〜こんな時こそ、新しい発想を!💡〜

コロナウイルス感染拡大の懸念から

2月末に

各病院、施設より

「3月いっぱいはとりあえず活動を中止」

との連絡を受け、活動すべてお休み中です。

”念の為のひと月” のこころづもりで

3月は我慢

という認識でいたものの

いざ3月も中旬を過ぎると

この2週間がとても長く感じたし

これからさらに2週間と思うと気が遠くなります。

子どたちはどうしているだろう・・と。

4月以降については各病院から再開のめどを知らされることになっているけれど、その知らせを待つ時間すらとても長く感じます。

居ても立ってもいられなくなり

つい活動病院の医師に様子を聞いてみるも

「再開の見通しはまだ立っておらず

外泊も原則禁止となっており、

子どもたちは病棟でじっと過ごす時間が多くなり

退屈そう」

とのこと。

終息と活動再開を祈り待つ間にも

終息どころか

パンデミックの段階に入ったということが知らされ

4月どころか

5月も?

6月も?

それどころかオリンピックも延期という可能性が聞かれるようになり

夏までも・・・?

****

ただでさえ閉塞状態にある入院中の子どもたちに

追い討ちをかけるような我慢を強いることになっている現状。

先の読めない不安。

平時は感染予防に対する病院のガイドラインを通過し

アーティストと子どもたちがのびのびと活動できていたというのに

「入院中の子どもたちの日常を豊かにしたい」という私たちの思いは

今回ばかりは目に見えない怪物の前にひれ伏すしかないのか、と

やり場のない怒りと非力さを感じるしかありません。

そんな中、ネットを利用したパーフォマンスの配信

という画期的なアイデアを実現させている団体もあるようです。

しかし私たちの活動は

受け身になりがちな入院生活において

参加型活動によるふれあいを通し

子どもたちの主体性や創造力を引き出して

自ら湧き上がる高揚感と達成感を味わってもらい

うんと楽しんでほしい

というのが趣旨。

そうだ、アーティストが訪問できないのであれば

アーティストによるアクティビティをプレゼントして

病室で楽しんでもらったらどうか、

とひらめきました。

考えるのと同時に身体が動きました。

ウォールアートでも全面的に協力してくれた

イラストレーターの真鍋麻里さんに打診すると

それいいね!ということになり

二つ返事で快諾してくれました。

すぐに取り掛かってくれ

今塗り絵セットを待っているところです。

真鍋さんの塗り絵は市販のものとは全く違うワクワクするもの。

仕掛けがあったり絵にストーリーがあったり。

見ているだけでもおもわず笑ってしまうような

愉快なモチーフがあったり。

ああ、子どもたち、どんなに喜んでくれるかな、

と届けるのが待ち遠しいくらいです。

他にアーティストが訪問できなくても

主体的にできる活動を届けられたら・・・。

全国のアーティストたちにアイデアを募っているところです。

Smiling Hospital Japan Official Website