障がい者ドライバーを守れ!🚗

月に一度は山や川へと自然を求め出かける我が家にとっても

移動手段である車は必須。

いっぽう

昨年高齢を理由に義母は愛車を処分し、

免許を返上しました。

そんな母の趣味は俳句。

先日句会の会場に夫と迎えに行った時に感じたのは

運転席や助手席についているアシストグリップの重要性です。

フロントガラスを支える支柱部分を

「Aピラー」というそうですが

アシストグリップはここに付いていて

母は必ずここをつかんで体を座席に移します。

障害のある方などは

車椅子から運転席に乗り移る時

手でつかんで体を持ち上げるための補助器具となります。

高齢者や障害のある人にとって

このグリップがなくては

車への移乗はとても困難です。

ところが昨年秋から

自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則というのが変わり、

このグリップを含む

「運転者の視界を妨げる遮蔽物の設置を禁止する」

という基準が設けられたと知りました。

ー 自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則 ー

「乗用車の運転者席について、運転者席から前方の一定範囲における視界を妨げる遮蔽物の設置を禁止するなどの基準の変更を行います」

というもの。

→国土交通省ホームページ自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則等の採用に伴う道路運送車両の保安基準等の一部改正について (発表平成25年11月12日)

適用時期は、

新型車で平成28年11月1日

継続生産車で平成30年11月1日

参考:自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則(第125号)

障害に合わせた改造は

道路運送車両の保安基準に合わなければ

車検が通らず、自由にというわけにはいかないけれども

少なくともこの補助グリップは基本仕様であるべきです。

移乗が困難な人にとってはこのグリップがあることで

利便性や安全性が全く違うからです。

グリップがAピラーからはみ出さなければ、

つまり視界を妨げなければ良いということですが、

そもそもこのグリップの存在が事故につながったというのは

聞いたことがありません。

このような新規制の背景は

「自動車の安全性の向上及び国際的な基準調和の観点」

国土交通省ホームページ

とありますが、一体誰にとって安全なのか

と首をかしげます。

グローバリズムにおもねる決断かと

つい色眼鏡をかけてしまいます。

いずれにしても

障害のある人が運転できなくなるような規制の変更は

障害者差別解消法に反するし

合理的配慮と真逆の発想です。

テクノロジーが

困難を抱える人の自己実現を支えているのと同じように

車という自由な移動手段は

障がい者の行きたい場所へのアクセスを可能にし

人生を切り開くものです。

やっと自由の翼を手に入れたというのに

この国際基準により

古くなった車の買い替えが迫られた時に

この翼はもがれてしまうのか・・・

自動運転も良いけれど

もっと

”今ここ”

”この方達にこそ”

のニーズに寄り添う基準設定に

目を向けてほしいと強く思います。

将来はぜひスマイリングへ!🎨🎺

小児病棟での活動にはいろんな年齢の子どもが参加します。

ある日の活動。

ある高校生がアーティストに

音楽家になる夢を語ってくれたそうです。

それもそのはず

アーティストの歌に

いつも楽しそうに参加しています。

本当に楽しみにしていてくれるのです。

活動が終わる頃、

退院したらまた音楽の勉強を始める、

そして音楽の道へ進むのだと。

そこで

すかさずアーティストが口にした言葉が嬉しくて

ブログに書いている次第です。

「それなら将来はスマイリングのアーティストになって!」

アーティスト自身が活動にやりがいと喜びを

感じていなければ出てこない言葉。

このエピソードを知ったのは

アーティストの子どもたちへの関わりに

いつも感動しているという

アシスタントからのメールでした。

子どもたちの素晴らしさとアーティストの活動を

毎回見ることで

この活動を知ってよかった

参加できて嬉しい

アシスタントをずっと続けるのだと

伝えてくれるアシスタントです。

アーティストの言葉を

いち早く私に伝えたい!

そんなアシスタントの思いも強く伝わってきて

まずそこが嬉しい。

それぞれがそれぞれの立場で

団体のこと、活動のことを

心から大切に思っていることに感動し感謝し

この活動がずっと続くことを

ますます確信しました。

👫 👬 👫 👬 👫 👬 👫 👬

ボランティア活動とは

状況を的確に把握し

相手の気持ちに寄り添い

程よい立ち位置で行動しなければならないと考えます。

さらにSHJのような

スキルを活かした活動においては

自分の独自の技術が活きる充実感

そして社会に貢献する実感を強く感じることにより

ボランティア活動を一過性のものに終わらせず

ライフワークにすることができるのです。

活動する側も受け入れる側も豊かな気持ちになる

win winのかたち。

さらに

相手の気持ちを動かすきっかけ

生き方へのヒントになれば

真から質の高いボランティア活動になり得るのではないでしょうか。

いえ、

ボランティアに限らず

経済活動においても

同じことが言えると考えます。

持続可能な社会への

意識のあり方の一つかなと思うのです。

将来はスマイリングへ!

まずアートを学ぶ

経験を積む

その先には病院での芸術活動という目標がある。

ビッグピクチャーで描く

一つの人生。

少し大げさでしょうか。

Smiling Hospital Japan Official Website

手術、ワンちゃんと一緒なら!🐕

「ワンちゃんと一緒だから手術も怖くないよ」。

手術を前に、小さな女の子が言います。

今、勤務犬!

が医療機関で患者の心を癒す活動をしています。

そんな記事をyahooニュースで見つけました。

→yahooニュース〜可愛い犬と一緒、手術も平気 「勤務犬」が病院で活躍

 犬が活動?

ハンドラーと呼ばれる看護師さんが育て

病院に連れてくるのだそうです。

高齢者施設や小児病院で犬と触れあう機会は増えていますが

衛生管理等が厳しく、

治療への成果が求められる医療機関では

なかなか導入は難しいようです。

そんななか、川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院では

スタンダードプードル「モリス」が

緩和ケアチームの一員として勤務しています。

子どもだけでなく、成人の患者や

その家族の精神的安定と不安の解消、

治療意欲の向上に一役買っているといいます。

入院病棟の病室や談話室、

手術室や処置室まで、患者に同行します。

患者がリードを引いて病棟内を「散歩」することも。

聖マリアンナ医科大学の周産期病棟に勤務する娘によると、

妊婦の不安を和らげたり

新生児のところに行って

若いママを励ましたりもしているそう。

衛生管理や人畜感染症の問題が課題でしたが

犬に付着した細菌を調べると

多忙な研修医の白衣よりも清潔!であることがわかり

導入が決まったそうです。

もちろん、

アレルギーを持つ人や

犬が苦手な患者、

免疫力が低い場合などへの配慮

は欠かせません。

勤務犬「モリス」。

長く辛い入院生活を送りながら

不安を抱える患者の精神的な負担を軽減することが任務。

長年手術を拒否していた小児が

「ワンちゃんと一緒なら」と

歩いて手術室に入っていった・・・

抗がん剤治療による吐き気に苦しむ小児がんの子どもが

モリスと一緒の時に笑顔を見せた・・・

そんなエピソードも

記事の中で紹介されていました。

スマイリングホスピタルジャパンの

参加型アートやダイナミックなパーフォーマンスも

同様のミッションのもと活動していて、

手術を怖がっていた子どもがバルーンの剣をもらって笑顔になったり

笑うことのなかった子が入院して初めて笑ったりなど

その意義は現場でも折り紙つき。

しかし

手術室や処置室まで一緒に行くことは

さすがにできません。

ここで提案。

病棟で過ごす時は

スマイリングホスピタルジャパンのアート。

いざ手術の時は「勤務犬」と。

たまには犬の散歩もあり。

art & dog

そんなセットが当たり前になっている場面

想像しただけで

たくさんの子どもたちの笑顔が浮かびます。

さて、勤務犬の立場になってみると

嗅覚や聴覚が発達した犬にとって、

病院は決して快適な環境とは言えないし、

患者との接触によるストレスも大きいでしょう。

活動日を一週間のうち数日に絞り

休養の時間を十分とっているところ

「犬のきもち」を大切にしています。

体調によって、

ハンドラーの判断で活動を中断したり、

延期したりする場合もあるそうです。

動物

特に犬や猫が

無条件に私たちを癒してくれること

改めて納得です。

我が家は鳥などの小動物しか飼えない環境。

ヌマエビやメダカたちが優雅に泳ぐ姿を眺めたり

森が近くにあるせいか

窓の外に目をやれば野鳥を見てホッとします。

事故で大怪我をした時は愛犬ラッキーに癒されたものです

同じいきものだけど

無垢な存在には本当に心癒されます。

手術だって、ワンちゃんと一緒なら!

〜白杖ユーザーと歩く👣〜

視覚障害のあるアーティストが活動に向かうとき

最寄りの駅で待ち合わせして

ああだこうだとおしゃべりしながら歩きます。

白杖を持たない手を私の肘にかけながら

家であったこと

最近の朗読ライブのことなど

いつも話は尽きません。

彼女が歩きやすいようにと思っても

細かな失敗はいつものことで

反省することしきりです。

👭 👭 👭 👭 👭 👭

活動病院までは公共交通機関を使いますが

帰りは16:30を過ぎで

そろそろラッシュ時に差し掛かる

とても人通りの多い時間になります。

渋谷駅を使うとき

大規模な工事現場の中を歩くのは

かなりの恐怖を誘います。

そして駅が大きければ大きいほど

歩行者の流れが色々で

ぶつかりそうになることは

一人で歩いていてもしばしばです。

そんなところを

視覚障害の方と歩く緊張感は

回を重ねるごとに

少しずつ和らいでいるとはいえ

集中力は必要です。

事故のないように細心の注意を

と心がけつつも

おしゃべりばかりして

つい相手が

”見えていないこと”

を忘れてしまうこともあり

注意、注意。

さて、

目的の駅に着いたとき

ホームに降りてから

改札に向かおうとするときに困難が生じます。

うっかり階段近くに降りてしまったとき

階段と線路の狭い空間は一人でも前進が困難。

帰宅ラッシュ時は疲れて家路を急ぐ人の波が

どどーっという状態。

このようななかに放り出されたら、

白杖を頼りに歩く人がどれほど不便で怖い思いをするか、計り知れません。

一緒にいるときはアシストするべき自分の存在が

かえって邪魔になっているもどかしささえ感じます。

いざ

エスカレーターがなく階段だけとわかったとき、

「ごめん!階段だ!」

たくさんの人がどーっと電車から降り

同じ方向にだんごになって押してくると

もう

エレベーターを探すこと

辿りつくことに

果てしない距離とバリアを感じてしまいます。

途方にくれている余裕などあるわけもなく

まごまごとして

周りに迷惑な顔をされるどころか

それこそが彼女にとって危険。

「ごめん。ごめん」の連続に

「大丈夫、大丈夫

いてくれるだけで安心だよ」

と慰められる始末。

視覚障害の生徒と廊下等歩くときの研修は

教員時代に受け、できる!つもりになっている自分。

アーティストともなんども歩いて慣れていると思っている自分。

しかし、歩く場所にはいろんな場面や場合があるということ

不自由がないと鈍感になってしまうことを痛感しました。

視覚障害の方の怖さや不安は計り知れないということが

今回、実感として伝わってきました。

改めて

視覚障害者と一緒に歩く方法

を勉強し直すことにしました。

こちらに参考になるサイトを貼ります。

「視覚障害者の誘導方法」

http://home.c00.itscom.net/t2oho4no/fukusitaiken/yuudou/yuudou.htm

👭 👭 👭 👭 👭 👭

ホームの点字ブロック周囲の段差など

課題は満載の駅ホーム。

こんな無神経な段差はあちこちにあります(↓写真)。

このくらいの段差でも杖が引っかかり足がつまづく原因になります。 どの駅もホーム点検してほしい!

駅ホーム、

視覚障害の方にとって一番恐怖を感じるところだと

アーティストも話していました。

アシストする人がいることで安心できるというのですから

アシスト本人がまごついて

かえって危険を生じでしまわないよう

危険性の高い場所、エレベータの場所を

事前に把握しておく必要があると

反省しきり。

1日も早いホームドア完全普及ですが、

待っているだけではなく

一人一人が実際にできることがあります。

それは

白杖を持った方を見かけたら

声をかける

ということ。

いますぐ、誰にでもできる支援です。

いえ、支援するというより

普段見過ごしていることに気づかされるでしょう。

支援という言葉を使うならば

支援するということの意味やその方法を

教えられることの方が多いかもしれません。

分身ロボットカフェにいきました🤖

オリィ研究所開発の分身ロボットが接客する

「分身ロボットカフェ DAWN」

へ行ってきました(@大手門タワーJXビル1F)。

ロボットに内蔵されたカメラ映像を見て

障害者などが顎や目線でPCを操作。

自宅や病院にいながら

遠隔でロボットを操作します。

難病の参院議員 舩後靖彦さんも

国会で分身ロボットの使用を希望していて

このカフェを見学したそう。

重い障害があっても国会で働けることを示すことで

企業や当事者にもこのシステムが広がり

外出困難で就業できなかった人たちに

明るい希望が持てるようになりそうです。

申し込み期間が過ぎ残念に思っていたところ、

「エリー、カフェに来てよ」

と誘ってくれた人がいます。

「当日券が残ってるかもしれない」

と、SHJ在宅広報担当の白髭萌さん。

呼吸障害のため体調を崩すことが多く

一旦広報の仕事はお休み中です。

今も入院中。

思うに任せない中

希望を失いかけていた頃

このロボットに出会えて

生きる喜びが湧いた、と。

分身ロボットを操作する人を

OriHimeパイロットと言いますが

白髭さんはこれに2回目の応募。

→1回目は2019/6/21投稿〜SHJスタッフがOriHimeテストパイロットに!

昨日も入院先の病院にて

パイロットとして

堂々たる働きぶりでした。

いきいきとした声が

カフェ中に渡り

私も友人として誇らしい気持ちになりました。

10/6読売新聞でカフェに向けた練習に励む白髭さんが紹介されました。

これは画期的な開発。

しかし重度訪問介護を受ける人が

分身ロボットを使って働くことは

そう容易ではありません。

就業中は公費で介護費用の助成を受けられないという

現行の制度のためです。

→2019/8/5投稿〜重度訪問介護サービス見直しへ!

無償のボランティアで働くか

働く間は介護ヘルパーを頼まず

トイレや水分補給を我慢するか

または家族に介護してもらうか。

就業のチャンスが訪れても

この現行の制度が

自立や生きる希望を阻みます。

カフェで接客してくださった

筋ジストロフィーのKさん。

人工呼吸器をつけながらの

溌剌とした声が印象的でした。

「このカフェで人工呼吸器のイメージを変え

身体障害者の就労の可能性を拓きたい」

と。

工夫さえすれば寝たきりになったり

外出が困難になっても働けるということを

示し続けながら

就労を阻む様々な障壁を

崩していってほしい、と感じました。

今回のカフェ訪問で

テクノロジーの可能性

テクノロジーが困難にある人の

希望への架け橋になること

改めて強く感じました。