幸せな人はみんな哲学を持って生きている!

人生の哲学がいっぱい詰まった「世界侵略のススメ」

ムーア氏が幸せな社会に生きる人たちから「国民が幸せになる方法」を学びそのシステムを本国アメリカへ持ち帰るという目的のもと最初に訪れたのはイタリア。

幸せいっぱいの日常を過ごす、めっちゃ(!)おしゃれな労働者階級の夫婦がまず登場。

バカンス自慢が始まります。誘導的に・・。

冬1週間の有給。

閑散期の8月は30~35日有給休暇。

結婚すると15日のハネムーン有給休暇。

さらに1年務めると13ヶ月目のサラリーとして12月に上乗せ給与がある。

普段の給料は生活に消えるからそれはバカンス用の資金だとのこと。

一方企業側に聞いてみる。

そんなに休暇をあげていいの?

儲けは成り立つの?・・・と。

すると経営者は開口一番、

経営者の喜びは、職員が休暇をとり生活を楽しむこと。発散すればストレスをためず仕事に集中でき生産性も上がる。

海と太陽は病気を遠ざけるから医者いらずとも。

労働者は、定時にベルが鳴るとともに退社。行き先は迷わず我が家。2時間かけて家族と食事を楽しむ。

バカンス、出産、子育て等に有給休暇がふんだんに。

それでもイタリアはもっとも生産性の高い国トップ15に入っている。

経営者はこうも言う。

会社の利益と福利厚生は両立している。バランスが取れていると。

「金持ちになるメリットがあるの?」と。

もちろんこれも国民が結集し、力を合わせて獲得したシステム。

本当の幸せとは何?と追求し続ける。

幸せになるために一人一人が諦めずに、そして行動すること、これこそが生きている実感。

イタリアおしゃれ夫婦の素敵な言葉をもう一度。

人生はたった一度、目一杯楽しまないと

幸せな人はみんな哲学を持って生きている!

〜「世界侵略のススメ」1〜

マイケル・ムーア監督による「世界侵略のススメ」を観ました。

ユーモアとウイットに富んだ切り口と構成は愉快爽快。

そして、この作品に登場した人たちはみな哲学を持って生きている!ということに深く感動しました。

その訳を数回にわたって書いてみようと思います。

同監督のドキュメンタリー「ボウリング・フォー・コロンバイン」(1999年)はコロラド州のコロンバイン高校での生徒による銃乱射事件を題材に作られ、米アカデミー賞最優秀賞を受賞しました。ライフル協会会長にこの事件についてインタビューするムーア氏は、毎度のボケで彼を油断させます。誘導尋問でいつの間にか会長を追い詰めていくというシーンでは、見る側に勝利の感覚をプレゼントしてくれました。

今回の作品の「侵略」という言葉にドキッとしますがそれも氏の戦略。観る者にショックと興味を持たせるキャッチーなタイトルです。

ここでも、やっぱりボケつつ感心しながら相手の話をおうむ返ししていく見事な娯楽性が基本の流れ。いつの間にか、テーマの本質や意義、それがいかに人間の尊厳として大切なのかを浮かびあがらせる、直球では尽くせない説得力があります。ただし今回は追いつめるのではなく、相手の自尊心をくすぐる手法。自慢させたり自分たちの持つ「いいもの」に誇り新たにさせながら、知りたいことを引き出していく・・というスタンス。

ムーア氏の手法だけではもちろんなく、この映画を見て一番感動したのは出演する人間全員がそれぞれ確固たる哲学を持ち、それに拠る生き方をしているということ。そして出演する誰もが生き生きと人生を謳歌している・・大人も子どもも・・というところ。

ムーア氏は、幸せな社会に生きる人たちから「国民が幸せになる方法」を学びそのシステムを本国アメリカへ持ち帰るという目的のもと、欧州、中東、アイスランドに行きます。

イタリアの労働環境、フランスの性教育や食育、チュニジアの女性の社会進出などなど。ポルトガルの死刑制度廃止の根底にある、あらゆる立場の人が持つ哲学には心から感動しました。

なんて成熟した国々なんだろうと。

アメリカの国旗を相手国に立て、素晴らしい生き方を戦利品として持ち帰ります。敵地?を去る時のお茶目顔。ボケて始まりいたずらっぽく侵略は成功します。

はじめに訪れたのはイタリア。

幸せいっぱいの日常を過ごす労働者階級の夫婦がまず登場。とにかくお洒落な二人です。

ストーリーの始まりはバカンス自慢。

陽気なイタリアン。

元気の源を見せつけられた感です。

人生はたった一度、目一杯楽しまないと。

二人が抱き合って伝えた最後のメッセージで今日のところは締めくくります!。

 ヘレン・ケラー協会より昭恵さんCDリリース!

盲目の朗読家として度々紹介させていただいている川島昭恵さんが、第12回愛盲報恩会片岡好亀賞を受賞しました。

昭恵さんは、幼い頃に感染症が原因で視力を失ったアーティスト。

見えないどころか、こころの目で周りを深く感じ見る、見るという次元を超えてすべてを洞察しているという感じ。

言葉の出ない子どもにも、ゆったりと話しかけながら何かしらの反応を待つ。空気の動きを感じとると、そうか、じゃ読むね。1ページごとに「めくるよ」と優しく声をかける。

昭恵さんは朗読する、というより、読みながら目の前の人と魂の交流をしているみたい」

と、

8/29/2017投稿 「美しい心」

6/5/2018投稿「美しい心2」

で小児病棟での活動の様子を紹介しています。

美しく透き通った声の源は、誰とでも1つになれる愛情と懐の深さだと。

受賞記念に、語りCD『新美南吉&宮澤賢治』(66分57秒 MONO))が、東京ヘレン・ケラー協会から7月20日にリリースされることになりました。

私は早速1枚申し込み、到着を楽しみにしているところです。

東京ヘレンケラー協会 http://www.thka.jp

その内容をこちらに紹介します。

📘新美南吉「手袋を買いに」:ある雪の日、子狐は人間の町に手袋を買いに出かけていきます。そこで出会ったものは…。

📗新美南吉「狐」:夜新しい下駄をおろすと狐につかれる。それを聞いた少年は、寝床でお母さんにたずねます。

📙宮澤賢治「虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)」:まわりからばかにされていた少年が植えた杉林。20年後、杉林はどうなったでしょうか。

昭恵さんからのメッセージ

語りへの思いがめばえたのは、中学 2年の秋、学校の文化祭で声優北川智繪さんの語りを聞いたときでした。

言葉をとおして鮮やかなイメージが広がっていく。

まるで絵を見ているような、夢見る気分でした。「語りとは、語り手が心の中に絵をかく作業ににている」。のちに、北川さんの書かれた本の中にこのフレーズを見つけた時、ハッとし、やっぱりと思いました。私は、失明以来長いこと、大好きな絵をかくことを忘れていました。

今、スタイルこそちがえ、全く同じことをことばを用いてやっています。自分の心にえがきだしたイメージを、語りを聞いて下さる方の心へと投影して行くのです。

誰の心にも鈴がある。いのちをふきこまれたことばは、その鈴を振るわせるのでしょう。

ホッと安らぎを感じるとき、

思わずふきだすとき、

涙がこみあげてくるとき、

やさしい気持ちになれるとき、

そこには、きっとことばの力が働いているのだと思います。

語りを聞いて下さる方々の、胸のうちにある「夢の鈴」を私は振るわせたい。

そして、心の出会いの輪を広げていきたいと思っています。

推薦者の方々です。

本間昭雄(聖明福祉協会理事長)

田中徹二(日本点字図書館理事長)

高橋實(視覚障害者支援総合センター前理事長)

絵を描くのが好きだった昭恵さんは、ことばを通して心に描いたイメージを目の前の人の心に描いていきたいと。

詩人のような昭恵さん。

自身で小説や詩を作られたら、それはまたとても素敵なことだろうなあ、と密かに楽しみにしている私です。

✳ご注文は下記宛、郵便、FAX 03-3200-2582、Eメール yougu@thka.jpでお願いします。

  送料別で定価2,600円(税込2,808円)

〒169-0072 新宿区大久保3-14-4 東京ヘレン・ケラー協会点字出版所

(03-3200-1310)