〜もうちょっとの想像力〜

あと少しの想像力があったらもっとあったかい社会になるだろうなあ、と思うシーンがあります。

中でも、電車内。

たまたま乗り合わせた人同士が同じ空間を一定の時間、偶然一緒に過ごすという、ものすごい一期一会の繰り返し。

その一瞬の積み重ねが社会生活だとすると、”今この時”を大切にすること以上に大切なことってあるかな?と思います。

人間観察を楽しむというおまけ付き。まずは電車の中を見回してみることをお勧めします。

”人の振り見て我が振り直せ”

あ、あの人もう少し寄ればもう一人座れるなあ、

と感じたら自分がそうしたらいい。

空いている席の前に立つと、私みたいに図々しいオバサンでないかぎり、あの席は無駄になるなあ、

と感じたら、

たまたま空いている席の前に立った時、座ってしまえば必要な人のためにとっておける。その時はさっと立てばいい。そうでなかったら目的地まで座るというお得感あり。

満員電車の中で、なぜかすっぽりと空間があるときがあります。

ここに一人入れば入り口の押し合いへし合いもきっと少しは減る、と考え、その隙間にすっぽりと身を斜め横にして滑り込ませてみたりします。

ここまでくるとちょっとおかしいんじゃない?と言われそうですが、それは小柄な私だからできること。

スマホからほんのすこしの間でも顔を上げたらハッとする発見があるかもしれない。さあ顔を上げて人間観察。

おしゃれな人からインスピレーションをもらったり、何気ない子ども同士のやりとりに最近のトレンド!?を知ることができたり・・。

「気づいた」と「気づかなかった」

これだけのことでどれほど違った未来(次の瞬間から先)があるだろう。

思いがけず未来が開けるのか、または現状維持か。

ちょっと大げさだけど、一期一会はそれほどの意味があるような気がします。

これな〜んだ?想像力!!