チコちゃん、補助犬拒否の現場こそ叱って!💢

~進まない補助犬への理解(最近の東京新聞夕刊)~

という記事を読んで、

チコちゃんみたいに頭から煙?湯気?

が吹き出しました。

💢 💢 💢 💢 💢

補助犬とは?・・・

🌀介助犬・・手や足が不自由な人をアシスト(全国で65頭)

🌀盲導犬・・目が不自由な人をアシスト(同928頭)

🌀聴導犬・・耳が不自由な人をアシスト(同68頭)(頭数今年3月実績)

紙面より。

さて怒り心頭の理由。

盲導犬を連れた人が

タクシーに乗車拒否された話は記憶にも新しい。

さらに紙面には

家族の通院に付き添うために

介助犬を伴い向かおうとしたところ

「犬は入れない」

と一蹴された人のこと・・・

父親の危篤の知らせを受け

病院に駆けつけたが

盲導犬を伴っての入室を断られた人のこと・・・

が書かれていたのです。

介助犬拒否の病院って何?

今こそ、ちこちゃんに叱ってほしい!

病院は病気や障がいのある人を支える場所ではないのか!

と。

ぼーっと生きてんじゃねーよ!

と言って笑いを誘っている場合ではないです。

余談ですが先日の「うどんのコシってなあに?」

知らなくても問題ないです、チコちゃん。

🍜 🍜 🍜 🍜 🍜

さて話を戻します。

日本盲導犬協会の調査によると

昨年1年間で

回答者の6割が

公共施設や交通機関での

盲導犬の受け入れを拒否されていたといいます。

いっぽう

日本補助犬情報センター実施アンケート(2018/11実施)

によれば

飲食店、宿泊施設、医療・福祉業の従事者のうち、

回答者の8割近くが

補助犬を伴った人への対応について

「知らない」

と答えたと言います。

💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢

いまさら

障害者差別解消法や合理的配慮を

持ち出すのも虚しくなります。

手厳しいかもしれませんが

共生社会が実現できないモラルの欠陥を補うために

法律が作られたようなもの。

あくまでも個人的見解ですが。

さらに

この法律をわかりやすくするために

国の機関、地方自治体、民間事業者に、

障害を理由とした差別を禁止し、

介助犬や盲導犬の同伴などを含む

合理的配慮を義務付けるという具体策を付けているのです。

にも関わらずです。

直接人と接する現場で8割近くの人が

合理的配慮について意識が低いことを知り

ショックを受けました。

💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢 💢

いかに

世の中で起こっていることが

そして目の前のぐるりさえも

見えていない人が多いのかと愕然とします。

\\\٩(๑`^´๑)۶////

人権教育というのは

一朝一夕で叶うものではありません。

遠回りのようで

一番の近道は

小さい子どもの時期から

いろんな人が一緒に遊び

一緒に学べる

共生の環境をいち早く作ること。

個人のレベルで意識づけしていくことではないでしょうか。

法律を作っても効果がないのですから。

チコちゃん、

こういう問題こそテーマにして

ぼーっと生きてる人たちに喝を入れて欲しいな。