“小児病棟の白い壁を明るくポップに”!Before & After

クラウドファンディング達成につき実施した

子どもたちと叶えるプロジェクト

「病棟の白い壁をステッカーアートで明るくポップに!」

Before & Afterをレポートします。

色を選んで塗る楽しみ・・

自分だけのデザインを施す喜び、

仕上げにイニシャルを入れる達成感。

ステッカーに加工されるのを待つワクワク、

そしていよいよ自分のアートを病棟の壁に貼るドキドキ!

子どもたち、SHJスタッフ、アシスタントボランティア、病棟保育士さんやお医者さんも一緒に賑やかに、

“これはここ”

“それはもう少し上”

“これは少し右ね・・”

“それはもうちょっと左のほうがいい”

などとワイワイ言いながら貼っていきました。

仕上がるほどに患者さん家族も病棟スタッフも集まり歓声をあげました。

1 病棟の入り口扉は海中をイメージ

これは保育士さんによるアイデアです。

この病棟の入り口はガラス扉なので

外からも内側からも見ることができます。

ここに子どもたちやお母さんたち、

そして保育士さんたちが自由に塗りデザインした

たくさんの魚を貼ります。

開くたびにガラスが重なるから、海藻の間を魚が泳ぎ回るかのように見える仕組みです。

ここなら病棟の外からも見えるので、退院して外来の時に見に来ることもできます。

2 プレイルームの外廊下は愉快な街

色とりどりの不思議な建物の隙間に何か隠れている・・

この絵はアーティストが壁画にしたもの。

アートを鑑賞するだけでなく、

その作品に参加するワクワクが加わります。

3 無菌室へ向かう廊下の天井を明るく楽しく

病棟スタッフのたっての希望です。

小児がんで入院する子どもが少なくないこの病棟。

治療を受けながら病室で過ごし、骨髄移植が決まったら無菌室へ移動します。ストレッチャーに乗って無菌室へ運ばれる、そんなときに、目に入るのは白くて所々しみついたような天井だけでした。

あ、あそこに何か隠れている・・。

あ、ここに未確認飛行物体が!

貼るのは病棟スタッフにお任せしました。

4 無菌室外に大きな木!

子どもたちに最大限に寄り添う医長さんの強い希望です。

無菌室では、いつも以上に身体的自由を制限され長く孤独

に感じる時間です。そんな場所で辛い移植を頑張った

自分を讃える言葉や、これから移植を受ける子へのエールを

果物形ステッカーに書いて木に貼り足していきます。

5 大きな壁には太陽降り注ぐ草原の絵!

病棟が一気に明るくなりました。

そのほか、

術後ゆっくりじっくりと回復を待つための部屋には、

パステル調の色で優しい動物の絵をモチーフにしたステッカーを貼ります。

これら全て、SHJアーティストプロデュースによる

子どもたち、お母さん、

病棟スタッフのコラボレーション。

全国の病院に広げていきたいプロジェクトです。

12/26投稿「クラウドファンディング成功、ありがとうございます」

2/2投稿「病棟の白い壁をポップに変えようプロジェクト進行中!」

4/6投稿「小児病棟の壁を明るくポップに!貼るワークショップ」

Art by SHJ イラストレーターMari manabe

Smiling Hospital Japan Official Website

〜病院の壁はなぜ白いのか!〜

白からイメージされるのは清潔感

だから病院の壁は白、という概念があります。

壁が真っ白だと、ほこり等の汚れが目立つので、マメに掃除して常に衛生面に気を配ることができます。

衛生に気を使わなければならない場所は、「壁は真っ白」が定番ということになります。

白は信頼感を与える色とも言われます。

白衣も含め、医療の専門家への信頼や威厳を感じる人も多いかもしれません。

白は明るさ、広がりを感じさせ、整頓されて広々とした雰囲気も生んでいるかもしれません。

いろいろ検索してみると、
19世紀の西洋の医師は、黒いコートを着用していたことがわかりました。

驚きです。

黒は礼服の色であり、神聖なる医療の現場にもふさわしい色である、

と考えられていたためです。

その頃は衛生面よりも儀礼的な慣習が優先されたということ。

そもそも、当時は一般に公衆衛生への理解がほとんどなく、

衛生観念が薄かったようです。

19世紀末ごろになりようやく「不衛生が原因で病気が流行する」と認知されて清潔を保つことが重要視され、

医師たちはそれまでの黒いコートをやめ、白衣を着るようになったそうです。

清潔で信頼感を意味する白・・・。

しかし、反面、冷たい印象もあります。寒々と殺風景な空間を作ります。

さらに最近の研究で、白は緊張感を高め、自然治癒力を低下させるということがわかってきたそうです。

患者の立場からしたら、リラックスでき、気持ちが明るくなるような色や柄が欲しいところです。

そこで!

長い前置きに続くのは、

スマイリングホスピタルジャパン

〜病院の白い壁をポップに変えよう!〜

プロジェクトの宣伝です。

スポンサーのFCA  Japanの支援を受け、25日まで開催中です。

目標額が集まれば、活動中の病棟の壁を順次、ワクワクするようなカラフルな壁紙ステッカーで明るくできます。

しかもこのプロジェクト、入院中の子どもたちが主体。

登録アーティストが手伝いながら子どもたちが好きな色を塗り、ステッカーに加工します。

SHJアーティストMari manabeによる病棟の壁画イメージ

現在、目標額の約40%まで達成。

万一届かない場合は、このワクワクの計画はお預けとなります。

子どもたちを決してガッカリさせてはいけません。

どうか、クラウドファンディングを成功に導いてください!

サイト

~病院の白い壁をポップにしよう!~

シェアもよろしくお願いします。

Mari manabe Official Website

Smiling  Hospital  Japan Official Website