〜スマイリングお茶会!〜

第1回スマイリングお茶会!

福岡チャリティライブに続く、

アーティスト企画のイベントです。

今回はアーティスト、アシスタント説明会が主な目的。

取り仕切ってくれた

ボサノバボーカリスト Izauraさんは

SHJの活動にとても興味を持っている知り合いが数人いるので

みんなで集まってお茶を飲みながら

活動のこと

松本の設立の経緯や団体に託す思い、

実際の登録手続きなどの説明を!

と思い立ったそうです。

活動しているアーティスト自ら企画し、

場所の手配、招待・・

全て自発的にマネッジしてくれること

本当に嬉しく感謝でいっぱいです。

今回のお茶会に参加されたのは

主に活動に参加したい、

興味がある!

という人たちですが、

既に登録しているアーティスト、

アシスタントも来てくれ

実際の活動の様子や活動しながら思うことなど

お茶を飲みながら

おもいおもいに

話しました。

これから!と思って参加した人には

インスピレーションが、

すでに活動している人には共感と新たなヒントが

もたらされたようです。

女優で歌も歌うみゆきさん、

ブラジルで長年活動してきた多才なシンガーけいこさん、

アナウンサーで歌も歌う編み物アートの長久保さん、

癒やしの天使セラピストちあきさん、

パワフルで愛に溢れたアシスタント岩井さん。

メキシコ帰りの歌う絵描きのあゆみさん。

まずそれぞれ自己紹介し、

松本からは設立の経緯や理念、

登録への事務手続きと続きました。

抗体検査はどこで?

クリニックによって随分と費用が違うね。

え?補助金が出るの?

健康診断の結果は胸部レントゲンだけでOK!

ホームページに掲載するプロフィール待ってますね。

プロフィール用に

演奏したり作ったりしているところの写真もください!

そんな話で盛り上がった後はさらにボルテージアップ!

第一の目的を終えたら

今度は音楽で交流という次なる目的へ。

勢い余って、セッションタイムとなったことは自然の流れです。

会場となった

築地マデイラはライブハウスでもあるから

ピアノなどの楽器、演奏に使う機材は揃っています。

Izauraさんがここを会場に選んだ理由はここに!

それぞれソロで、デュオで歌い、ゴスペル弾き語りも。

朗読もあり・・。

最後は皆でsing out!

アートはあっという間に人と人を繋げる魔法です。

この会は今後も続きそうです。

どんな団体だろう?と参加するだけでもいい。

闘病中の子どものことや、重い障がいをもつ子どものこと。

そしてもちろん活動のことを聞いてみたい・・・。

音楽系、美術系、パーフォーマンス系・・

団体のことを知って貰うだけでも良いのです。

次回も何人か希望者が集まれば企画します、

とIzauraさん。

既に登録したアーティストでも良いし、

これから病院で活動してみたい、

何かお手伝いしたいという人、

近所だから来てみたよ!というのもOK。

たくさんの人に知ってほしい

そして巻き込みたい・・

代表の夢がみんなに伝わり

共感が共感を呼ぶ一にち。

活動をしながら

いい活動!

と実感したからこそ、

ミッションのバトンを繋げたい

というアーティスト、アシスタントがいること。

心から感謝します。

スマイリングお茶会問い合わせ先:

Izaura e-mail: izauramusica@gmail.com

SHJ e-mail: info@smilinghpj.org

〜気分はBossa!〜

昨日の活動にお邪魔しました。

ボサノバシンガーIzauraさんとギタリストの板垣武志さんのデュオ。

ゆったりしたボッサのスタンダードは昼下がりにぴったり。

自然に身体が揺れ、その揺れに身をまかせるようにいつの間にかとても癒されている、それがボサノバの魅力です。

え?子どもにボサノバ!?

そんな大人の声が聞こえてきそうですが、

心地よいリズムに乗って決して無理せず自然に、

本当に自然に波に乗るような、そして身体が軽くなるような、

なんとも心地いい音楽です。

好きとか嫌いとか、子ども向けとか大人向けとかを超えた、

気持ちいい!音楽なのです。

Bossa Nova、ボッサ・ノーヴァ、ボサノバ、ボサノヴァ、ボサ・ノバ・・・

いろいろな表記があるけれど、一番かっこいいのはBossa(ボッサ)。

1950年代の終わりにブラジルで始まったというからとても新しいジャンルなんですね。Antonio Carlos Jobin(アントニオ・カルロス・ジョビン)と言えはボッサの生みの親。歌手でありギタリストでもあるJoao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)によって民族音楽サンバのリズムにジャズの要素を取り入れて作られたもので、1962年にStan Getz(スタン・ゲッツ)がアメリカへ紹介し、独特なステップとともに広く世界中に広まった(ブリタニカ国際大百科辞典より)そうです。

私はJoao Gilbertoの娘(確か)、Astrud Bilberto(アストラッド・ジルベルト)の、軽快だけどけだるいボーカルがとても気に入って学生時代からよく聞いていました。

”イパネマの娘”があまりにも有名です。

このイパネマの娘、もちろんIzauraさん、歌ってくれました。

板垣さんの癒しのギターに乗って。

童謡や唱歌、オリジナルソングもボッサで!

Izauraさんが用意してくれたパーカッションの小物で一緒にリズム、それから声をだしてみんなんで歌って♪。

クリスタルと音叉を組み合わせた打楽器クリスタルチューナーはIzauraさんの発想。

清く透き通ったクリスタルの響きを子どもたちは何度も何度も鳴らしてうっとりしていました。サンタさんにこれを頼むんだ!だって。

”初めての活動で試行錯誤でした。でも心から子供どたちとの交流が楽しくて。病気でも、歩けなくても、気持ちはみんな一緒なのです。小さくても大きくても。また来月、何をしようかな?と今から楽しみです”

とIzauraさん。

隣のトトロの歌の時は、歌詞とともに、Izauraさんの妹さんが描いてくれたトトロを見ながら!

Bossa、大好き!