〜 憧れ〜

子どもの頃に憧れていた

兼高かおるさんが先日他界されました。

幼い頃、家族でよくみたテレビ番組

「兼高かおる世界の旅」

の案内役。

留学後、英字紙でフリー記者として活動するなか、

飛行機を乗り継ぎ世界一周の速さを競うコンテストで記録を作り有名に。

それがきっかけで世界紀行番組を担当することになったとか。

✈️  ✈️  ✈️  ✈️  ✈️

この番組は海外紀行として憧れの存在でした。

日本人の海外渡航が自由化されるより前の1959年に

「兼高かおる世界飛び歩き」として始まり

翌1960年、私がちょうど生まれた年に

「兼高かおる世界の旅」

に番組名が変わったことは

訃報を告げる新聞記事を読むまで知りませんでした。

海外への憧れが日本中に浸透していく、

そんな大きな影響があった番組ではなかったかな。

もっともその頃はまだまだ個人が海外に気軽に遊びに行けるような余裕が

国民全体になかった時代。

高度成長期前半の頃ですから。

だからこそ、人気の番組でした。

じわりじわりと遠い世界への旅を

いつかは・・、と思い描かせる

そんな存在だったのだと今思います。

私が生まれたのとほぼ同時にスタートしてから30年続いたというから、

小さい頃から、父と二人暮らしをしていた25歳までの

長い時間擦り込まれるが如くに

頭の中に残っています。

唯一父と一緒に見て楽しんだテレビ番組だったな、と

ふと父を思い出しました。

いつも不機嫌で偏屈で。

私が作った料理も味が薄いなどと文句を言って絶対に食べない

誕生日にセーターを買っても

こんなの着ないよ

とタンスの肥やしに。

そんな父と唯一会話しながら楽しんだのが

この番組だったことを思い出しました。

仕事柄、海外出張が多かった父は

いつもの仏頂面は棚に上げて、

サムソナイトのスーツケースを片手に

趣味だったカメラを首にかけ

意気揚々と機嫌よく羽田空港を後にしたものです。

そんな姿を

苦笑しながら見送った・・。

そんな父を12年前に見送って帰ってこないのは、

どこか遠い海外で一人を楽しんでいるのかもしれない

などと思ってみたりします。

そうだといいなと。

都会に憧れて単独田舎から上京し

苦学と紆余曲折の末、国際機関に就職。

都会に、次は外国に

思いはいつもそんなだったから

母に苦労をかけたんだろうな。

「兼高かおる世界の旅」

ふと父とのあれこれを思い出させてくれました。

父の名も薫。

それもまた思い出として、憧れとして、

身近に感じる理由かもしれません。

気軽に社会貢献。ビッグイシューを買ってみよう!

私はビッグイシューが好きで、販売員さんを見かけると、よく買います。

(有)ビッグイシューはその販売を通して、

ホームレスの人々の社会的自立を応援しています。

毎回知り合いの有名人にバトンタッチしていく手法で

スペシャルインタビューが組まれるコンセプトのままに、

表紙はゲストのアップ写真だったり、

食がテーマの回は可愛らしいイラストだったりで、デザインがいい。

セレブへのインタビュー記事あり、笑えるコラムあり。

社会の課題に寄り添った記事も多く、雑誌としての役割をしっかり果たしている気がします。

自然体の内容、

読みやすいボリュームで一冊350円。

うち180円が販売員の収入になる。

最新版は販売員さんが手に持って売っています。

バックナンバーはクリアケースに表紙が見えるように入っていて、

通行人に見やすい角度でたてかけられていて。

つい、

あ、これも面白そう!

とバックナンバーの中身を教えてもらい、

ほんの数秒おしゃべりして、つい2~3冊買う。

ありがとうございました!

またよろしくお願いします!

笑顔で感じのいい丁寧な対応も、

おしゃれな表紙と充実の内容にぴたり。

頑張ってください!

ありがとう!

そんなやり取りは、気持ちがいいのひと言。

🌿 🌿 🌿 🌿 🌿

そもそも、家を失ってしまう、というのはなぜ起こるのだろう。

・年齢や健康上の理由などから、仕事につけないこと

・頼れる身寄りがないこと

また、障害を抱えていたり、困窮家庭で育って親族に余裕がなかったりして、

福祉に関する情報を得られなかったり

障害者福祉への周囲の理解が不十分であったりなど、

必要なサポートを得られずに育ち、

生計をたてられずホームレス状態に至る場合も少なくないという。

ビッグイシュー販売という仕事に出会い、ビッグイシュー基金*のサポートで障がい者年金がもらえるようになった人のことがいつだったか、コラムに出ていました。

ビッグイシュー基金=ホームレスの人々の生活サポートを軸に貧困問題解決を目指す認定NPO法人

🌿 🌿 🌿 🌿 🌿

冬の寒い季節、酷暑の夏、雨風をしのげる場所ばかりではない。

それでも販売員さんたち、頑張っている。

残念ながらビッグイシューを買っている人を見たことがない。

なんでだろ。

販売員さんを見かけたらぜひ1冊買ってみて欲しいと思います。

ビッグイシュー日本

 

〜幸福度の測り方〜

幸せに関する研究が評価されず、非科学的だと言われ続けてきたこと

これは、

私たちの活動が

・何らかの理由で命、生活を脅かされている人の救済

・難病の治療薬の認証への取り組み

・偏見や差別に苦しむマイノリティに寄り添った人権意識の改革に取り組むもの

・今すぐ取り組まないと環境に甚大な影響が及ぶことを阻止するための活動

等々に比べ、喫緊な課題ではないと捉えられてしまいがちなことに似ています。

つまり、

・絶対になくてはならない

・命が脅かされてしまう・・

・明らかに数値等で効果を証明できる

といったものではないから

「いい活動だよね」

で終わってしまうことが少なくないのです。

NPOの仕事とは、

・社会的な課題を解決すること

・国や行政の限界を補う

・マイナスと捉えられる状況を改善していくこと

という風に捉えられているでしょう。

もちろん私たちの活動も、

闘病生活の中、

当たり前の楽しみすらままならない子どもたちに少しでも笑顔を!

という「補い」の意味もありますが、そもそも子どもは遊びの天才。

どんな状況だって楽しむ工夫をします。

その彼らの楽しもうとする主体性のお手伝いをするのがSHJ。

マイナスを補うのではなく

ワクワクすることや創造的な活動を後押しすることで

喜びが2倍3倍になるように応援することです。

伸び伸びと遊べない環境にいながらも

毎日が成長過程の子どもたちだからこそ、

真に必要な取り組みです。

絶対に、ではないかもしれないけど、真に、です。

🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱

芸術活動によって幸福度が上がったとどう証明できる?

とエビデンスを求められるとします。

科学的な裏付けにより実証できるかが、

私たちの主張が正しいかどうかを証明できる唯一の方法かもしれません。

そこで、SHJが数値的根拠を求めて、参加者である子どもたちを対象に科学的調査を行うとします。

こういった場合、多くは

二重盲検法といって、

例えば薬の効果を確かめる場合では、

多数の患者に調べたい薬と偽薬を投与し、誰にどちらを与えたかは患者にも医師にも分からないようにしておき、結果を統計学的に判定するのです。

かつて、Smiling Hospital Foundation in Hungaryが、科学者の助けを借りてこの方法で実験を行いました。

活動前に一定の人数の子どもの採血をします。

そのうち、活動に参加した子どもとしなかった子ども全員に再び採血をします。

アーティストとの交流により、リンパ球の増加、すなわち免疫力のアップが見られたという結果が出ました。

2017/9/20投稿 

Does Happiness Help Healing? ー楽しい心は治癒を助けるかー

でも触れています。

さあ、これで証明できました。

だから闘病中の子どもたちに芸術活動は必要なんです・・。

活動させてください」

そんな説得の仕方、

個人的には、非人間的で

愛情にかけているような気がしてならないのです。

幸せを科学的に追求する研究者はいます。

でも科学者になったSHJピープルを

果たして現場の子どもたちは歓迎してくれるでしょうか。

SHJアーティストとの時間をまっすぐに心から楽しんでくれるでしょうか。

私たちの活動の効果を、

血まなこになってエビデンス「科学的実証」を

社会に示す必要があるでしょうか。

生の声がたくさん寄せられます。

🌿入院しててもこんないいことがあるんだね

🌿入院してすぐに面白い人が病室に入ってきて、えっここは病院?って思った

🌿救われたのは母である私も同じです

などなど・・

医療者ではない立場で現場に長くいた私にとって、

SHJが、アートプログラムとしてチーム医療の一員になりたい

と願ったこともありました。

しかし、

医療現場での活動だけど

医療にとってはあくまでもサポートする立場として、

医療やエビデンスという数値とは離れたスタンスでいたい。

それが子ども達や家族の希望なんだと、

丸6年活動を続けてきて

答えが出たような

7年目にしてはっきりとした立ち位置が見出せたように感じています。

Happiness Helps Healing!

Smiling Hospital Japan Official Website

〜 持続可能な団体とは・・〜

今年はスマイリングホスピタルジャパン7年目。

段々と団体に欠けているものが見えてきます。

しかし、幸運なことに、

困ったな、これが必要だな、ここをなんとかしないと・・

そう思うたびSOSに気づいてくれる人がいます。

「私がそれをやります」

と名乗りを上げてくれる人。

さらに、すごい発想と行動力の持ち主も現れる。

こんな人が必要、と知り合いも巻き込んでくれる。

それは、

「この活動は続け、広げる大きな価値があるから」

だとみんな声を揃えます。

もう感謝する以外ありません。幸せだなあとジーンときちゃう。

しみじみしてる場合じゃないと、

代表を勇気付け、背中を押し、大丈夫だよ、

と言ってくれる。

仮に1年間の収支が赤字になっても、

支出を減らす努力はある程度必要だけど、

大変だ!大変だ!

では何も変わらない。

「それならどうする??」

という前向きでクリエイティブな発想やアイデア、

先を見通し、発展するぞ、それが楽しみなんだ!

という、

先ず何はさておき、

前向きな思いがなくちゃ。

・・・持続可能かどうか・・・

それは永遠の課題ですが、目的ではない。

・・・価値ある活動を持続していくこと・・・

・・・そのためにどうあるべきか・・・

はっきりと言えます。

団体としてのミッションに

  確固たる価値があること

  ブレないこと

一緒に活動したいという多くの仲間と

たくさんの賛同者が集まることにつながります。

これが叶っているのであれば、

持続可能か?!

と聞かれたら

はい!!

と答えるだけです。

☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘

今思えば、

気持ちばかりが先行して壁にぶつかりながら空回りを繰り返し、

やっと開始が叶った、

形のなかった時代が懐かしくなります。

あの頃は知識不足の身でよく頑張ったなあと。

思えば、動き出すと

賛同者や必要なもの、お金までもが味方してくれたのは不思議です。

中でも一番心強く、力になったのは人の心、出会い。

一人の力でできることなど小さく小さく限られる。

そんな中、2人、4人、12人、36人・・・・・・・・・・

共感が共感を呼び、という表現は月並みですが、これしかない。

これほど多くの理解者がいる、

思いを分かち合える人が増えていく・・。

それまでの挫折やもどかしさが一気に吹き飛び、

手応えと展望さえも抱くことができました。

ここで新年恒例の振り返りです。

SHJクロニクル~ダイジェスト版~

🌀2012年

入院する子どもたちを目の前に、思いばかりが募り任意団体として活動を開始した5月。

形ばかりの運営を担当する私とアーティスト1名の2人で始めた活動も、暮れにはNPOとして団体設立。

パンフレットやホームページも拙いながら作りました。

🌀2013年

活動場所が2つに、活動回数は3倍に。

ほんの少し認知が広がり始めた頃。

🌀2014年

大きく広がり7箇所の病院で。

メデイアでの紹介も多くなりました。

🌀2015年

活動場所2桁突入。

テレビやラジオで紹介する機会が増え、見た人、聞いた人から問い合わせも。

🌀2016年

念願の認定NPO法人として新たな1歩を踏み出した!

🌀2017年

活動場所が43にまで増え、少し運営が追いつかなくなってきた頃。

🌀2018年

クラウドファンディングに初成功!

🌀2019年

さらに大きな発展が待っている予感です。

☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘

現在アーティスト150名ほど。

未だ会ったことのないメンバーも多くなります。

登録時に連絡を取り合ったり、

FBで繋がったりするから顔と名前は一致します。

全国に一人一人会いにいくことはできませんが、それでも不安がないのは、

地区をまとめる信頼できるコーディネータの存在があるから、

安心して各地を任せられるのです。

そして病院ごとのアシスタントもとても大きな力。

仲間が増えるたび、年1度の全国研修会で会うのが楽しみになります。

サポート会員も220名を超えて、大きな支えを感じています。

新しい年があけ、まず今までを振り返ってみました。

今日は新年初めての活動です。

今年のSHJにもご期待ください!

Smiling Hospital Japan Official Website

〜ピース!〜

大好きだった義祖母が去年他界しました。

だから喪中につき、新年のご挨拶は失礼しなければならないところ、

ピース!

とは不謹慎な・・と言われそうです。

しかしおばあちゃん、

めちゃくちゃ明るい人でした。

遺影はなんとピースのポーズ。

1911年生まれ。

97歳の大往生。

激動の大正、昭和、平成を生きたお婆ちゃん。

苦労を重ねたはずの顔には笑顔の表情ジワしかない。

じつに、じつに陽気な人でした。

私こと、再婚して6年半。

ということは義祖母と知り合って6年半。

認知症を発症して特養に入るまでは

気が強く、時々キレては周りを困らせていたそうですが、

私はその後のおばあちゃんしか知りません。

いいとこしか見てないからな~。

いいとこ取り~。

とよく言わますが、

情熱的な人だったことは確か。

そんな義祖母はホームに会いに行くたびに、

「素敵な髪型だね~」

「赤いセーターよく似合ってるね~」

「マフラーがおしゃれだね~」

と、必ず小さなことを見つけては私のことを褒めてくれました。

そして我が息子である孫には、

「幾つになったの?」

「ハンサムだね~」

「今年何年生?」

「こ~んなに小さかったのにもうパパを抜いちゃうね~」

を何度も繰り返し、よく喋りました。

さらに、90歳を過ぎてなお達筆。

遠くに住む娘に手紙を書きたいと言って目の前で書く文字の立派だったこと。

それから、

女学校時代の話を繰り返し話して聞かせてくれました。

おばあちゃんの青春時代。

英語が得意でその頃よく歌ったという歌を

それはそれは綺麗な発音で、

会いに行くたび必ず毎回歌ってくれたものです。

しばし女学校時代の話、

銀行に勤めてからの話、

同僚の野球チームの応援に行った時の話・・・。

ひとしきりおしゃべりが弾むと

一緒に飲んでいたココアを飲み干し、

「じゃあまたね~」

と笑顔で。

エレベータに乗り込み、扉が閉まり見えなくなるまで手を振ってくれました。

また来るね~、と言うと返ってきたのは必ず

See you!

遺影は義祖母らしさに溢れている

満面の笑顔とピース!

手を合わせるより

ピースを返す方がしっくりきます。

今もそのユーモア溢れる笑顔が

毎日、元気と勇気をくれています。

ちなみにブログのプロフィール写真は義祖母と一緒に写ったもの。

隣にいつも大好きなおばあちゃんがいる。

おばあちゃんのピース!があれば

今年も大丈夫!