〜バリアフリーの怪・・;)〜

怪シリーズで書いてきた公共交通機関での謎

1  優先席の怪

2  駅ホームエレベーターの怪

3  ホームドアの怪

すべてバリア除去が趣旨でありながら

ちょっと変だな。

と日頃感じていることを

だらだらと綴っています。

続く第4弾は 

ズバリ!

そもそもバリアフリーとは⁉️

について疑問をぶつけてみます。

バリアとは段差など物理的なものをつい思い浮かべますが、制度、文化、意識面でも様々な壁があるのは確かです。

しかし、依然

物理的な障壁についてもう少し掘り下げたくなりました。

段差をなくす

これはもはや車椅子ユーザーにとっては必須です。

しかし、白杖ユーザーが地面の段差に杖を打ちつけて感覚をつかみ、

段差をむしろ手がかりにしているような風景を見かけます。

あ、これより右側(左側)には段差があるからここを歩こう、と見通しを持つ

そんな場面です。 

段差があることでそれに沿って歩く、ということもできるかもしれません。

もし段差が全くなかったらどっちの方向を向いて歩けばいいのか、見当がつかないだろうな、と想像します。

いやいや、バリア撤去しきれてないところを

たまたま利用してるだけだよ、

ということなのかもしれませんし、

これはあくまでも個人的な感想なので誰にとっても段差は危険だ、

というのが本来なのかもしれません。

また、駅ホームの点字ブロックは

そんな方たちへの導線として各駅に施されています。

しかし、こちらは逆に車椅子ユーザーにとってはバリアとなります。

こんなふうに考えると、

バリアフリーとは

一つひとつ、対象が違っていて

誰にとってもバリアフリー

ユニバーサル・バリアフリー?

というのはもはや叶わないのかな、

とちょっと寂しい気持ちになります。

ある人たちにとってバリアフリーでも

別の立場にとっては

バリアアリー !?

になっちゃう。

この現象を

バリアフリーコンフリクト(Conflict=対立、衝突)

と呼ぶそうです。

バリアフリー化が別のバリアを作ってしまう。

もはや普遍的なテーマ。

あちらを立てればこちらが立たず

といったところでしょうか。

バリアフリーは自分には全く必要ないと考えている人にとっても

実はちょっとした所で

なんか変だな、不公平だなとか

思うことがあるかもしれません。

物理的な問題ではなく、制度的なバリアにぶつかる場合も多いと思います。

参考:バリアフリー・コンフリクト 争われる身体と共生のゆくえ(中邑憲龍氏/福島智氏 編)東京大学出版会

〜本を書くということ〜

 

伝えたいことがある。

たくさんの人に知ってもらいたいことがある。

そんな強い思いに共感し

賛同してくれた出版社がいます。

「本を売ること」だけが目的でない

「本を書く人の夢を応援すること」

これがこの出版社の理念です。

企業理念に感動し、駄目元で企画書を読んでもらいました。

構成は拙いもの・・だったと思います。

初めてですから。

でもきっと、

瀕死の事故から生還してなお続く苦難

その後身を置くことになった病院内の学校

子どもたちとの交流で学んだことを形にした生き方に

強い関心を寄せてくれ

立ち上げた活動内容に心から賛同してくれたのだと思います。

とてもいい企画なのでぜひ進めましょうと連絡があってから

なんども編集会議を開いてくれ

その合間になんどもやり取りを重ね

企画書を提出してから3ヶ月ほどした頃

企画が正式に通りました!

と夢のようなメールが届きました。

人生のテーマを確立し

やっと見つけたミッションを胸に

信念を持って行っていること。

そこに行き着くまでに何がそうさせたのか。

それをどのように形にしたのか。

それによって何が起こったか。

さらにこれから先どうしたいのか。

読んだ人を巻き込みたい・・。

だから本を書く。

ビジョンやミッションに気づかせてくれたできごとや

エピソードをちりばめて

文章にしていく。

自分自身の生き方を

自分と向き合い対話しながら

整理していく。

今までの紆余曲折

無駄に思えたこと

マイナスに捉えていたこと

全てが導いてくれた答えが今の自分

スマイリングホスピタルジャパンという仕事

~難病や障がいと闘う子どもたちを

プロフェッショナルアートで支援する活動~

たくさんの人から共感をいただき支えられ大きくなった。

この活動がずっと続きますようにと願いながら

本という形にし

次の世代に引き継いでいく。

いわば、人生を全うするための準備。

だから書くことは

「命を燃焼」させることのように思います。

1年半ほど前に始めたブログ。

その投稿数は400ほど。

思えばパソコンに向かうたび、

自分に向き合い

社会に目を向け

ひとつひとつ

自分の使命に重ねていたように思います。

奇跡的にとりとめた命を

改めて大切に燃焼させながら。

これから数ヶ月かけ

今ある素材、ブログや原稿を整理していきます。

〜お雛さま〜

立春を過ぎて飾った雛人形を、

遅ればせながら今日片付けました。

雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる・・・

これはただの迷信ですが

気にする人は気にします。

現に娘が結婚するまでは3月3日のうちにしまっていたような気がします。

習慣になっていたのだと思います。

もっとも娘は早くから自立したから、

家を出た後は飾ったり飾らなかったり。

娘だって一人暮らしの部屋に

小さなお雛様を飾るでもない。

若者はさっぱりしたものです。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

我が家の雛人形はひいおばあちゃんの手作り。

おばあちゃんの家に行くと

周りに千代紙を貼った引き出し付きの裁縫箱を

開けて見るのが楽しみでした。

なんでも作って楽しんでいたおばあちゃん。

そんな母親に似たのか、

母は服の仕立ての仕事を生業としていました。

お得意さんがしょっちゅう家に来ては寸法を測ったり

仮縫いした服を合わせに来たり賑やかでした。

私は私で裁縫の残りギレを母にもらっては

袋物やぬいぐるみを夢中で作ったのが小学生の時の思い出です。

手先を動かすのが得意なところは代々受け継がれているようです。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

さておばあちゃんが和紙で作った雛人形。

雛人形の他に五月人形やその他たくさん作っていたけれど

和紙を使った人形には顔を描かないのが一般的なようです。

それなのになんという表情豊かないでたちでしょう。

お内裏様とお雛様がにっこり笑って見つめ合っているかのようです。

ホームにいる母に持って行ったのが2月の半ば。

季節を感じてもらうため

それと

手が器用だった母親のことを少しでも思い出してくれるかな、

という思いもありました。

タンスの上にちんまりと飾られた雛人形。

そっと母の手のひらに載せました。

何かを思い出そうとするような表情をした瞬間がありました。

あっ、ほんの束の間、

そういえば・・

と頭によぎったに違いない。

確信します。

確かめるようにぎゅっと握りしめて・・。

ついでに

娘のことも覚えてるよね。

名前を呼んでくれることも

昔のように

愚痴に付き合ってくれることも

もうなくなった。

励ましてくれたり

辛口のコメントくれたりしたことが恋しい。

だけど、会いに行くたび見せてくれる笑顔。

話を聞いてくれるのは昔と同じ。

これがあれば私のお母さん!

また来年も雛人形飾ろうね。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

季節は反対側の晩夏。

1年半前の8月の終わりに

母を思って書いたのが

蝉しぐれ

いつまでも元気でいてほしい。

〜赤い羽根共同募金〜

日本国内の寄付先として

赤い羽根共同募金

日本赤十字社

が半数を占めます。

海外向けは

ユニセフがダントツ。

そんな中、

スマイリングホスピタルジャパンは赤い羽根ひょうごから

兵庫県立こども病院での子どもたちの情操面での支援

に対し、助成を受けました。

兵庫地区の活動が高く評価され、

活動の充実のための楽器購入に対し

支援されました。

赤い羽根といえば、

戦後間もなく「国民たすけあい運動」として始まりました。

当初は、戦後復興のために被災した福祉施設を中心に支援が行われ、

その後は、各地区にある同募金会が地域福祉の推進や地域に根ざした活動に取り組む民間団体を

支援、助成しています。

歳末助け合い募金や街頭募金が有名です。

個人の寄付と合わせて団体からの寄付も多く、

今回SHJがいただいたのは

ジャパンラグビートップリーグリーダー会議「FOR CHILDREN」活動

神戸製鋼コベルコスティーラーズからの寄付です。

✔️地域に根ざした活動のために募金活動をするのが共同募金会

✔️主に災害時の義援金のために募金活動をするのが赤十字社

と言えそうです。

この2団体への寄付が寄付総額の半数を占めているというのは、

日本では社会に役立ちたい気持ちから寄付したい人が多い中、どの活動に?どの団体に?

というはっきりした相手が見つからない

という実態があると聞きます。

東日本大震災など大災害時には人々の寄付への意識が高まり

義援金が多くなりますが、平時には寄付金額が落ちてしまうことがそれを裏付けているように思います。

また、NPOなどの情報不足や信頼度がまだまだ低いというのが

残念な実態かもしれません。

私たちSHJも

この活動の意義と広める価値がある!

と自負しているわけですから

継続、発展のための活動として

🌀難病や障がいと闘う子どもたちの存在と実態

🌀成長過程における情操活動の必要性

🌀そこに手を当てる団体としてのスマイリングホスピタルジャパンの活動とその意義

を、

きちんと

わかりやすく

私たち一人ひとりが丁寧に

個別に、そして

イベントなどを通してダイナミックに

語り続ける

そんな姿勢が不可欠です。

信念を持って日々の活動をすることは大事。

だけど

それなら広めるべき。

より多くの方々からの理解と支援を仰ぐ努力を

惜しんではいけないのです。

活動が広がり

運営も都から認められ認定をとった。

今後どう拡大していくのか

そのためにどうしたらいいのか

今、団体として問われているところかな

と感じます。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜チャリティイベント〜

アーティスト集団でありながら

なぜチャリティイベントをしないの?

と聞かれることも少なくありません。

運営スタッフに余裕がなかった。

ずっとやりたかったことなのに・・。

普段の活動だけで十分チャリティだしと。

どこかで言い訳していたのかもしれません。

思えば法人設立チャリティパーティーを

Fiat(現FCAジャパン)の協賛で

青山のFiat Cafeで行なった・・

それをきっかけに2年連続、同じ会場でチャリティをやりました。

その後は、アーティストはじめメンバーが増えてきたことで

団体の趣旨共有と団結!を目的に

団体内部の勉強会に重きを置くようになりました。

そして日々の活動に邁進!すること数年。

年に1度の研修・交流会も今年で4回目です。

この春

そろそろチャリティを、ということになり

福岡SHJアーティストたちと

ライブハウスの協力を得て

3夜連続、福岡にてチャリティライブ決定です。

4/25

 @KandM(北九州市八幡区中央2-6-5)

Guitar: 藤嶋茂 Percussion: 藤原隆幸 Base: 吉本信行

4/26

 @Cafe & Bar Brisa ,do(福岡市中央区港3-2-1)

Guitar: 伊藤ぺぺ Percussion: 藤原隆幸

4/27

Live cafe DAL SEGNO(福岡市南区大楠3-18-27) 

Guitar: 伊藤ぺぺ Percussion: 藤原隆幸

Piano: ミランダマサコ

いずれもボーカルはジャズ&ボサノバシンガーの

EMiKO VOiCE

このアーティストは

団体を設立する前の教員時代に

仕事が引けた後に習いに行っていた

ボーカル教室の先生です。

教員というのは声がある程度大きくないと

「せんせ~い、聞こえませ~ん!」

などと、容赦なく生徒からクレームがきます。

行事の司会をすることも(なぜだったんだろう・・)多く、

声の小さいままではダメだ!

と奮起してボイストレーニングを始めたというのがきっかけ。

団体を設立してからは生活のリズムが変わってしまって

月曜日19:00からのレッスンに行かれなくなり

ドロップアウト。

ところがしばらくすると

福岡地区の中心的メンバー

ドラマーの藤原隆幸さんとEMiKOさんが

Facebookで繋がっていることを知り、

アーティストのネットワークに感心している間も無く

数年ぶりに再会となった、そんな縁です。

バックバンドのほとんどがもちろん、SHJ登録アーティスト。

楽しいライブになりそうです。

各回、パーフォマンスの途中で

EMiKO VOiCE & SHJ代表トークショー

というのが組まれているらしい。

バックに控えた強力なメンバーも一緒に

SHJの活動について紹介したいと思っています。

実際に現場で子どもたちと活動するアーティストのコメントは何より臨場感を持って語られること間違いありません。

会場に溢れるほどのひとが来てくれたりして。。

新しい出会いが楽しみです。

福岡にお住いの方、ぜひお立ち寄りください。

これをきっかけに今年は東京でもチャリティやります!

昨日はあいにくの天気の中

東京マラソンが無事行われました。

東京マラソンチャリティRun with Heart

寄付先団体に

いつかきっと!