〜All or Nothingでいい?〜

ゼロか100か。

これしかない思想は危険だと思います。

柔軟性、寛容、助け合いの精神は

グレーゾーンがあってこそではないのかなと。

学校現場で・・

学校に行かないのはダメ 行けば○

学校生活がどんなものであってもそこは問わず

とにかく行く、という選択を押し付けることにより

子どもを追い込むことになります。

行かないのは認めません。

ゼロか100。

しかし学校ではない場所で学ぶことの方が良かったりする。

クラスで・・

こんな考え発表したら

なんだお前、そんなこと考えてるのか

と笑われるのではないかという不安から

だんまりを決め込むか、

バカにされるのを覚悟で思い切って言うか。

ゼロか100。

そこにちょっとした話し合いの場と空気があればいいけど・。

個人で・・

問題を指摘されることにより

全人格否定された様に思い込む。

またはその人のある行動を問題にするはずが

全否定するような態度に出る。

これもゼロか100。

これ、日本人特有な性質なのだそう。

これは

コミュニケーション力や

集団での問題解決力のランクが

国際的な調査で日本がとても低いことと

無関係ではないでしょう。

集団で・・

新しいアイデア。

前例がないからと却下。

やってもいいけど自己責任で・・。

となります。

やり方を少し変てみない?

とか

この部分私が担当するよ

などと言う工夫、検討なしで

やるなら自分でやって! それでなくちゃ無理。

これもゼロか100。

トライ&エラーを繰り返して

人も社会も成熟していくんじゃないの?

社会で・・

一度犯罪を犯せば一生犯罪者。

深い反省の上に、自分の失敗を生かして人を助けたい

という気持ちがあっても這い上がるのは至難の技。

一度の過ちでレッテルを貼ってしまうのは

やり直しを認めない不寛容の極み。

ゼロか100。

人は学び続け変わっていくのに。

******

いずれも

背景や動機に思いを巡らす前に切り捨てるやり方です。

自分で背負ってください。周りは知りませんよと。

他人事、窓口抑制、自己責任論・・。

このような思想が根底にある社会の中で

大人たちの行動を見る子どもたちは

もはや大人は信頼できない

今だけ、自分だけの事なかれ主義者だと

見切りをつけているように思います。

共感や助け合い

多様を豊かさに生かすなど

発想にも至らないかごとくの冷たさ・・・。

これらの歪みは全て

子ども、若者、障害者、高齢者など弱い立場の人に襲い掛かります。

******

一人ひとりは

100人いたら百様の考え方

生き方があると心では思っているはずです。

しかし

社会の風潮の中で

ゼロか100か、

どっちかに決めければならないと

見えないげんこつに脅かされているみたい。

または

優柔不断なやつ、という評価を恐れるからか。

自分の考えをまとめないうちに

多勢に同調しておけば考えるという面倒を省き

楽で安心という

安易な生き方を選んでしまうのか。

******

いっぽう

当事者が立ち上がり

グイグイと行動する姿が

最近とても多くなったと感じます。

自己責任と言われても

痛くもかゆくもないと毅然と闘い続けます。

問題から目をそらさず

マイノリティであることをむしろ誇りとパワーに変えて

運動する人たち、すごい、と思います。

そんな姿を子どもたちにどんどん見て欲しいと感じます。

大人だって捨てたもんじゃないよ。

 立つ鳥跡を濁さず

これは日本人の美徳だったはず。

これから社会を生きていく若者たちが幸せであるために

社会を整えるのが大人の使命です。

“All or Nothing”

という想像力の欠如を超え

人権、当事者意識、共感、多様性

そんなキーワードが一人ひとりの心に刻まれたら

一人ひとりの良心が

きちんと活かせるような社会になっていく・・・

そんな気がします。

〜北風と太陽の理論〜

「世界侵略のススメ」

「侵略=国民が幸せになるため、必要なものをゲットしてアメリカに帰る」ムーア氏の侵略先2つ目はフランス。

美食の国のグルメ番組さながらに場面が移ったのは一流レストランの厨房・・と思いきや・・

それは学校のカフェテリアの調理室。

フレンチジャズをバックに色とりどりの食材が映し出される映像からは、美味しそうなフレンチメニューの香りが今にも漂いそう。

給食当番制や、アメリカのスクールカフェテリアのように自分で好きなものを取るのとは違い、シェフが一人ずつに配ります。

アピタイザーから始まったその日のメニューはメインディシュのラム肉のソテーはじめ、チーズとデザートを含め8種類のフルコース。

さすがグルメの国、

フランス食育の文化はさすがです。

職員室で週に一度給食について会議をするほど食の大切さを重んじています。日本でも「食育」が叫ばれて久しいですが、ここフランスでは食事マナーもその中に当たり前に取り入れています。

ムーア氏は給食の時間にコーラを持ち込みます。

コーラ飲む?

「飲まない」と全員。

飲んだことないの?

「な~い」

じゃ試してみて。美味しいよ。

「・・・・」

全員が困った顔。

空気を読んだ女の子、しぶしぶ飲んでみる。

「お い し い・・・」

と明らかに仕方なさそうな返事。

その代わりにフランスの小学校で飲むものは

水 水 水。

もちろんハンバーガーのメニューは皆無。

一番感動したのは、プラステックの皿ではなく陶磁器で料理が配膳されること。

フランス料理をアルマイトやポリプロピレン(古い!?)のさらに盛り付けるという発想はもともとないのだろう。

え?プラスティックじゃないの?

とまたムーア氏。これじゃ割れちゃうよ、とばかりにテーブルにガチャガチャさせてみせる。

「割れますよ。陶磁器です」

今度はガラスのコップをガチャガチャ。

「ガラスです。気をつけて!」

とシェフに怒られる。

子どもたちはやれやれといった面々。

食器やコップは割れるものとして大切に扱うのが当たり前。安全(アルマイトは別の意味で危ないけど)第一で子どもの感性を鈍らせてしまう文化とは違う。ここに、モンテッソーリの考え方「本物を使う」が根付いていること、我が意を得たり!

そして高校生への徹底した性教育。

性の違いや行為についてのうんちくより前に「愛すること」について考えさせながら具体的な教育に入っていくのがフランス流。相手を大切にすることから始まります。

さすが愛と情熱の国です。

人を好きになることは自然な感情。

愛する人には相手の求めるものを与え、してほしいことを伝えるのよ。

と、教員は文字通り愛を持って子どもたちに性について教えています。

ティーンエイジャーの妊娠率は教育の効果により、アメリカの1/2という数字も。

北風と太陽の理論。

イタリアに加え、成熟した社会のあり方に深く感動しました。