手話フォンが羽田空港に!

先週、帰省中の息子を留学先の久米島へ送りに羽田空港へ。

そこで見つけたものは、国内初の「手話フォン」。

これは日本財団が国際障害者デーの12月3日に、羽田空港国内線第1・2旅客ターミナル 出発ロビーに設置したもの。国内初となる聴覚障害者向けの手話対応型公衆電話ボックスです。

財団は2013年9月から聴覚障害者向けの電話リレーサービスを提供していて、利用者はスマートフォンやタブレット、パソコンを使ってオペレーターと手話で会話し、電話を利用できます。利用者が電話ボックス内のモニター画面から、手話でオペレーターに伝えたい内容を伝達。オペレーターが相手側と話し、内容を伝える仕組みだそうです。

これまで聴覚障害者は、手話のできる知人に依頼して、電話をかけてもらう必要がありました。また、メールでは数日かかったやりとりが、数分で済み直接スムーズに会話ができると期待が高まっています。

世界20カ国以上で同様の「電話リレーサービス」が無料提供されていて、たくさんの人が利用する公共施設では情報コミュニケーションのバリアフリーの一つとして利用されています。日本では今月4日に、つくば市にある視覚、聴覚の障害者向けの国立大、筑波技術大に2機目が設置されました。

国内ではコミュニケーションのバリアフリーは、まだまだ遅れていますが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、今後、全国の主要空港にも設置する計画があるそうです。

今後の普及に期待が高まります。

問い合わせ先:日本財団 コミュニケーション部 

03-6229-5131

pr@ps.nippon-foundation.or.jp

 

〜広がれ!ヘルプマーク〜

見た目で判断されにくい困難を持つ人にとって、理解されず理不尽な思いをすることが多いとよく聞きます。

内部障害のあるSHJスタッフの体験談をひとつ。

高校生のときのこと。エレベーター使用許可が出ていたにもかかわらず、教頭先生に、

「お前、足悪くないのに エレベーター使うな!!どこが悪いか言ってみろ!」と、大勢の生徒の前で怒鳴られた、という。

また、電車の優先席に座ると、お年寄りから、

「若いのによくそんなところに座るな」

と言われたある女性の話も聞いた。

そもそも、誰だって体調の悪いときはあるだろう。若くたって歩き疲れることもある。

仮に一目散に空席に飛んでいく若者がいたとしても、何か事情があるに違いない。もしパッと見て何の問題もなく、座ってスマホをいじりだしたなら、何て周りを見ない自己中心的な人だろう、と呆れるまでだ。でもその人に抱える困難がないとも言い切れる?

何でも見た目で判断する人間の悪い癖。

そこで考案されたのがヘルプマーク。

義足などを使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている人がいます。

周囲に配慮を必要としていることを知らせて援助を得やすくなるように作成したマークです。

裏にはメッセージが書けるようになっていて、どのようなことに困っているのか、またはどんな援助が必要か書けるようになっています。

東京都が2012年に導入し、好評が好評を呼び、今では全国に普及しています。

助け合いのしるし ヘルプマーク 東京都福祉保健局HP

いっぽう、ともにShare with FIAT コラボレーション団体の一つ、NPO ピープルデザイン研究所 は、コミュニケーションチャームと言って、お手伝いする人もされる人もハッピーになる意思表明ツールを作って店舗で、通信で販売しています。

言葉が通じなくても指差しで、対話できる様、困った時に良く使うという6つをアイコン化し、デザインしたコミュニケーションカードです。

こんな取り組み、想像力と思いやりでどんどんひろがるといいなあ。

そして誰もが謙虚な気持ちで他を排除することのない、寛容な社会になったらどんなに素敵でしょう。

〜重複障害教育のこれから 2〜

12/28に投稿した重複障害研究者(1927~2000)中島昭美先生の手記「障害と人間存在の本質」*をさらに読み進めました。

12/28 投稿→重複障害教育のこれから

尊敬する盲ろうのバリアフリー研究者、福島智さんの生き方を紹介しながら、また重度障がいの子どもへの教育について触れながら、改めて人の身体は考えられないほどたくさんの可能性をふくんでるんだということを伝えています。とても感動して何度も読み返しました。

全面介助で、発話がないような重い障がいの子が、言葉が発せず理解されないために重複障害教育の道がひらけないなら悲しすぎます。

行動遅滞の面ばかりに目を向け、存在自体に寄り添わないとしたら、一方的で偏見に満ちた関わり合いをするだけ。

子どもの本当の姿を見ずに無駄な努力を繰り返すばかりだといいます。

パラダイムの変換は待てません。

たとえかすかにしか動かなくても、その僅かなサインを見いだすことが困難でも、工夫し働きかけを続ける。

自発的動きを見つけ、それをてがかりに、発信の意味を一生懸命に寄り添いながら探す。そしてさらにそれを促すような環境を作ることで、目を見張るような変化を示すはずです。

中島先生は、

「手を伸ばす」

「取る」

「持つ」

「置く」

などは、人間行動の基本であり出発地点であると言っています。

始めと終わり、動きの停止と開始ができるようになれば、一人の人格として自ら外界に働きかけ、さらに自発的にコントロールできるようになると。

重度障害教育。そろそろ固定観念、見当外れの手法を捨て去る時です。

子どもの示すかすかなしぐさの中に、自発性へのてがかりを見つけ、発信しやすい環境を作ってこそ、学びが成立します。

昨年10月に開始した「学びサポート事業」は、このような理念に則った、SHJの新たな取り組みです。

現在は教材準備やモニターとしての在宅学習支援を行っていますが、4月から本格的に始動します。

医療の進歩の恩恵を受けてとりとめたかけがえのない命。それは重度障がい児や医療ケア児の増大を意味します。

初心を大切にしながらも、時代の変化を見据え模索し行動していきたい。

年始、こころからそう思います。

Smiling Hospital Japan Official Website

✨アーティストの力への感謝と共に動き出したSHJ

子どもたちの反応で必要性を証明しなくては、と力が入りすぎていたのは松本だけだった! いっぽう、アーティストたちは、自分の技で子どもたち、現場の人々を幸せにするのだという揺るぎない使命を胸に、堂々たるもの。そんな様子を、

SHJヒストリー26~よし、処置は後まわしだ!~

に綴っています。

活動2回目。ユニフォームはまだなかったから、病院ボランティアのエプロンをつけて参加。緊張を一生懸命隠す顔は固い固い。

アーティストたちは、準備したプログラムや予期せぬリクエストに、ものともせずにのびのびと応えている。

いつの間にかどちらからともなく和んだ雰囲気。

そして子どもたちの笑顔を見て医師たちは、

「おお!楽しそうだな。じゃ、処置は後にするか」

そんなお医者さんたちの決断に、子どもたちは、

「よっしゃ!」と満面の笑顔。

「それにしても面白そうだな・・。いいなあ」とお医者さん。

そしてアーティスト、

「それならドクター、一緒にいかがですか?」

と大道芸のボケ役に医師を抜擢。

と言うより、半ば強制的に引っ張り込む。

これが大受けにウケて。

普段痛いことばかりするお医者さんが目の前でツッ込まれ、失敗し、頭をかく。

子どもたちはといえば、

キラキラの瞳がいっそう輝きを増し、鬼の首を取ったかのように笑いころげる。

医師は苦笑いしながらも、子どもたちの腹の底から笑う姿にホッとする。

そんな場面に何度楽しませてもらったことだろう。

お医者さんたち、ごめんなさい!

そして・・

アーティストがアーティストを呼び・・

アーティストと病棟に行くたび、誇らしげ、そして内心得意な気持ちで、

どうだ!スマイリングはプロ集団だぞ‼︎

そんな風に少しずつ活動に自信を持つことができた頃を、

SHJヒストリー27~アーティストの力~に書きました。

人のふんどしで相撲をとるとはこのことか、と自分に対して苦笑するも、

アーティストへの感謝は忘れたことはありません。

こうして幼少期からチームワークが苦手だった代表は生まれ変わり?!、スマイリングとともに成長?を始め、現在に至っています。

さて、設立の頃の反省会はこの辺でおしまい。

お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。

明日からはまた日々の思いを綴ります。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜スタートは見切り発車!〜

新年の振り返り作業3日目。そろそろ反省も最終回にして、前に進まなきゃと思いながら、あの頃のドタバタぶりを楽しんでいます。そこまでの余裕はないはずだが・・。

闘病を頑張っている子どもたちへダイナミックなアート活動を、と意気込んで通った医療現場。しかし、なかなか歓迎ムードとはいかない初期の頃を、またまた自虐ネタ満載で表現。その赤裸々ぶりにひとり赤面します。

SHJヒストリー23~見切り発車?いえ、善は急げ!~

必要なことを実現させるための有効な手段=あれこれ同時進行+見切り発車。私の慌てぶりに、外野からさらに面白おかしく発破をかけ、時にはちゃちゃを入れるのもfirst artistのコメディアン。

SHJヒストリー24 ~念願叶ってスタート!でも現実は・・~

現実の厳しさに打ちのめされながらも、初回、終わる頃には笑顔ほころぶ子どもたちとお母さんたちに救われました。まずはスタートが切れたことに感謝と安堵。

この瞬間から、子どもたちにもっともっと楽しんでもらい、必要とされる活動にするにはどうしたらいいか、自問自答の日々が始まりました。

子どもたちが心から楽しんでくれたら、きっと医療者たちを唸らせることができる!

医師たちの厳しい表情は子どもたちにとって何よりのストレス。

よし、病棟丸ごと笑顔にするぞ!!

Smiling Hospital Japan Official Website