〜赤ちゃんと音楽の不思議〜

研修会を振り返って~3~

スマイリングホスピタルジャパンは

病棟を訪問するのが主な活動です。

対象は、赤ちゃんから

小児の頃からかかってる成人の方まで

小児病棟といってもその年齢の幅は広いのです。

赤ちゃんのいる病棟も多く、

アーティストは赤ちゃんにどんな風に接し

アレンジすればいいか悩むのが正直なところでしょう。

もちろんお母さんが笑顔になることで子供は安心しますから

付き添うお母さん向けの音楽ももちろん喜ばれますし

そもそも赤ちゃんだって質の高い芸術への反応は素晴らしく

赤ちゃんだから・・

と特別なメニューは必要ないくらい鋭い感性を持っていると思っています。

とはいっても、やはり患者さんである

乳幼児期の子どもへの音楽的効果や

アプローチの仕方を知っておくことは

活動の幅や質に大きく影響を与えるものでしょう。

そんな観点から、

ドラムサークルファシリテータでHappy Beat代表、

SHJ愛知地区コーディネータでもある

箕浦恭代さんが

「赤ちゃんと音楽の不思議~乳幼児期の音楽性の発達からみる、ヒトの基本デザイン~」

というテーマで講義をされました。

アメリカ生まれの

乳幼児期のお子さんとその保護者のための音楽とムーブメント(身体の動き)のプログラム

Music Together」の講師であり、

現在現役で活動している日本の講師でいちばんのキャリアを持つ

日本でただ一人の最上級認定講師という肩書きを持つ箕浦さん。

もともとドラムサークルファシリテータとして、障がいのある人や高齢者など様々な人たちと音楽づくりの場を持つ経験から、

乳幼児期の子どもの音楽的発達を知ることがヒトにとって音楽がどういう役割を果たすのかを知ることになる

と気づいたと言います。

研修会には音楽を始めありとあらゆるジャンルのアーティストが集まりますが、

この講義は音楽系のアーティスト以外にも役立つ知識でありまた

子育て中のアーティストも多いことから

多角的に運用できる内容でした。

要所要所にワークショップを交えた講義は

SHJが大切にしている「参加型」そのまま。

🥁 🥁 🥁 🥁 🥁 🥁

音楽的な発達として、

誰もが生まれつき音楽的な素質を持っていて

音楽性の習得は、言語のそれと同じような段階的な発達を遂げるといいます。

子どもの頃の環境がその後の音楽能力の到達レベルやその人の音楽性の表出に大きく影響する・・

さらに

母語の習得に臨界期(5歳を境にその習得能力が下がる)があるように

音楽的能力にも同じことが言える・・

というから

天才と言われる音楽家の多くが幼少期から能力開発を施されていることも頷けます。

これほど音楽が好きで

日頃から何が楽器ができたらどんなに素敵だろうと思っている自分としては

空き地に野放しにされることなくお稽古に通わせてくれていたら・・

などと思ってしまいます。

しかし

やはり生まれつきの才能や環境には同じくらい左右されるはず・・

などと、さらに言い訳が続きます。

🥁 🥁 🥁 🥁 🥁 🥁

幼児期の音楽性の発達が、以降の発達の礎となるべく

様々な他の領域の発達の助けとなるということがまとめとして話されました。

ヒトは「どこに生まれても適応できる」ような状態で生まれる

というくだり、

乳幼児期の生活や教育に

芸術に触れ主体的に味わえるような環境を

まわりの大人が作ることで

その人の人生の豊かさそのものに

大きな影響を与えるような気がします。

モンテッソーリ教育の理念とも重なり

深く納得する講義でした。

便利さは主体性、創造性、情熱の敵!?

研修会講義を振り返って~1~

東京大先端科学技術研究センター教授で、

日本財団とともに実施する「異才発掘プロジェクトROCKET」のディレクターを務める

中邑賢龍先生の講義は

「AI時代の能力と特別支援教育

テクノロジーとアートの果たす役割」

でした。

AIやロボットにより変わっていく社会において、

教育、とりわけ特別支援教育はどうあるべきか・・。

個々の特性や能力を活かすプロデューサーが必要であるという観点から

先生の取り組みが紹介されました。

その中で

一つの価値観にまとめられた多様性ない社会において

不便さや無駄の排除、過度の規格化、思考の停止が蔓延することで

子どもたちの主体性や創造性が低下している現状があるという話には深く頷きました。

教育現場で管理が厳しくなればなるほどその傾向は強まるでしょう。

前回綴った目標設定の強制然り。

アートをはじめとしたユニークさまでも排除される社会になってはならない。

スマイリングホスピタルジャパンの理念が生き続け、

子どもたち本来の姿が尊重されるべきは変わらないよう努力するのが

私たちの使命だと改めて胸に刻んだ次第。

さて、不便さや無駄の排除による

子どもたちに起こっている現象を

興味をひくエピソードをもとに紹介されました。こうです。

日本のポテトチップスの袋には

ギザギザがついていたり、

切り目が施されていたり

開けやすい配慮があります。

「ユニバーサルデザイン」

「合理的配慮」

を超え

誰にでも簡単、楽なデザイン。

これが思わぬ現象に繋がっているというのです。

かたや、外国のお菓子の袋は

お菓子以外に付加価値はあまりなくて

中のお菓子を食べるためには

自分でなんとかしてね、

というスタンスを決め込んでいます。

しぜん、

頭を使わなくては美味しいスナックに辿りつけません。

歯で噛み切ってみたりいろいろ工夫します。

日本の子どもに外国のお菓子を渡すと、

これ、開かない

歯で噛み切ったら?

汚いからイヤだ

じゃ、ハサミで切れば?

持ってない

誰かに貸してもらったら?

面倒くさい

じゃ、どうするの?

要らない

子どものお菓子への情熱を持ってすれば

万難を排して突き進む!

というイメージはもう古いようです。

少なくとも日本の子どもにとっては。

便利すぎるんですね。

想像力や工夫がなくなっている。

便利

安全

壊れない

そんな利点を追求した商品開発のおかげで

つまらない

味気ない

協力の必要ない

工夫したり考えたりが無駄であるかのような世の中になってしまったとしたら、

殺伐としていて味気なく悲しいです。

合理性を追求するあまり

感性や創造性の象徴である

アート

が軽んじられる世の中になってほしくない。

AIやロボットのテクノロジーの発達と

アートの共存

互いが果たす役割について

さらに中邑先生に

伺ってみたい・・・

そう思いました。

〜なんのためにやってるの?〜

研修会を振り返って~2~

「なんのためにやってるの?」

登録アーティストがある日

小学生に投げかけられた質問です。

ある学校の芸術鑑賞教室に呼ばれてパーフォマンスをしたときのこと。

鑑賞が終わると

子どもたちから感想や質問、そして

お礼のことば

と続くのが鑑賞会のお決まりの流れ。

この日も子どもたちから手が挙がりましたが、

そのうち

「なんのために踊ってるんですか」

という質問にアーティストは面食らった

といいます。

💃 💃 💃 💃 💃 💃

これは子どもたちにまず目標を設定させる

という学校教育を象徴しています。

全て目標を決めさせることが

経験の幅を狭めてしまう弊害をもたらす

という発想を持たない教育は危険とさえ感じます。

楽しいから

好きだから

人生がそれだけで豊かになる

得意なことをしているときは気持ちがいい

人が喜んでくれる

・・・

行為の意味にはそんな内的効果があることは自明のことです。

🏃‍♂️ 🏃‍♂️ 🏃‍♂️ 🏃‍♂️ 🏃‍♂️ 🏃‍♂️

ある中学生。

部活の陸上部でトップを走る男子です。

顧問の先生に

「目標は?」

と聞かれ、

「特にないです。走るのが好きだから走っています」

と素晴らしい回答をした彼に対し教員は、

「目標なしでは何をやってもダメだぞ」

と返され、

この顧問のもとで活動をすることに限界を感じた彼は

部活を辞めたそうです。

いずれも、研修会のグループワークででたエピソードです。

病院や施設での活動の域を超えて

なぜアートをするのか

なぜ心が欲することをするのか

そんな深い議論にまで波及したことが

とても嬉しかったひと時でした。

「何のために?」

「目標は?」

そのこと自体を純粋に楽しみ、結果人生が豊かになる。

それでいいではないか。

と思うのです。

まして子どもの口から

「何のためですか?」

などという白けた質問が出ることに

危機感を感ぜざるを得ません。

全て大人の事情、大人の浅はかさ、大人の未熟さ

感性の欠如、思考停止の表れ。

子どもたちはその被害者です。

本来、いろいろな経験をして

いろいろな人に出会い、その生き方を知り

視野を広げてから

自分はこうなりたい

と夢を持つのが自然です。

きめろと言われて決めるものではなく、一人の人間として

当然自由に決めていいはずです。

以前、「目標に縛られ自由が利かなくなる」

と行った内容をブログに綴りました。

2018/5/31投稿~「目標」ってなんだろう?

強制されて決める目標は

限られた選択肢から妥協して選ぶこと。

自分探しも夢を描く時間も惜しんで

前へ前へと子どもたちは押されます。

目標に向かって!

威勢の良い聞こえの良いスローガンです。

しかし、そこには

関係ないと思ったことをそぎ落とすことや

余計な寄り道は極力避けようという姿勢を植えつけます。

もしかしたら

「無駄」と思えることに大きなヒントがあるかもしれないのに。

時間は限られている。

早く早く・・時間を無駄にしないように・・

何というもったいない殺伐とした生き方。

多様な世界を知らずに

安易に目標をたててしまうことの弊害は計り知れないと思うのです。

なぜ〇〇をするのか。

好きだから。

楽しいから。

幸せを感じるから。

これではダメですか。

〜アートで芽生えた生きる希望〜

昨夜、ものごとに夢中になること、自分の作品を仕上げることがいかに生きる意欲や喜びに繋がるのかを

あらためて確認できるようなドキュメンタリーを見ました。

ひとモノガタリ 涙の人生再出発!少しだけ遅い夢だけど」(NHK  3/21 18:00放送)

統合失調症を発症し20年間、施設での生活を余儀なくされたあと念願叶って退院。

しかし社会と断絶された生活を長く続けてきたこの女性は

週二回作業所に通いながらも親しくなれる人ができず、

しだいに家にこもるようになります。

この先どうやって行きていったらいいのか・・。

そんな風につぶやく場面がありました。

そんな時、作業所で行なっていたプリザーブドフラワーアレンジメントをいよいよ商品にすることになります。

それまで熱心に勉強しながらどんなふうにしたら

いいアレンジができるか自分なりに工夫してきたことが

職員の目に留まったのでしょう。

それからはプロの指導を受けながら

時に厳しく

時に励まされながら

飾るシーンに合わせた色合いや花選びに

夢中に取り組み、

素晴らし作品が出来上がりました。

亡くされたお父様のお仏壇に飾るアレンジを、との依頼です。

「素敵ですね!ありがとうございます。

父も喜んでいると思います」

自分が熱中して完成させた作品が

人を幸せにする

そして感謝される

まず創造的な活動をしている時の表情には

それまで見せたことのなかった目の輝きがありました。

完成させるまでの間

フラワーアレンジメントのプロから完成度の高い商品にするためのアドバイスを受け、

互いに考えを話し合う姿は

ミッションに向けた熱意と真剣さが溢れます。

商品を届けた時の喜びの大きさは

その表情からぐっと伝わってきました。

目が心なしか潤んで、頬は昂揚感でいっぱいでした。

作る過程では

心のままに夢中になれるだけではなく

傍らにプロのファシリテーターがいるから学びがある。

よりいいものを作ろうというモチベーションが高まります。

完成品をめぐり

そこには感動や共感や作品への思いが溢れ

それまでにはなかった

人との交流が生まれます。

胸の高鳴りがあります。

自分の可能性に気づき

自信が芽生えます。

これはまさに

スマイリングホスピタルジャパンの

理念そのもの。

病棟で施設で

目指していること、実践していることです。

この女性、

その後は積極的に自分の世界を広げ

苦手だった対話もスムーズになりました。

何より

笑顔が

百倍に増えたことがいちばん!

「アートの力」と

「主体的に取り組むこと」の

偉大さを確認できた

私自身にとっても

団体の理念を裏付けてくれ

自信をくれたドキュメンタリーでした。

病気があっても障がいがあっても子供の可能性を信じる

管理され、いつも受け身の存在として主体となることが少ない教育現場。

「子どもの主体性を大切に」

といった理念を掲げても

細かく系統的に配列された教育課程をこなすのに精一杯、

という先生も多いのではないかと思います。

トータルな成長を目指して子どもの自発性を重んじようとすれば

大変苦しい授業づくりになりそう。

特に病弱や肢体不自由児に対しては

・制限のある入院生活や痛みを伴う処置

・予測しにくい状況

・「どうせ無理」「できないだろう」という周囲の目

・「守られるべき存在」という概念

などのために、子ども自身が主役と感じにくい状況となります。

そうなるとますます「 子どもの主体性」が発揮されにくい状況を作ります。

教育とは施すものではなく

「自分を知り主体的に生きるための手伝い」と私は捉えます。

大人からの押し付けでは自立した人間にはならないと。

教育課程が単にめやすという立場をとり、

そに縛られることなく教師の自由な裁量が生かされる現場であったらなあと思います。

何をどれだけ学習(受身的に?)できたか

に価値をおかず、

どのように学習するか、

つまり学習活動を通して自己肯定感を培い

前向きに生活する自立心を身に着ける方が

「今日は~~の勉強をしました」という事実よりも

何倍も意味のあることのように思うのです。

生きる力になるでしょう。

教師は子どもが主体的に学習する環境を作り、

主体性への手伝いをするというイメージです。

子どもは、

「自発的にできた」

「自分で課題を選ぶことで目標を自ら設定することができた」

「自分で決めたから最後まで頑張れた」

という実感を持ち

尊重された

できた

自分が主役だ

頑張れたことを周囲も喜んでいる

といった達成感や自尊心を持つことができます。

子どもへの向き合い方として、

子どもたちがいったい

授業の内容を楽しんでいるのか

自発的活動という実感を持てているのか

学びが喜びに繋がっているのか

を常に意識に留めることにより

学び学び合うといった

対等で活発な空気が教室に、

学習現場に流れるように思います。

子どもが病気や治療などの苦痛を体験し、

障がいとともに生きようとし

子どもなりにそれを乗り越えていくことは、

子どもにとってこれからの力になるばかりでなく

周囲の大人や子どもに学びや成長をもたらしてくれます。

健常と呼ばれる人たちはこのことにまず気づき、

敬意を払なくてはなりません。

それぞれ一人の人間として尊重し合うために。