障害児向け「エリート校」が生まれる根本理由

東洋経済オンライン版6/13に掲載された記事を読み返してみた。

障害児向け「エリート校」が生まれる根本理由

中島 隆信 : 慶應義塾大学商学部教授

民間企業の障害者法定雇用率が引き上げられ続けている。それに呼応して、東京都の特別支援学校が就労対策のための特別なカリキュラムを作って就労率を上げようと取り組んでいること、その仕組みはまるで障害児向け「エリート校」だ、ということが書いてある。

背景を調べてみた。

◾法定雇用率の推移

1976  1.5%

1987  1.6%

1997  1.8%

2013  2.0%

2018  2.2%

2020  2.3%(予定)

 ・・・NPO法人障がい者ダイバーシティ研究会による「障害者(三障害)法定雇用率制度改正変遷に関する参考資料 2013年12月版」より・・・

一方、

東京都では企業就労率100%を目指し「職能開発科」と「就業技術科」を設置。2007年に1つの特別支援学校で「就業技術科」が設置されてから、他校も続き、2016年には都内にある7つの特別支援学校高等部に「就業技術科」または「職能開発科」が設置された。

参考・・・東京都特別支援教育推進計画(第二期)

企業は「障害者向け」の仕事を抽出、特別支援学校はそれに合わせて「就労支援」のためのカリキュラムを設定しているというわけだ。

学校生活を終えた後、障害児や保護者にとっての課題は進路選択。

従来のように障害者施設に入り、そこで単価の低い単純作業をするのであれば、学校は何のために存在しているのかということになる。そこで、成果の見えやすい「就労」に力を入れるようになったと中島氏は伝える。

少しずつ意識が変わってきたとはいえ、依然、普通教育においても、良い学校へ行き、良い就職をしてというのが教育の最終目標。

同じことが障害者教育の世界にも。

就職が教育のゴールになってしまっていいのか。という問いかけに、大きく頷く。

障害があろうがなかろうが、一人ひとりが違っているのは自明のこと。それを考えれば、「障害」とは本人の問題ではなく、社会が合理性を求めた結果、私たちが作っている、ということになる。

このことについては、記事を書いた慶應義塾大学商学部教授中島 隆信 氏著

「障害者の経済学  障害者を作っているのは私たち自身である」

を読めば、さらに大きくうなずくことになるにちがいない。

子どもの本来持つ自ら学ぼうとする意欲や、動きながら自然の中で体得していく力を無視し、そして多様性を否定し、規格にはまる人間を作るのが教育ではない。

氏は記事の最後にこう書いている。

「障害者は社会を映す鏡である。そこには現代社会のさまざまな問題が映し出されている。私たちはそこからもっと学ばなければならない」

 

〜スマイリング効果 その5〜

芸術をライフワークにする人はなんて感性豊かでしょう。

想像力を駆使して、創造力という磨き上げた技を総動員し、他者に幸せをもたらします。

活動を始めてしばらくしたころ、あるアーティストが意外なことを 口にし、驚いたことがあります。

「毎日絵ばかり描いていて、いったい人の役に立っているのかな、と悲しくなる。自己満足で終わってる感じ」

「ちょっと待って。

誰でも美しいもの、心動かされるものを知らず知らずに求めるもの。

見て聴いて触れて、そして豊かな気持ちになる。

疲れていたり、傷ついたり、気持ちが落ち込んでいたりしたら、なおのこと。

心をリセットしたり、ホッとしたりするでしょう?

まして、闘病中の人、不自由と折り合いをつけながら生活する人にとっては芸術以上の喜びはないと思う。

だからこの活動を始めたの。

特に子どもだったら毎日成長していく中で、情操的なワクワクするような活動が、絶対に必要。

是非力をかして!」

と、口をついて熱く語ってしまいました。

小さい頃から作ることが大好きで、イメージしたものをかたちにするのが得意だった。けれど怠けものだったから専門的な勉強はしなかった。

だけど、趣味として「ものづくり」が日常にあることで、生活が豊かだと実感します。それはそれで良かった気がします。

今はすごいアーティストたちに共感と支えを得て、私自身が豊かな気持ち。「人のふんどしで相撲をとってる」感は否めないけど。だからスマイリングの趣旨に賛同して活動してくれるアーティストには感謝しかありません。

かくして、このアーティストに、私の気持ちわかって~とラブコールを送ったのでした。

もちろん、このアーティスト、喜んで登録してくれました。

今では、

「スマイリングを知って、活動できて本当に嬉しい。松本さんに感謝してます」

なんて言ってくれる。思いを受けとめて行動してくれたことにこちらこそ!感謝です。

本物のwin win。

もちろん、そのことによって子どもたちが、家族が、医療スタッフが喜んでくれることを考えれば、いくつもの

win win

が成立。

なんて幸せ!

スマイリング効果ここにもあり!

Smiling Hospital Japan Official Website

〜ここにいるよ、学びたいよ〜

小児病棟にアートを届ける!と意気込んで活動を始めた頃、これでいいのかな?

と戸惑うことが度々ありました。

新たに課題として取り組まなくてならないことに気づくのです。

そのうち、特にSHJメンバーに大きな学びの機会を与えてくれたエピソードについて振り返ってみます。

ほとんどどの病棟に、重症心身障がいの子どもがいます。病弱な体質を併せ持つ場合が少なくなく、入院加療する子は多いのです。

活動には必ず病棟保育士さんが付き添い、病室をエスコートしてくれます。

どの子にも平等に、

重症の子にも質の良い刺激を、

との方針から、その日活動が可能な子どもたちすべてとやりとりするのが基本です。

しかし、今まで活動した病院でたった一箇所ですが、重症心身障がいの子どものベッドを通過してしまう病院がありました。

あれれ・・あの子は?

と後ろ髪を引かれながらも保育士さんの後を追います。

何か事情があるのか、時間の問題なのか、これから処置なのか・・でも様子を見ているとそれらしい気配はなく、何となく釈然としない気持ちで病棟を後にすることが時々ありました。

また、ある施設では、

「重心の子は発達年齢が1歳で停止する」

などと平気で語る職員がいて、「違うのでは?」という散々のやりとりの後、ここでの活動を取りやめたことがありました。子どもたちには申し訳なかったけれど、活動の内容を1歳児むけに考えて欲しい、という要望にはどうしても応えられなかったのです。

重心の子を預かる施設の専門家でさえこの認識なのか!と釈然どころか唖然としたものです。

「違う!見た目や先入観で決めつけないで!みんな感性が豊か。働きかければかけるほど情緒も安定し、吸収してくれる」

「こちらの工夫次第なのに」

・・・・・

SHJアーティストたちといえば、当然医療や障がいについては素人ばかりです。

やはり重心の子どもたちとどう関わっていいのかわからない、でも楽しんでもらいたいという意見がたくさん出るようになっていました。

決してわからないだろう、なんて決め付ける人はいない。わからないからわかりたいのだ、と。

そうだ!アーティストたちの気持ちとともに、私の釈然としない思いも一緒に特別支援学校肢体不自由教育を専門にする教員に相談しよう、と思い立ちました。

教員もそれは問題、といてもたってもいられない、という様子。1年に1度開催の研修会で、重心の子どもたちをテーマに講義をしよう、ということになりました。

活動する私達が変えるんだ!

「現場にわかってもらえる活動をしよう!重心の子たちにも活動が必要だし、楽しんでくれるということを証明したい!」

研修会を終えると、

そうだったのか!

涙を流しながらさらに質問をする熱心なアーティストもいました。

これからの活動に活かしたい、気持ちが楽になったなどの感想を活動につなげているアーティストがたくさん見られるようになったのです。

現場では、

🌀専門家から見ても新しい発見がある・・

🌀日々関わる立場でも、子どもの変化にハッとする・・

🌀子どもたちに伝わるだろうかという不安が払拭された・・

と感想を話してくれる職員もいました。

🌀笑顔溢れる表情や普段とは異なる身体の動きが、子どもたちにとって心踊る体験だったことを証明しています。

🌀気持ちが通じる時間を持てたと感じることができました。

とも。

重心の子どもたちが気づかせてくれること、それは命の輝き。

そして、ここにいるよ、学びたいよ、というメッセージ。

子ども一人ひとりの自尊心や人格にどう寄り添っていくか。

これこそが障がいの重い子どもたちに関わる私たちの課題なのだ、

ということを、研修会に出席したメンバー全員が、心に刻みました。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜僕もマジシャン〜

大道芸人たちは、場の雰囲気をダイナミックに変える魔術師たちです。

とくに闘病している子どもたち、何らかの原因で気持ちを塞いている子どもたちには、高揚感と期待感を得られる意味で、その存在はとても意義あるものです。

スマイリングホスピタルジャパンにはたくさんのストリートパーフォーマーが登録していて、単調で退屈な入院生活に、あっと驚くワクワクをもたらしています。

子どもたちの顔がパッと明るくなり、そのうち楽しくて大笑い。ショック療法!?として小児病棟にはもはや欠かせないプログラムだと考えています。

チーム医療の中に、アート担当、魔術担当を加えて欲しいくらい。

そんな考え方から、クラウンドクターの活動がパッチ・アダムス(ハンター・アダムス医師)によりアメリカで始まり、世界に広がったようです。

ホスピタルクラウンとか、クリニクラウンなどと呼ばれる道化師たちは、笑いの効果を治療に生かそうとするアーティストたち。

スマイリングホスピタルジャパンにもクラウン(ピエロ)はいますが、あまりお化粧をしないのが特徴。でもピエロの象徴である赤い鼻はつけています。

主体的に音楽やマジック、作ったり描いたりを楽しみながら、アーティストと友達感覚のコミュニケーションへ発展するスマイリングホスピタルジャパンの活動の中でも、

“Laughter is the Best Medicine”

(笑いは一番の薬)

という考えのもと、

おかしくて笑う、

面白くて笑う、

楽しくて笑う、

できたから笑う、

嬉しいから笑う、

そんな笑いを生み出しています。

その中に大道芸が大きな役割を果たしていることは言うまでもありません。

マジックやパントマイム、ジャグリング、バルーンアートの技術は素晴らしく、おどけながらすごい技をさらっと披露してしまう。

そのかっこよさは憧れの的。

パーフォマンスやバルーンワークショップが終わっても 、いつまでも自室に戻らず、アーティストにまとわりついているのは小学校中学年から中学生の男子です。

さあ、マジック教室始まり始まり。

夢中で1つのマジックを覚えると、何度も繰り返して練習。

「よし。ここまでくればあとは練習あるのみ。ベッドの上でもできるからやってみて」

とアーティスト。

「うん!これ絶対にできるようになって、退院したら友達に見せるんだ!」

病棟でマジシャンの卵誕生です。

Smiling Hospital Japan Official Website

看護師さんも踊る踊る!病棟ライブハウス!

最近活動アシストをする機会が多く、その度に思い出すエピソードがあります。

シンガーソングライターでフォークジャズピアノ弾き語りアーティスト、石橋和子さんの病棟プレイルームでの活動。

ピアノ演奏と声と、そこに子どもたちの声をミックス、ジャズプレイヤーの和子さんならではのワークは、

リズム&ブルース!!

しばらく弾き語りが続くと今度は、

“call & response”をやってみようということになりました。

もちろん、和子さんの説明を聞いた子供たちはすぐにできるようになります。

最初は恥ずかしがっていたけど、だんだんと楽しくなって体も揺らして・・

もっともっとやりたい!

そんな空気が盛り上がって元気いっぱい声を出します。

「お母さん方も一緒に!」

という和子さんの声かけに、なかなか声を出さないお母さんたち。そんなお母さんを見て、

難しくないよ、

繰り返せばいいんだよ、

楽しいよ。

と子供達。

Kazuko: イェーエエイ!

    Kids:  イェーエエイ!

一つのパターンで音程を変えたりして、しばらく練習。

そして少しずつ難しく・・。

Kazuko: シュビドゥバ!

    Kids:   シュビドゥバ!

Kazuko: シャバドゥバ!

    Kids:   シャバドゥバ!

さらに慣れてきたら、少し変えて、

Kazuko: ドゥビドゥバ!

    Kids:   ドゥビドゥバ!

今度はスピードを変えて。

そうしている間も子どもたちは、

お母さん、ちゃんとやってるかな?

と、ちらりとチェック。

その様子に、お母さんたちも一緒に歌わないわけにはいかない空気に押されて思い切って!

なんて楽しいんだろう。

プレイルームは大変な盛り上がりとなったのです。

さて、ふと振り返ると何と、ナースステーションの看護師さんは両手を上げて腰を振って踊っているではありませんか。

もうこうなったら賑やかにやるしかない。

かくして、プレイルームはにわかライブハウス

と化しました。

ああ、楽しかった!

最後は連弾でリズム&ブルース!

石橋和子Official Website

Smiling Hospital Japan Official Website