〜塗り絵が生む主体性〜

なにやらプレイルームはしんと静かです。

子どもたちはテーブルに向かって何かに集中しています。

宿題かな?

ふと見ると一台のテーブルに色のないmariさんオリジナル塗り絵。

もう一台のテーブルにはカラフルな仕上がった塗り絵が何枚も置かれています。

病棟の白い壁をポップに変身プロジェクト

プロデューサーManabe Mariさんの

塗り絵ワークショップはいつでも大人気。

ただ白い画用紙に絵を描きましょう、

では取り掛かりにくいし、

描くことに苦手意識のある子はまったく楽しめません。

塗り絵というある程度の枠組みがあって、あとは自由、

というスタイルは子どもたちが選ぶところから楽しめる

人気の活動です。

絵を選ぶ。色を選ぶ。デザインを加える。

ここまでは全員が夢中の静かな個人活動。

塗るほどに子どもたちは自分の世界に没頭している様子です。

そして出来上がった作品を、友達と見せ合う場面から一気に賑やかになります。

作品がコミュニケーションのツールになって、いろんな展開があるのが制作活動の特徴です。

その時間が終われば作品をベッドサイドに飾って楽しんだり、夕方面会に来た家族に今日あったこととして話題にしたり。

男の子の人気は、

✏️カブトムシの塗り絵

・・・世界中のカブトムシが図鑑のようにズラ~りと並んでいますが、リアルでもありどこかポップなタッチ。

女の子の人気は、

🖍ハンドバッグの図鑑

・・・ハンドバッグのデザイナーになったような気分。

✏️お茶目な格好をした動物たちの塗り絵

・・・塗っているうちに思いがけないものが隠れていてワクワクします。

🖍お姫様の塗り絵

・・・とってもオシャレで女子には一番人気。

✏️お弁当の塗り絵

・・・ルンルンお弁当を作っているような気分になります。

🖍カエルが思い思いのファッション!?でおどけた格好をして並んでいる塗り絵。

・・・お母さんたちに意外と人気。

などなど・・

思い浮かべてみてもキリがないほどのバリエーションです。

アーティストオリジナルの塗り絵は手が込んでいてとてもユニーク。

見た瞬間に誰でも笑顔になります。

色が加わるほどに

プレイルームも色鮮やかに

そして賑やかになっていきます。

Only Too Mari 

Smiling Hospital Japan Official Website

〜昨日の活動〜

イラストレーターmari manabe さんの塗り絵と貼り絵のワーク。

最近粘土アートも活動に取り入れたmariさん。

もっとも得意とするのは立体オブジェの制作だそうですが、病棟での活動として一番手軽に取り組めて、絵を描くことに苦手意識のある子でも塗り絵ならと飛びついてくれます。

そのモチーフと言ったら・・

男の子の人気は

🌀カブトムシの塗り絵

世界中のカブトムシが図鑑のようにズラ~りと並んでいますが、リアルでもありどこかポップなタッチ。mariさんならではです。

女の子の人気は

「全部!」

🌀個人的にはハンドバッグの図鑑(勝手に命名)

・・・これはハンドバッグのデザイナーになったような気分が味わえます。

🌀お茶目な格好をした動物たち塗り絵

・・・塗っているうちに思いがけない仕掛けを見つけてワクワクします。

🌀お姫様の塗り絵

・・・こちらもとってもオシャレで女子には一番人気。

🌀お弁当の塗り絵

・・・ルンルンお弁当を作っているような気分になります。

🌀カエルが思い思いのファッション!?でいろんな格好をして並んでいる塗り絵。

・・・お母さんたちに意外と人気。

などなど・・

思い浮かべてみてもキリがないほどのバリエーションです。

とにかく、mariさんの塗り絵は手が込んでいてとてもユニーク。

見た瞬間に誰でも笑顔になります。

塗るほどに子どもたちは自分の世界観を作っていきます。

塗っているうちに、何かがかくれんぼしているのを見つけてにっこり!なんてときも。

リクエストをすればどんな塗り絵も作成してくれるのもmariさんの得意技。

活動を始めた頃のmariさんのコンセプトは、

羽やヒレをつけて自由に動き回れる楽しい気分を、

と、鳥や魚の貼り絵が主でした。

オリジナルのポストカードをプレゼントするうち、モチーフの塗り絵が人気となり、mariさんの活動は塗り絵が定番となりました。

昨日は粘土でドーナツをいろいろにデザインしながらああでもない、こうでもないとおしゃべりもかしましい風景。

5さいの女の子とのにぎやかな活動が印象に残ります。

作っては見てみて・・と。

できたら見せてあげるね、と。

別の場所でリクエストの塗り絵を描いているmariさんを捕まえては話しかける。

まるでずっと仲良しだったみたいに。

「もう、そろそろおしまいなんだ」

という言葉に顔が少し曇ってしまったけれど、

またね!

の言葉に嬉しそうに

「ありがとう」

と返していました。

大好きなんだな、mariさんが。

そんな場面を見ると、アートを通してプラスαのプレゼントが、

アーティストそれぞれ違った形でできているんだなぁ、

と芸術家の奥深さに感動する日々です。