ヌマエビが教えてくれたこと🦐

我が家ではヌマエビ4匹を育てている。

ガラスの水槽でたくさんの水草と一緒に。

窓際で光を浴びて光合成を繰り返す水草は

みずみずしく透き通り

それはそれは美しくて

見ているだけで癒される。

合間を泳ぎ遊ぶヌマエビたちも

負けないほどに美しく透き通り

その動きを見ていると

いつまでも飽きないものだ。

最近、ふと気付いた。

というか、ヌマエビが

身をもって

教えてくれたことがある。

コミュニティにおいて

「目新しいもの」が生むものは・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

まず、ペット類を買うときは

決まってエサも一緒に買う。

当たり前だ。

食料がなければ死んでしまう。

パッケージは

✔︎嗜好性抜群!

✔︎産卵、成長に必要な栄養素を各種配合

✔︎シュリンプが食べやすい形状

✔︎水を汚さない

✔︎着色剤不使用

✔︎ヌマエビの喜ぶ美味しさ!

などなど、

本人!たちの嗜好に合わせて

飼い主にも寄り添って

魅力的な触れ込みつきだ。

ここからだ。

エサを与えるごとに

すごい勢いで彼らは群がる。

「食い物の恨みは恐ろしい」

とはこのことだ。

一つ投入するごとに

4匹が脱兎!のごとく

ものすごい勢いで集まり取り合う。

怯んでいる場合ではない。

おいおい

一つずつあるぞ、と

慌て急いで追加3つ放り込む。

おやおや

1つGETしたはずの1匹が

持っているものをあっさりと捨て

新しいエサに一目散だ。

良かれ

と思って美味しいものを与えた

その先には、

奪い合い

争い

が発生する。

目新しく魅力的なもの

が彼らの関係を壊したということか。

最初だけかと思ったが

毎回この騒ぎ。

脱落した者は次回こそ!と敵対心を?

勝者は驕りを?

ヌマエビたちは学んだのか、

餌投入後のスピードに拍車がかかる。

そこで思う。

これではストレス社会だ、

親切心と愛情で与えた餌が

争いの元になるなんて・・・。

そこで

苔やプランクトンが食料になる

という情報を信じ

しばらくエサ投入を止めてみた。

食べ物が、なくて大丈夫かな?

という心配は取り越し苦労だった。

彼らはそれぞれが自分で水草の表面や

水槽のガラス内側についた苔などを

 それはそれは穏やかに食べている。

平和そのものだ。

好循環の生態系を作っていると言えるかもしれない。

そしてそれは水槽をきれいにするという働きをも持つ。

そして言わずもがな

争いは消え

穏やかさが蘇ったのだ。

外部から

もの

が入ってこないことが生むものは

彼ら独自のコミュニティ

平和な社会。

餌のせいで水を汚すこともなく

環境問題も解決!

究極のローカリゼーションを

ヌマエビたちにまざまざと見せつけられた

というわけ。

以前ブログで紹介した

幸せの経済(→2018/7/10投稿〜幸せの経済学〜

がこの小さな水槽に存在した!

ラダックという山あいにある小さな国のこと。

民が互いに助け合い

わかち合い

地産地消の豊かな生活をしていたが、

先進国が

貧しい国を支援するという名目で

インフラの開発や物流を投入した。

幸せな共生社会だったはずが

物があふれ

便利になったことで

生まれたものは

やはり

奪い合い

競争。

しだいに

いがみ合いや争いが絶えなくなった。

ほしいものは何もない、と言っていた人たちが

「自分たちは貧しいのだ」

と思い込まされてしまう・・。

*****

良かれと思って外野がすること

=ヌマエビに市販のエサを与えること

=地産地消の豊かだったコミュニティに

便利さや富をと、お節介をすること

自立心ばかりでなく

卑屈な思いを抱かせ

人間関係を壊し内部争いを生む。

*****

我が家のビオトープは

生き物の生態を観察することや

癒しをくれるもの

としてだけでない。

社会の縮図や教訓を

ひとしれずひっそりと

何気なく教えてくれている。

小さなコミュニティで

互いの顔が見える仕組みや経済が

成り立てば

これぞ本物の

幸せの経済。

愛しいヌマエビ君たちが教えてくれました。

〜しあわせの経済フォーラムへ〜

・・・グローバリズムからローカリズムへ・・・

~あなたは豊かさをどんな物差しで測りますか~

と題して、7/10ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ監督*のドキュメンタリー映画「幸せの経済学」について感想を書きました。

(→7/10投稿「幸せの経済学」

昨日は明治学院大学にて、ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ氏とともに「いよいよローカルの時代」を著した辻信一氏*始め、そうそうたる登壇者が揃う

「しあわせの経済」フォーラム2018(主催:ローカル・フューチャーズ/「しあわせの経済」フォーラム2018 in 東京実行委員会)

がありました。

プログラム進行と同時に、ローカライゼーションの考え方をもとに活動するパルシステム、国内、世界中からのファーム、日本の種子を守る活動をする団体、社会問題を配給する会社、再生可能エネルギーを広める団体などが集うマルシェが開催されました。

楽しみながら「しあわせへの経済」を目指してローカルで事業を運営する魅力的な人たちで大にぎわいでした。

・・「しあわせの経済」・・

グローバリゼーションの時代から自立的経済 ローカリゼーションへ。

「グローバル経済の腕はあまりにも長く、手の先で何をしているかわからない」とはホッジ氏の言葉。

先住民の文化を壊す多国籍企業の行為をピタリとわかりやすく表現しています。

貨幣経済の台頭によりお金さえあれば何でも手に入るという幻想を持ってしまったグローバリズムの警告を告げています。

しかし、グローバル社会の無限の経済成長は有り得ないことに気づき始めた人たちがすでに動き始めています。

健全で持続可能、自らの行動を自ら決める本当の幸せを求めて。

本当の幸せの見つけかた。

それはローカリズムによる経済体系の縮小。

ローカル金融、地産地消、自給自足など地域で完成させること。

それが顔の見える人間関係や流通システムを生みます。

そして再生可能ビジネスが生まれる。

株式会社という形が全てではなく、ローカルでシンプルなビジネス、

大きなスケールより小さなスケールをたくさんつくり互いに繋がり合う社会。

その繋がりと共生の思想は

土、水、すべての自然環境との繋がりです。

登壇者の誰もがホッジ氏の”ビッグピクチャー”の考え方をわかりやすく伝えていました。

それは、理論的な分析や目の前のことに翻弄されるのではなく、

今まで当たり前に”前提”とされてきたことを立ち止まって本当に?と広い視野に立って考える。消費者文化の中で、本物を見分ける力を麻痺させられないように、といったメッセージでした。

講演では専門家によるグローバリゼーションの現状と限界をみんなで確認。その上に立って、希望を持って明るい未来は作っていけるのだと、誰もが結んでいました。

人間は生れながら社会の健全さを引き起こし保つ権利がある。

そんな市民主導のローカルムーブメントがうまれ、相互の繋がりが、世界中のあちこちで発生しています。

一人ひとりが本当のしあわせをつかむ時代がやってくる、そんな気配です。

*ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ (Helena Noberg-Hodge)

スウェーデン生まれ。Local Futures(ローカル・ヒューチャーズ)創設者。グローバリゼーションに警笛を鳴らし、ローカリゼーション運動を世界中で展開するオピニオンリーダー。1975年、グローバル化により失われつつあるインド・ラダックの文化や環境を保全するプロジェクトに取り組む。著書『ラダックー懐かしい未来(Ancient Futures)』は、40の言語に翻訳され、高い評価を得た。2010年にはドキュメンタリー映画『幸せの経済学』を監督。各国で上映運動が行われている。(同氏著『ローカル・ヒューチャー』より抜粋)

*辻信一

文化人類学者、明治学院大学国際学部教員。環境活動家。「ナマケモノ倶楽部」世話人。「ゆっくり小学校」校長。著書に『スロー・イズ・ビューティフル』(平凡社)など多数。(同氏監訳「ローカル・ヒューチャー」より抜粋)

教育のグローバリゼーション!

グローバル社会と言われて久しい。

たしかに開発援助がすすみ、産業は国をこえて規制緩和。大国による援助の名の下で行われる目に見えない小国の支配はインフラを中心にめまぐるしい。

だけど、それぞれの国の特有な文化や習慣、考え方まではグローバル化できないところに、大きな落とし穴があるような気がします。

文明、技術、物質の普及を「豊かになった」と喜んでいると、気づかないうちに本当の幸せを見失っていた、そんな例は、皮肉にも、

いよいよローカルの時代~ヘレナさんの「幸せの経済学」 by ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ+辻信一

を読み、さらにドキュメンタリー「幸せの経済学」を観たあと、ブログで感想を綴っています(→7/10投稿「幸せの経済学」)。

さて、日本でグローバル化どころか、世界の流れに逆行する現象が起こっているのが教育。

学校ではフィールドワークだ、アクティブラーニングだと流行語虚しく、授業数を増やし、子どもを教室に閉じこめる時間の延長。夏休みの短縮が起こっています。

知識の量や数値で人を評価するような、無駄な競争社会作りに邁進しているようにしか見えません。

世界の教育事情について北欧を例に書いたことがあります(→2017/7/12投稿「フィンランドの教育」)。チームで協力する姿勢を学んだり、失敗から学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。自分の好きなことを見つけて伸ばしたり、コミュニケーションの力をつける機会がふんだんにある、と。

授業数も日本より少なく、学校の外でのフィールドワークがたっぷりあることも特徴です。

AI(人工知能)の研究が進み実用化が進んでいる今、AIには及ばない部分こそ、学校教育での活動に必要なことなのではないでしょうか。

     AIとは・・人間の知能そのものをもつ機械

        ・・人間が知能を使ってすることを代わって行う機械  

人工知能学会HPより

学校教育での活動に必要なこと、それは、

・・・クリエイティブな思考

・・・社会を良くしようとするコミュニケーション力や行動力

・・・情報をどうやって集め、いかに取捨選択し活用するか  

などを練習すること。

これこそグローバルスタンダードではないかと考えます。

これらの力をつけ、AIとうまく共存することで、

グローバル社会のなかで、

違った民族と自由に意見しあい、

他国と良好で安定した関係を築き、

国民一人ひとりが幸福になるということが、

グローバル化の今こそ、一つ一つの国が追求すべきこと。

それこそが豊かな国力となるのではないでしょうか。

こんなデータがあります。

「高校生の国際比較意識調査」

🌀自分は優秀だと思う

米国・・・88%

中国・・・67%

韓国・・・47%

日本・・・15%

🌀自分は価値のある人間だと思う

米国・・・89%

中国・・・88%

韓国・・・75%

日本・・・36%

日本は謙虚さが美徳とされる国だからの結果でもあるでしょう。

しかし、この数字を見る限り、悲しいかな、若者が幸せになろうと希望する姿が見えてこない。

もっとも、中国や韓国はものすごい競争社会で受験熱が日本以上だと聞きます。

それでもこのデータが物語る理由についてはまた調べてみたいと思います。

日本の教育現場、動きながら課題を見つけ、解決の方法を考え試し自分なりの策を見極め、集団の中で意見を言い仲間と一緒に問題を解決していく。そんな生き生きとした学びの場が少なすぎるのではないでしょうか。

⭕️知識が豊富な人=優秀な人

⭕️一流の大学を出て一流企業に勤めている=価値ある人間

って勘違いしてない? 

それこそが国際基準に激しく逆行です。

国境を越え、人と人が手を携えよりよい地球を作っていく人材を作ることが、教育のグローバリゼーションだと考えます。

優秀になって序列を上げたい」より、

「貧困問題を解決するという志を果たすために勉強して優秀になりたい!」

と若者が言えば、聞いている方だって幸せな気持ちになります。

さあ、何時間も教科書や黒板とにらめっこして知識を溜め込むのはやめ、本当に幸せになるための学びへ向かって教育のグローバリゼーションに目覚めよ、日本!

AIの役目を、私たち人間が躍起になっているなんて、

人間であることがもったいなくなるよ。

〜幸せの経済学〜

・・・グローバリズムからローカリズムへ・・・

~あなたは豊かさをどんな物差しで測りますか~

ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ監督*のドキュメンタリー映画「幸せの経済学」を観ました。

ヘレナさんは聞きます。

この村で一番貧しいひとの家に案内して、と。

「この村に一番貧しいひとはいません」

と村人。

30年前まで外国人立入禁止地域だったヒマラヤの辺境ラダックという村でのこと。

貧しさとか豊かさは誰が決めるんだろう。

近代的な国から見たら貧しそうに見える農村。物は豊富でないけれど、自給自足、必要な生活の糧は自分たちで賄い、地域で助け合う暮らしは人間の基本的な営み。

足るを知る生き方は、堂々としていて誇り高い。

土地の文化や習慣を守り継承していく、素朴な、そしてプリミティブな生活。

本当の幸せ、豊かさとはこういうことかな、と思わされます。

しかし、グローバリズムが台頭し、情報化の波が及ぶようになり、豊かだったはずの農村が一変します。

華やかなコマーシャルにより、近代的な生活を知り自分たちの生活と比較するようになると自分たちは貧しいのだ、とそれまでのアイデンティティを否定し、近代社会に憧れるようになります。

数年経って、ヘレナさんの問いに、「貧しい人はいない」と答えた村人は言います。

「貧しい私たちを助けてください」と。

映像は衝撃的でした。

こんなに変わってしまうのか、と。

外国企業は開発援助の名目でインフラを容赦なく整備していく。

便利で豊かになったと思うのもほんの束の間。情報や物が入ってくるとそこには奪い合いや競争が生まれ、格差が発生する。持つ者はもっと欲しがり、そうでない者には妬みが。やがて競争や争い、ひいては原理主義や紛争をもたらす。

このカラクリを見事なプレゼンテーションで映像化したこのドキュメンタリー。

資本主義やグローバリズムの盲点を暴き、主導者の言う豊かさとは、じつは本当の豊かさではないことをクリアに伝えています。

環境問題、人口問題、避難民問題、紛争、核開発・・・地球はもう行き着くところまでいき飽和状態だと悲観する人がいます。

しかし、諦める必要はないのだ、と明るい気持ちにさせてくれる、後味は実に爽快です。

グローバル化が、人間の一番美しく原始的な営みを否定し、一番醜い妬み、争いを産む。

そのことに気づいた人たちが、自ら立ち上がり、本当の幸せを追求するようになったからです。

世界中で。もちろん、私たちの国、日本でも。人間とはなんと賢く希望に満ちた生き物でしょう。

本当の幸せの見つけかた。

それはローカリズム。地域で完成させること。

地産地消、自給自足。

顔の見える人間関係や流通システム。

そこにはありがとうを言う相手が目の前にいる、喜んでくれる人がそばで笑っている。全てに実感が持てる幸せ。

なんて無駄のない合理的なかたち。

巨大資本で画一的になった世の中が、

温かい血の通った感性豊かな人間らしい世の中にもどされつつある、ウキウキします。

*ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ( Helena Norberg-Hodge )

スウェーデン生まれ。ISEC(International Society for Ecology and Culture)創設者、代表。世界中に広がるローカリゼーション運動のパイオニアで、グローバル経済がもたらす文化と農業に与える影響についての研究の第一人者。1975年、インドのラダック地方が観光客に開放された時、最初に入った海外からの訪問者の一人で、言語学者として、ラダック語の英語訳辞典を制作。以来、ラダックの暮らしに魅了され、毎年ラダックで暮らすようになる。そしてラダックで暮らす人々と共に、失われつつある文化や環境を保全するプロジェクトLEDeG ( The Ladakh Ecological Development Group)を開始。この活動が評価され1986年に、もう一つのノーベル賞と知られ、持続可能で公正な地球社会実現のために斬新で重要な貢献をした人々に与えられるライト・ライブリフッド賞を1986年に受賞。ダライ・ラマ法王の訪問も受けている。著書「ラダック懐かしい未来(Ancient Futures)」は日本語を含む40の言語に翻訳され、世界各国で高い評価を得ている。
* ISEC: http://www.isec.org.uk/ ・・・
映画公式サイトEconomics of Happinessより抜粋