〜人工内耳のアーティスト〜・

聞こえに困難がある場合、人工内耳というのを使う場合があります。

耳の奥などに埋め込まれた部分に音をマイクで拾って送る、というものだそうです。

耳にかける装置を使う方は少なくありません。

音はどうやって認識されるのか、

調べてみました。

鼓膜の奥の方に蝸牛という文字通りかたつむりの形をした器官があります。

外耳道から入った音の振動が蝸牛に伝わり、

蝸牛の有毛細胞に刺激が加わると、

細胞が興奮して電気信号に変換されます。

この信号が聴神経へ伝わりさらに脳へ伝えられて音や声として認識されます。

(日本耳鼻咽喉科学会サイトを参考)

福岡のアーティストの紹介でFacebookで繋がった

吉本信行さんはプロのベーシストであり人工内耳ユーザー。

聴覚が不自由でありながら音楽をライフワークとして続けているその心意気とプロ意識に感動し、直接お会いする機会を楽しみにしていたところ今回下関からチャリティライブに演奏参加してくださいました。

あれ?耳に何もかけていない。

今は外しているのかな?

そう思っていると、

吉本さん、私の視線を感じたのか、

すかさず頭から丸いコード付きのデバイスを取り外し見せてくれました。

これ、磁石になっててくっつくんだよ。

皮下に埋め込んだ金属に装着すれば、電気信号に変えられた音が脳に直接伝えられるしくみだそうです。

両耳に施している吉本さんは

もともとベーシストですが、

数年前に聴覚を失い、失意の日々を過ごしたそうです。

自分の生きがいである音楽がもうできなくなるのか、と。

失って初めてその大切さに気づく、

とよく言いますが、

吉本さんも当たり前にあったはずの聴覚を失って初めてその大切さに気づき、

そしてそれを行動に移した人です。

失った人やもともとその機能を持たない人に諦めないで欲しいとの願いから

人工内耳の普及活動に駆り立てられたそうです。

もちろん音楽活動と並行して。

人工内耳を入れても音の聞こえ方は以前とは全く違う。音楽を聴いてもまるで電波の悪いラジオを聴いているよう。しかも音の高低もつかめない。

演奏するときは以前の勘や記憶を頼りにストリングスを奏でる。

セッションがきちんと合わせられているかは

メンバーの動き、合図で判断するそうです。

それぞれが違和感を感じていなそうであればそのまま続行していいのだと。

人工内耳をより良く使うためにはメインテナンスは必須だといいます。

音楽活動が鈍ってしまわないよう聴くトレーニングを毎日しているそう。

ライブが始まりました。

まず演奏の素晴らしさに感動。

しかもその日初めて会うというミュージシャンもいる中聴くことに不自由があるなどと

微塵も感じさせない、

むしろ忘れてしまうほどのスムーズな打ち合わせ

そして自然に音楽がスタート。

そのあとは言わずもがな

セッション進行のコミュニケーションツールは言葉でもなく

楽譜でもなく

音、リズム、進行、アイコンタクト・・。

音楽は

non verbal  communication=非言語コミュニケーション

と言いますが、

それは目の前でいつも繰り広げられる

ワクワクし感動する場面です。

吉本さんが生き生きと楽しそうに演奏しているのを見ると、さらに深く納得します。

吉本さんは言います。

世界中に、聴こえない子どもたちがたくさんいる。

僕も音を失って初めて音の素晴らしさが、わかった。人工内耳の手術をして、少しでもその素晴らしい音を取り戻そうと、毎日トレーニングしている。

日本各地、そして世界中いろんなところに行って、聴こえないひとたちに、人工内耳の手術を啓蒙したい。

僕には息子がいて、一生、息子の声は聞くことができないと思ってた。だけど、まさかまた息子の声が、聞けるなんて思ってもみなかった。もちろん、人工内耳を通してなので、覚えてる息子の声とはちがうけど。

だから、世界中回って、人工内耳の手術の啓蒙活動をするのは、僕のように、中途で聴こえなくなった人たちには、もう一度、あなたの愛するひとの声を聴いてくださいと伝えたいから。

生まれつき聴こえない子どもたちには、お母さんの声を聴かせてあげたい。

それには人工内耳の手術しか、いまのところ方法はないのです。

そんな気持ちで、世界中回ってるので、また、東京などでも見かけたら、よろしくねー素晴らしい出会いに感謝(^^)

こちらこそ!

全く明るい。

このノリとパッションでする普及活動

その影響は計り知れない気がします。

 

〜高齢化社会に思うこと〜

ついに症状が出た

というわけではありませんが、

急速に進む社会高齢化に伴い

世の中はどうなっていくのかな・・

と考えると、

ふと認知症についても考えます。

確かに・・

短期記憶が怪しくなってきた・・とか

いつもメガネを探している・・とか

現実、あれ?と思うことが増えてきました。

多分同世代の人(昭和ど真ん中生まれ)は

多かれ少なかれ心当たりがあるのではないでしょうか。

そもそも最近では若年性認知症も増えているようですが、

寿命が延びたことで認知症の人が確実に増え続けています。

そのケアのあり方が

社会課題になっているのは必然のことのような気がします。

だとしても昨今、

認知症にならないための生活改善云々・・ とか、

今からでも間に合う脳のトレーニング云々・・ とか、

予防をテーマにした書籍が

書店を賑わせています。

いざ認知症になった人への対応については、

周りの人にとっての対処法についての議論が一般的です。

しかし

否応ない高齢化に伴い計り知れないほど出現するであろう認知症。

これはもう仕様がない。

対処ではなく

社会がどう変わるべきなのか

認知症の人も豊かに暮らせるようにするための施策が必要と考えます。

農村で農業をしながら認知症と折り合いをつけながら幸せに暮らしている方の事例を新聞で読みました。

認知症であるそのことだけに焦点をおかずに

もっとトータルな人生設計ができたらいいのにな。

認知症になる・・・

老化の過程と捉えれば気がラクになるような気もします。

もはや他人事ではない、誰にでも老いは訪れますから。

だから社会の仕組みやインフラを変える。

世の中を広い視点で見てみます。

障害者は増える、医療的ケア児が増える。

高齢者は増える、認知症は増える。

困難を抱えない人の方が少ないんじゃないかと思えるこの頃。

さらに今現在

難なく生活している人も

遅かれ早かれ当事者になる可能性は大です。

「障害は環境が作る」

という考え方に立てば、

当人に直接アプローチする

対処法

ではなく

誰もが幸せに暮らせる

環境作りに発想転換できないものかと考えます。

高齢者による交通事故や火災など

悲しい事故が続いています。

環境作りにシフトすれば

このような問題もずいぶんと

軽減されるような気がします。

2040年には、高齢者が人口の35.3%になる

総務省統計局調べ HPより

と言われています。

医療はますます進歩し

在宅医療、看護を受ける人もさらに増えるでしょう。

今から社会のあり方

人権や多様性への認識について

角度を変えてみていかなくてはならないと思っています。

ティール組織-2-

読み進めるうちに

ページいっぱいに色がついて

マーカーする意味がなくなるほどです。

一文一文が珠玉の!メッセージ。

そんな中、特に染み入る内容がありました。

ティール型の「自己実現」の考え方が

第3章に述べられています。

「自分のエゴを一定の距離を置いて眺めると、

その恐れ、野心、願望が

いかに自分の人生を突き動かしているかが見えてくる。

支配したい、自分を好ましく見せたい、

周囲に馴染みたいといった欲求を最小化する術を得る。

もはや、自分のエゴに埋没しておらず、

自分の人生がエゴを失う恐れによって

反射的に振り回されることはない。

このプロセスの中で、私たちは他の、

自分自身の深い部分にある知恵に

耳を傾けられるようになる」

(第3章進化型~エゴを失う恐れを抑える~より)

と。

そしてこの「恐れ」に置き換わるものはなんだろう?

の問いかけに、

「人生の豊かさを信頼する能力」

だとあります。

このような視点を持つと、

「予想外のことが起こっても、

あるいは間違いを犯しても、

物事はいつか好転し、

そうでない時には、

学び成長する機会を人生が与えてくれたのだ、

と考えるようになる」

とも書かれています。

こういった考え方が大好きです。

自分を好ましく見せたい

他人から認められたい

富を得たい

という欲求(エゴ)は自分を外から相対的にみて満足すること。

集団帰属への欲求や権威主義もそこから出発しているように思います。

でもこのエゴを捨てることによって

自分の内面の声を聞くことができ、

自己実現に向け

「自分は自分に正直になっているか」

「自分は人の役に立っているか」

「自分は間違っていないだろうか」

が指針になる。

だから奇抜なプランや

「ちょっとそれ、無理じゃない?」

と思われるような考えも、

無謀を押してまで

自分が声をあげ、行動を起こさなくてはという

衝動に突き動かされる。

それが自分らしく生きるということ。

自分の確信に沿った生き方をする、ということ。

長いことコンプレックスと闘ってきた私。

そのために自己実現が阻まれてきたことも少なくありません。

しかし、

「ティール組織」を読み進めるうち、

自分を外から見て評価し、結果コンプレックスに苛まれることがどんなにバカバカしいことかが明らかになり

「自分の内面と対話しながら自分らしく正直に

正しいと思ったことを行動していけばいいんだよ」

と励まされているようで

勇気が湧いてくるのです。

ティール組織 フレデリック・ラルー著 英治出版

〜Teal組織-1-〜

今話題の

“Teal組織”を読んでいます。

ティール組織

~マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現~

by フレデリック・ラルー 英治出版

先日、出版の打ち合わせに行った時に

プロデューサーが

これ、松本さんの団体に近いかも・・

と手渡してくれました。

Tealとは?

コガモという意味と

暗緑色がかった青色

medium blue-green color

という色を指す単語。

まずコガモとは

日本の水辺にやってくるカモ類ではいちばん小さいカモだそうです。

「コガモは臆病で隅に隠れがち、

そして比較的警戒心が強いです。

 サイズが小型なので、他のカモたちより競争力が弱いのカモ。

 実際、ヨシ原などで生活しているコガモは、

大抵ヨシの裏などに隠れていて、

人の気配がすると飛び去ってしまいます」

ネイチャーエンジニア 生き物ブログより 

https://www.nature-engineer.com/entry/2017/10/20/213522

ということは、

ティール組織とは競争力が弱い臆病な団体のことか。

ふむふむ・・

SHJに

競争力などはまず必要ないし、

臆病な人は一人もいない・・。

ならば

Teal組織ってなんだ?

ひと言で言うと進化型組織。

どうやらtealという色にその意味が隠れているようです。

緑が多元型組織を表し、

「多様性と平等と文化を重視するコミュニティ型組織。ボトムアップの意思決定。多数のステークホルダー」

とその特徴が述べられています。

これに青を混ぜたような中間色tealが進化型組織です。

例えば組織に所属することで

組織の理念に従い、結果を出すのが達成型組織。

組織の理念とは別の(本当の)自分、本音に蓋をして

過ごすことになり、

これでは使命を果たすためにいる組織で

逆に疲弊してしまう、と書かれています。

納得。

それに対してteal組織とは

組織の存在目的と、個人としての使命が一体となっている

そんなイメージ。

中央で強いガバナンスを持つことなく

明確なミッションに向けて

一人ひとりが自律して活動現場を繁栄させる、

そんな風に読み取っています。

学校では今年の目標は?

企業では売り上げ目標は?

とまず目標を掲げるのが組織。

「結果を出そう!」などと発破をかけられ、

目標から逸れることに恐れを抱き、

行動を自ら制限し

人生を豊かにするためのいろんな経験や価値観を

かえって遠ざけることになります。

そんなことを

5/31 投稿「~目的ってなんだろう?〜

で書きました。

この本にも

目標を立てることに対する考え方が述べられています。

「人生の目的を設定して、どの方向に向かうべきかを決めるのではなく人生を解放し、一体どのような人生を送りたいのかという内からの声に耳を傾けること。

目標の深い意味に到達する個人は、恐れを全く知らずに自分の使命を追求できる」

とありました。

子どもたちからいろんな気づきやインスピレーションをもらいながら

何ができるのかを追い求めるうち

夢や目的が自分の内に湧き上がり

1つの使命に邁進することになった。

そんな馬鹿正直な生き方をしながら作り上げた団体。

理念に共感して集まった

たくさんのスタッフ、アーティストたちそれぞれが

団体のミッションを自分のミッションとして捉え、

やりがいを感じ学び合い活動の質をあげ

相手の笑顔を見てハッピーになる・・。

そんなハッピーの連鎖を実現するSHJ

プロデューサーは

ティール組織としての断片を見てくれたのかもしれません。

〜これがやりたかったんだ!- 2-〜

〈学びサポート通信〉

練馬区 Hさん宅にて音楽の授業がありました。

お母さんの妹夫妻がバージニアから訪問されていて参加。

ちょうどワシントンの桜が満開で・・、

という話題になり、

和子さん弾き語り”Country Road”

の後には

歌詞にある

West Verginia

Blue Ridge Mountains

Shenandoah River

などの地名が

かつて文芸翻訳をしていたころ下訳した 

Bill Brayson “Walk in the Woods”

“究極のアウトドア体験~北米アパラチア自然歩道を行く

に出てきた地名と重なって

会話が弾みました。

さてガレージバンドのアプリとi+padタッチャーで

音楽学び担当 石橋和子さんのピアノ演奏とアコースティックドラムでセッションを完成させたHさん(→2/6投稿「これがやりたかったんだ!」)。

今回はさらに応用させ

CとGの2つのコードで演奏できる曲

Twinkle Twinkle Little Star

What a Wonderful World

などを和子さんが提案。

 Hさんは今回、

ガレージバンドのエレキギターを選びました。

特にカッコ良かったのは

“Love Me Tender”

ハードロック調に変身した

ジャズのスタンダードナンバー。

エレキギター!これがやりたかったんだ!

とHさん。

テンポを掴んで

ピアノをしっかりリードしていました。

気持ちいい!

思わず和子さんも大興奮!

楽器アプリを使うようになってから

俄然、やりたかったことが次々に実現していること。

Hさんの頬がいつもに増して

高揚感にあふれていました。

リビングルームに集合した

家族や叔母さん夫妻、そしてSHJスタッフが

Hさんがエレキギターでリードする曲を

気持ち良く歌う全員参加型ライブ。

Sweet!

という言葉を何度も発していたバージニアからのお客さん。

支援機器を使ったセッションに感動し、

ワシントンにも沢山のライブハウスがあり

日本人のアーティストも出演しているが、

This is the most wonderful concert I’ve ever been to!

との嬉しいコメントをいただきました。

しかも夫妻はバージニアで学校の教員、そして知的部門の特別支援学校のスクールカウンセラーをされています。

支援機器を使った場面は初めて見たとのこと。

支援機器の発祥の地であるアメリカで、

同じ業界でさえその普及と認知度に

地域格差があると知り、驚きました。

職場では、子どもと向き合う時間が事務仕事に奪われているといった話にもなり、

日本の教育現場と同じことが起きていることも知りました。

同業であるために話が発展し場が盛り上がった今回のセッション。

Hさんが設定してくれた新しい出会いです。

SHJってそもそもどんなことをしているのか、の話に及ぶと

Hさんは

「〇〇社が支援してるよね」

などなど、説明に参加してくれて嬉しくなりました。

いつもと同じ学びサポートの展開に

ひと味違った場面が加わり

賑やかで有意義な時間となりました。

学びサポートレポート

石橋和子Official Website ~空と海の間に~

Smiling Hospital Japan Official Website