〜世界の哲学者に人生相談〜

悪い劣等感は他者との比較から生まれる。良い劣等感は理想の自分から生まれる。                 アドラー

NHK Eテレのこの番組は、「プチ哲」が趣味の私にはとても魅力的なプログラムです。

劣等感・・

この響きは、常に付きまとう黒い影のようでもあります。

いっぽう、

あの人は頭が良くていいなあ・・とか、

足が長くて羨ましい・・とか、

そういった思いは、

特定の他者に対してのうっとりとした憧れ。

よくあることで、それ以上でもそれ以下でもなくさらっとしたもの。すぐに忘れてしまう感情です。

アドラーによれば、他者との比較から生まれる劣等感は悪い劣等感なのだそうで。

「他者に対する劣等感」というと、特定の相手に嫉妬とか焼きもちとかがドロドロと心の底に渦巻いていそうで、なんだか怖い。その人の不幸や失脚を望んだりすることになったとしたら、これは全く負の感情でしかないからやっぱり悪い劣等感か・・。

反面、劣等感が原動力となり、ライバル意識を持って切磋琢磨するのであれば、それは他者との比較だけど成長への肥料になるような気もします。

私などは、

もっと頭が良かったらなあ(勉強しておけば良かった)

歌がうまかったらなあ(途中で諦めたせいかもしれない)

落ち着きのある性格だったらなあ(慌てんぼうの性格は生まれつきだから仕方ない)

などというのが自分の劣等感としてあります。

でも特定の他者と比較して自分はダメだ・・などという深刻なものでもなく、()内の反省の通り、全部自分のせいだとわかってる。

頭が良くて歌がうまくて落ち着いて行動ができて・・これは理想の自分。

劣等感情を並べることによって、一体自分はどうなりたいのかを整理することができました。なるほど、良い劣等感。

だけど、なんだか漠然とした目標があるだけで、「良い劣等感」をバネに自分を成長させるというより、ダラダラとなんとなく頑張るという感じだなあ。

Q. その先、あなたは具体的には何をしたいの?

A.・・・何になりたいのかまでは特に~。

Q. 頭が良くなって何に生かすの?

Q. 歌がうまくなって歌手になるの?

A. え~ちょっと待ってよ、そこまでは決めてないけど、とにかく頭が良かったら今の様な苦労はしないし、歌がうまかったらかっこいいから~。

ってなトコで成長への勢いなし。

理想の自分への劣等感を生ぬるい、と感じるのは怠け者の私だけかな。

悪い劣等感は他者との比較から生まれる

劣等感を抱く他者を「目標」と捉えれば、決してマイナスの感情ではない様な気もする。ゴールが明瞭でスッキリします。

アドラーさん、どうでしょうか。

*アルフレッド・アドラー(1870~1937)  オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。1911年、個人心理学(アドラー心理学)を創始。

〜かんてんぱぱ〜

梅雨に突入したにもかかわらず、山へ川へと気持ちが急いて安曇野&伊那へ。

雨の中安曇野堀金道の駅でいつものように車中泊して目覚めると土曜日は晴天。

迷わず来て良かった!

今回はオートキャンプ場の下見のために山の中を安曇野から伊那へとドライブ。

と、鬱蒼と茂る木々の間から忽然と姿を現したのは、広大な楽しげなスポット。

その名も、

「かんてんぱぱガーデン」

長野県伊那市にある伊那食品工業株式会社が「お客様も社員も快適に過ごせるように」との願いを込めて駒ヶ根につくった庭園です。

かんてんぱぱといえば、寒天ゼリーの素と、それに付随する商品のブランド名。子育ての頃に、ワイワイ子ども達と作ったのを懐かしく思い出しながら、ガーデンを散策。

なんと3万坪の敷地内に2つのレストランとそば処、それに美術館、健康パビリオン、試食コーナー充実のかんてんぱぱショップ・・。

社員自ら手入れや管理を行っています。誰もが笑顔で楽しそうに働いていることにまず感動。そんな私の印象に応えるようにレストラン脇の販売コーナーにちょこんと置かれた塚越社長著の「年輪経営」を発見。生き生きしている企業であるためのエッセンスがこの中にあるのでは?と思わず手にとりました。

会計ではつい店員さんに、

「みなさん本当に生き生きと働いていて素敵ですね」と話しかけ、

食事と本の支払いをしようとすると、

「そうなんです。社員は全員この社長の本を読んでいて」

と嬉しそうに話していたのを見て、やっぱり!

働く側の幸せを願って、そしてそれが叶ってこそお客さんが商品やサービスに満足し、ハッピーになる・・創業者の理念はスマイリングと全く同じ考え方です。

ワクワクして嬉しくてたまらない!

「誰もが幸せになるNPO」→7/16日投稿ブログ

「誰もが支援する側される側」

という運営方針をかがげるSHJ。

メンバーが一堂に会する全国研修会でも開会の挨拶で確認させてもらったのが、

「みなさん、スマイリングの一員としてHappyですか?」と。

ほぼ!?全員が元気良く手を挙げていました。

とかくボランテイア活動は無私、奉仕の精神でというのがイメージ。しかし、「世のため人のために動いている」ということのみで得られる満足感というのはそう長くは続きません。そもそも、活動する者がつまらなそう、辛そうにしていたら相手も周りの人も気をつかうだけ、ありがたみ半減。ありがた迷惑でさえあるかもしれません。

多くのボランテイア団体が「ボランティアが定着しない、すぐにやめてしまう」という悩みを抱えると聞きます。その理由はこんなところに潜んでいるのかもしれません。

自分を捨てる必要なんて全くない。やりがいや楽しさ、学びあってこその社会活動だと思うのです。まず活動者自身が楽しく、そして活動により得るものがあり満足できなくては決して長続きはしません。ただし、言うまでもないことですが、自己満足に陥ってしまっては本末転倒です。

企業や団体がうまく回り多くの支援者に恵まれるための基本は同じ。実はとてもシンプルです。何を提供するのかと同じくらい大切なのが携わる人&受ける人の幸福度にあります。

犬も歩けば棒(幸運)にあたる・・

動けば必ず共感やヒント、インスピレーションを与えてくれる何かに出会える、

その実感をさらに強くした1泊2日の旅でした。

「年輪経営」これから読むのが楽しみです。

感想はおいおい書いていきます。

 〜素敵な「心」の話〜

朗読家の川島さんが、ボランティア活動に行く途中である小学生に助けられたことについて、川島さんのアシスタントが小学校に感謝を込めてお手紙を代筆したことを昨日知りました。

その小学生は通っている小学校の6年生であることのみ、名前もわからないまま別れてしまったため、たった一つの手がかりである学校へ手紙を書こうと、川島さんに提案したそうです。

この少女の温かい気持ちと行動力、そしてその時川島さんがとても助けられ幸せな気持ちになったこと、これだけでも心温まる出来事です。

しかしその上アシスタントの提案により綴られた手紙の内容が学校のお便りで紹介され、心ある行為を同じ小学校の生徒たち、先生たちに知ってもらうことができた、それを知った人の中には自分も!という気持ちを持った人も多かったのではないかと思います。

さらにそれぞれの家庭で話題になっただろうと思うと、たった一人の少女の勇気が多くの人の心にぽっと一つ明かりを灯した気がします。もっとも、この女の子には勇気なんかなくたって当たり前にした行為だったでしょう。でも、

「あの人、困ってるかも知れない」

と思っても行動に移すとなると、やはり「勇気」というものが必要なもの。特に小学校高学年ともなるとだんだん照れが出てしまうかもしれません。

そんな素敵な「心」の話を、小学校のお便りからここに引用させていただきます。

この間、私は、慣れない道を歩いていました。この道は時たま歩くのですが、一人の時は心細くなってしまうのです。細い一本道です。まっすぐ歩いていけば、そのまま駅へと繋がることはわかっているのです。でも、点字ブロックは無いし、横断歩道には音の信号機はありません。車道を自転車はひっきりなしに通っていますが、歩道には人はほとんど通らず、自転車が時たますり抜けていくだけです。

実は私は少し前に電柱にぶつかり、怪我をしてしまいました。それでぶつかっても怪我にならないように帽子をかぶり、さらに念を入れて日傘までさして歩いていたのです。

そんな私が、不安そうに歩いているように見えたのでしょう。

「私、高井戸駅の近くまで行きますけど」と声をかけてくれた女の子がいました。一度、自転車で私を通り越して、心配してわざわざ戻ってきてくれたようです。

「一人だったらびゅーんって行けるのに、ごめんなさいね」

自転車を押す女の子のハンドルをもたせてもらい、一緒に歩きながら会話が始まりました。

「大丈夫です。私、今、暇ですから」

と明るい声が返ってきます。

彼女は小学校の6年生、ちょうど春休みなのだと言います。私は一緒に歩いてもらえるので安心して日傘を閉じながら、

「これはぶつかっても怪我しないための対策なの」

と言い訳みたいなことを言ってしまいました。

その子は少し感心したように、

「へえ、工夫ですね」

と言ってくれました。そんな風に言われてちょっと照れてしまいました。

この道は歩く人がほとんど通らないから、とても心細かったこと、信号もわからないし、声をかけてもらえて本当に嬉しかったことを伝えると、

「いつでも言ってくださいね。私一緒に行きますから」と弾むように言ってくれます

そして最後に大きな声で「ありがとうございました」と言ってくれました。本当に本当に嬉しくてありがたい気持ちでいっぱいになりました。ありがとうは私の方なのに。

二人でありがとうを言い合って握手をしてお別れしました。

春風と共にあらわれた、あたたかな陽だまりのような女の子でした。そして私の心には、あの時の陽だまりみたいな温かさが今も残っています。

  

   少女の温かい心

   川島さんの素直な心

   アシスタントの正義感

読んだ人の心を動かし勇気を与えるだけでなく、社会が抱える問題点を改めて思い、行動することを促すような連携プレー。

その火付け役はこの少女。

人と人が繋がることの意味をしみじみと感じた出来事。また一つ子どもから教わりました。

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

この少女は学校で「誰ですか」

と聞かれても「ふふん」と受け流して手をあげることもなかったんだろうな。

そんな気がします。

~なぜ勉強するのか 2~

4/26投稿のブログ「なぜ勉強するのか」で、学ぶことの意味を物事への共感をテーマに綴りました。

沖縄の久米島へ留学している高校2年の息子が、週末に受けた「なぜ勉強するのか」についての集中講義の様子について寮のブログに投稿しているのて紹介します。

久米島高校 離島留学生の日々~「佐藤優氏講義をきいて」~

講師は作家、元外務省主任分析官の佐藤優氏。  母親が久米島出身であることもあり、数年に一度久米島の高校生に講義をしています。

まず

「なぜ勉強するのか」

を生徒に投げかけ、

「未来を生きるための歴史授業」

というテーマで、学ぶことの本当の意味を講義したそうです。

その中で、佐藤氏がお母さんの戦時中の体験を聞き教わったことを具体例として語られたそうです。

戦時中、軍属にいてガマ(琉球の言葉で洞窟を意味します)に身を隠した時の出来事。米兵に見つかったら手榴弾で自決するよう軍から指示されましたが、一緒に壕にいた学生の兵隊から「死んではいけない。捕虜は殺してはいけないと国際法で決まっている。生きろ!」と言われ、壕から出て命をつなぐことができたといいます。戦前に国際法などを学んでいた学生のお陰で生きながらえたわけです。

学ぶこと、知識を持つことは命にも関わることさえあると学んだと綴っています。

どんなに時代が変わっても信じられるのは自分が学んだこと、学問だけ、だから学ぶんだ、と佐藤さんは説いたそうです。

親元を離れ、都会を離れ、さらに生きた授業を受け、自分が成長していることを実感する息子を誇りに思います。

大自然の中で、都会の慌ただしさの中で得られなかった感動が自分を育ててくれるとも。そんな中で、

「未来を生き抜いていくためめの学問を学ぶ旅」

は続く、と。

学ぶとは・・?

「知られることを待っている何か」と共感すること・・知らないことと仲良くし、共同作業することで、文化や芸術を生み出す。そして他人と共感し社会の役に立つことにつながる(「なぜ勉強するのか」)。

私がこの言葉により、ストンと腑に落ちたように、彼も、まるで霧が晴れたような清々しさを味わっているだろうと、母として晴れやかな気持ちになりました。

久米島高校 離島留学生の日々~「佐藤優氏講義をきいて」~

〜子どもが教えてくれたこと〜

気持ちを同じくして映画製作をした女性がいることに深い感動を覚えました。

まず映画のタイトルがこのブログ名とそっくりなのに惹かれてついポスターを手に取り、食い入るように端から端まで読んでみました。

病気と闘う子どもたちの生活を通して、「毎日が愛おしい」作者の思いを作品にしています。

フランスの脚本家・映画監督アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンさんが手がけたドキュメンタリー映画は、五人の病気の子どもたちの日常を通し「生きること」とは?をテーマにしています。

自身の娘を病気で亡くした経験があり、発症からの日々を綴った「濡れた砂の上の小さな足跡」(講談社刊)がベストセラーになり、映画化したというもの。

ジュリアンさんに会って話をしてみたい!

教員時代からずっと、闘病する子どもたちの明るさ、優しさ、潔さ、包容力にこころを動かされ、勇気をもらっています。

「今、この時」を精一杯生きることの大切さを教えてくれる彼ら。

「過去を振り返るのではなく、未来を予測するわけでもなく、ただ目の前にある、ありのままの日常、そしてその瞬間を。彼らのおかげで、人生を恐れず、どんな状況であろうと今ある人生を愛せるようになった気がしています。      

監督 アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン」

明日何が起こるかわからない。

この考えは決して悲観ではない。

事実。

だから与えられた時間は皆平等。

それぞれの生き方で思いっきり今日を生きよう。

「一日一生」

今を、今日いちにちを精一杯生きることが生きていることに応える唯一のあり方

普段から胸に刻む私の生き方です。

子どもが教えてくれたこと

6月よりシネスイッチ銀座にてロードショー