〜サルスベリ🌿〜

母の暮らすホームの広大な庭には

樹齢数百年という黒々とした老木が何本もあります。

そんな中、ひときわ鮮やかなのが

サルスベリ。

幼い頃

木登りが得意だった私は

サルスベリを好んで登るという

習性がありました。

前世はボスザルか・・

  いやせめて愛嬌たっぷりのお猿さんがいい。

そんなお転婆な私を

母は特に心配することもなく

放置してくれ、

それをいいことに野生児を決め込んでいたものです。

だから

私にとって夏といえばサルスベリ

そして

夏、サルスベリ、蝉しぐれとくれば

母を思い感傷的になるのです。

小さい頃、母に質問したのを覚えています。

「なんでさるすべりっていうの?」

「猿でも滑ってしまうほどツルツルしているからだよ」

ふうん・・・

おかしいなあ・・・

心の中で思いながら

私は猿よりも

木登りが上手なんだ

なんてことは

なぜか胸にしまいました。

家のすぐそばの空き地に植わっていた

サルスベリが

マイツリーだったこと。

幹は確かにツルツルスベスベだけど

枝ぶりが木登りにちょうどいいこと。

訳もなく秘密にしたかった。

うまいこと足を引っ掛けて

スイスイスイと登っていることなど

家族の誰も知る由もなかったのです。

でも少なくとも

木登りが好きな変な子

というところまでは認識していたのでしょう。

小さな姿が見えないと

野に放たれた私を捕まえに

エプロンをつけたまま

おきまりの空き地に来た母は

まず上を見上げていたほど。

「あの木がまさに

サルスベリだったんだよ。

ホームの庭に見事に咲いている、あの木」

と今話しても

あ、そうか

ってな顔をしたかしないか

ま、どちらでもいい。

とにかく

真っ黒に日焼けして

髪はベリーショートのセシルカットだったから

木の上にいたら

誰が見ても

やっぱりサル

だっただろうな。

「都会にもサルがいるんだ」

なんて

よくからかわれたものです。

🌿 🌿 🌿 🌿 🌿 🌿

さてサルスベリは

別名「百日紅」(ヒャクジツコウ)といい、

その名の通り初夏から秋までの長い間咲き続けます。

花は紅色やピンク、白など。

中でも私が好きなのは鮮やかな紅色。

縮れた花びらの小さな花が集まって房のようにたわわに咲きます。

夏の青い空の下

濃い紅色の咲き様はそれは豪華。

それに対して

コントラスト際立つ

白くすべすべの幹が

優しくて

大好きです。

サルスベリの花言葉を調べました。

『雄弁』

枝先に花が群生する姿が華やかで堂々としていることから、この花言葉が生まれまたそうです。

それから

『愛嬌』

堂々とした中にも愛嬌があれば最高です。

『不用意』

サルでもうっかり滑りそうなツルツルとした幹にちなんで。

PTAの会長とか

地域の下水道に関する運動なんかして

雄弁だった母 。

不用意にも

我が子を空き地に放置!していた母。

そんな母はもういないけど

時は変わって暮らす場所は

蝉しぐれの中佇むホーム。

変わらないのは

愛嬌たっぷりの笑顔を忘れず

元気でいてくれること。

〜お雛さま〜

立春を過ぎて飾った雛人形を、

遅ればせながら今日片付けました。

雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる・・・

これはただの迷信ですが

気にする人は気にします。

現に娘が結婚するまでは3月3日のうちにしまっていたような気がします。

習慣になっていたのだと思います。

もっとも娘は早くから自立したから、

家を出た後は飾ったり飾らなかったり。

娘だって一人暮らしの部屋に

小さなお雛様を飾るでもない。

若者はさっぱりしたものです。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

我が家の雛人形はひいおばあちゃんの手作り。

おばあちゃんの家に行くと

周りに千代紙を貼った引き出し付きの裁縫箱を

開けて見るのが楽しみでした。

なんでも作って楽しんでいたおばあちゃん。

そんな母親に似たのか、

母は服の仕立ての仕事を生業としていました。

お得意さんがしょっちゅう家に来ては寸法を測ったり

仮縫いした服を合わせに来たり賑やかでした。

私は私で裁縫の残りギレを母にもらっては

袋物やぬいぐるみを夢中で作ったのが小学生の時の思い出です。

手先を動かすのが得意なところは代々受け継がれているようです。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

さておばあちゃんが和紙で作った雛人形。

雛人形の他に五月人形やその他たくさん作っていたけれど

和紙を使った人形には顔を描かないのが一般的なようです。

それなのになんという表情豊かないでたちでしょう。

お内裏様とお雛様がにっこり笑って見つめ合っているかのようです。

ホームにいる母に持って行ったのが2月の半ば。

季節を感じてもらうため

それと

手が器用だった母親のことを少しでも思い出してくれるかな、

という思いもありました。

タンスの上にちんまりと飾られた雛人形。

そっと母の手のひらに載せました。

何かを思い出そうとするような表情をした瞬間がありました。

あっ、ほんの束の間、

そういえば・・

と頭によぎったに違いない。

確信します。

確かめるようにぎゅっと握りしめて・・。

ついでに

娘のことも覚えてるよね。

名前を呼んでくれることも

昔のように

愚痴に付き合ってくれることも

もうなくなった。

励ましてくれたり

辛口のコメントくれたりしたことが恋しい。

だけど、会いに行くたび見せてくれる笑顔。

話を聞いてくれるのは昔と同じ。

これがあれば私のお母さん!

また来年も雛人形飾ろうね。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

季節は反対側の晩夏。

1年半前の8月の終わりに

母を思って書いたのが

蝉しぐれ

いつまでも元気でいてほしい。