事務所のある浜田山で素敵なチョコレートショップオープン!🍫

その名も”QUON CHOCOLATE

平凡な商店街にひときわオーラを放ち
QUONのこだわりなどがおしゃれにディスプレイされています

運営するのは

一般社団法人ラバルカグループ(愛知県豊橋市)。

たまたま友人が持ってきてくれたチョコがQUON。

「有名店が荻窪にもできて買ってきました」

と。

チョコレートが苦手な私は

有名店と聞いても、

そうなんだ・・・

と思うくらいでしたが

いざ箱を開けた瞬間

不覚にもワクワクときめきました。

一枚一枚個装になっている板チョコには

大好きなドライフルーツや

ナッツ類がふんだんに混ぜ込まれていて

一口でトリコに!。

すると私の思いを知ってか知らぬか(知るはずない)

数日もしないうちに

浜田山店がオープンしたのです。

あえてブログでこのチョコレートショップを

紹介したくなった理由は、

1 チョコレートが苦手なのにここのだけは繰り返し食べたくなる

2 障がいのある方が作り販売している風景がこんなに身近に!とワクワクした

3 お店の外も中もとてもお洒落で居心地がいい

4 パッケージに入っていたショップ紹介のメモにあるコンセプトに惹かれた

5 サイトをさらに見ると創業者の哲学が素晴らしい

20種類の板チョコは好きに選べます
バリエーション豊かなチョコレート菓子。工房の活気も伝わってきます。
左はこれから試したいケーキのようなチョコ。プレゼントにしよう!

🍫  🍫  🍫  🍫  🍫

「センスある社会を作る!」

そんなミッションを掲げる創業者夏目さんの哲学をここで紹介。

センスある社会とは?

それは誰もが輝きながら生きていくことができる社会のこと。

どんな人に対してでも、暮らし方、生き方に多様な選択肢が存在する社会のこと。

誰もがその暮らしを、豊かで面白い!と感じることができる社会のこと。

人が持つ属性や環境によって、その人の生き方や暮らし方に制限がかけられる社会は、その在り様として、ナンセンスだと思っています。

自身を「不幸」だと思ってしまう社会は、

その在り様として、ナンセンスだと思っています。

この国、この社会が、次なる進化と発展を遂げるためには、

経済主義の視点を持ちながらも、

常に多様な視点を併せ持ち、

その多様性を「面白い」と受け容れて行くことができる器の大きさと寛容な価値観が必要です。

我々ラバルカは、

障害福祉という切り口を通して、

障害ある彼らが、常にかっこよく輝き続け、

その家族も含め「暮らし難い」と思うことのない社会を創ることで、

センスある社会とは何か!を具現化していきたいと考えています。

彼らは決して単なる弱者ではない。

単なる社会貢献の一対象者ではない。

彼らと共に、次なる成熟社会を創っていく。

それが、ラバルカのミッションロードです。

QUONチョコレートサイトより –

夏目さんが事業を始めた動機は

「障害者の全国平均月給(工賃)1万円」という現状に衝撃を受けたこと。

障害者雇用の促進と低工賃からの脱却を目的に

2003年 『花園パン工房ラ・バルカ』第1号店を

豊橋市花園商店街で開業。

知的障害をもつ3名の女性スタッフと共にスタートしました。

単なる「障害者のパン屋さん」ではなく、

「顧客意識をもち、働き、稼ぎ、自立する」

ということを前面に打ち出したメッセージ店舗として展開。

2004年 『2号店となるメロンパン専門店を開設』

2005年 『NPO法人格を取得 デイサービスセンター実践的就労支援事業所開設』

旧授産施設(就労支援系事業)がまだ社会福祉法人にしか許可されていない時代に、

日本ではじめてデイサービスの制度を活用した就労支援事業をNPO法人で実施。

現在の法制度のモデル事例に。

そして今から5年前の2014年に

「久遠チョコレート事業」を立ち上げ、わずか5年で全国33拠点に拡大。

「全ての人々がかっこよく輝ける社会」を目標に、様々な企業へ経営参画し企業連携・事業開発に取り組みながら障害者の雇用、就労促進を図っているのだそうです。

実は浜田山というところは

井の頭線沿線でも人気の住宅地で

街ゆく人はどこかセレブで澄ました感じ・・。

(浜田山にお住いの方、ごめんなさい。例外もここにいます)

住みやすさは抜群なのですが反面、

そんなお高い感じの雰囲気に違和感を感じて久しい。

しかしそんな地で

社会の歪みや格差に目を向け

誰もが暮らしやすい世の中にしようという地道な取り組みを

多様性の中に溶け込ませようとするQUONチョコレートのコンセプトが

駅前の小さなお店で繰り広げられていると思うと

幸せな気持ちになるのです。

会ってみたいな、夏目さん。

低賃金で働く障害者への共感が背中を押したのだと思います。

何かすごいことを始め、多くの人を巻き込み

成長を続ける地味に熱い人。

その共感の瞬間について

もっともっと知りたい。

夏目浩次さんブログ「工賃10倍増計画」

誰もが支援する側される側-2-

交通事故による

硬膜外(脳の髄膜の外層)血腫

肋骨多発性骨折と血気胸

により生死の境を彷徨ったあと

奇跡的に生還したことを思い返す時があります。

命が助かったことにまずは感謝するも

だんだんと自分の存在価値に疑問を持つようになり

ただただ、周りに迷惑をかけているだけなのではないか

と、自分の非力さを腹立たしくさえ思っていた時のことを。

まして

人の役に立つなどということは

自分には縁のないことだし

発想としてまずなかった

というのが正直なところです。

他人の力なしでは何もできない自分を

歯がゆさと卑屈さ

そして空虚な気持ちが襲い続けました。

だから病気になって入院している子どもが

一番辛いはずの自分を脇に置いて

家族に対する申し訳ない気持ちや

我慢しなくてはならない気持ちが

自然身についてしまうこと

とてもよくわかります。

それは自分を責めるだけではなく

やり場のない怒りや諦めという負の連鎖を作ります。

大人ならともかく

成長期にある子どもが

自分を責めたり

誰のせいでもないのに

人に迷惑をかけているなどと思ってしまうことは

心に深く大きな傷を負わせてしまうことになり

人格形成という大切な過程に置いて

あってはならないことだし

その後の人生や幸福感を大きく左右するでしょう。

一般病棟に移ってしばらくしてからのこと。

4人部屋の向かいに外国人が入院してきました。

日本語はほとんどできないので通訳をお願いしたい・・・

症状や病名などの専門用語は医学英語辞典を見ればわかるけれど

実際、どうやって使ったらいいか、勉強中なんです・・・

私が事故前に翻訳をしていたことを

どこからか聞きつけた看護師さんが

困った顔をしながらベッドサイドにやってきて

そう言いました。

身体中に新鮮な何かが一巡したような瞬間でした。

カーテンが開かれ

ジュリアという女性を紹介されました。

入院当日、家族一緒にベッド周りを整えているところでした。

「ヨロシクオネガイシマス」

とにこやかに日本語を話してくれました。

新鮮な何かと一緒に、

今度は気持ちがググッと前を向かせるような空気の流れを感じたのです。

それからはカーテンを開けている時間が長くなりました。

挨拶やちょっとした会話を通して

どんなことが必要かな・・と

考えることを始め

なんとか動く左手を動かし

体調を表す簡単な単語集や

容態の聞き方会話リスト作りに

がぜん張り切ったものでした。

主体的に動くことを身体が思い出したのです。

2週間もするとジュリアは退院となりましたが

取り残されたという感じは全くありませんでした。

それどころか

お礼にと手渡された

サンパギータ(フィリピンの国花 ジャスミンの一種)の花柄の寝衣と一緒に

胸がスッキリするような清々しい気持ちをプレゼントしてくれました。

もう会うこともない一期一会でしたが

失った何かを見つけてくれた

そんな貴重な出会いでした。

今でもキラキラ光るジュリアの瞳を思い出します。

その辺りから

そうか、自分にも役に立てることがある

と少しずつ俯いた気持ちを抜け出し

あ、私生きてる・・・

という実感を持てるようになりました。

人は誰かの役に立つことを生きがいにする場合が多いもの。

それだけに

支援される立場に追いやられると

そこから抜け出す気力がどんどん失せてしまう

しかしなんでもいい、一旦

自分にできることに気づいた瞬間から

目の前の世界が一変するのです。

自分はいつも誰かに世話をしてもらいながら

回復のために

決められた検査や治療やリハビリを受ける身。

つまり、支援される立場。

でもいつも支えてくれている看護師さんを

まだまだ入院の続く力無い自分でも

助けることができる。

支援するだけの立場でなく

困ったことがあれば支援される立場に。

支援される立場と決めてかかっていたはずの側が

実は人を助けることができる。

こんな経験から

こどもたちも

入院している弱者というレッテルを

貼られる必要もなければ

まして

自ら貼る必要は全くないと言い切れます。

命と向き合って生きるその姿が

訪れるボランティアたちに

一番大切なことを教えてくれているし

それぞれ一人一人が抱えている何かに

大きなヒントを与えてくれている。

病や障がいと闘う子どもたちへ。

その頑張りをたくさんのひとに伝え

たくさんの人を救う力になっていることを忘れないでください。

逆に力をくれるから私たちボランティアは病棟を

繰り返し訪問させてもらっています。

痛くても辛くても

芸術を通して今を目一杯楽しむ力があること

それが困難に向き合う力になることを信じながら。

なぜ自分が・・

と一旦は悔しく思った時代が

いつの日か大きな力となって

人生を切り開いていってくれますように

と願いながら。

誰もが支援する側であり

支援される側。

互いを支え合うことも

誰かに支えてもらったことを今度は別の人にお返しすることだってできる。

👦 👦 👦 👦 👦

子どもに役割のある病院があります。

→2017/9/1投稿〜ガチャポンのある小児病棟

闘病しながらもどこかみんな生き生きとした小児病棟。どこの病院でも実践してほしい・・・。

誰もが支援する側される側-1-

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

小児病棟のお母さんへおせち配達🍶

私が今の活動を始める前に

教員として病院に勤務しながら

「母親代行雑用ボランティア」

をひとりこっそりと行なっていたことがあります。

→ 2017/9/4 投稿「~母親向け雑用代行ボランティア~

・入院する子どもの側から離れることができない

・子どもの身の回りのものの買い出し

・医師からの子どもの病気や治療の説明

・兄弟のために一旦帰宅&家事

お母さんの日常は

多忙さと心配と不安で

気持ちも体も休まる時はありません。

「自分がしっかりしなくては・・」

という気持ちが自分を追い込んでしまうことも。

そんなお母さんたちのために何かできないだろうかと考えるうち

授業が終わって会議以外は病棟にいる方が多かった私は

お母さんとのおしゃべりの時に気づいき

私でできることをやろうと決めました。

オムツ買い出しをはじめとした買い物代行が主。

賛同者を集めてボランティアグループを作ろうと

プランを立てていたほど熱がこもっていたものです。

そのうち対象家族が退院になったり

自分も他の病院に異動になったりして

このボランテイア活動は消滅してしまいましたが、

その後子どもたちの日常の中での

別の気づきから行き着いたのが

「難病や障がいと闘う子どもたちと家族へ

芸術活動を通して日常を豊かにする活動」

でした。

さて、

お母さんたちの食事について思い返します。

最初に勤務した病院は食べ物の持ち込みがOKだったので

子どもが病院食を食べる間

コンビニ弁当やおにぎり、調理パンなどを

ベッドサイドで「一緒に食べる」ことができました。

または、

「どうぜ全部食べきれないから」

と子どもが残したもので済ませるお母さんもいました。

一旦帰宅する途中で

空腹を満たすために

ささっと慌ただしく口に入れることも。

いずれも毎日のことでは

野菜不足になり栄養が偏ってしまうし

体力不足も心配でした。

そんな家族を食事面で支援する団体があります。

キープ・ママ・スマイリング

病棟に食事の提供をするとなると

衛生面で難しく

安全性に配慮して缶詰を思いついたといいます。

入院中の子どもの付き添い経験のある母親たちがNPOを発足し

野菜たっぷりの手作り料理を缶詰にし

全国の小児病棟を対象に無償で配る取り組みをしていています。

季節を感じられるような心遣いも。

今年はおせち料理も届けたと知り、

スタッフのご苦労と当事者への寄り添いに

深い敬意を持ちます。

先日投稿の

もぐもぐタイム」反対派としては

食は心と体の元気の源と言いたい。

子どもが元気になるために親も元気に。

この取り組み、全国に広がりますように!

キープ・ママ・スマイリング ホームページ

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

ボランティアマインド🎈

いよいよ今年はオリンピック・パラリンピック。

しかし昨年暮れから引きずっている

釈然としないことは

まさに

オリパラ教育。

その目的は、

・ボランティアマインド

・障害者理解

・スポーツ志向

・日本人としての誇り

・豊かな国際感覚

の5つの資質を育むとともに

共生・共助社会の実現を目指し、

「平和でより良い世界の構築に貢献する」

(東京都教育委員会サイトより)

というものですが、そのうちの一つ

「ボランティアマインド」の資質を育む

というところが

他のところに負けず劣らずストン!と来ないのです。

ボランティアというのは強制されるものではないのに

都内公立中学校と高校に

ボランティアが定数割り当てられ

実質半強制的なボランティア参加が求められている

この事実が平然とあることに

大きな疑問を未だ払拭することができずにいます。

2001年7月の学校教育法改正で

「ボランティアなど社会奉仕体験活動の充実に努める」

と規定されました。

ボランティアが奉仕活動の例ということで示されました。

奉仕活動=ボランティア

ではない、このことがごっちゃになっているから

主体的な奉仕活動でなくてもボランティアという名の下に

募る?ことになります。

子供たちが学校の活動の一環で

歩道や海岸などでゴミ拾いをする場合、

これは「奉仕活動」であり、ボランティア活動ではありません。

また、学校の宿題で老人ホームに行き、

高齢者の世話を行うのは奉仕ですが、

これもボランティア活動ではありません。

ボランティア活動が宿題というのはあり得ない矛盾なのです。

主体的ではなく学校の指示により行うゴミ拾いも然り。

要するに

自発的な社会貢献がボランティア。

自発的かどうかを問わずあくまでも他の人や社会のために尽くすことは

奉仕活動なのです。

ですから、

生徒にオリパラ教育として

ボランティア参加を求める

のではなく

ボランティア参加を募る

という方が正解です。

強制的にさせるのなら

ボランティア参加

ではなく

奉仕活動

というべきです。

だとすれば

オリパラ教育とボランティアマインドは結びつかないのです。

ではどうしたらボランティアマインドを

培うことができるのでしょうか。

自分から動く

自分から何かを変えたいと思う

そんな気持ちが

ボランティアや

生涯のライフワークを見つける指針になるはずです。

困っている人がいたら助けたい

環境に負荷のかからない商品を開発したい

好きなことや得意なことを生かして人を幸せにしたい

など

社会ってどういうものでどんな課題があるのか

どんな世界があるのかを知る

その上で自分の活かせる現場を見つけ

湧き出る気持ち(使命感)を生かすことで

自分も充実し

社会も変えていける

そんな希望に溢れた教育をすることが

まさしく

ボランティアマインドの育成に繋がるのではないでしょうか。

さて今年も変わらず

ボランティア精神あふれるパワーと

愛情いっぱいの

200名近いアーティストたちと一緒に

小児病棟を

もっともっと変えていきます!

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

UDタクシー 誰のため、何のため⁉️🚕

 障害者の利用を前提に作られた

ユニバーサルデザインタクシー。

ボディは濃紺

文字は白反転

パラリンピックのエンブレムが

浮き出ていて

とても目立ちます。

障害のある方が容易に見つけられるように

とのためにこのデザインなのだな、

と納得したものです。

しかし壁となるものが

これほどたくさんあるとは

思いつきませんでした。

その1 歩道と車道の間の障壁

    =段差 植え込み ガードレール

    結果、タクシーを呼び止める場所がない

その2 腕の高さ

    =車椅子に乗っている

    =障害で腕が上がらない

    結果、手をあげてタクシーを捕まえようとしても

    手の高さが低くなり気づいてもらえない。

その3 運転手の意識

    =乗せ方がわからない

    =電動は重量オーバー

    結果、運転手の意識の低さ露呈&

    余裕がなく、乗せたくない。

体重含めて規定の200キロ以内だと主張して渋々⁉︎ 乗車が認められた、

タクシーを探し始めて1時間20分経ち、やっと乗れた

という話が新聞記事に載っていました。

UD型は国と自治体から補助金が出るため

買い替え時期に合わせて一気に導入が進んだそうです。

政府は2020に合わせて作った行動計画で

「共生社会に踏み出す一歩にしたい」と打ち出し、

1台350万円のうち1台につき補助100万というケースもあり

これから44000台の普及を目指すといいます。

これほどの税金を使っておいて

障害者が恩恵を受けられない実態・・・。

電話で予約しても3割が拒否され

停留所で待っても逃げられるケース続出!

という実態(障害者団体DPI日本会議調べ)・・・。

国交省によれば

車椅子利用者を正当な理由なく断ることは道路運送法違反とし、

DPIの調査をもとに事業者に改善を促したといいますが、

その後の実態は定かではありません。

疲れている時

体調が悪く職場を早退するとき

荷物が多すぎて途方にくれる時

そんな時タクシーはありがたいもの。

でも運転手さん、

もっともっと困難な人がいます。

どうか寄り添ってはもらえないでしょうか。

障害者に無関心な市民の実像を反映、

とはDPI事務局長の感想。

そんな言われ方されたくないですよね。

タクシーの運転手さんには

誰もがいつだって

自分もその立場になり得るということを

日頃の業務での障害者対応を通して

身を以て代弁する立場になってほしいと思います。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook