物事の本質はいつも子どもから学ぶ👦

”いつでも、どこでも

子どもたちは正直で

物怖じせずに貴重な知識を授けてくれた”

「国をつくるという仕事」

西水美恵子氏著 英治出版 より

出版10周年記念イベントでお会いしてから

西水さんの人生観や物事の捉え方に

深い頷きと共感

インスピレーションをいただいた

衝撃の夜!から3週間が経とうとしています。

→11/18投稿「国をつくるという仕事」著者 西水美恵子さんと語り合う会

→11/20投稿「「国をつくるという仕事」著者 西水美恵子さんの想いに触れて

元世界銀行副総裁という肩書きを見ただけで

”物怖じ”してしまった私。

それもそのはず

私が米国の銀行(現チェース・モルガン銀行)

に入行し

Treasury Back Officeで

主に外為事務をちまちまと行なっていた時に

西水さんは世銀に入行して

途上国の貧困対策のために

世界中を飛び回っていたのだから。

さて、冒頭のくだりは

西水さんが

トルコやバングラディッシュ、スリランカに出張中に感じたこと。

早朝の子どもたちの登校に頻繁に参加し、

時にはなかなか先生が来ないクラスで

臨時英語授業をすることもあったと。

地域を知る、また

子どもたちとの雑談の中から

その国の教育事情

政治の歪み

女子教育に対する軽視・・・

様々な課題をキャッチしたそうだ。

途上国内の格差是正へのヒントを得る事に大いに役立った

ということが書かれている。

こんなところに西水さんの現場主義が如実に表れているなあと感じる。

📕 📗 📘

子どもは本当に屈託無く

正直に心の中を伝えてくれる。

もっとも、小学校高学年にもなると

テレが邪魔をしてそうもいかないところもある。

”子どもは正直で物怖じせずに意見を言う”

西水さんが現地にいた40数年近く前の日本でも

同じように子どもは伸び伸びしていたような気がする。

なんだか自由で泥臭くて

太陽の香りがするような

そんな存在だった。

さて今。

子ども特有の素直さや正直さ、怖いものなさが

失われつつある、というより子どもたちもまでが

大人たちにそんたくする事で

貴重な意見を心の中にしまってはいないか、

と気になる時がある。

そうしているうちに

言葉にすることの大切さや重みを感じるチャンスを失い

ものを言うことへの

気恥ずかしさや

責任が先に立って

ものを言う機会そのものや

自分を表現する場を逸し

その力が失われていくような怖さを感じる。

ものを言うことへの圧迫感が

低年齢化しているとしたら

それは

「国をつくる」

と正反対の作用となりそうで怖くなる。

もしかしたら

西水さんは

途上国で伸びやかに話す子どもたちを見て

この国は大丈夫。よくなれる。

と確信したのかもしれない。

📕 📗 📘

ここで話は少々飛ぶが、

少し前に紹介した

「教えない授業」氏著 英治出版

で綴られている

対話型授業。

→9/13投稿「教えない授業」

対話を通して子どもの発話を促し

思考停止を食い止め

話すこと伝え合うことで

自ら学び課題意識を持ち

発信し合う。

知識偏重ではなく

考える隙間の時間を大切にする

という基本理念は、教育現場でなくてはならない本質的なものと感じる。

子どもに自由に話せる時間を!

意見を言い合うことの喜びを!

なぜって、

本当に大切なこと

本当に本当のことは子どもが教えてくれるから。

そして

物事の草の根は全て子どもにあるのだから。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

「国をつくるという仕事」著者西水美恵子さんの想いに触れて📗

前回、英治出版イベントにて

世界銀行副総裁として途上国のために現場主義を貫き

貧困削減や開発支援を目ざし

本質を見抜き人々を救うために必要と思ったことに向き合い

権威に立ち向かった西水美恵子さんの生き方に触れ

大きく心を動かされたこと

勇気をたくさんいただいたことを綴りました。

そして

西水さんの

「いつの時代も変革は行政でなく草の根から起こる。

ほんの一か所を輝かせることで道はおのずと拓ける」

という言葉に

自分が信念を持って

しかし地味に地道に取り組むそのありように

太鼓判を押してもらったような

大きな励みをいただいたことを綴りました。

📘 📙 📗

そんな西水さんの著書

「国をつくるという仕事」を読む時間は

こんな風に生きられたら、

という思いの連続です。

そんななか

まず

「はじめに」

に書かれていることが

しょっぱなから自分の体験に重なり

胸が高鳴りました。

西水さんがアメリカの大学で教鞭を取っていた頃

その年の夏から始まる1年間の研究休暇を

世界銀行の研究員として過ごさないか

と誘いを受け

カイロで現場を体験した時のこと。

路地で看護に疲れていた母親から抱きとった幼女が

極悪な衛生環境のため下痢を起こし脱水症状が進み

医療が間に合わず

そのまま息を引き取った・・・。

西水さんは

カイロという大都会を重ねました。

最先端をいく技術と優秀な才能と

膨大な富が溢れる都会。

しかし西水さんの腕の中には命尽きた幼女がいる・・・。

悪統治に”脊髄に火がついたような”怒りを感じ

そのまま世銀に残る決意をしたそうです。

幼女の死を無駄にしたくないと。

その後世銀での仕事は

このナディアという幼女が尺度になった

と書かれていました。

何をしてもナディアに問うのが習慣になったと。

「生きていたら喜んでくれるかしら。

あなたを幸せにできるかしら・・・」

📘 📙 📗

現在執筆中の原稿に、

院内学級で初めて担任した少年に

何もできないまま

悲し別れが訪れ

自分の無力さに腹が立った。

その後

病と闘う生徒たちのためにすべきこと

闘病中に楽しい時間を作るにはどんなことがしたいか

「キミだったら」

といつも少年に問い、

彼はいつも耳元で囁いて教えてくれた

というくだりがあります。

もちろん、最先端の医療現場ですから

すべき医療はすべて行い

医師たちは可能な限りの努力をしたけれど

残念ながら治療の甲斐がなかったのです。

私の怒りは自分に向けて、

そして幼い子どもが重い病気に罹り

命を失うという不条理に向けたものでした。

その後、私も西水さんがナディアにそうしたように

少年に

「キミなら何がしたい?」

と自然に問う日々でした。

まさに少年との出会いと

関わった数週間が

その後入院する子どもたちとの生活の指針になったのです。

教員になってわずか1ヶ月後にもたらされたショックは

今後この現場で

少年からもらった課題に向き合っていくのだという使命に変わり

熟成され

結果が今の活動に繋がっています。

西水さんとの対話の中で得た勇気が

著書を読み進めるほどに

りんりんとその熱量を増しています。

「国をつくるという仕事」英治出版

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

教えない授業 -1-

教えない授業~美術館発、「正解のない問い」に挑む力の育て方~

愛媛県美術館学芸員 鈴木有紀著 英治出版

この本は

美術作品をめぐる対話型鑑賞

という手法を使って

「正解のない問いに向き合う力」

「異なる意見に耳を傾ける姿勢」

を育てるというテーマで書かれています。

美術鑑賞・・・

確かに正解はありません。

感性に訴える活動だからです。

それを授業にしようとすると

指導法が難しいだろうな

と思うし、

生徒にとっては

作品を見て感想を言いましょう

と言われても

・・・・・

まるで正解があるかのような錯覚を

生徒たちに抱かせてしまうのが今の教育かもしれません。

だから

思ったこと何でもいい

と言われても

漠然とした質問に答えが浮かばず

または

正解ではないかもしれない「自分の意見」

を言うことをためらってしまいます。

しかし、

問いかけの仕方を工夫することによって

子どもたちがどんどん手をあげて

発言していく

ということを実例を挙げながら

著者は述べています。

「感想を言いましょう」

では上述の通り子どもは戸惑います。

そこで

「作品を見て気づいたこと、見つけたこと、考えたこと、疑問でも何でもいいので話してみましょう」

という問い方をすると

どんな小さなことでも

気にせず気楽に発言するようになります。

そして

発言に対して

「なぜ?」

と聞くのではなく

「どこを見てそう思ったの?」

と聞くことにより

自分の考えが整理され論理的思考の土台が作れると。

互いの意見を聞き合うことで

新たな気づきや疑問が湧き、

活発な思考と発言のやりとり

学び合いが生まれます。

ここに対話型鑑賞の意味があります。

教えるのではなく

問いを投げかける。

誰がいつ描いた作品で時代背景は・・

といったような知識は

対話の中で必要な時に

活動が弾むようにするためのエッセンス

子どもたちを後押しするための材料

として

教師が伝える

または知っている子が発表する

という授業です。

先生は指導する人

ではなく

ナビゲーターだといいます。

少し前に書いた

「子どもの意見表明権」を

子供達がしっかりと行使するためにも

対話型の授業が

大きな力になりそうです。

→ 9/2 投稿「~子どもの意見表明権~」

美術作品でなくても

色々なシチュエーションの写真や場面を使っも

対話型のダイナミックな活動ができるのではないか。

それが実践ということになるのかもしれないなと

感じています。

さらに、正解のある

算数や英語、理科などに

どう応用していくのかな、

という私なりの問いを投げかけながら

読み進めてみます。

〜 医療と安全〜

最近、病棟で活動するにあたり

ボランティアが入棟する際に必要とされる

検査項目が増える傾向がある。

現在行っているものは

✔︎風疹 麻疹 おたふく 水ぼうそうの抗体検査

✔︎基準値以下の感染症のワクチン接種

これにより

主な感染症の抗体保持が確認でき

結果

子どもたちに移さない

移されない

ことが担保され

病棟は安心してボランティアを迎え

ボランティアは念願の活動ができる。

これらの結果全て

□各ボランティアごとに医療機関発行の証明書を提出する病院

□団体として全ボランティアが検査、接種済みであることを書面にて誓約する病院

□書面による自己申告のみの病院

□申告だけで良い病院

など、病院によって抗体の確認方法は

さまざまだ。

さらに

一年以内に受けた健康診断の結果や

胸部レントゲンの結果

を揃えて提出、

という病院も多い。

最近の傾向として

すでに活動している病院からも含めて

B型肝炎の抗体証明を求めらることが

ぽつりぽつりと出てきた。

小児病棟でのボランティア活動へのハードルが高いのは

こういったことにも理由がある。

もっとも、

外部からドヤドヤと人が

押し寄せることが適切な場所ではないことは

言うまでもないが。

ボランティア活動とひとことで言っても

ボランティア精神だけでは叶わない。

その代表がまさしく病院での活動かもしれない。

歓迎されていないのでは

とこの期に及んで悲観してしまうことも

実はなくはない。

だが病院がボランティア活動に対し厳しい目をもつことに

恨みを抱くというのは

全くの見当違いだ。

感染に対して厳しいリスク回避を行うことは

至極当然のことである。

病院とは

何はさておき

安全第一

が全ての根底になければならないのだから。

その上で

患者の生活の質

人権

生きる喜び

尊厳

といった部分に出来る限り寄り添うことが

医療現場のあるべき姿だと思っている。

*****

最近、我が子に降りかかった医療過誤

という過酷な体験から

医療の安全を目指して立ち上がった母親の物語を読んだ。

「ジョージィの物語 」ソレル・キング著 英治出版

長く続く壮絶な苦しみの日々は

病院への怒り

あの時ああしておけば・・という自責

社会の無神経さ

悲嘆と苦悩しかなかった。

しかし

我が子が母親に何を望んでいるか、

医療現場を良くするために自分の声が生かされるのでは

という自問自答ののち

動き始める。

我が子と家族の苦しみを無駄にすることなく

病院との対立を越えて

医療過誤を無くすための基金

「ジョージィ・キング財団」

を立ち上げたのだ。

彼女の声が反響を呼び

全米の病院や大学などで

体験を通した精力的な講演活動で

医療は変えられることを

新しい視点で提言し続けている。

*****

闘病する子どもたちの成長や生活そのものに

寄り添うことが

スマイリングホスピタルジャパンの活動だ。

しかし

それは

安全

が確保されて初めて実行できること。

医療過誤防止含めた

医療現場の安心安全は医療従事者が、

そして

抗体の厳重な確認は

ボランティア含め小児病棟に入る立場が、

それぞれ

患者を守り

医療現場が安全な場所であるために

常に肝に銘じていなければならない。

この両方の立場の連携の崩れが

院内感染という結果を引き起こしてしまうことは

絶対に避けなくてはならない。

この本を読み、

全国の病院でボランティア活動する

責任を改めて強く感じた。

同時に

医療従事者の安全を巡る葛藤

という視点でも現場を理解することが

少しできたような気がする。

*****

「ジョージィの物語」

この本も英治出版の担当プロデューサーが

訳者の方を紹介してくださりつつ

是非と勧めてくれた。

病院におけるテーマと

それを巡る

社会課題に気づかせてくれたこと、

そして

社会変革に取り組む素敵なひと

良い書物

との出会いに感謝したい。

ジョージィの物語 英治出版

ソレル・キング氏スピーチ 2002年 米国

ソレル・キング ビデオレクチャー @医療安全全国レクチャー

〜仲間と作る現実は理想を超える〜

”仲間と作る現実は理想を超える”

そんな理念を掲げた出版社の仲間になれたこと

心から幸せに感じています。

スマイリングホスピタルジャパンを立ち上げ

たくさんの人たちを巻き込んで

全国で活動する団体へと成長した

そのストーリーを本にする・・

そんな企画に全会一致で賛同し

応援してくれる

英治出版

プロデューサー4名に

背中を押してもらいながら

執筆中です。

改めてここで感謝いたします。

昨日は

創立20周年記念イベント

PUBLISHING FOR CHANGE

にお邪魔しました。

”誰かの夢を応援すると

    自分の夢が前進する”

そんな創立者 原田英治さんの思いが

下支えしたことで

発展してきた英治出版。

そのことは

集まった大勢の人

一人一人が夢に向かって

生き生きと自分を生きている姿を見て

納得しました。

そもそもこの出版社に出版企画を送った理由は

長いこと憧れていた出版社だったから。

なぜ憧れを?

まず

4/3 投稿~本を書くということ2~

に綴ったように

教員時代に

児童労働を題材にした

国際理解教育の授業で参考資料にしたのが

英治出版発行「チョコレートの真実」

だったこと。

さらに、

病児保育の先駆者である某NPOのカリスマ代表に憧れ

彼みたいに毎日ブログを書こう。

彼みたいに

子どもを取り巻く社会を

(全くもって微力だけど)

変えたい。

そして彼みたいに

本を出したい

そう、彼の本は英治出版発行でした。

もちろん事務所の書棚には

その他この出版社の手による本が数冊収まっています。

これほどの憧れが

気づかないうちに

”念ずれば花開く”を具現化!?した

ということなのでしょう。

思い続けること・・大事です。

さてこのイベントの盛り上げ役はアニバーサリー・ビール。

創業者 原田さん念願のオリジナルビール造りが

EIJI PRESS Baseという

理念や方向性を共感しあう仲間が集う会員制シェアスペースで

企画されたそう。

ここは

「仲間と作る現実は、自分の理想を超えていく。」という

原田さんのビジョンが形になってきた場所。

今回も意気投合した仲間が

Eiji Yell Beer

の誕生を成功させました。

そして生まれたビールがさらに人と人とのつながりのきっかけづくりに

大いに貢献したところ

文字通り、理想以上の現象だったのでしょう。

ほんのりとしたゆずの香り

爽やかなテイストは

笑顔を満開へと誘いました。

🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻

ひとしきり交流が続いた後は

ワークショップ

”それぞれの夢をみんなの夢に”。

1年後、10年後、100年後の

Life, Business, World別に付箋に夢を描いていくというもの。

この中から選ばれた人が自己紹介後、付箋の「夢」について語る。

その人がまた次の「夢」の持ち主にマイクを渡し・・

と続きました。

ちなみに私は10年後には

「障がいという言葉がなくなっていますように」

と付箋に書くと、

同じ思いで障害者就労に取り組む方の指名で

次なる発表者としてマイクを渡されました。

こうして素敵な出会いがたくさん生まれました。

出版社ですからイベントが行われたスペースには

これまで発行した書籍が展示され、

また年度ごとに積み上げられ・・

「気に入った本があればいくらでも持って行ってください」

というなんと太っ腹な出版社。

ここでも

ただ売るだけのために本を作るのではない

誰かの夢を伝える、応援するために

本を作り出版するのだ。

というビジョンがキラリ!

3/11投稿  〜本を書くということ1〜

4/3 投稿~本を書くということ2~