〜子どもの意見表明権〜

「子どもの権利条約」に

日本は1994年4月に批准した。

その中に「子どもの意見表明権」というのがある。

→子どもは、自分に関係のあることについて自由に自分の意見を表す権利をもっています。その意見は、子どもの発達に応じて、じゅうぶん考慮されなければなりません。(UNICEFホームページ「子どもの権利条約」より)

この権利がなかなか浸透していないために

不幸な事件が絶えないことから

アドボカシー制度を普及していこうという動きがあるが

どこまで進んでいるか

別途、改めて調べてみたい。

アドボカシー制度=英国やカナダで制度化されている子どもの権利擁護活動

まず、

日本の子どもは「意見表明権」の存在と

そして自分がそれを行使できることを理解しているか?

というところに疑問がわくが、

それ以前に、

日本に子どもが意見を自由に述べる土壌があるのか、

が問題だ。

「権利があります」

と謳われ明文化されたものの

この権利

絵に描いた餅と化していないか。

さらに意見を聞く耳を

大人は持っているか。

そもそも

日本では「子どもの権利を守る」という文化が育っておらず、

「大人が保護し子どもは従う」

という関係を今日も子どもに強いていると感じる。

日本では小学校から高校まで

学校が一方的に決めた校則(ブラック校則なんてもってのほか!)を

児童・生徒に強い

子どもたちはそれを無条件に守らなければならない。

学校と対等に交渉などできる環境にない。

しぜん、自分の権利を主張することにも慣れていないので

民主主義というスタンスが育たない。

とても民主的とは言えない教育環境に置かれながら、

「自分の意見を表明しなさい」

「自分の考えを言っていいのですよ」

と言われても、子どもにとっては難しい。

支配・被支配の関係を親や教師から強いられがちな日本の子どもが、

「本音を言おう」としてまず脳裏をよぎるのは

怒られるのでは

罰せられるのでは

という不安だ。

「災いのもと」とばかりに口をつぐむ。

意見を言ったり発表したりする場が少ないから

自分の考えを持つこと

まとめること

間違っていると思うことを間違っているという勇気(本当は勇気などいらないはずだが・・)も

育たない。

伝わるように伝える能力がそもそも

養われず

意見を言うことに自信がないように思える。

そこに未熟だと決めつけ子どもの言うことに耳を傾けず

価値を置かない大人がいる。

ますます子どもはダンマリだ。

悪循環が固定化しているように思えてならない。

いったい義務教育で、

子どもの権利を教え、

「子どもの権利条約で謳われている子どもの権利」を行使する空気を

醸成することは可能なのだろうか。

大人が子どもの意見にまっすぐに向き合う土壌を作ることができるのだろうか。

批准から25年も経ったというのに、

どれだけ子どもの権利が関心を持たれず放置されてきたかを

物語るのが

今年1月に千葉県野田市で起こった

小学4年生の女児の虐待死事件だ。

女児は親から暴力を受けている事実を学校に

しっかりと表明していた。

それなのに

学校も教育委員会も児童相談所も女児の訴えを軽んじ、

彼女は自宅へ戻され殺されてしまった。

ちゃんと自分のことを言い助けを求め

「意見を表明する権利」を行使したのに

その訴えは踏みにじられた。

これが現実。

子どもが大切にされない社会。

この例はたまたまだ、

と言う人もいるかもしれない。

しかし、

日本には

子どもが支配・被支配の関係を

親や教師から強いられがちな空気があること。

いじめを受けていても

集団が苦手で学校に行けない辛さがあっても

学校が子どもの話を軽んじ問題視しない。

そのために苦しむ子どもが一番多い季節がまさに今。

大人は認識してほしいと思う。

子どもの権利を守ろう。

子どもに

本音を言ってもらえないなんて

悲しいではないか。

-蝉しぐれ 2-

2年前のちょうど今頃書いたエッセー

ホームに暮らす母を思い

感傷に浸りながら綴ったのを覚えています。

2017/8/21投稿~蝉しぐれ

今年も蝉しぐれの季節が終わってしまう前に

綴りたくなりました。

-蝉しぐれ2-

鬱蒼とした木々から降り注ぐ

蝉しぐれは

なぜかものがなしく

その喧噪が続けば続くほど

いっそう切なくさせるのです。

盛夏の季語

しかし

私は夏の中でも

残りの命を精一杯輝かせようと

夢中で鳴く蝉の潔さに

夏の終わりの切なさを感じます。

9月に入ってひぐらしの

かなかなかなかな・・

という鳴き声に虫たちの喧噪が取って代わると

切なさが寂しさに変わる。

そんな感傷に左右されながら思うのは

なぜか母の生きてきた人生。

命からがら妹弟6人と

ひ弱な母親を連れて満州から引き揚げてきた

その時の壮絶な体験。

そしてやっと戻った祖国の地で

待っていた苦難。

「語り継がなくちゃ。

書いて残してね」

となんども懇願したけれど

叶わぬうちに母は我が子さえ

わからなくなってしまった。

母が大切にしていたものや

こだわって頑固なまでに守ろうとしていたもの・・・

思い浮かべると

切なさを超え悲しみが溢れる。

今それを話題にしても

見せたとしても

心が動く様子は見られない。

母の顔。

今年85歳になるというのに

顔のシワは私より少ないかと思うほど

綺麗な肌をしている。

苦労の多かったこれまでなど

全く知らない、

というふうだ。

時折見せるいたずらっぽい微笑み

ちょっとお茶目なその愛らしい顔

母みたいに可愛いおばあちゃんになれるかな

などと思う。

言葉もほとんど出てこない。

会話など成り立たない。

小さな体にはたくさんの苦労が

年輪のように染み込んでいるはずなのに

もう語ってくれない。

そんな母から教えられるのは

老いへの心構え。

母にバイバイ、またね

をした帰り道、

ホームの庭の大きな老木が

時間は否応なしに過ぎていくということ、

歳をとるということを

覚悟しろとばかりに見下ろしてくる。

蝉たちはといえば

切なさに浸る私をよそに

忙しく絞り出すように鳴いている。

「若い人はいいね」

などと言われていた自分が

いつの間にか

若い人たちに頑張ってほしい、

と思うようになった。

母が体験した戦争を繰り返さないように

子どもが輝く平和な世の中に

していってほしいと。

時は過ぎて時は変わって

私がおばあちゃんになっても

変わることなく季節は巡る。

蝉しぐれ。

平和の中で

変わらず毎年繰り返されることを願う。

学校でなくても・・・

早くも新学期が始まった学校もある。

夏休み明けのこの季節、気がかりなことを

9月1日問題として綴ったことがある。

→ 2017/8/31投稿「9月1日問題

2016年に成立した「教育機会確保法」は

子どもたちの休養の必要性を認め、学校外での学習の機会が得られるよう、子どもやその親に必要な情報を提供することを国や地方自治体に求めている(8/23東京新聞社説)。

としている。

この法律について以前綴ったことがあるので参考までに。

→2019/6/14投稿「不登校の子どもを守る!

社説にあるこの法律概要を掘り下げる。

・子どもたちの休養の必要性を認め

    →学校は疲弊するところだから?

・学校外での学習の機会が得られるよう、

    →学校の存在理由が音を立てて↘️?

・子どもやその親に必要な情報を提供すること

  →大人はともかく、子どもにその情報が伝わるような仕組みがある?

*****

まず大人は

学校に行けない子もこんな法律で守られているんだよ。

と子どもに伝えているか。

✔︎心の声に耳を澄まし、見守ろう

✔︎学校以外の居場所を作ろう

✔︎居場所の選択肢を増やそう

✔︎学校が怖かったら「行かなくていいんだよ」と子どもに伝えよう

・・・・・

言うのはなんと簡単なことだろう。

大切なのは

子どもに情報を伝える大人はいるのか、

ということ。

親はなるべくなら学校に行って欲しい

だから余計な情報を子どもに与えたら本当に行かなくなってしまう・・

と危惧するはずだ。

本心では我が子の苦しみに寄り添いたいと思っても

家族やおじいちゃん、おばあちゃんの手前。。

そして世間体・・。

そんな板挟みになるのはいつも母親だ。

「子どもの意見表明権」など眼中にも置かない社会

からどうしたら我が子を守れる?

子どもの意見表明権→子どもは、自分に関係のあることについて自由に自分の意見を表す権利をもっています。その意見は、子どもの発達に応じて、じゅうぶん考慮されなければなりません。(UNICEFホームページ「子どもの権利条約」より)

学校に行かなくて良いよ。

代わりにこんなところもあよ。

と子どもを安心させてあげましょうと

人は言う。

しかし

教育の専門家が叫ぶだけでは何にもならない!

専門家が新聞で呼びかけたって

テレビやSNSで発信したって

届く先は誰?

その声、情報が

本人たちに届くようにすることこそ

抜本的な対策だ。

心ある人たちがフリースクールなど

学校に代わる施設を作って

子どもを守ろうとしているのはわかっている。

しかしその存在と

そこへどうしたら繋がるのかを

子どもたちに知らせ

自分の意見や希望を表明する権利を行使できるような

仕組みを作らなくては

その機能は果たせない。

しかし何より重要なのは

議論以前の問題である。

学校という場所から、

そして学校という制度から

子どもを守らなくてはならないような

社会の仕組みに目を向けメスを入れることだ。

〜 パラリンピック〜

開幕まで1年と迫ったパラリンピックは、

パラレル(=もう一つの)五輪という意味。

従来のパラリンピックという言葉は、

プレジア(下半身まひ者)とオリンピックからの造語だったが

身体障がい者の国際大会になじまなかったため、

ギリシア語の接頭語である

パラ=Para(沿う、並行)+Olympic(オリンピックス)

と解釈することになった

とも日本パラリンピック協会のホームページで読んだ。

パラリンピックは1948年に

ロンドンでオリンピックの開会式が行われたのと同じ日に、

イギリスのストーク・マンデビル病院にて、

第二次世界大戦で負傷した兵士たちのリハビリとして

開催された競技大会が起源だとされている。

ドイツ出身の医師が提唱したもので、

入院患者向けの競技大会として毎年開催されていた。

やがて1952年に国際大会となり、

1960年に

「国際委員会」が結成された。

1988年のソウル大会から、

「パラリンピック」が正式名称となり、

1989年にはIPC(国際パラリンピック委員会)が設立されて、

オリンピックと同一の都市で開催することになった。

参考:日本パラリンピック協会

改めてパラリンピックについて調べてみたくなったのは

障害者スポーツを通して

共生社会を作る

個人や多様性の尊重

コミュニケーションを図って統合を!

というその趣旨に、

なんとなく違うな~

という違和感を感じ

気持ちが悪かったから。

そもそも・・・

パラリンピック。

健常者と障害者の融合とか

統合とか

ノーマライゼーションの理念を高々と掲げ

いかにも弱者に寄り添うかの体が

鼻につくのは私だけか。

パラ(=もう一つの)としているところは

明らかに垣根を作っているとしか見えないが。

障害と言ってもひとくくりにできない。

仮に同じ障害であっても

百人百様だ。

障がいがとても重くて

パラリンピックも蚊帳の外

と感じる人も多いのではないか。

そうだとすれば

理念自体が字面だけになる。

もっと言えば

健常者と言われる人にも

スポーツの得意不得意

好き嫌い

がある。

私なぞは運動神経だけは良かったので

小学生時代は毎年

運動会が近づくと

自分の舞台が待っているような

ワクワクした気持ちで

得意になっていた。

とにかく身体を動かすのが好きだった。

そこにたまたま

うまく動かせる身体があっただけ。

正直、あの頃は

運動の苦手な子の気持ちになったこともなかっただろうと記憶する。

中学に入って見事に運動に興味を無くしたのは、

体育祭の華やかさに面食らってしまったから。

怒涛のような学校行事の準備に

嫌気がさし、ついでに

体育祭のクライマックス

「選抜リレー」への全校あげての期待と

盛り上がりに怖気づき

いきおい

派手なことがだんだんと怖くなってしまった。

高校に至っては全く距離を置いていた。

それを思い出したら

今のアスリート事情となんとなく重なる点がある(もちろんレベルの全く違う話だが)。

せっかく運動が好きでアスリートになった方たちが

あまりの競争主義や周りの期待に潰されてしまうことのないように願う。

オリンピック・パラリンピックが

「スポーツを楽しみたい人が楽しむ」

という意味合いに近づくといい。

アスリートにとっても

観戦を心待ちにする人にとっても。

*****

ところで

普段芸術を病院や施設に届ける活動をしている身にとっては

スポーツばかりでなく

アートにも国際イベントがあったとしたらどうだろう、と思う。

アートのオリンピック、とか名前がつきそうで

それはそれでNG.

国際音楽コンクールなるものなら

ジャンル別にあるだろう。

しかし

オリンピック、パラリンピックのように

「勝敗」

「速さ、重さ、点数など数値の競争」

とは違う。

アートは数値でその価値を決める次元のものではないからだ。

そう考えれば

じゃあ、芸術だって・・

という考えは陳腐だ。

それは芸術が、

競争や政治などとは無縁の

最高に崇高な人間の営みだからだろう。

そう信じる。

そんな風に思うのも私だけか・・・。

〜合理的配慮〜

「インクルージブ教育」が

全ての子どもにとって大切であると常々感じており

度々綴っています。

インクルージョンを実現させるためには

「合理的配慮」が欠かせません。

平成28年4月に

障害者差別解消法」が施行されました。

内閣府のリーフレットによると、

「この法律は、障害のある人もない人も、

互いにその人らしさを認め合いながら、

共に生きる社会をつくる事を目指しています」

とあります。

正式な定義は

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」

で、その内容は

・障害を理由とする差別等の権利侵害行為の禁止

・社会的障壁の除去を怠ることによる権利侵害の防止

このうち、

社会的障壁の除去を実施するために必要なのが

「合理的配慮」です。

8月13日投稿「インクルージブ教育

でも触れた

文部科学省による

共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システムの構築のための特別支援教育の推進(報告)概要」

の中にも「合理的配慮」

が謳われています。

「インクルージブ教育」とは、

「障害のある者と障害のない者が共に学ぶ仕組み」で、

まさに先に述べた

障害者差別解消法

の理念そのものです。

この法律と合わせるように

インクルージブ教育の内容は、

1 障害のある者が「general education system」から排除されないこと

2 自己の生活する地域において初等中等教育の機会が与えられること

3 個人に必要な「合理的配慮」が提供されること

とあります。

1と2を実現させるためにも3の

「合理的配慮」が根底になければならないと考えます。

「合理的配慮」とは一般的に

個々の特性や場面に応じて発生する

障害・困難さを取り除くための、

一人ひとりに合わせた調整や変更のこと。

いわば、

「障害のある人と障害のない人が平等にいられるために作られた仕組み」

のことです。

インクルージョンを進めようとする時

欠かせないないのが「合理的配慮」

ということになります。

しかし

これらも含めて

これまで健常者(この表現は毎度しっくりこないが敢えて)

が障害者の施策を決めていたと考えると

改めて

船後氏と木村氏の当選によって

改革への実行性とスピードが

当事者の力によるものだということを

実感ました。

そう、

当事者でなければ当事者のことはわからない。

これから様々なシステムが変わり

強制的と言っていいほど

バリアフリーが進んでいく予感です。

強制的に!

誰がなんと言おうと!

*****

身近で実現した

合理的配慮を思い浮かべてみます。

院内学級にいた時に受け持った生徒の一人は

心臓の機能が弱くて

階段を登って教室に行くことが困難でした。

家族の訴えにより

通っていた学校に

エレベータが設置されたと聞きました。

時はまだ

障害者差別解消法ができる前のことです。

法律という味方もない中

貫き通した訴えが現場を変えた!

当事者にしかわからない

当事者だからこその説得力がある

本気の改革がありました。

*****

困りごとはどこにでも転がっている

そんな視点で周囲を見渡せば

途轍もない不条理と

人知れず闘っている人たちがいます。

健常者(?)が当事者意識を持ち

他人事とせず

困難とともに生きる人から学ぼうという

姿勢や土壌ができたらいいな、と思います。

草の根の訴えが

社会を変えていけるような。