新出生前診断 拡大見送りに安堵👶

命の選別につながるといった議論が絶えない

出生前診断。

産婦人科学会が実施できる施設を増やす指針を打ち立てたが

これが当面見送られることになった。

この診断の存在自体が

かつての優生保護法を彷彿とさせる。

そう思う私にとって

ホッとした、というのが正直なところ。

 →2018/2/8投稿「出生前診断」と「旧優生保護法への批判」の矛盾

出生前診断とは、

広義の意味では

妊娠の有無を調べることから

胎児の位置や環境、生育状況と健康度を診るためのもの。

そのうち

昨今議論を賑わせているのが

胎児の遺伝子検査。

胎児の遺伝子に異常が認められないか出生前に診断を行うものだ。

 母体血清マーカー検査が急速に広まった1990代では

遺伝子疾患の専門家の不足や

医療環境の体制が整っていなかったという理由で

その実施は積極的ではなかった。

しかし

医学の発達とともに、検査の精度が高まり

胎児異常を見つけるケースが増えたという。

母体を守るため、という目的であれば

その必要性は十分にある。

しかし、検査の目的を知りたくて調べてみても

「生まれてくる子どものことを知る」

「その後の生活への心構え」

などといった内容ばかり。

心構えを持たされるということは

覚悟させられ

情報の海に溺れ

産むことへの重大な決断を迫られ・・

その結果、

産むか産まないかの迷い

産まない選択をしたがゆえの悩み

次の妊娠はどうする?

といった苦悩を産む。

子を産み育てることへ

高いハードルを作ることになる。

子育ては知識でするものではない。

生まれてきた子どもを育て育てられるのが育児。

かたや

妊娠を告げられ無上の喜びに浸る間も無く

検査自体

受けるべきか

受けるのをやめようか

という選択を突きつけられ

相当悩む人のケースが

昨日のハートネットTV

で紹介されていた。

「幸せのはずの妊娠が

苦しくて悶々としています」

という生の声を聞き

なんのための診断なんだ!

と、釈然としない気持ちに拍車がかかる。

ある東京の高校で

出生前診断の疑似体験授業が行われた。

結果9割の生徒が受けることを選択したという。

海外ではどうだろう。

英国では全ての妊婦が受け、

米国ではとても積極的に行われているという。

*****

義母の体験談。

第2子を高齢出産する義母に医師は聞いた。

マーカー検査、どうしますか?

「受けません。自分の子どもですから」

母親の心根の強さを

医学の進歩が

情報という力で

潰して欲しくない、と思う。

ー 関連の投稿 ー

2018/2/8投稿「出生前診断」と「旧優生保護法への批判」の矛盾

2018/3/7投稿 ~新出生前診断、一般診療に!?

〜 医療と安全〜

最近、病棟で活動するにあたり

ボランティアが入棟する際に必要とされる

検査項目が増える傾向がある。

現在行っているものは

✔︎風疹 麻疹 おたふく 水ぼうそうの抗体検査

✔︎基準値以下の感染症のワクチン接種

これにより

主な感染症の抗体保持が確認でき

結果

子どもたちに移さない

移されない

ことが担保され

病棟は安心してボランティアを迎え

ボランティアは念願の活動ができる。

これらの結果全て

□各ボランティアごとに医療機関発行の証明書を提出する病院

□団体として全ボランティアが検査、接種済みであることを書面にて誓約する病院

□書面による自己申告のみの病院

□申告だけで良い病院

など、病院によって抗体の確認方法は

さまざまだ。

さらに

一年以内に受けた健康診断の結果や

胸部レントゲンの結果

を揃えて提出、

という病院も多い。

最近の傾向として

すでに活動している病院からも含めて

B型肝炎の抗体証明を求めらることが

ぽつりぽつりと出てきた。

小児病棟でのボランティア活動へのハードルが高いのは

こういったことにも理由がある。

もっとも、

外部からドヤドヤと人が

押し寄せることが適切な場所ではないことは

言うまでもないが。

ボランティア活動とひとことで言っても

ボランティア精神だけでは叶わない。

その代表がまさしく病院での活動かもしれない。

歓迎されていないのでは

とこの期に及んで悲観してしまうことも

実はなくはない。

だが病院がボランティア活動に対し厳しい目をもつことに

恨みを抱くというのは

全くの見当違いだ。

感染に対して厳しいリスク回避を行うことは

至極当然のことである。

病院とは

何はさておき

安全第一

が全ての根底になければならないのだから。

その上で

患者の生活の質

人権

生きる喜び

尊厳

といった部分に出来る限り寄り添うことが

医療現場のあるべき姿だと思っている。

*****

最近、我が子に降りかかった医療過誤

という過酷な体験から

医療の安全を目指して立ち上がった母親の物語を読んだ。

「ジョージィの物語 」ソレル・キング著 英治出版

長く続く壮絶な苦しみの日々は

病院への怒り

あの時ああしておけば・・という自責

社会の無神経さ

悲嘆と苦悩しかなかった。

しかし

我が子が母親に何を望んでいるか、

医療現場を良くするために自分の声が生かされるのでは

という自問自答ののち

動き始める。

我が子と家族の苦しみを無駄にすることなく

病院との対立を越えて

医療過誤を無くすための基金

「ジョージィ・キング財団」

を立ち上げたのだ。

彼女の声が反響を呼び

全米の病院や大学などで

体験を通した精力的な講演活動で

医療は変えられることを

新しい視点で提言し続けている。

*****

闘病する子どもたちの成長や生活そのものに

寄り添うことが

スマイリングホスピタルジャパンの活動だ。

しかし

それは

安全

が確保されて初めて実行できること。

医療過誤防止含めた

医療現場の安心安全は医療従事者が、

そして

抗体の厳重な確認は

ボランティア含め小児病棟に入る立場が、

それぞれ

患者を守り

医療現場が安全な場所であるために

常に肝に銘じていなければならない。

この両方の立場の連携の崩れが

院内感染という結果を引き起こしてしまうことは

絶対に避けなくてはならない。

この本を読み、

全国の病院でボランティア活動する

責任を改めて強く感じた。

同時に

医療従事者の安全を巡る葛藤

という視点でも現場を理解することが

少しできたような気がする。

*****

「ジョージィの物語」

この本も英治出版の担当プロデューサーが

訳者の方を紹介してくださりつつ

是非と勧めてくれた。

病院におけるテーマと

それを巡る

社会課題に気づかせてくれたこと、

そして

社会変革に取り組む素敵なひと

良い書物

との出会いに感謝したい。

ジョージィの物語 英治出版

ソレル・キング氏スピーチ 2002年 米国

ソレル・キング ビデオレクチャー @医療安全全国レクチャー

ヌマエビが教えてくれたこと🦐

我が家ではヌマエビ4匹を育てている。

ガラスの水槽でたくさんの水草と一緒に。

窓際で光を浴びて光合成を繰り返す水草は

みずみずしく透き通り

それはそれは美しくて

見ているだけで癒される。

合間を泳ぎ遊ぶヌマエビたちも

負けないほどに美しく透き通り

その動きを見ていると

いつまでも飽きないものだ。

最近、ふと気付いた。

というか、ヌマエビが

身をもって

教えてくれたことがある。

コミュニティにおいて

「目新しいもの」が生むものは・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

まず、ペット類を買うときは

決まってエサも一緒に買う。

当たり前だ。

食料がなければ死んでしまう。

パッケージは

✔︎嗜好性抜群!

✔︎産卵、成長に必要な栄養素を各種配合

✔︎シュリンプが食べやすい形状

✔︎水を汚さない

✔︎着色剤不使用

✔︎ヌマエビの喜ぶ美味しさ!

などなど、

本人!たちの嗜好に合わせて

飼い主にも寄り添って

魅力的な触れ込みつきだ。

ここからだ。

エサを与えるごとに

すごい勢いで彼らは群がる。

「食い物の恨みは恐ろしい」

とはこのことだ。

一つ投入するごとに

4匹が脱兎!のごとく

ものすごい勢いで集まり取り合う。

怯んでいる場合ではない。

おいおい

一つずつあるぞ、と

慌て急いで追加3つ放り込む。

おやおや

1つGETしたはずの1匹が

持っているものをあっさりと捨て

新しいエサに一目散だ。

良かれ

と思って美味しいものを与えた

その先には、

奪い合い

争い

が発生する。

目新しく魅力的なもの

が彼らの関係を壊したということか。

最初だけかと思ったが

毎回この騒ぎ。

脱落した者は次回こそ!と敵対心を?

勝者は驕りを?

ヌマエビたちは学んだのか、

餌投入後のスピードに拍車がかかる。

そこで思う。

これではストレス社会だ、

親切心と愛情で与えた餌が

争いの元になるなんて・・・。

そこで

苔やプランクトンが食料になる

という情報を信じ

しばらくエサ投入を止めてみた。

食べ物が、なくて大丈夫かな?

という心配は取り越し苦労だった。

彼らはそれぞれが自分で水草の表面や

水槽のガラス内側についた苔などを

 それはそれは穏やかに食べている。

平和そのものだ。

好循環の生態系を作っていると言えるかもしれない。

そしてそれは水槽をきれいにするという働きをも持つ。

そして言わずもがな

争いは消え

穏やかさが蘇ったのだ。

外部から

もの

が入ってこないことが生むものは

彼ら独自のコミュニティ

平和な社会。

餌のせいで水を汚すこともなく

環境問題も解決!

究極のローカリゼーションを

ヌマエビたちにまざまざと見せつけられた

というわけ。

以前ブログで紹介した

幸せの経済(→2018/7/10投稿〜幸せの経済学〜

がこの小さな水槽に存在した!

ラダックという山あいにある小さな国のこと。

民が互いに助け合い

わかち合い

地産地消の豊かな生活をしていたが、

先進国が

貧しい国を支援するという名目で

インフラの開発や物流を投入した。

幸せな共生社会だったはずが

物があふれ

便利になったことで

生まれたものは

やはり

奪い合い

競争。

しだいに

いがみ合いや争いが絶えなくなった。

ほしいものは何もない、と言っていた人たちが

「自分たちは貧しいのだ」

と思い込まされてしまう・・。

*****

良かれと思って外野がすること

=ヌマエビに市販のエサを与えること

=地産地消の豊かだったコミュニティに

便利さや富をと、お節介をすること

自立心ばかりでなく

卑屈な思いを抱かせ

人間関係を壊し内部争いを生む。

*****

我が家のビオトープは

生き物の生態を観察することや

癒しをくれるもの

としてだけでない。

社会の縮図や教訓を

ひとしれずひっそりと

何気なく教えてくれている。

小さなコミュニティで

互いの顔が見える仕組みや経済が

成り立てば

これぞ本物の

幸せの経済。

愛しいヌマエビ君たちが教えてくれました。

〜仲間と作る現実は理想を超える〜

”仲間と作る現実は理想を超える”

そんな理念を掲げた出版社の仲間になれたこと

心から幸せに感じています。

スマイリングホスピタルジャパンを立ち上げ

たくさんの人たちを巻き込んで

全国で活動する団体へと成長した

そのストーリーを本にする・・

そんな企画に全会一致で賛同し

応援してくれる

英治出版

プロデューサー4名に

背中を押してもらいながら

執筆中です。

改めてここで感謝いたします。

昨日は

創立20周年記念イベント

PUBLISHING FOR CHANGE

にお邪魔しました。

”誰かの夢を応援すると

    自分の夢が前進する”

そんな創立者 原田英治さんの思いが

下支えしたことで

発展してきた英治出版。

そのことは

集まった大勢の人

一人一人が夢に向かって

生き生きと自分を生きている姿を見て

納得しました。

そもそもこの出版社に出版企画を送った理由は

長いこと憧れていた出版社だったから。

なぜ憧れを?

まず

4/3 投稿~本を書くということ2~

に綴ったように

教員時代に

児童労働を題材にした

国際理解教育の授業で参考資料にしたのが

英治出版発行「チョコレートの真実」

だったこと。

さらに、

病児保育の先駆者である某NPOのカリスマ代表に憧れ

彼みたいに毎日ブログを書こう。

彼みたいに

子どもを取り巻く社会を

(全くもって微力だけど)

変えたい。

そして彼みたいに

本を出したい

そう、彼の本は英治出版発行でした。

もちろん事務所の書棚には

その他この出版社の手による本が数冊収まっています。

これほどの憧れが

気づかないうちに

”念ずれば花開く”を具現化!?した

ということなのでしょう。

思い続けること・・大事です。

さてこのイベントの盛り上げ役はアニバーサリー・ビール。

創業者 原田さん念願のオリジナルビール造りが

EIJI PRESS Baseという

理念や方向性を共感しあう仲間が集う会員制シェアスペースで

企画されたそう。

ここは

「仲間と作る現実は、自分の理想を超えていく。」という

原田さんのビジョンが形になってきた場所。

今回も意気投合した仲間が

Eiji Yell Beer

の誕生を成功させました。

そして生まれたビールがさらに人と人とのつながりのきっかけづくりに

大いに貢献したところ

文字通り、理想以上の現象だったのでしょう。

ほんのりとしたゆずの香り

爽やかなテイストは

笑顔を満開へと誘いました。

🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻 🍻

ひとしきり交流が続いた後は

ワークショップ

”それぞれの夢をみんなの夢に”。

1年後、10年後、100年後の

Life, Business, World別に付箋に夢を描いていくというもの。

この中から選ばれた人が自己紹介後、付箋の「夢」について語る。

その人がまた次の「夢」の持ち主にマイクを渡し・・

と続きました。

ちなみに私は10年後には

「障がいという言葉がなくなっていますように」

と付箋に書くと、

同じ思いで障害者就労に取り組む方の指名で

次なる発表者としてマイクを渡されました。

こうして素敵な出会いがたくさん生まれました。

出版社ですからイベントが行われたスペースには

これまで発行した書籍が展示され、

また年度ごとに積み上げられ・・

「気に入った本があればいくらでも持って行ってください」

というなんと太っ腹な出版社。

ここでも

ただ売るだけのために本を作るのではない

誰かの夢を伝える、応援するために

本を作り出版するのだ。

というビジョンがキラリ!

3/11投稿  〜本を書くということ1〜

4/3 投稿~本を書くということ2~

〜6/23 沖縄に思いを寄せて〜

ー 沖縄慰霊の日 ー

息子が離島留学していることで

沖縄、特に久米島はとても身近で親しみのある場所だ。

昨日は沖縄慰霊の日。

各地で慰霊の催しがあった。

練馬区男女共同参画センターで開催された

「沖縄に思いを寄せて」

に参加した。

沖縄の歴史と沖縄戦に際し久米島で起こったことを

久米島出身の2人の語り部が講演した。

そのうち一人は息子の大先輩

久米島高校の卒業生。

大学進学とともに上京し

教職を経てそのまま東京に住んでいるが

幼い頃目の前で体験した酷い出来事を追究することもなく

周囲に伝えることもなく

土地を離れて暮らしたことを悔やむと話していた。

だから今、

三線を教えたり

歴史を紐解いたりしながら

語り伝えることをライフワークとしている。

また、証言者に話を聞きながら

史実をまとめ

出版にこぎつけたという。

******

語りは

恐ろしさと悔しさと悲しみとで

自然に涙が溢れるものだった。

琉球王国の時代からの起伏ある歴史の解説に続き

沖縄戦に際し久米島で起こったことが語られた。

20人の住民が、日本軍に「スパイ容疑」で殺戮されたという出来事。

米軍に捕まったり近づいたりした者を、みんなスパイ容疑としたというのだ。

終戦の8月15日を過ぎた8月20日まで続いたという。

アメリカの兵隊に捕まり、

『隊長に降伏勧告状を届けろ』と依頼された郵便配達員が

敵の手先だとして、

隊長に殺害されたというような具体的な話もいくつか紹介された。

*****

戦争の恐ろしさ・・

沖縄戦の不条理・・

それらを訴えるとともに

もう二度と戦争はしてはいけない

というメッセージである。

しかし、

沖縄の人のすごいところはここにとどまらない。

「琉球王国の統治」

「薩摩藩の統治」

そして

「米国の統治」

のもと翻弄され

長年に渡って辛苦に耐えてきたなか

「なんくるないさー(どうにかなるさ)」

の合言葉で和の心を持って生き抜いてきた

沖縄の人々のたくましさ

全てを受け入れる包容力を感じたのは、

最後に

折に触れ歌われる沖縄民謡と

カチャーシ踊りでの締めくくりの場面でだ。

久米島を訪れると必ずと言っていいほど

そして

同郷会に参加すると毎回

沖縄宮古島でのチャリティライブでも

そして今回やっぱり

初めて会場で出会った人たちと

笑顔で歌い踊り

笑顔でお開き。

世の中の不条理を

悔しさを込めて訴え

人々の心に平和への誓いを新たにさせ

そして締めくくりはとびきりの笑顔と踊りと歌ごころ。

”生きる”

ということへの

深い示唆に富んだ沖縄の歴史と文化。

青く美しい海と空・・

観光の島として世界中の誰もが愛し親しむ沖縄。

視覚的な美しさの裏には

その素晴らしさを持っても足元にも及ばない

深い歴史と文化と人々の営みという価値がある。

その偉大さに

世界中の多くの人が関心を持ち

沖縄の苦難に寄り添う世の中になりますように。

そう願わずにはいられない。