを駆使すること。

これらによって、創造力や感性を呼び覚まします。→→本物のアート

・ステッカー作りと貼る作業含めて3回連続の積み上げる活動

(さらに翌月は別のアーテイストがやってくる!)であること。

単発のイベントとは違う継続性がある→→定期活動

さらに完成した作品を並べてみんなで見合ったり

感想を話したりすることは

コミュニケーションの機会を作ります。

子供達が笑顔になり、お母さん、お父さんも子供の笑顔にホッとして・・

そんな家族の表情に子供も安心する・・。

このサイクルをみた保育士さんもこの活動の意義を実感し

プレイルームやベッドサイドは子どもたち主体の空間となります。

ここまではいつもの活動で毎回みられるスマイリング効果です。

しかしそこに、

「患者・家族」と「医療者」との

隔たりが生じてしまうのは否めない事実でした。

やむを得ないことです。

多忙な医療者に参加を呼びかける訳にもいかないからです。

治療優先だけど楽しい時間も必要。終わったら安静にね。

と言って業務に戻っていく看護師さん、お医者さん。

この雰囲気は子どもたちに自由と安心をプレゼントします。

治療の合間に夢中になれるアート時間があれば

闘病への力になるという観点で言えば、

これでも十分なのかもしれません。

しかしそこへ病棟のみんなが参加し、その結果(作品)がいつもの生活の中に溶け込む今回の試みは

さらに良質なスマイリング効果を生み、

病棟の理想像をイメージさせてくれました。

✔︎子どもが自分を誇らしく思い、孤独感を払拭する

自分が取り組み完成したものが集団生活の場を飾っているというのは、自信を失いがちな入院生活に自分自身を誇らしく思う気持ちを芽生えさせます。

たくさんの人が見てくれる得意な気持ちは達成感を生むでしょう。

並んだ作品の中に自分のものが一緒にあれば、仲間意識のようなものが芽生え、寂しさが払拭されます。

✔︎医療者と患者という分断がなくなる

病棟を明るくしようという1つの目的に向かってみんなで取り組むから一体感が生まれます。

同じ空間に身を置く仲間として、互いを知りいい関係でいられるようになります。

✔︎意図していなくても生まれてしまう上下関係を取り払う

子どもたちの作品がいつでも目にとまる環境では、医療者が子どもたちの一番大切な側面、豊かな感性やクリエイティビティに気づき意識し、これまで以上に患者を敬うことにつながります。

✔︎医療者の癒しや励みになる

子どもたちやお母さんたちが楽しむだけでなく、病棟の医療スタッフは、緊張の連続の中、廊下を歩けば子どもたちの作品に癒されます。

✔︎より豊かなコミュニケーションが生まれる

みんなで参加し完成させたアートが作るみんなの生活空間で、共通の話題が生まれ希薄になりがちな人間関係が深まっていきます。

✔︎病棟の中心的な癒しの空間ができる

みんなが自然に足を止め集まるシンボルツリー出現

子ども対象の取り組みですので、当然、子どもにスポットを当てた活動です。

しかし、医療者の心理を意識して空間づくりをすることは、患者である子どもたちに大きな影響を及ぼすのです。

まずお医者さんが笑っていると子どもたちは安心します。

楽しい!と感じる文化的な活動が定期的にあることで、

医療者が治療する立場で子どもたちを支えることに専念できるのが

SHJの意義の1つでもありますが、

実際の作品を、活動中たまたま通りかかって目にするというのとは違って

業務の最中にいつでも見られる、というのは医師にとって大きな喜びです。

医療へのモチベーションも高まるかもしれません。

🌳 🌳 🌳 🌳 🌳

小児病棟にいる医療者は例外なく子どもが大好きです。

大好きな子どもに元気になってほしくて頑張っているのに、

かえって子どもたちを泣かせてしまうことになるお医者さんですが、

このような活動があるから笑顔もたくさん見られる、

だから医師としても医療を頑張れる、

子どもたちが頑張っているのだから。

実際お医者さんたちの笑顔が増えているように思います。

”SHJの活動はなくてはならないもの”

と思っていただいている手応えを感じます。

今回のもう一つの派生効果は、

✔︎現場スタッフとSHJスタッフの関係が深まる

ということ。

一緒になってああでもない、こうでもないと

子どものよりより生活空間作りに夢中になった事前打ち合わせで感じたことです。

関わる人が一丸となって治療中の子どもの生きる喜びとトータルな成長を一番に願って

取り組んだ、言わば

「病棟リノベーション」

いろんな意味で大成功でした。

担当のアーティストMariさんに感謝

病棟スタッフに感謝

支援してくださった方たちに感謝

そして

子どもたちに感謝!!

他の病院で「うちでも!」という声があれば飛んでいきます!

Smiling Hospital Japan Official Website

“小児病棟の白い壁を明るくポップに”!Before & After

クラウドファンディング達成につき実施した

子どもたちと叶えるプロジェクト

「病棟の白い壁をステッカーアートで明るくポップに!」

Before & Afterをレポートします。

色を選んで塗る楽しみ・・

自分だけのデザインを施す喜び、

仕上げにイニシャルを入れる達成感。

ステッカーに加工されるのを待つワクワク、

そしていよいよ自分のアートを病棟の壁に貼るドキドキ!

子どもたち、SHJスタッフ、アシスタントボランティア、病棟保育士さんやお医者さんも一緒に賑やかに、

“これはここ”

“それはもう少し上”

“これは少し右ね・・”

“それはもうちょっと左のほうがいい”

などとワイワイ言いながら貼っていきました。

仕上がるほどに患者さん家族も病棟スタッフも集まり歓声をあげました。

1 病棟の入り口扉は海中をイメージ

これは保育士さんによるアイデアです。

この病棟の入り口はガラス扉なので

外からも内側からも見ることができます。

ここに子どもたちやお母さんたち、

そして保育士さんたちが自由に塗りデザインした

たくさんの魚を貼ります。

開くたびにガラスが重なるから、海藻の間を魚が泳ぎ回るかのように見える仕組みです。

ここなら病棟の外からも見えるので、退院して外来の時に見に来ることもできます。

2 プレイルームの外廊下は愉快な街

色とりどりの不思議な建物の隙間に何か隠れている・・

この絵はアーティストが壁画にしたもの。

アートを鑑賞するだけでなく、

その作品に参加するワクワクが加わります。

3 無菌室へ向かう廊下の天井を明るく楽しく

病棟スタッフのたっての希望です。

小児がんで入院する子どもが少なくないこの病棟。

治療を受けながら病室で過ごし、骨髄移植が決まったら無菌室へ移動します。ストレッチャーに乗って無菌室へ運ばれる、そんなときに、目に入るのは白くて所々しみついたような天井だけでした。

あ、あそこに何か隠れている・・。

あ、ここに未確認飛行物体が!

貼るのは病棟スタッフにお任せしました。

4 無菌室外に大きな木!

子どもたちに最大限に寄り添う医長さんの強い希望です。

無菌室では、いつも以上に身体的自由を制限され長く孤独

に感じる時間です。そんな場所で辛い移植を頑張った

自分を讃える言葉や、これから移植を受ける子へのエールを

果物形ステッカーに書いて木に貼り足していきます。

5 大きな壁には太陽降り注ぐ草原の絵!

病棟が一気に明るくなりました。

そのほか、

術後ゆっくりじっくりと回復を待つための部屋には、

パステル調の色で優しい動物の絵をモチーフにしたステッカーを貼ります。

これら全て、SHJアーティストプロデュースによる

子どもたち、お母さん、

病棟スタッフのコラボレーション。

全国の病院に広げていきたいプロジェクトです。

12/26投稿「クラウドファンディング成功、ありがとうございます」

2/2投稿「病棟の白い壁をポップに変えようプロジェクト進行中!」

4/6投稿「小児病棟の壁を明るくポップに!貼るワークショップ」

Art by SHJ イラストレーターMari manabe

Smiling Hospital Japan Official Website