医療でない立場で病棟に存在するということ

医療現場とは、普通に暮らしていたら

関わる機会のない、

敷板が高く、最も遠い場所かもしれません。

難病と闘いながら長期入院を強いられる子どもたちのいる

小児病棟に至ればなおのことです。

私たち、入院中の子どもたちと関わるNPOは、

医療者ではない立場で病棟に存在するわけですが、

だからこその意義と苦労があります。

医療行為や科学と全く関係ない、対極にあるような立場が病棟に入って行くことの意義とは・

●治療や痛いことを連想させない安心感

●憐れみや心配そうな顔ではなく陽気な笑顔の存在

●のびのびとした人間的な関わりあい、ふれあい

対極といってしまっては、医療者にもアーティストに対しても失礼でしょうか。

それにしても、

眉間にしわを寄せながら緊張の連続にいる医者や看護師たち。

みんな威厳があって1ミリのミスも許されないピンと張りつめたような知性の塊。

いっぽう、

笑顔をたたえ目尻にしわを寄せながらリズムやユーモアの連続にいるアーティストたち。

周りの感性をくすぐる創造力の塊。

その落差が時に滑稽でもあります。

アシスタントたちはきっと心の中でクスッと笑っているでしょう。

当たり前の存在である医療者。

かたや場違いで超個性的なアーティスト。

彼らはとりも直さず、

患者と医療との間にある緊張感を解きほぐす存在でもあります。

ハイセンスで豊かなユーモアが、

医者である前に、

患者である前に、

人間だよね~。

とアートを通して語ります。

キラッと光りながら、

時にふざけながら、

そして時におちょくりながら・・。

目的は「融合」。

少しずつ、じわりじわりと目的に向かっていることを実感するのは、

医療者たちが、

大道芸人に引っ張り込まれ、ボケ役という大役を仰せつかってまんざらでもなさそうなとき。

いつか子らに披露しようと隠し持っているバイオリンを、なぜかタイミングよくSHJの活動の時にプレイルームに持ってくるとき。

処置の時間が活動と重なると、子どもの生き生きとした表情を見て、参った! とばかりに終了時間を聞いて出直すとき。

笑っている子どもを見て顔のシワが眉間から目尻に移るとき。

ダイナミズムや感動をきっかけに生まれた共感が

「融合」をもたらし、

緊張感や孤独感、疎外感を吹き飛ばします。

1色で煮詰めるのではなく、

いろんな色を混ぜてかき回し溶かせば、

閉鎖空間において、インクルーシブな社会が作られます。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜なぜアートなのか〜

「医療現場にアートを持っていくことでどんな効果があるのか」

これは団体趣旨の核心となる問いです。

まず、生活の中で心を豊かにするものといえば、

自然とアート

と考えます。

人間の手によって作られたものがアートであり、その反対が自然。

この対極にあるものが満足や精神の安定をもたらしてくれるというのは、

面白い現象だな、とふと思います。

さてそのうち、

団体のテーマであるアートについて考えます。
私の考えるアートとは・・

「アートの豊かさや多様性は、日常の中に反映させることができるもの」

「気分が落ち込んでいる時、体調がすぐれない時に無意識と言っていいほど自然に求めるもの」

「アートの価値は心のままに表現すること。だからアートに取り組んでいるとき、精神は自由でいられる」

こう考えるとどんな環境にいてもアートの多様性を持ってすれば日常を豊かにできる。

だからとても自由で開放的で個別的な価値を持ちます。

病棟やベッド上という極めて限られた空間にいても、一旦アートに向き合えば心は自由でいられるのです。

病院での生活は、与えられるもので過ごしたり、治療を待ったりと受け身になることがほとんど。

毎日が成長過程にある子どもにとって、

感性を呼び覚ますような情操活動は不可欠です。

もちろん、病気を治すために入院、治療します。医療は最優先であることには変わりありません。

しかし、それだけでは痛みや辛さ、閉塞感などに心が折れてしまいます。

白衣、電子音、冷たい機器に囲まれ楽しむことを諦めてしまいます。

子どもを救い、守るための現場が、子どもの心にかえって傷を負わせてしまっては本末転倒です。

見るだけ、聞くだけではこれも受け身となります。

ですから入院中には特に

アートが主体的な創造活動でなければなりません。

やりたい!

と思うような質の高いプログラムを、

専門家がファシリテートします。

その結果、

高揚感 

感動

自発的な行動

をもたらし、

生きる力、生きる喜びにつながります。

クリエイティブな活動が心も脳も活性化させ、愉快な気分になり、

できた!

という達成感や自信につながります。

この自信があったからこそ闘病を乗り越えた経験が

入院生活を前向きに捉え、

生涯の生きる力に結びつきます。

もう一つの自発的アート効果は、

活発なコミュニケーションを生むこと。

閉鎖空間においてのインクルーシブな社会づくりや、

ダイナミズムや感動をきっかけに、共感が生まれ

孤独感や疎外感を吹き飛ばします。

新しい仲間意識も生まれるかもしれません。

入院中は気分も落ち込んで人に会いたくない、と内向してしまうことが多いものです。

そんな時、

「スマイリングホスピタルジャパン

 アーティストと遊ぼう!

ごご2時から プレイルームにて」

そんなポスターを見てたまたま集まった子どもたちは、

一緒に歌ったり、楽器を奏でて1つの音楽を完成させたり、

ものづくりでは自分の世界に没頭し、作品が完成すれば周りの子たちの作品が気になり

互いに見せ合ったりアイデアを参考し合ったり・・。

大道芸で笑いを共有し、飛び入り参加して人気者になったり・・。

一緒に活動し交流するうち、同じ病室であることに初めて気づき、

それからはそれまで締め切っていたカーテンを全開にして

入院中のさまざまな思い、

好きなこと、

元いた学校のこと・・など、

対話が生まれ、

生き生きとした人間関係が生まれます。

活動を通したコミュニケーションによって、

入院生活の質向上や心の安定をもたらすこと。

この意味に置いても、

SHJならではの大きな価値を見出すことができます。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜少年院で成人式〜

「迷惑かけた分、人を幸せにできる大人になりたい」

「責任を自覚したい」

壇上に上がった新成人の誓いの言葉から。

少年法の適用年齢を18歳未満に引き下げる改正が検討されている中、

教官らは、

もう2度と被害者を生まないように

と少年たちの矯正教育のあり方を模索している、

そんな記事を見つけた。

少年法の引き下げが実施されたら、

19歳は成人と同じ扱い。

少年院のような教育を受けられなくなり、

自律性を養うという趣旨の矯正教育を受ける機会が減ってしまいます。

そもそも、

幼くして罪を犯すとは、善悪や良心を超え、

心の弱さゆえに、流され、誘惑に負けてしまうことが大きな原因ではないでしょうか。

もう2度と被害者を生まないように少年らを矯正する・・・

生育過程に恵まれなかった少年たちもある意味では被害者なのでは、

と思ったりします。

1度罪を犯し、刑務所で数年過ごし更生したとしても、

社会からの

”そういう目”

はついて回るのでしょうか。

少年でも成人でも

刑事裁判で有罪になれば前科がつきます。

たとえ人を傷つけたり他人や公のものを奪ったり壊したりという罪でなくても

履歴があれば社会で活動する機会を奪う様々な縛りが

行くところ行くところに立ちはだかり、

活躍を阻むといいます。

「迷惑をかけた分、人を幸せにできる活動を」

と願っても思うに任せないハードルが先々で邪魔をするようなら・・・

服役し、保護観察期を過ぎても、

汚点として一生ついて回るなら・・・

更生への意欲や再犯しない誓い

がしぼんでしまう。

罪びとの肩を持つ訳ではないけれど、

更生へ向けたプログラムが少年法の引き下げにより

名ばかりのものにならないようにと思います。

〜子どもの権利条約 2〜

子どもの権利条約が

国連で採択されたのが1989年。

発行は翌1990年。

 日本で批准したのが1994年です。

1/13投稿〜子どもの権利条約〜に続き、

その時代と自分の育ち、さらに子育ての頃に重ねてみます。

我が子2人、既に幼稚園と小学校に通っていた頃。

上の子の学校で

ちょうどNIE*が始まった頃と重なります。

NIE(Newspaper in Education=学校などで新聞を教材として活用すること

97年には、47都道府県全ての地域で行われるようになり、

娘の学校では「NIE実践指定校」として熱心に実践されていました。

活字を通して

いつか行動に移せるように、

まず”知ること”

”知ろうとすること”

”意見を持つこと、表現すること”

を大切にしていたように記憶しています。

条約に当てはめるとしたら、4つの基本原則の1つ、

✔︎子どもの意見の尊重

に当たります。

18歳未満の子どもを、

大人に守られるだけでなく

権利を持つ主体として位置付けている条約に合わせ、

NIE教育が進めらていったのかもしれません。

👶 🧒 👦 👧 👶 🧒 👦 👧

自分に重ねてみると、

各国で批准されたのは社会に出て結婚、出産の頃。

日本ではその4年後、まさに子育て奮闘期に突入する頃でした。

条約の必要性が出て、さらに深刻な人権問題への対応に追われる世界情勢

が激動の中で移り変わっていく過程は、

自分にとっては子育てを始め、

目の前のことに精一杯の時代だったと、

改めて感じます。

さらに遡ること幼い頃。

東京で育ったといえども

空き地や林など遊ぶ空間がたくさんあった時代です。

ランドセルを玄関に放り投げたまま

暗くなるまで帰らずにいたあの頃。

遊ぶ時間がたっぷりと保障され、

学校でもクラスにいろんな子がいて

多様性の中でのびのびと動き回っていた。

遊び=外で身体を動かすこと

そんな時代。

まだ子どもの権利条約など

一粒の種もなかったなんて。

あの頃の方が子どもたちは

のびのびしていたように思います。

👶 🧒 👦 👧 👶 🧒 👦 👧

子どもの権利条約が生まれた今から30年前に、

子どもを取り巻く環境がこれほどまでに変化するとは誰も予想しなかったのではないでしょうか。

時代は変わっていっても、

条約の基本原則、

✔︎差別の禁止

✔︎子どもの最善の利益

✔︎生存・発達の権利

✔︎子どもの意見の尊重

は普遍です。

いつもここに立ち返り、

大人は自分たちの行動を省みること、

社会の宝である子どもたちが

いつ、何時も

大切にされることを願わずにはいられません。

子どもの権利条約全文(日本ユニセフ協会サイト)

〜子どもの権利条約〜

今年は子どもの権利条約が採択されて30年。

子どもの権利条約は1989年11月の国連総会で採択され、90年に発効されました。

✔︎差別の禁止

✔︎子どもの最善の利益

✔︎生存・発達の権利

✔︎子どもの意見の尊重

の4つを基本原則に、

18歳未満の子どもを、

大人に守られるだけでなく

権利を持つ主体として位置付けています。

196カ国・地域が批准や加入をしており、

日本は94年に批准しました。

👦 👧 🧒 👶 👦 👧 🧒 👶

採択されてから30年、子どもをめぐる環境は改善されたでしょうか。

世界に目を向ければ、

途上国では

5歳前になくなる子どもの数が減少した

予防接種の実施度が上がった

など、保健や衛生面での大きな向上が見られたと思います。

しかし、別の課題が生まれています。

・自国内で紛争、内戦が起こり子どもがまず犠牲に

・地球温暖化のために干ばつが進み食糧困難が深刻に

・そのため生きるために移動しても国境を超えた途端難民となり人権を奪われる

さらに

・少年兵の問題

・児童婚や人身売買の問題

・女性が教育を受けたり社会で活躍する機会がまだまだ少ないこと

国内ではどうでしょうか。

教育分野で進展があったかといえば疑問符がつきます。

最近の「教育改革」は、子どもの権利が必ずしもテーマになっていません。

子どもが主体的に活躍できる、意見を堂々を言える権利を保障しようというのではないように感じます。

少年法 改正もまた然り。
一方で、児童虐待については、厚生労働省がマニュアルを作り、

児童虐待防止法をつくったりしていますが、児童相談所や児童養護施設の体制に

課題が満載と言わざるを得ない報道が繰り返されます。

ITの進歩による子どもたちの人権意識の鈍化も時代が生んだ大きな問題点です。

1948年に世界人権宣言が採択されました。

民族

人種

性差

・・・

戦後、色々な意味で人権を尊重するべきだとう動きが世界中で起こりました。

すべての人に保障されるべき人権の中で、

✔︎特に弱い立場に置かれている子どもたちに表現の自由を

✔︎虐待や搾取など、権利を侵害されないための特別な保護を

という規定

これが子どもの権利条約です。

戦後、平和を追求してきたはずなのに

気づけば激流と混乱にいるような気がします。

外務省による批准国一覧には内紛の起こっている国もあります。

一番の犠牲者は子ども。

”子どもが何よりの宝である”

ということを、世界中の人が今一度

権利条約をもとに

再確認することが必要です。

子どもの権利条約全文(日本ユニセフ協会サイト)

👦 👧 🧒 👶 👦 👧 🧒 👶