ティール組織-3-〜学校版〜

「ティール組織」

フレデリック・ラルー著 英治出版

を読み進めているうち

4/17投稿「ティール組織-1-

4/22投稿「ティール組織-2-

見つけました!

ティール(進化型)学校。

生徒、教師、保護者が自主運営する学校です。

通常、教育の運営は、

校長、副校長そして主幹教諭、主任教諭、教諭とトップダウン。

そして1名の教員に対し日本では上限を定めた人数の生徒*がひとまとまりになって

決まったカリキュラムに従って1年を過ごします。

「自主性」からは対極にあるイメージです。

ちなみに1学級編制基準は

小学校1年 35人

小学校 2~6年40人

中学校 40人

文部科学省サイト文部科学省「諸外国の教育統計」平成30(2018)年版より

しかしティール組織の中で

進化型学校として紹介されている

ドイツ ベルリンにある7年生~12年生の学校、ESBZは、

実に一人一人が主体的に活動している学校なのです。

老朽化したプレハブ校舎の学校を

理想の教育を主張していた保護者たちに任せたのだとか。

ほとんどの生徒が

他の学校の入学を断られた!か

退学になった問題児。

しかし数年で生徒数500に達したと言います。

モデルとして学ぼうと全国から校長、教師、教育専門家が数百人も訪問しているというから

先日「正解のない学校」として紹介した

世田谷区立桜丘中学校(→5/9投稿「正解のない学校」)

モデルとして後に続けという学校が日本にないという嘆きが

一層強いものになってしまいました。

理想の学校を作ろうとしていた保護者たちに強く望まれて

この改革に乗り出した教師マーグレット・ラスフェルト氏。

暴力やいじめなど学校で起こっている様々な問題について話したいという生徒たちに

ラスフェルト氏は求められても答えを言わず、

自分たち自身で考えるように促した結果、

これまで学校が全く引き出そうとしなかった子供達の力・・

勇気、忍耐、知性、回復力、思いやりに気づき

子供達の可能性と本来の姿に向き合うことが何よりすべきこととと悟ったといいます。

必ず行われる担任との毎週の個別面談により

自分を気遣ってくれる人がいる、私の話に耳を傾けてくれる人がいる

ということを生徒誰もが実感しているようです。

まさに

生徒を怒鳴ることでコントロールせず

「話を聞こう!」

と全教員に伝えて改革がかなった桜丘中の校長と同じ道を辿りました。

🔖学習の基本は

・自分の学習について全責任を持つ

・自分で学び互いに教え合う

・学習は一人でもいいしグループでも良い

・教師は助言者に徹する

・各教科が小さなテーマごとに区分される

🔖学校の運営は

・3つのクラスで1つのミニスクールを構成

・校長からの承認を得ずに決定できる

🔖保護者も自主運営

・PTAのようなおきまりの組織ではなく必要なこと、やりたいことのテーマで集まったチームが自主的な活動をする

この学校の理念は、

「子供は一人ひとりが個性的な存在で、誰もが他の人に貢献できる才能を持ち、

全員が人として価値があり評価され必要とされている」

というもの。

子供を一人の対等な人間として向き合う

それだけで

学校は変わるのです。

ティール組織-2-

読み進めるうちに

ページいっぱいに色がついて

マーカーする意味がなくなるほどです。

一文一文が珠玉の!メッセージ。

そんな中、特に染み入る内容がありました。

ティール型の「自己実現」の考え方が

第3章に述べられています。

「自分のエゴを一定の距離を置いて眺めると、

その恐れ、野心、願望が

いかに自分の人生を突き動かしているかが見えてくる。

支配したい、自分を好ましく見せたい、

周囲に馴染みたいといった欲求を最小化する術を得る。

もはや、自分のエゴに埋没しておらず、

自分の人生がエゴを失う恐れによって

反射的に振り回されることはない。

このプロセスの中で、私たちは他の、

自分自身の深い部分にある知恵に

耳を傾けられるようになる」

(第3章進化型~エゴを失う恐れを抑える~より)

と。

そしてこの「恐れ」に置き換わるものはなんだろう?

の問いかけに、

「人生の豊かさを信頼する能力」

だとあります。

このような視点を持つと、

「予想外のことが起こっても、

あるいは間違いを犯しても、

物事はいつか好転し、

そうでない時には、

学び成長する機会を人生が与えてくれたのだ、

と考えるようになる」

とも書かれています。

こういった考え方が大好きです。

自分を好ましく見せたい

他人から認められたい

富を得たい

という欲求(エゴ)は自分を外から相対的にみて満足すること。

集団帰属への欲求や権威主義もそこから出発しているように思います。

でもこのエゴを捨てることによって

自分の内面の声を聞くことができ、

自己実現に向け

「自分は自分に正直になっているか」

「自分は人の役に立っているか」

「自分は間違っていないだろうか」

が指針になる。

だから奇抜なプランや

「ちょっとそれ、無理じゃない?」

と思われるような考えも、

無謀を押してまで

自分が声をあげ、行動を起こさなくてはという

衝動に突き動かされる。

それが自分らしく生きるということ。

自分の確信に沿った生き方をする、ということ。

長いことコンプレックスと闘ってきた私。

そのために自己実現が阻まれてきたことも少なくありません。

しかし、

「ティール組織」を読み進めるうち、

自分を外から見て評価し、結果コンプレックスに苛まれることがどんなにバカバカしいことかが明らかになり

「自分の内面と対話しながら自分らしく正直に

正しいと思ったことを行動していけばいいんだよ」

と励まされているようで

勇気が湧いてくるのです。

ティール組織 フレデリック・ラルー著 英治出版

〜Teal組織-1-〜

今話題の

“Teal組織”を読んでいます。

ティール組織

~マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現~

by フレデリック・ラルー 英治出版

先日、出版の打ち合わせに行った時に

プロデューサーが

これ、松本さんの団体に近いかも・・

と手渡してくれました。

Tealとは?

コガモという意味と

暗緑色がかった青色

medium blue-green color

という色を指す単語。

まずコガモとは

日本の水辺にやってくるカモ類ではいちばん小さいカモだそうです。

「コガモは臆病で隅に隠れがち、

そして比較的警戒心が強いです。

 サイズが小型なので、他のカモたちより競争力が弱いのカモ。

 実際、ヨシ原などで生活しているコガモは、

大抵ヨシの裏などに隠れていて、

人の気配がすると飛び去ってしまいます」

ネイチャーエンジニア 生き物ブログより 

https://www.nature-engineer.com/entry/2017/10/20/213522

ということは、

ティール組織とは競争力が弱い臆病な団体のことか。

ふむふむ・・

SHJに

競争力などはまず必要ないし、

臆病な人は一人もいない・・。

ならば

Teal組織ってなんだ?

ひと言で言うと進化型組織。

どうやらtealという色にその意味が隠れているようです。

緑が多元型組織を表し、

「多様性と平等と文化を重視するコミュニティ型組織。ボトムアップの意思決定。多数のステークホルダー」

とその特徴が述べられています。

これに青を混ぜたような中間色tealが進化型組織です。

例えば組織に所属することで

組織の理念に従い、結果を出すのが達成型組織。

組織の理念とは別の(本当の)自分、本音に蓋をして

過ごすことになり、

これでは使命を果たすためにいる組織で

逆に疲弊してしまう、と書かれています。

納得。

それに対してteal組織とは

組織の存在目的と、個人としての使命が一体となっている

そんなイメージ。

中央で強いガバナンスを持つことなく

明確なミッションに向けて

一人ひとりが自律して活動現場を繁栄させる、

そんな風に読み取っています。

学校では今年の目標は?

企業では売り上げ目標は?

とまず目標を掲げるのが組織。

「結果を出そう!」などと発破をかけられ、

目標から逸れることに恐れを抱き、

行動を自ら制限し

人生を豊かにするためのいろんな経験や価値観を

かえって遠ざけることになります。

そんなことを

5/31 投稿「~目的ってなんだろう?〜

で書きました。

この本にも

目標を立てることに対する考え方が述べられています。

「人生の目的を設定して、どの方向に向かうべきかを決めるのではなく人生を解放し、一体どのような人生を送りたいのかという内からの声に耳を傾けること。

目標の深い意味に到達する個人は、恐れを全く知らずに自分の使命を追求できる」

とありました。

子どもたちからいろんな気づきやインスピレーションをもらいながら

何ができるのかを追い求めるうち

夢や目的が自分の内に湧き上がり

1つの使命に邁進することになった。

そんな馬鹿正直な生き方をしながら作り上げた団体。

理念に共感して集まった

たくさんのスタッフ、アーティストたちそれぞれが

団体のミッションを自分のミッションとして捉え、

やりがいを感じ学び合い活動の質をあげ

相手の笑顔を見てハッピーになる・・。

そんなハッピーの連鎖を実現するSHJ

プロデューサーは

ティール組織としての断片を見てくれたのかもしれません。

〜本を書くということ 2〜 

2月後半に決まった出版。

プロフェッショナルアートを通した全人医療を提言したいと意気込んでから1年半。

せっせと書き綴ったものを本にする企画書がついに出版社の目にとまりました。

英治出版

思えばずっと憧れていた出版社でした。

院内学級教員の頃、国際理解教育の授業で

児童労働が先進国を支えているという側面

をテーマにしたことがありました。

その時の授業づくりの参考にしたのが

「チョコレートの真実」キャロル・オフ著

・・・カカオの実を収穫する子どもは、それが何になるのかを知らない・・・

チョコレートの原材料の収穫、生産と消費。それをを通した児童労働の実態や格差に迫る

危険を顧みずに取材した女性ジャーナリストの作品です。

この本を出版したのが英治出版です。

「社会を変えること」に人生を捧げる人の著書

を多く手がけます。

“誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する”英治出版スピリット(HPより)

ただ本を売るのではない

本を通して誰かの夢を応援したい

この理念に惚れ込み、勇気を出して企画書を送った結果です。

そんな出版社に企画を受け入れていただいたこと

これ以上光栄なことはありません。

自分が本を出す・・・

今でも夢を見ているようです。

しかし

自分に起こった数々の苦難と

与えられた試練は

全て1本の道につながり

さらに宝箱にしまった

宝石のような子どもたちとの出会いの数々が

みちしるべとなり危なっかしい自分を支えてくれ

今がありこれからがある。

そんなストーリーが

きっと

手に取ってくれる誰かの

励みに

そして

気づきになると

信じて書いています。

何をするにも自分に自信を持てずにいた私ですが

今回認めていただいたことが大きな励みになりました。

担当プロデューサーチームの助言と激励を受けながら

表現力を高めていけたら

と考えています。

これから数ヶ月

ブログや原稿などの素材を整理し書き直し

読みやすい作品に

仕上げていきます。

〜本を書くということ1〜