安静時間もなぜか賑やかスマイリング!

今日もアシスタント代打として病院へ行ってきました。

13:00からの活動。

小児病棟に入るや、

2人の少年がプレイルームで待っていてくれました。小学2年生の男の子たち。名札を見て、

「松本さん、っていうの?ふうん。

今日はモジャさんのマジックでしょ。どんなマジック?」

「どんなマジックかな、楽しみだね」

そんな会話をしているとスピーカーから、

「1時から3時まで安静時間です。お手洗いを済ませ、電気を消して横になって休みましょう」

と可愛らしい棟内放送が流れてきました。

小学校低学年の女の子、という印象です。

処置、入浴、検査、訪問学級の授業など何かと忙しい子どもたちにとって、この時間は貴重な安静時間でもあり、自由時間でもあり。

でも、嬉しいことに、SHJの日は特別にプレイルームに来て良いことになっています。

「君にも放送の当番が回ってくるの?」

「ううん。僕はやらない。やりたい人だけだよ」

「そうか。どっちでもいいんだ」

「うん」

この病院には闘病中の子どもたちに役割を提供して、自信をつけさせる工夫をしています。するしないの選択も当然のように任せています。

子どものきもちへの寄り添いにも、とても温かいものを感じます。

仲良しのいる病室に一歩でも踏み入れると、

「ダメ!」

とさえぎるのがほとんどの病院ですが、たまたまパーフォマンスを見学に来られていた医長さん、

「おっと、ここまでだよ」

と優しく伝えます。

それでもじわりじわりと入ってくる子には我慢がたまっていることを察して見えないふりをしていたり。もちろん、医療者ですから、ギリギリの線は保ちつつ。

さて、モジャさんのパーフォマンスはいつもに増して盛り上がる。

子どもたちは手を叩いて笑ったり、「すごい!」とびっくりしたり。

かたや、モジャさんのふざけぶりに保育士さんたちのはしゃぐ声も混ざって、病棟はものすごい騒ぎ。

プレイルームでの活動後も、2人の少年たちは各部屋へついて歩くほどの追っかけぶり。

廊下では、

「ねえねえ、モジャさんて面白いね」

「また来る?」

「さっきのマジックはさ~・・・」

などとおしゃべりは続きます。

仲良しすぎて途中ハラハラする喧嘩も発生。どうした、何があった?と保育士さん。

でもそのうち仲直り。

病院で知り合い、一緒に病気と闘っているふたり。一生の友になるんだろうな。

こんな感想文をもらいました。

「今日はとってもたのしいまじっくありがとうございます。ぼくはたのしいまじっくをみて元気がでてきました。今日は本当にありがとうございました」

ありがとうはこちらの方こそ!

楽しんでくれてありがとう。

おしゃべりも楽しかったよ。

出会いに感謝!

〜君に出会えて〜僕は嬉しいんだSHJテーマソング&PV「かけがえのない君へ」より〜♫

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜入院して初めての笑顔〜

「あっ」とおどろくトランプマジックに興味を持ち「もう一度見たい」という思いがわいてきた。その時に体調が悪かったがモジャさんが来てから元気になったからまた来てください。待っています。

病棟で時々とるアンケート。小5男児の感想です。一度見たマジックが強く印象に残っていたのでしょう。入院中に、ちょうどSHJの活動がありマジシャンが来てくれて元気になれたんだね。

そしてお母様からのコメントも添えられていました。

2週間ほど、抗がん剤の副作用に苦しみ、歩けず話せず起き上がるのも容易ではない状態の時、モジャさんが来てくれて数々のマジックを見せてくださいました。大好きなマジックを眼の前で見られたことに感動で、その一瞬は痛み、苦痛から逃れることができました。息子に入院してのち、初めて笑顔をくださったのがモジャさんです。今でもあのひと時の感動が忘れられません。「また来るね」と声をかけてくださいました。息子と待っています。長く苦しい闘病生活に感動と癒しをありがとうございました!

アンケートは活動の向上が目的ですが、とるほどに、SHJの理念とプログラムがすっかり受け入れられ喜ばれていることがわかり励みになります。

モジャさんはじめ、SHJのアーティストによる参加型活動は、単なる気分転換の楽しい時間という枠を超えた「凄いアーティストの本格的な芸術活動」。

目の前で繰り広げられるダイナミックなアートは「入院してたからできた体験」とも言われ、入院生活を「➕」に変えるほどの力を持っています。

さらに他のお母様からは、

今年の頭に息子が入院して、気持ちが落ち着かない中、保育士さんから塗り絵ワークショップに誘っていただきました。鮮やかで細かな色使いの絵葉書に、心が温かくなりました。入院して3ヶ月が経ち、息子がイラストの塗り絵をしています。異年齢の子どもたちが集まり、歓声を時々あげながら、皆懸命に塗っています。黙々と集中して塗っている息子を見て、他の子供達を見て、気持ちがさらに温かくなり、希望で胸が熱くなります。このような機会を与えてくださりありがとうございます。息子が塗った絵は、いつも心配して祈ってくれている祖父母に送ります。今後も楽しみにしています。

お母さんたちにとっても大きな力になっていること、嬉しくなります。

病棟保育士さんからのコメントからは、日々子どもと家族全体に寄り添い支える立場としての温かさが伝わってきます。

いつも楽しく素敵な活動を企画してくださり、ありがとうございます。毎回違った内容で、次はどんな人たちが来るのかな?と子どもたちだけでなく、付き添いの方、スタッフも楽しみにしています。内容が様々なのでその度に子どもたちの目の輝きも違い、その姿を見ていてとても嬉しくなります。病棟で生活している子どもたち、そして付き添いの方たちにとても大きな刺激になっているのだな、と感じています。

医師からは、

子どもたちが笑顔になることが我々病院スタッフにとって、一番の喜びです。子どもたちの未来のために、ともに頑張りましょう!

医療者に一緒に頑張ろうと言われることは私たちの本望。SHJの活動が現場で欠かせないものなのだと気づかせてくれます。

入院してから初めて笑った!

どれだけ我慢してきたのだろう。

そんな子どもたちのために、もっと頑張ろう。もっともっと多くの病院や施設で活動ができるように!

SHJが子どもたちに笑いをもたらせば、医療者も安心して治療に専念できる。

→治癒率が上がる、早くなる・・!

→子どもたちに、家族にもっと笑顔!!

そんな公式を勝手に作っています。