教育のグローバリゼーション!

グローバル社会と言われて久しい。

たしかに開発援助がすすみ、産業は国をこえて規制緩和。大国による援助の名の下で行われる目に見えない小国の支配はインフラを中心にめまぐるしい。

だけど、それぞれの国の特有な文化や習慣、考え方まではグローバル化できないところに、大きな落とし穴があるような気がします。

文明、技術、物質の普及を「豊かになった」と喜んでいると、気づかないうちに本当の幸せを見失っていた、そんな例は、皮肉にも、

いよいよローカルの時代~ヘレナさんの「幸せの経済学」 by ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ+辻信一

を読み、さらにドキュメンタリー「幸せの経済学」を観たあと、ブログで感想を綴っています(→7/10投稿「幸せの経済学」)。

さて、日本でグローバル化どころか、世界の流れに逆行する現象が起こっているのが教育。

学校ではフィールドワークだ、アクティブラーニングだと流行語虚しく、授業数を増やし、子どもを教室に閉じこめる時間の延長。夏休みの短縮が起こっています。

知識の量や数値で人を評価するような、無駄な競争社会作りに邁進しているようにしか見えません。

世界の教育事情について北欧を例に書いたことがあります(→2017/7/12投稿「フィンランドの教育」)。チームで協力する姿勢を学んだり、失敗から学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。自分の好きなことを見つけて伸ばしたり、コミュニケーションの力をつける機会がふんだんにある、と。

授業数も日本より少なく、学校の外でのフィールドワークがたっぷりあることも特徴です。

AI(人工知能)の研究が進み実用化が進んでいる今、AIには及ばない部分こそ、学校教育での活動に必要なことなのではないでしょうか。

     AIとは・・人間の知能そのものをもつ機械

        ・・人間が知能を使ってすることを代わって行う機械  

人工知能学会HPより

学校教育での活動に必要なこと、それは、

・・・クリエイティブな思考

・・・社会を良くしようとするコミュニケーション力や行動力

・・・情報をどうやって集め、いかに取捨選択し活用するか  

などを練習すること。

これこそグローバルスタンダードではないかと考えます。

これらの力をつけ、AIとうまく共存することで、

グローバル社会のなかで、

違った民族と自由に意見しあい、

他国と良好で安定した関係を築き、

国民一人ひとりが幸福になるということが、

グローバル化の今こそ、一つ一つの国が追求すべきこと。

それこそが豊かな国力となるのではないでしょうか。

こんなデータがあります。

「高校生の国際比較意識調査」

🌀自分は優秀だと思う

米国・・・88%

中国・・・67%

韓国・・・47%

日本・・・15%

🌀自分は価値のある人間だと思う

米国・・・89%

中国・・・88%

韓国・・・75%

日本・・・36%

日本は謙虚さが美徳とされる国だからの結果でもあるでしょう。

しかし、この数字を見る限り、悲しいかな、若者が幸せになろうと希望する姿が見えてこない。

もっとも、中国や韓国はものすごい競争社会で受験熱が日本以上だと聞きます。

それでもこのデータが物語る理由についてはまた調べてみたいと思います。

日本の教育現場、動きながら課題を見つけ、解決の方法を考え試し自分なりの策を見極め、集団の中で意見を言い仲間と一緒に問題を解決していく。そんな生き生きとした学びの場が少なすぎるのではないでしょうか。

⭕️知識が豊富な人=優秀な人

⭕️一流の大学を出て一流企業に勤めている=価値ある人間

って勘違いしてない? 

それこそが国際基準に激しく逆行です。

国境を越え、人と人が手を携えよりよい地球を作っていく人材を作ることが、教育のグローバリゼーションだと考えます。

優秀になって序列を上げたい」より、

「貧困問題を解決するという志を果たすために勉強して優秀になりたい!」

と若者が言えば、聞いている方だって幸せな気持ちになります。

さあ、何時間も教科書や黒板とにらめっこして知識を溜め込むのはやめ、本当に幸せになるための学びへ向かって教育のグローバリゼーションに目覚めよ、日本!

AIの役目を、私たち人間が躍起になっているなんて、

人間であることがもったいなくなるよ。

退院してからのこと -3-

自分の体験と、院内学級の生徒たちの退院後のことを重ね合わせて、最近思うことを連続して書いています。

今日はまとめとして、調べ続けているフィンランドの病弱児対応事情のうち、教職員の持つ裁量と教育理念の点でさらに掘り下げてみます。

フィンランドでは、一般の職員・教員がかなりの権限をもち(2017/7/17投稿 フィンランドの教育 参照)、子どもに必要な支援を得るために自由に関連機関や専門家と連携・協働できる。

日本では・・・

なにか特別なことを教育現場で行おうとすると、「校長の許可」「教育委員会の許可」に阻まれ、また「前例がない」が切り札となって積極的な改善をしようとしません。

日本にもフィンラン ドと同等の様々な専門知識を持った人々や、施設、制度が存在しているのに、これらが病弱児たちのために協働できていないのはとても残念です。

一方、フィンランドでは、国の総意としての教育理念が、「どのような子どもであっても、国の貴重な資源として 成長・自立できるように導くのが教育の目的」で、この理念をすべての教員や職員が、自分たちの教育目標としているそうです。

フィンランドの子どもたちは、なにか支援が必要な状況に陥った場合、多くの大人たちが話し合い、そして実際に支援してくれることを実感して成長していくようです。

このような環境であれば、たとえ様々な困難を抱えていても孤立することなく、人を信頼しながらのびのびと成長していくでしょう。

ここに、病弱児への教育姿勢の違いの理由があります。教員・ 職員が持つ裁量の違いと、教育の理念や目的の違いが非常に大きいのです。

基本的な考え方や価値観を変えていくためには大掛かりな意識変革がまずは課題となるでしょう。

人権や愛や自分ごととして物事を考え動く行動力、他人と協力し合うコミュニケーション力・・・

心のレベルでの土壌変革・・

きっと全てのおおもとである「教育」に問題があると思いますが、この点はそれてしまうので新たな機会に投稿しようと思います。

フィンランドでは、高学力と学力格差が少ないことで有名です。

それは子どもを自立させるために学校教育は必須という理念があるから。

たとえ病弱であっても、学校で適切な教育を受けられるよう様々な支援体制が存在しているのです。

一方日本では、普通学級は、特別支援を必要とする子どものための支援体制と連携が未熟なため、普通学級への通学が困難な場合に学校教育を十分に受けられないという事態が少なくありません。

そのため、特別な支援を必要とする子どもの学力低下や、将来の自立への壁という問題が発生しています。

ここに置いても、日本の教育制度の改革の必要性の大きさは計り知れません。

個人レベルでの高い問題意識も、制度や態勢に阻まれるということがここでも起こっているという印象です。

人が幸せになる国、そして子どもの幸福度の高いフィンランドから、日本は学ぶべき点が多分にありそうです(2018/7/6投稿 尊厳を守るのが社会の柱 参照)。

参考: 国立特別支援教育総合研究所ジャーナル  第2号 2013年3月 

 

~尊厳を守るのが社会の柱~

シリーズ「世界侵略のススメ」感想文最終回。

私が感動した成熟社会のシステムはまだまだあります。

🌀フィンランドの教育。

かなり前にブログに書いたこのテーマ。

「フィンランドの教育」→http://ellie.smilinghpj.org/?p=2045

学力統一テストなどというものはない。

競争から生まれるものはすさんだ感情だけ。

授業が少なく宿題もないのに、学力は世界一。マルチリンガルの人も多い。

工作したり、自由研究をしたりしている子どもたちの様子は実に楽しそう。

大学のテストでは選択問題がなく記述が多いところが嬉しい、と学生。

選択の方が楽では?と思いがちだが、学生曰く、

「正確に知らないと」

・・もうこれだけで、あっぱれです。

教師、生徒が互いを尊重し合い、主体的でいることが何より心地よく、誰もがとても自立している、そんな印象です。

🌀ポルトガルの麻薬対策。

ドラッグの非犯罪化と無料の治療をセットに!

麻薬の非犯罪化のアイデアは「寄り添い」。人権を重んじる考え方が根付いていてこその実践です。

見事に麻薬対策が成功しています。逮捕された人は何年もの間0!

ポルトガルの警官は語ります。

「尊厳を守るのが社会の柱」

🌀ノルウェーでは刑務所システム。

刑務所=社会復帰のための場所

自由を制限することのみで、過酷な罰は与えない。

ネオナチの人種差別主義者による大量殺人事件で息子を失った父親はこう言います。

「復讐は望まない

犯人と同じレベルに下りるつもりはない

犯人を殺す権利などない

収監しても物事はよくならない

憎しみを増すだけ」

これは国民全体の考え方だといいます。

この事件の犯人、少なくとも10年、

最大21年の実刑判決を受けています。

これはノルウェー最長刑だそう。

🌀ドイツにおける民族としての歴史認識

社会の不正を告発する義務を持つドイツ人。

各企業に監査役員を設置する義務があるそう。しかもその役員の半分以上が実際にそこで働いている従業員でなければいけない。

「そうしなければ社会が壊れる」・・誰もが持つ共通認識。

ドイツの学校では、ナチの過去を次世代に伝えることが歴史教育の最重要課題のひとつと考えられています。特に中学生の時に集中的に学習を受けます。ナチがユダヤ人に対して行った残酷な実験のビデオ、強制収容所跡地や歴史博物館の見学が学習プログラムに取り入れられているそうです。

不正を嫌う正義感あふれるドイツ人だからこそ、省みること、事実を認め反省すること、そこからの出発を重んじるんですね。

残念ながら、どこかの国とは随分違います・・。

ドイツ民族の哲学・・謙虚さ、潔さ、正義感。

🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞

それぞれの国の「いいところ」をたくさん紹介してくれた「世界侵略のススメ」。

もちろん一筋縄ではいかず、必ずしも一般化はできないテーマばかりですが、少なくとも「成熟した高級品」を見せられた気分です。

正直羨ましい。

だけど、こんな社会にすることができるんだ!

と希望を持つこともできました。