SHJヒストリー34〜そして沖縄へ!〜

2012年5月に神奈川ではじまり、その後、東京、宮城、京都、大阪で。

さらに北海道、静岡、愛知、広島、兵庫、福岡へと広がったSHJ。

今年は茨城、そしてついに国内最南端の沖縄地区が宮古島で設立となりました。

宮古新報による沖縄地区設立紹介の記事 アーティストのコメントが最高です。中央は地区コーディネータの神原夫妻。

活動する病院、施設の数は現在合わせて44。登録方法、活動の形態や報告の仕方はそれぞれがちがっていて、各地区のコーディネータが工夫して運営しています。雰囲気や患者さんたちへの向き合い方もそれぞれで、戸惑いながらも勉強になります。

病棟に入ることができるのは基本保護者のみだから、病院と団体がいかに信頼関係を築くかというのも大きな鍵。

個人でボランティアをさせてください、と言ってもなかなか入れないのはそのためで、「まずはスマイリングホスピタルジャパンに登録してください」と案内してくれる病院もあったり。

そんなこんなで、現在活動しているアーティストは130を超えました。

たった6年弱でどうやってここまで広げたの?

とよく聞かれるけれど、はじめた張本人としても、

自然と・・。

としか言いようがないくらい、無理してアーティストを誘ったわけでも病院に営業したわけでもない。

この団体を設立に駆り立てた何かが、いざ活動が始まると勢いを増した、という感じ。それもやっぱりごく自然と。

趣旨に賛同する人が後を絶たない草の根の支えが基本にあります。

そして支援してくれる団体や企業も。

そんな方達に見守られ続けることで継続発展がある。

実際の活動は、地区をまとめるコーディネータのちから、そしてアシスタントの存在がなくては全く無理。

その上で、アーティストがアーティストを呼び、アーティスト一人ひとりの素晴らしいプログラムが実績となり活動場所が増えました。

もちろん紆余曲折はありました。

残念ながら撤退した病院や地区もあり、わずかながらアーティストやコーディネータを辞めた人も。苦い思い出も悔しい無理解も屈辱も、そして理不尽な思いもすべて糧にできたかな、と今だから言える。

困難と向き合う子どもたちに教えてもらったたくさんのことは、かけがえのない宝もの。

それさえあれば、転んでも転んでも前を向いていけそうな気がします。

これから出会う子どもたちやお母さんたちからも、心ふるえるような感動や気づきをいただきながら、今後スマイリングホスピタルジャパンがどんな風に成長していくのか、ワクワクします。

さらに高め合える人がもっと増えたら未来はさらに輝くにちがいない。

スマイリングをもっと盛り上げながら自らも成長したいと思う人、こんなやり方どう?とアドバイスしてくれる人をどんどん巻き込みたい。

全国に広がった今、改めて関わってくださる方達へ感謝し、草の根の活動を大切に、そして開かれたNPOでありたいと思います。

Smiling Hospital Japan Official Website

SHJヒストリー33~どうやって広がったの?~

HPができてしばらくしすると、「お問い合わせ」フォームを使ってコンタクトをくれる人が少しずつ増えてきました。

「HPを見て、何か協力できないかと思いました。」

と連絡をくれたドラムサークルファシリテータの三原典子さんドラムサークル研究所

ドラムサークルとはその名の通り、参加者が輪になって打楽器を即興で演奏するというもの。楽譜はなく、各自が好きなリズムで自由に音を出していく中でつくられる、一期一会のセッション。そのサポートをするのがドラムサークルファシリテーター。

 SHJの活動はとてもいいからどんどん広げなきゃ・・。全国の支部のうちSHJの趣旨に賛同してくれる仲間がきっといると、数人のファシリテーターに声をかけてくれました。

ドラムサークルファシリテータ三原典子さん   いつもたくさんの打楽器と移動
神奈川県立こども医療センターでドラムサークル!

その結果、4名のドラムサークルファシリテータが名乗りを上げ、SHJ地区コーディネータ、そしてSHJアーティストとして活躍しています。

アーティストのようにテーマを持って生活をしている人のネットワークに驚くとともに、彼らのパッションがどんどん背中を押してくれました。

そのほか、HPを見て、FBを見て、友人に聞いて、新聞記事を見て・・

それからラジオで知って、テレビで見ました・・。

こうやってSHJを好きになって自分も関わりたいと思う人があちこちで生まれる。

そんな人が仲間に声をかける。アーティストがアーティストを呼び、

そしてその中にはコーディネータとして地区をまとめたいという人も現れて・・。

こんな循環がゆっくりと確実に出来上がっていきました。

いろんな人が1つのミッションのために繋がって集まって、それぞれが知恵をしぼる。

1年に1度開催する全国研修交流会では、各地区がどんな風に活動してるかを確かめ合い、うんと盛り上がります。

それぞれの持ち場へ新しいアイデアを持って帰って、どんどんバージョンアップする。

このパターンが繰り返されることによって、活動の質がぐんぐん上がって発展していく。

専門のアートについてはプロだけど、医療に関しては素人。わからないことはわからないといい、知恵をもらう、みんな謙虚で柔軟だ。

アーティストもアシスタントも事務局ボランティアもみんなSHJにかかわっていることに幸せを感じてくれている実感が持てるようになりました。

代表として、○○地区は~のことで悩んでたけどどうなったかな、とか新しい病院の話があったけど・・、とか、アーティストの♡♡さんが体調を崩していたけど回復したかな、など。

全国のみんなに思いを巡らせながら全体像を確かめる。コーディネータにメールしたり、電話したり・・。

子どもたちや家族からのアンケートや感想を読んではニンマリ。

時々入れる病院への電話はちょっと緊張するけどこれも楽しい仕事。

よし、みんながHappyなことを確かめたら、さらに前進。

子どもも家族も病院も、アーティストもアシスタントも、

事務局ボランティアも誰もがhappy。

だからこれからももっと広がります!

Smiling Hospital Japan Official Website

SHJヒストリー32 〜当事者性と客観性〜

必死の思いで立ち上げ、ホッとした頃、ふとある思いにとらわれた。

難病や障がいを持つ子ども支援というけれど、自分はどれほど彼らのそして家族の思いや実態を知っているというのだろう。当事者でもなく、ただ院内学級の教師をしていたというだけ。

なるほど・・。

朝起きてから夕飯の近づく時間まで一緒の時間を過ごす場合もあった。

職員室を抜け出し、病室の子どもたちといろんな話をしたし、相談に乗ってもらったことさえある。

AYA世代の生徒などは、複雑な胸のうちを明かしてくれることもあった。

生徒と教師、そんな当たり前の関係ではなく、彼らといると何も知らない幼な子のように素直になれて、教えて!とばかりに彼らのひとことひとことを宝箱にしまう自分がいた。

そして母親たちとの交流もたくさんあった。

でもそんなこと、私が勝手に思ってるだけ。

ひっそりと咲く美しい小さな命、人知れず闘う幼い勇士たちをもっともっと輝かせたい、広い世界にいざないたい、そんな思いを抑えきれずに立ち上げたNPO。

しかし・・・。

所詮、彼らの気持ちに、家族の苦労や自分を責めさえしてしまう母親の思いに、100%寄り添えるはずもない。

こんな団体やってていいのかな。何もわかってないくせに、自己満足?

支援してます、寄り添ってますって、笑っちゃうな・・。

・・・・・

そんな時、前年にお子さんを亡くされたある母親から連絡があった。

HPを見て趣旨に賛同、私の始めた仕事に協力したいと。

そうだ、わかってるつもりにさえなれない当事者の思いを、たくさん教えてもらおう。いえ、体験者が団体にいてくれるだけでいい。

団体にとって一番欠けていたもの・・当事者性。

客観性と言ってはあまりにものめり込んでいるけど当事者にはなれない・・そんな立場と、苦労を実体験した立場。

辛い思い出を抱えながら、扉を叩いてくれた。

深い共感を得て一歩踏み出してくれた。

もしかしたら現場でふと苦しみが蘇ってしまうかもしれない、そんなことを言葉にするのも失礼だと承知で敢えて聞いてみる。

だからやりたいんです!

きっと寄り添える、経験を活かしながらそれができるのはスマイリングなんだ。

と。

そして立ち止まらずに前に進みたい。

やっと見つけたんです。

と話す姿を前に、涙が溢れそうだった記憶がある。

あ、この団体をやっていていいんだ。子どもたちの、家族の力になっているんだ、と初めて認められたような気持ちになり、

逆説的だけど、胸のつかえが取れた瞬間だった。

その頃から団体としてぐっと厚みが増したような気がしている。

当事者性と客観性。

運営する立場としての冷静さと活動への情熱が一つに。

Smiling Hospital Japan Official Website

SHJヒストリー31~3年前の3行日記・続き~

たとえたった3行の走り書きでも子ども達の様子が生き生きと伝わってくるのは、感動をいっぱいに浴びていたからかな、と思います。

そんなメモからはお母様の感想もしっかりキャッチしていた熱心さも伝わります。

我ながら毎回のアシスト頑張ってきたな~と。

必ず一緒に参加するご家族もいたり、お母様だけの参加もあったり。

メモから・・。

子どもがお昼寝してしまうと「チャンス!」とばかりにクラフトに精を出すお母様もたくさん。付き添いに疲れているお母様にはひとときの気分転換が必要だ。

「こんな間近で本格的な演奏。入院もしてみるものだね」という感想をくださったお母様。

閉め切った扉の中での個室コンサートでは、涙を流しながら鑑賞してくださるお母様・・。

入院中はじめてピアノに触れ、ブルースのリズム伴奏に合わせてノリノリの男の子、音楽に目覚めた瞬間!。

好きなアーティストが来ると他の子の個室訪問に椅子を持って“おっかけ”、各病室の外でピアノ演奏と歌を楽しむ男の子。

気持ちが沈んで立ち上がることも拒否していた幼児さん。音楽の演奏を聴いているうちにベッドの柵につかまって膝を屈伸しながらいつのまにかリズムをとりはじめ、医療者をびっくりさせた!。

簡単なマジックを教わって「練習して退院したら友達に見せるんだ!」と張り切る子どもたち。

将来の夢を聞いて実現した時の姿を描いたり、好きな色や遊びなどをじっくり聞き取って似顔絵に仕立てるアーティストの様子に、親御さんは「そこまで我が子を理解しようとしていなかった。はっとして涙が出た」と。

ひとつひとつのエピソードが宝物です。

お母様たちにとっても、活動中のふれあいがちょとした気分転換になっているようです。

今日も、3行メモを見ながら、自分がアシストした時の活動を懐かしく思い出してみました。

病院数も増え、関東では現在各病院に担当のアシスタントが付いてくれています。

現場のスタッフとアーティスト、子どもたちをつなぐ大切な存在。

賛同してくれる仲間はかけがえのない大切な宝です。

バタバタのあの頃から今に続いている。

共感して集まってくれるたくさんの人たちへの感謝、改めて感じます。

3行日記、つけててよかった!

Smiling Hospital Japan Official Website

 SHJヒストリー30 ~3年前の3行日記から~

活動を始めて2年後の2014年2月に叶った念願のウォールペイントのモチーフは、子どもたちが大好きな動物。

今でも何とはなしに・・気付くと触ってる・・そんな子どもを見かけます。

触ってる? そう、見るだけじゃなく触れるアートです。

毛並みや鼻の頭のツルツルした感じをペンキと筆で立体的に描き、見ても触っても楽しめる工夫がされています。さすがアーティスト!

その頃は病院ごとの担当アシスタントはおらず、松本が全ての活動をアシストしていました。

記録はアシストごとの3行日記。

事務所を整理していたら出てきた、出てきた手書きのメモ。

いくつか書き出します。

マラカスやシェーカー、太鼓などを子どもたちに配り、一斉に大きな音を出して演奏を楽しんだ。叩く、振る、それだけで笑顔になり、コミュニケーションが生まれたようだ。

好きな歌を競うようにリクエストして、めいっぱい大きな声を出して合唱する場面は大にぎわい。

版画ワークは木槌で力を込めて叩いて版を作る。ものすごい音だけど子どもたちは夢中。医療者の邪魔になっていないか気になったが、特に気にせず仕事に没頭している。ほっとした。

廃材を使ったクラフト。日常よく見る素材、知らなかったその不思議さにワクワクしている様子。

手作りワークショプ。いいの?というような目で保育士さんを見る。返ってきた笑顔にホッとして、思いっきり手を汚して創造力を爆発させている。

・・・

まだまだエピソードはありますが、次回綴ることにして。

これらはすべて病棟内プレイルームで行なう活動で、医療スタッフの理解なしでは実施不可能です。それどころか、こどもたちが楽しんでいるかぎり、子どもたちの様子をうれしそうに見守ってくれている。治療や処置をなるべく後回しにして、楽しい時間を優先する医療者の方々には感謝するばかりです。そこにはなんとなしに一体感や共感が存在しているようです。これまで積み重ねてきたことが、病院との信頼関係に繋がったことを実感します。気兼ねなく発散できる雰囲気は、閉鎖的な空間で生活するこどもたちにとって、思いっきり音を出し、創造力を駆り立て夢中になれる、貴重な時間です。

 「子どもたちとアーティストたちはすっかり打ち解けて、一緒にわいわい賑やか。その様子を温かく見守る医療スタッフがいる。騒音も待つことも平気。時には医師や看護師さんたちも仕事の手を休めて活動に参加」

これがいつもの風景となり、今に続いています。

みんなで作り出すアートの時間が各病院でかけがえのないものになりました。

Smiling Hospital Japan Official Website