〜子どもの宇宙〜

一人ひとりの子どもの中に無限の広がりを持つ宇宙がある

心理学者 河合隼雄氏(1928-2007)の言葉です。

子どもだけでなく、すべての人には宇宙があり、その宇宙が交わったり、互いにとどまったりすることで価値観を共有し、共感をもとに創造的な人間関係が生まれる、と常々思っているので氏の言葉には深く共感します。

特に、無限の広がり、すなわち無限の可能性を持った子どもたちは、大人とは比べられないほどの広大な宇宙を持っているということでしょう。

河合隼雄氏は著書『子どもの宇宙』(1987)で、児童文学の名作を通して「子どもの宇宙」について述べています。子育て中に見つけてそれ以来愛読書となっていますが、偶然にも長女が生まれた年に氏が執筆したものとわかり、ますます愛着のわく一冊となりました。

『子どもの宇宙』の中で子どもと大人の関係、ひいては子どもが実は大人をどう見ているかを直球で著している箇所を抜粋します。

子どもたちの澄んだ目は、この宇宙を見据えて、日々新たな発見をしている。しかし、残念なことに、子ども達はその宇宙の発見について、大人たちにはあまり話してくれない。うっかりそのようなことをすると、無理解な大人たちが、自分たちの宇宙を破壊しにかかることを、彼らが何となく感じているからだろう。

大人になる、ということは、子どものときに持っていた素晴らし宇宙の存在を忘れることではないか

子どもの宇宙の存在について、我々が知ろうと努力するときは、自分自身の宇宙について忘れていたことを思い出したり、新しい発見をしたりすることにもなる。子どもの宇宙への探索は、おのずから自己の世界への探索につながってくる。

教員の頃、そしてスマイリングホスピタルジャパンを立ち上げ活動してく中で、多くの子どもたちと出会い、関わっていくうち、自然と幼い頃の原風景に思いを馳せること、大自然に浸ることが多くなりました。

自然の中でその営みに神秘を感じたり、子どもみたいにはしゃいだり。これはまさしく、河合氏の言う「子どもの宇宙への探索、自己の世界への探索」なのでしょう。

年をとると子どもに戻る、と言いますが、これは単に涙もろくなる、また自己中心的になる「退行」を意味するだけでなく、大いなる自然に対して素直になり、そして子どもの頃の宇宙に遊びに行き、自分を取り戻すという意味もあるような気がします。

参考文献:『子どもの宇宙』河合隼雄

 〜副籍制度、機能してる?〜

都立特別支援学校には副籍制度というのがあります。

「都立特別支援学校の小・中学部に在籍する児童・生徒が、居住する地域の区市町村立小・中学校(地域指定校)に副次的な籍(副籍)をもち、直接的な交流や間接的な交流を通じて、居住する地域とのつながりの維持・継続を図る制度(東京都教育委員会)」

入院して特別支援学校院内学級に入るためには基本的に学籍を異動する必要があります。そして元いた学校とは、退院して戻った時のために学校(担任)が窓口となって折にふれ連絡を取ります。

遠方から入院する場合は、学級通信や日記の交換などを通した交流が一般的で、特に学籍に関わる手続きは必要ありません。しかし、居住地が比較的病院から近かったり入院期間が長かったりなどの理由で、副籍制度を利用し、前籍校に副籍をおいて通信の交換などの間接交流に加え行事や授業に参加する直接交流を希望する生徒もいます。

これは私が教員だったころの話なので6年ほど前までのシステム(確か平成19年施行)で、施行当時は手続きに3ヶ月かかっていました。実施も慣らし運転の状態だったけど、手続きにかかる時間含め、その後どうなったかな、と調べようとしましたが、調べきれずすっきりしません。あのころ疑問に思っていたことがそのまま迷宮入り。

共生地域の実現とかインクルージブ教育などの理念、期待される効果などが書かれた東京都教育委員会発行の副籍ガイドブックと古い実態調査が見つかっただけ。

今もこの制度は確かに存在しているようですが、ひょっとしてあのころあまり活用されていなかったから少なくとも院内学級では形骸化しているのかもしれません。

交流活動に向けて、双方で打ち合わせし、特に受け入れる側は事前の準備を万端整えているものとして副籍校へ。しかし、特別な感想もなく帰ってきたTくんを思い出します。

一回交流すれば「インクルージブ教育やってます!」になってしまうのかな。

ほんの数回で終わってしまう理由・・現場に違いを認め合う土壌がないから。

事前に副籍校で出前授業等して、障がいや病気について話し、障がいや病気のある子どもの理解を図る、それが副籍校に送り出す側の務めであり、そしてそれを積み重ねて本当の交流ができるのだろう。

副籍校としては、退院後復学に向けた子どもの学校への適応のために必要なはずだが、緊急時の対応 や発熱時、けが、感染症発生時の対応など、健康上の問題ばかりに気を取られる場合が多いという実態もある。

実態に即した本物のインクルーシブ教育を実現するためには、知育偏重から全人教育への変換、現場の意識改革が前提なのではないでしょうか。

〜SHJヒストリー12 入院期間が短いと院内学級に入れない!?〜

〜入院期間が短いと院内学級に入れない⁉︎〜

院内学級に入るためにはもといた学校から転校、学籍を異動する必要があります。私が2012年3月末までいた院内学級では、医師の治療計画の入院期間がひと月以上であることが、転入の条件でした。

仮に入院が10日間と予定されていても長引く可能性は十分あります。じっさいに2週間の予定だからと学籍は異動できずその間ベッド上で自習、さらに退院が延びて2ヶ月近く入院していた中学生、Mさんがいました。結果、2ヶ月間学校教育が受けられませんでした。この生徒は入退院を繰り返していて、同じようなことが以前にもあったことから、

それじゃ結果的に入院期間がズルズル長引いたら院内学級には入れずじまいで学習の保障がないってことですか!しかも前例がある。予定は未定だってこと分かってるじゃないですか! 

などと朝会で吠え、いや~な雰囲気を作ってしまったことがありました。

学校での学習を強く望んでいたMさん。

決まりだから?教育を受ける権利を保障するのが、学校では?

しかもここは特別支援学校だよね?

教育を受けさせる義務を学校自体が怠っているじゃないか、と憤りを隠せなかった。籍は今まで通っていた学校にあるんだから課題をもらえばいいではないか、という論理です。愛もなければ人権意識など1ミリもない。

そんな声が多かったのか、現在では予定入院期間が基本1ヶ月としながらも応相談だったり、医師の許可次第だったり、もともと学籍異動が必要ないところもあったりで、手続きの短縮化含め、入院児が学習空白がないように配慮されるようになったようで、あの闘いも無駄ではなく、少しは貢献できたかな、と自画自賛。

とにかく、あの頃は、放課後や教材研究の時間、密かにMさんの部屋に通ったものです。

そのMさんは現在病室でSHJスタッフとして、奮闘中!

SHJ活動の一番の理解者のひとりです。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜ジャングルジムはどこへ行った?〜

週末、孫3人を預かって近くの公園へ。

この辺りは都内でも緑豊かで児童遊園や公園が点在していますが、私が小さい頃によく遊んだジャングルジムを見かけなくなりました。落下事故の多発を受けて安全策のために撤去され始め、今では10年前の半数しかないといいます。

ジャングルジムとは名前の通り、ジャングルをイメージ、都会にいながら自然の中で体得するバランス感覚などを培うために考案された画期的な遊具ではなかったでしょうか。

立方体がいくつも積み重なっていて、ふと所々、パイプが渡されていない部分があって、ドキッとするスリルも味わいながらいろんな遊びに発展したものです。

絶対に地面に足をついではいけない空中鬼ごっこ、秘密基地遊び、一番高いところを誰が占領するかの競争・・・。この三次元の立体空間は、まるでサル類が開拓した森林そっくり。

心理学者の河合隼雄氏(1928~2007)は、著書『子供と自然』の中で、こう言っています。

サルの祖型は、樹上生活に対する様々な適応形態を発達させた。第一に枝をつかむことから、親指と他の指が向かい合い - 拇指対向性という – 物を自由につかむ指の能力が発達した。五本の指がバラバラに動き、手を自由に使う、道具使用と製作にかかわる基本体制ができあがった。

ジャングルジムで遊ぶことは、しっかり掴む握力に加え、高いところまで登っていく脚力と腕力、四肢を使った空間でのバランス、位置関係の学習、姿勢の発達など、様々な運動能力を伸ばすことにつながります。

  • のぼる、降りる・・普段の生活の中では使わない筋肉をたくさん使う。
  • 狭く入り組んだスペースに体をくねらせながら一生懸命入っていく・・上下だけでなく、斜め移動という三次元的な体の動かし方を学ぶことで体幹を強くし、姿勢を安定させる。視覚に頼らないボディイメージもできる。
  • それぞれの手足を独立させて動かす・・複雑な体の動きを学ぶ。

 

鉄で出来ている、ということにも意味があります。

ぶつけたら危ないじゃないか、と転ばぬ先の杖を出したくなりますが、可愛い子には旅をさせよ。何度か頭をぶつけて、「痛い」経験をする。それによって、硬い鉄枠に当たらないようにくぐり抜けるには、体をどう動かせばいいか、ということを学習するチャンスと捉えます。

ジャングルジムという危険な?!遊具を、なんとか頭を打たずに足を滑らせずに、そして落ちずに!好きなところへ登っていく、そして足を踏み外さずに降りていく、そして誰よりも高いところを目指して360度のパノラマを楽しむ・・スリル満点!なんと楽しかった思い出。

体幹を鍛えることで姿勢が良くなるだけでなく、怪我をしなくなる、そして集中力もアップするとも言われます。実はジャングルジムよりはるかに事故が多いのは滑り台、というデータも東京消防庁のサイトで見つけました。

危険、危険と排除してぬるま湯になった環境で育つ子どもが、たくましく自立していけるのか・・。

昔取った杵柄。そろそろ孫たちに木登りを教えようか・・。

参考文献

  • 河合雅雄 1990『子どもと自然』岩波新書.

Smiling Hospital Japan Official Website

〜SHJヒストリー9 Mくんとの再会〜

私が院内学級に配属になったと同時に小学校に上がったMくん。

とても賢い男の子で屁理屈ばかり言って教員たちを困らせていた頼もしい子。

私はといえば、その頃小学5年生の担任だったからMくんと直接関わることはなく、それをいいことに教員たちのタジタジの様子を楽しませてもらっていた”ずるい教員”でした。

    「先生、それは~じゃないの?」

    「先生、さっきと違うね」

    「先生、あーそれ知ってる知ってる」

    「先生、じゃあなんで・・はxxなの?」

    「あー、先生もわからないのかぁ・・」

思い出したらきりがない。面白かったなぁ。あっぱれ!!なんて心の中で叫んでた。

大人が困ったり失敗したりする姿は子どもにとっては蜜の味。わかるわかる・・。子どものいたずらに共感してワクワク元気になるのは私だけ?

当時小学低学年を担任していた先生たち、ごめんなさい。。

でもいつも上からものを言う大人、ギャフンと言わせたくなっちゃうんです。

スマイリングホスピタルジャパン初回活動の日、「Mくんに会いますか?」と保育士さんに案内されたのは12年前と同じ病室。立派に大きくなったMくん、太い声でボソボソと「先生、久しぶり」。あんなに散らかし屋さんだったのにきちんと整理整頓されたベッドサイド。彼の屁理屈が目の前の几帳面さと重なりました。3月で高校を卒業するという。

結局彼の病気の正体は私には分からずじまい、難しい病気と様々な症状のために、私がいたころは数回家にお泊まりに行く程度でした。

「Mくん、久しぶり!大きくなったね。スマイリングホスピタルジャパンの活動がプレイルームであるけどよかったら参加してね」

「うん、ありがと」一度も参加してくれなかった。高校を卒業するってことはもう大人。みんなと歌ったり作ったりなんてやってられない?年頃になったんだなぁ。

就職は入院しながらを検討中と聞いていたけど、どうなったかな。今は障がいがあっても在宅で遠隔通勤ができるからそのシステムを利用するのだろう。

SHJのホームページの原型はまさに重い障がいを持つ方が数名のチームを組んで在宅で作ってくれたもの。遠隔会議を通して私のわがままを形にしてくれたのだ。Mくんだって同じように病室で活躍できる。

ただ、病院がそれを受け入れるのか、難しいところだろうけど、実現したら画期的だ。入院期間中の電気使用については、充電OKなのはタブレットまで、パソコンの持ち込みは禁止など、制限が壁だったりする。

生まれてからほとんどを病院で過ごすMくん。

理屈っぽい彼は、彼に与えられた特別な使命を、そしてその意味を見い出して、きっと世の中のために行動してくれるような気がする。

「入院しながら就職」

病院を理責めで説得してパイオニアとして実績を積み、病院に居ながら当たり前に就職できる社会を作っていって欲しい。

スマイリングホスピタルジャパンはといえば、院内学級の元生徒が、現在病室で広報を担当。ベッド上でリハビリ兼ねて頑張ってます!

Smiling Hospital Japan Official Website