~尊厳を守るのが社会の柱~

シリーズ「世界侵略のススメ」感想文最終回。

私が感動した成熟社会のシステムはまだまだあります。

🌀フィンランドの教育。

かなり前にブログに書いたこのテーマ。

「フィンランドの教育」→http://ellie.smilinghpj.org/?p=2045

学力統一テストなどというものはない。

競争から生まれるものはすさんだ感情だけ。

授業が少なく宿題もないのに、学力は世界一。マルチリンガルの人も多い。

工作したり、自由研究をしたりしている子どもたちの様子は実に楽しそう。

大学のテストでは選択問題がなく記述が多いところが嬉しい、と学生。

選択の方が楽では?と思いがちだが、学生曰く、

「正確に知らないと」

・・もうこれだけで、あっぱれです。

教師、生徒が互いを尊重し合い、主体的でいることが何より心地よく、誰もがとても自立している、そんな印象です。

🌀ポルトガルの麻薬対策。

ドラッグの非犯罪化と無料の治療をセットに!

麻薬の非犯罪化のアイデアは「寄り添い」。人権を重んじる考え方が根付いていてこその実践です。

見事に麻薬対策が成功しています。逮捕された人は何年もの間0!

ポルトガルの警官は語ります。

「尊厳を守るのが社会の柱」

🌀ノルウェーでは刑務所システム。

刑務所=社会復帰のための場所

自由を制限することのみで、過酷な罰は与えない。

ネオナチの人種差別主義者による大量殺人事件で息子を失った父親はこう言います。

「復讐は望まない

犯人と同じレベルに下りるつもりはない

犯人を殺す権利などない

収監しても物事はよくならない

憎しみを増すだけ」

これは国民全体の考え方だといいます。

この事件の犯人、少なくとも10年、

最大21年の実刑判決を受けています。

これはノルウェー最長刑だそう。

🌀ドイツにおける民族としての歴史認識

社会の不正を告発する義務を持つドイツ人。

各企業に監査役員を設置する義務があるそう。しかもその役員の半分以上が実際にそこで働いている従業員でなければいけない。

「そうしなければ社会が壊れる」・・誰もが持つ共通認識。

ドイツの学校では、ナチの過去を次世代に伝えることが歴史教育の最重要課題のひとつと考えられています。特に中学生の時に集中的に学習を受けます。ナチがユダヤ人に対して行った残酷な実験のビデオ、強制収容所跡地や歴史博物館の見学が学習プログラムに取り入れられているそうです。

不正を嫌う正義感あふれるドイツ人だからこそ、省みること、事実を認め反省すること、そこからの出発を重んじるんですね。

残念ながら、どこかの国とは随分違います・・。

ドイツ民族の哲学・・謙虚さ、潔さ、正義感。

🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞

それぞれの国の「いいところ」をたくさん紹介してくれた「世界侵略のススメ」。

もちろん一筋縄ではいかず、必ずしも一般化はできないテーマばかりですが、少なくとも「成熟した高級品」を見せられた気分です。

正直羨ましい。

だけど、こんな社会にすることができるんだ!

と希望を持つこともできました。

〜北風と太陽の理論〜

「世界侵略のススメ」

「侵略=国民が幸せになるため、必要なものをゲットしてアメリカに帰る」ムーア氏の侵略先2つ目はフランス。

美食の国のグルメ番組さながらに場面が移ったのは一流レストランの厨房・・と思いきや・・

それは学校のカフェテリアの調理室。

フレンチジャズをバックに色とりどりの食材が映し出される映像からは、美味しそうなフレンチメニューの香りが今にも漂いそう。

給食当番制や、アメリカのスクールカフェテリアのように自分で好きなものを取るのとは違い、シェフが一人ずつに配ります。

アピタイザーから始まったその日のメニューはメインディシュのラム肉のソテーはじめ、チーズとデザートを含め8種類のフルコース。

さすがグルメの国、

フランス食育の文化はさすがです。

職員室で週に一度給食について会議をするほど食の大切さを重んじています。日本でも「食育」が叫ばれて久しいですが、ここフランスでは食事マナーもその中に当たり前に取り入れています。

ムーア氏は給食の時間にコーラを持ち込みます。

コーラ飲む?

「飲まない」と全員。

飲んだことないの?

「な~い」

じゃ試してみて。美味しいよ。

「・・・・」

全員が困った顔。

空気を読んだ女の子、しぶしぶ飲んでみる。

「お い し い・・・」

と明らかに仕方なさそうな返事。

その代わりにフランスの小学校で飲むものは

水 水 水。

もちろんハンバーガーのメニューは皆無。

一番感動したのは、プラステックの皿ではなく陶磁器で料理が配膳されること。

フランス料理をアルマイトやポリプロピレン(古い!?)のさらに盛り付けるという発想はもともとないのだろう。

え?プラスティックじゃないの?

とまたムーア氏。これじゃ割れちゃうよ、とばかりにテーブルにガチャガチャさせてみせる。

「割れますよ。陶磁器です」

今度はガラスのコップをガチャガチャ。

「ガラスです。気をつけて!」

とシェフに怒られる。

子どもたちはやれやれといった面々。

食器やコップは割れるものとして大切に扱うのが当たり前。安全(アルマイトは別の意味で危ないけど)第一で子どもの感性を鈍らせてしまう文化とは違う。ここに、モンテッソーリの考え方「本物を使う」が根付いていること、我が意を得たり!

そして高校生への徹底した性教育。

性の違いや行為についてのうんちくより前に「愛すること」について考えさせながら具体的な教育に入っていくのがフランス流。相手を大切にすることから始まります。

さすが愛と情熱の国です。

人を好きになることは自然な感情。

愛する人には相手の求めるものを与え、してほしいことを伝えるのよ。

と、教員は文字通り愛を持って子どもたちに性について教えています。

ティーンエイジャーの妊娠率は教育の効果により、アメリカの1/2という数字も。

北風と太陽の理論。

イタリアに加え、成熟した社会のあり方に深く感動しました。

幸せな人はみんな哲学を持って生きている!

人生の哲学がいっぱい詰まった「世界侵略のススメ」

ムーア氏が幸せな社会に生きる人たちから「国民が幸せになる方法」を学びそのシステムを本国アメリカへ持ち帰るという目的のもと最初に訪れたのはイタリア。

幸せいっぱいの日常を過ごす、めっちゃ(!)おしゃれな労働者階級の夫婦がまず登場。

バカンス自慢が始まります。誘導的に・・。

冬1週間の有給。

閑散期の8月は30~35日有給休暇。

結婚すると15日のハネムーン有給休暇。

さらに1年務めると13ヶ月目のサラリーとして12月に上乗せ給与がある。

普段の給料は生活に消えるからそれはバカンス用の資金だとのこと。

一方企業側に聞いてみる。

そんなに休暇をあげていいの?

儲けは成り立つの?・・・と。

すると経営者は開口一番、

経営者の喜びは、職員が休暇をとり生活を楽しむこと。発散すればストレスをためず仕事に集中でき生産性も上がる。

海と太陽は病気を遠ざけるから医者いらずとも。

労働者は、定時にベルが鳴るとともに退社。行き先は迷わず我が家。2時間かけて家族と食事を楽しむ。

バカンス、出産、子育て等に有給休暇がふんだんに。

それでもイタリアはもっとも生産性の高い国トップ15に入っている。

経営者はこうも言う。

会社の利益と福利厚生は両立している。バランスが取れていると。

「金持ちになるメリットがあるの?」と。

もちろんこれも国民が結集し、力を合わせて獲得したシステム。

本当の幸せとは何?と追求し続ける。

幸せになるために一人一人が諦めずに、そして行動すること、これこそが生きている実感。

イタリアおしゃれ夫婦の素敵な言葉をもう一度。

人生はたった一度、目一杯楽しまないと

幸せな人はみんな哲学を持って生きている!

〜「世界侵略のススメ」1〜

マイケル・ムーア監督による「世界侵略のススメ」を観ました。

ユーモアとウイットに富んだ切り口と構成は愉快爽快。

そして、この作品に登場した人たちはみな哲学を持って生きている!ということに深く感動しました。

その訳を数回にわたって書いてみようと思います。

同監督のドキュメンタリー「ボウリング・フォー・コロンバイン」(1999年)はコロラド州のコロンバイン高校での生徒による銃乱射事件を題材に作られ、米アカデミー賞最優秀賞を受賞しました。ライフル協会会長にこの事件についてインタビューするムーア氏は、毎度のボケで彼を油断させます。誘導尋問でいつの間にか会長を追い詰めていくというシーンでは、見る側に勝利の感覚をプレゼントしてくれました。

今回の作品の「侵略」という言葉にドキッとしますがそれも氏の戦略。観る者にショックと興味を持たせるキャッチーなタイトルです。

ここでも、やっぱりボケつつ感心しながら相手の話をおうむ返ししていく見事な娯楽性が基本の流れ。いつの間にか、テーマの本質や意義、それがいかに人間の尊厳として大切なのかを浮かびあがらせる、直球では尽くせない説得力があります。ただし今回は追いつめるのではなく、相手の自尊心をくすぐる手法。自慢させたり自分たちの持つ「いいもの」に誇り新たにさせながら、知りたいことを引き出していく・・というスタンス。

ムーア氏の手法だけではもちろんなく、この映画を見て一番感動したのは出演する人間全員がそれぞれ確固たる哲学を持ち、それに拠る生き方をしているということ。そして出演する誰もが生き生きと人生を謳歌している・・大人も子どもも・・というところ。

ムーア氏は、幸せな社会に生きる人たちから「国民が幸せになる方法」を学びそのシステムを本国アメリカへ持ち帰るという目的のもと、欧州、中東、アイスランドに行きます。

イタリアの労働環境、フランスの性教育や食育、チュニジアの女性の社会進出などなど。ポルトガルの死刑制度廃止の根底にある、あらゆる立場の人が持つ哲学には心から感動しました。

なんて成熟した国々なんだろうと。

アメリカの国旗を相手国に立て、素晴らしい生き方を戦利品として持ち帰ります。敵地?を去る時のお茶目顔。ボケて始まりいたずらっぽく侵略は成功します。

はじめに訪れたのはイタリア。

幸せいっぱいの日常を過ごす労働者階級の夫婦がまず登場。とにかくお洒落な二人です。

ストーリーの始まりはバカンス自慢。

陽気なイタリアン。

元気の源を見せつけられた感です。

人生はたった一度、目一杯楽しまないと。

二人が抱き合って伝えた最後のメッセージで今日のところは締めくくります!。