〜ゆっくりでいいんだよ〜

最近は孫が来るとあやとりで盛り上がります。

見てみて・・これがほうき。

ばあば、できる?

う~ん難しそうだなあ。

もう一度ゆっくりやって見せて!

孫は得意になって、

この指とこの指に紐を通して・・

ここまできたらひっくり返すんだよ。

子どもは最近出来るようになったことを大人に見せるのが大好き。

教えて、なんて言われたら、それはそれは嬉しそうな顔をして優しく教えてくれます。

じゃ、今度はばあばが川を作るよ。

よーく見てて。

つい、子育て中に勉強したモンテッソーリ教育法を実践してみたくなります。

何かの方法を教えるときは、

「ゆっくり、して見せながら教える」のがモンテ流。

実際子育て中は1から10までガミガミ言っていた自分ですが、さすが孫となると焦ることもなく、

「まったりと縁側で日向ぼっこ」

のペースで遊べます。

「ゆっくり、黙って、して見せる」

○ゆっくり・・・ゆっくりなされる動作をじーっと見つめながら「動き方」を学んでいるその過程では、子どもの脳の中でいろんな力が育まれているのでしょう。

○黙って・・・視覚という1つの手段に集中し段取りを自分の中で整理しているかのようです。

○して見せてもらう・・・早く自分でやりたくてワクワクする!けど、我慢我慢。最後まで見ていよう。ちゃんとできるようになるために。・・・子どもの目はキラキラと輝いています。

口先で教えるより効果的なのは、子どもが落ち着いて自分の頭で整理できるからだと思います。説明を加えると途端にどちらも2倍忙しくなってイライラカッカとなります。

片付けなどさせるのに、どこの親も苦労しますが、さりげなく子どもの眼の前で丁寧にして見せ続けると、不思議なことに見た通りに実行するようになるといいます。

「人格の力」とは、「自分で考えて行動する力、計画する力、見通しを持って行動する力、段取りをする力、抑制する力」。

子どもは、黙って、ゆっくり、して見せてもらっている時、「人格の力」を培い、脳の一部である運動連合野というところで行動のプログラムを作り、自分で実行するに至る。

     相良敦子著「親子が輝くモンテッソーリのメッセージ」より

自分のペースで考えて手を使うことが、人格形成に大きく影響するということでしょう。

ばあばのあやとり”川”の作り方をじいっと見ていた孫。

最後まで見たら、「やらせて!」

一回失敗したけど、気を取り直して再挑戦。

できるようになった顔はなんて誇りに満ちているのでしょう。

まったりとした孫との時間は至福のひと時。

この春、小学校に入学する孫。

ちょっぴり速くなる時間の流れに流されず、またばあばにあやとりを教えて欲しいな。

そんなときは、君は君のペースで、ゆっくり、ゆっくりでいいんだよ。

⭐その他のおすすめモンテッソーリの本

「モンテッソーリ教育学入門」市丸成人著

「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」相良敦子著

「モンテッソーリ教育が見守る子どもの学び」 松浦公紀著

 

~せっかくこの体で生まれてきたから~

ある脳性まひを持つ中学2年生女子の作文~障がい者の人権について~を読む機会がありました。

歩くことは生涯無理と診断されつつも、本人の努力と両親の支えにより、4歳で歩けるようになり、幼稚園、小学校へと進み、今は地域の中学校に通っています。

その中に、

「私は障害者と健常者の境目の立場。

だから様々な人に障がいの事を伝えていかなくてはならないし広めてこそ私なんじゃないのかな。

せっかくこの体で生まれてきたから、少しでも自分に自信を持ちたい」

といった表現があります。

ふと浮かんだのは、

12/28投稿のブログ ~重複障害教育のこれから~で紹介した盲ろう者でありバリアフリー研究者、東京大学教授 福島智さんの高校生の時のスピーチです。

福島さんは、4歳の時に病気のために片目を摘出し、9歳で失明、14歳で片耳が失聴、17歳でもう片方の耳も聞こえなくなり、直後に完全に盲ろうになりました。

スピーチで、

「盲ろうになって失ったものは数知れずあるが、得たものも少なくない」

「これから大学に行くことの本質的な動機は、健常者の中で自分を見つめ直すことにある」

「障がい者でもできる、ではなくて障がい者だからできる、という存在であることを、自分自身に、社会に問いかけ続けたい」

と話しました。

障害者は障害者らしく・・などというとんでもない価値観に出会うことがあります。たまたま障がいなく生まれた健常(と呼ばれる)者のちっぽけな驕りしか感じません。

教育現場であっても、健常者を基準に、健常者に近づこう、障がいを克服しようとすることばかりに重点が置かれているような気がします。

そんな空虚な価値基準を、どこ吹く風とばかりに受け流す毅然とした姿。堂々とした若い二人の懐の深さと洞察力に清々しい思いがします。

思考と想像力を欠いた先入観で行動基準を決める未熟な社会、健常者と呼ばれる者たちが主導権を握る傲慢な世の中に、キラッと光る成熟さを感じさせてくれる彼らこそが、私たちの先生のような気がします。

「せっかくこの体で生まれてきたのだから」

この言葉には、周りへの感謝の気持ちとそれに応えて精一杯自分らしく命を輝かそう、使命を果たそうという思いが込められているように思います。

「だから私はこれからも、笑顔で前向きに、一歩一歩進んでいきたい」

と結んでいます。

なんと爽やかで潔くて気高いのでしょう。

この女の子が、これからも障がい者と呼ばれる人たちの奥深い人間性をどんどん広めていってくれることが楽しみです。

 「いじめの定義」

各紙面は、ここのところほぼ毎日のように、いじめについて伝えています。

なぜいじめは無くならないのだろう・・。

そもそも「いじめ」とは、

「児童生徒に対して、当該児童生徒が在籍する学校に在籍してい る等当該児童生徒と一定の人的関係のある他の児童生徒が行う心理的又は物理的な 影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む。)であって、当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの」

ーいじめ防止対策推進法の施行による平成25年度からの定義ー

               文部科学省ホームページより

3/16の新聞では、24%にあたる全国の公立小中高が法律の定義より狭く解釈していたことがわかった(総務省行政評価局調べ)と報じています。

「継続性」

「集団性」

「陰湿」

という法にない要素を加えることにより解釈を狭めています。

その理由は、

「すぐに解消した事例を含めると相当な数になる」

???

いじめの始まりを、

一過性の嫌がらせ、としてまともに取り合わない実態に、悔しさが込み上げます。

  集団性が認められなければいじめでない?

  継続性がなくてはいじめでない?

いじめの構造へ少しでも想像力を働かせれば、集団に発展する前は個別的なものであることは自明のことです。

自分の経験に照らし合わせると、やはり仲良しグループの中でのいじめが集団いじめに発展しました。

個別の密室的陰湿さが兆候であり、それを見逃さないのが現場の役目ではないでしょうか。

しかし現場を単純に避難するわけにはいかないのも事実。

生徒の実態を慮る想像力の問題ではなく、余裕がない。

教員が上からの大量の事務仕事をさせられるという「いじめ」を受けていれば、当然時間的、心理的余裕がなく、生徒に向き合う時間が十分に確保できない。

小学校教諭の33.5%、中学校教諭の57.7%が、過労死ラインに相当する週60時間以上の勤務をしていたという2016年の文部科学省による「教員勤務実態調査」の結果を見れば明らかです。

生徒一人ひとりに向き合い寄り添う教師の最も本来的な業務に集中できるような体制作りが先決でしょう。

例えば、

○1クラス25人以下・・教師が生徒一人一人に寄り添えるように

○副担任はクラスに1人・・教師が孤立し問題を一人で抱え込まないように

○教員個々の事務を担当する立場から生徒を支える教職事務制度・・教師が本業に力を注げるように

○部活は外部コーチの採用・・教師の過労を防ぐために

教師が心身ともに余裕を得て、いつも君たちを見ているよという包容力を示せば生徒たちも安心します。

眉間にシワではなく目尻にシワの、明るい笑顔の先生。

いいなあ。

困ったことを互いに相談できるような信頼関係を築き、いじめを早期発見し、適切な対処を一緒に考える、双方へ正面から心に寄り添う学校。

一人一人が違っていいんだ、違いから学び合おうという雰囲気作りができるような愛のある学校。

そんな現場を思い浮かべながら考えてみました。

国は「予算が・・」なんて言わないで! 

国づくりの根幹は教育ではないですか?

〜今を全力で生きること〜

〜フランクル「夜と霧」再び〜

3/12の投稿で、アウシュビッツ収容所生活で明日もわからない中、フランクルが人々に語った言葉を紹介しました。

「希望を捨て、投げやりになる気はない。なぜなら未来のことは誰にもわからないし、次の瞬間自分に何が起こるかさえわからないからだ」

私自身、活動の中で、余命宣告された子どもたちを前にしても、同じ「時」を共有する喜びが得られるのは、

「今」そして「時間そのもの」は平等に与えられている

という個人的な考えかたからきており、フランクルの哲学に大いに共感する所以だと、結びました。

先日難病と闘う社会活動家・小沢綾子さんの詩集が新聞で紹介されていました。

「10年前の君へ 筋ジストロフィーと生きる」百年書房

20歳の頃10年後に車椅子生活になる、と告げられた自分に宛てた「伝言」の形式で詩は紡がれます。

   今日、君は絶望していると思う

と始まる詩は、

   安心して 

   10年後の君は 

   君が思っているほどに 

   悪いものじゃないから

と続く。

今日できることができなくなる進行性の病気だからこそ、

・・・人生は今、この時だ・・・

と、今を全力で生きる大切さを訴えています。

次の瞬間自分に何が起こるかさえわからないから希望を捨てない、というフランクルの哲学と重なります。

・・・一日一生・・・

私がいつも心に置く大好きなこの四文字を、小沢さんは身をもってその生き方に反映しています。

そしてことばにして多くの人に「今、この時」を大切に、と語りかける。

未来が描けない境遇の人に届けたい、と小沢さん。

どんな立場の人にとっても人生の指針となるエッセンスが込められたメッセージ。これからも書き続けていってほしいと思います。

「10年前の君へ」は、全国の書店で注文でき、1冊につき50円が日本筋ジストロフィー協会に贈られます。

遅咲きのモラトリアム

久米島に離島留学している息子からは1日とおかず電話がかかってくる。

今回は進路担当の先生に両親の生き方について聞くことを勧められた、と。

私の仕事については興味がありそうななさそうな、こちらから聞きなさい、と言って聞かせることの効果はほとんどないことは自明のことなので息子からのアクションを待っていた、という感じだったが、

母親の職業について先生はHP等見てくれたようで、

銀行員→主婦→教員→NPO設立代表

という経緯は聞いてみる価値があるとの先生の勧めに息子は大いに納得したようだ。

それはね、・・・

・・・・・・・・

と話すうち、

自分から選んだ道というより、結果的に出会った多くの人が先導者になってくれた、ということを再確認する自分に気づく。

紆余曲折の中で、自分はこれでいいのかという遅咲きのモラトリアムの時代を経て、遅ればせながら教員になる夢を苦労して叶えた。人生は自分で切り拓くのだよ、とばかりに苦難の時が差し出された後には、何か大きな力に押されるようにして、自分の居場所を見つけたのだ。

結果的に苦労が多かった自分が、これからの若者に進んで苦労しなさい、というのも愛がない。苦労は若い時にちゃんと人生について考えず無為に過ごしていたツケだったかもしれないし、大いなる教えだったかもしれない。

人生の目的を見つけて、夢を実現させるまでの過程、現場での苦労、そんな話をたくさん聞いてみるのもいい。

私のような、曲がりくねったり脱線したりの連続の道のりも参考にしてくれたら嬉しい。

昨日の電話の結びは、たくさんの人の話を聞いて多くの価値観に触れること。そしてやってみること。まず動くこと。

息子との会話が自己を反芻することに繋がった。

じゃまたね、おやすみ・・

人生についての会話の余韻に浸る。

背中を押してくれた何か大きな力とは、ほかならぬ、病院で出会った子どもたちなんだと。

若者や子どもたちは、いつも基礎基本、ちゃんと生きることに立ち返らせてくれる。