〜仲間と作る現実は理想を超える〜

”仲間と作る現実は理想を超える”

そんな理念を掲げた出版社の仲間になれたこと

心から幸せに感じています。

スマイリングホスピタルジャパンを立ち上げ

たくさんの人たちを巻き込んで

全国で活動する団体へと成長した

そのストーリーを本にする・・

そんな企画に全会一致で賛同し

応援してくれる

英治出版

プロデューサー4名に

背中を押してもらいながら

執筆中です。

改めてここで感謝いたします。

昨日は

創立20周年記念イベント

PUBLISHING FOR CHANGE

にお邪魔しました。

”誰かの夢を応援すると

    自分の夢が前進する”

そんな創立者 原田英治さんの思いが

下支えしたことで

発展してきた英治出版。

そのことは

集まった大勢の人

一人一人が夢に向かって

生き生きと自分を生きている姿を見て

納得しました。

そもそもこの出版社に出版企画を送った理由は

長いこと憧れていた出版社だったから。

なぜ憧れを?

まず

4/3 投稿~本を書くということ2~

に綴ったように

教員時代に

児童労働を題材にした

国際理解教育の授業で参考資料にしたのが

英治出版発行「チョコレートの真実」

だったこと。

さらに、

病児保育の先駆者である某NPOのカリスマ代表に憧れ

彼みたいに毎日ブログを書こう。

彼みたいに

子どもを取り巻く社会を

(全くもって微力だけど)

変えたい。

そして彼みたいに

本を出したい

そう、彼の本は英治出版発行でした。

もちろん事務所の書棚には

その他この出版社の手による本が数冊収まっています。

これほどの憧れが

気づかないうちに

”念ずれば花開く”を具現化!?した

ということなのでしょう。

思い続けること・・大事です。

さてこのイベントの盛り上げ役はアニバーサリー・ビール。

創業者 原田さん念願のオリジナルビール造りが

EIJI PRESS Baseという

理念や方向性を共感しあう仲間が集う会員制シェアスペースで

企画されたそう。

ここは

「仲間と作る現実は、自分の理想を超えていく。」という

原田さんのビジョンが形になってきた場所。

今回も意気投合した仲間が

Eiji Yell Beer

の誕生を成功させました。

そして生まれたビールがさらに人と人とのつながりのきっかけづくりに

大いに貢献したところ

文字通り、理想以上の現象だったのでしょう。

ほんのりとしたゆずの香り

爽やかなテイストは

笑顔を満開へと誘いました。

🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻

ひとしきり交流が続いた後は

ワークショップ

”それぞれの夢をみんなの夢に”。

1年後、10年後、100年後の

Life, Business, World別に付箋に夢を描いていくというもの。

この中から選ばれた人が自己紹介後、付箋の「夢」について語る。

その人がまた次の「夢」の持ち主にマイクを渡し・・

と続きました。

ちなみに私は10年後には

「障がいという言葉がなくなっていますように」

と付箋に書くと、

同じ思いで障害者就労に取り組む方の指名で

次なる発表者としてマイクを渡されました。

こうして素敵な出会いがたくさん生まれました。

出版社ですからイベントが行われたスペースには

これまで発行した書籍が展示され、

また年度ごとに積み上げられ・・

「気に入った本があればいくらでも持って行ってください」

というなんと太っ腹な出版社。

ここでも

ただ売るだけのために本を作るのではない

誰かの夢を伝える、応援するために

本を作り出版するのだ。

というビジョンがキラリ!

3/11投稿  〜本を書くということ1〜

4/3 投稿~本を書くということ2~