ナースステーションはスタンディングオベーション!

水泳

英会話

ピアノ

サッカー

お絵描き

・・・

長期の入院を宣告されたら、大好きだったお稽古をいったん辞めることになります。

ある中学生男子。

フルートが得意で入院の時はもちろん携えて。枕元に大切に飾るだけで安静が必要な他の患者さんのことを考えると、眺めたり時には磨いてみたりするだけ。音を出すことはほとんどなくなりました。

入院してから数ヶ月して、スマイリングなんちゃら〜という団体のアーティストが定期的にミニコンサートやアートワークショップをするらしいと知りました。

しかし中学生のテレが邪魔をして、なかなかプレイルームには行けずにさらに数ヶ月が過ぎ・・・。

とある水曜日の午後。

あ、今日はスマイリングなんちゃら〜の日か。ポスターを何気なく見る。

お!

バイオリンとピアノのデュオか!

ふらりと、プレイルームを通り過ぎてみる。やっぱり気になり、引き返す。

並べられた子ども用椅子にとりあえずおしりを半分載せる。すぐ退散するつもりだし。

ところが!

そこで繰り広げられていたのは素晴らしいストリングス。よく知っている曲、あの頃の練習曲。

あんなに躊躇してたのに、

・・フルートをするんだ・・

つい口から出てしまった、そんなばつの悪そうな表情が、なぜかくすぐったく感じました。

え?

もしかして持ってきてるの?

とアーティスト。

うん。

じゃ、持ってきてよ。何か一緒に演奏しない?

無言で取りに行く。

やりたかったんだろうな。と一瞬で分かりました。

さすが、練習を重ねてきたのでしょう。ほんのすこしの打ち合わせで演奏が始まりました。

アイコンタクトでカッコよく!

フルート、ピアノ、バイオリンのセッションは”Amazing Grace”.

傍らではお母様が涙を流しながら息子の演奏風景を見ていました。

それだけではない。

ふと振り向くと、ナースステーションは総立ちのスタンディングオベーション。

静かな少年によってふと巻き起こった嵐のような感動。

少年の勇気にありがとう。心からそう言いたい。

あの後、病棟でリクエストされ、ソロで、SHJのアーティストとセッションで、演奏していることでしょう。

Smiling Hospital Japan Official Website

 ~バリアフリー上映~

障害のある人のいのちとことばを伝える「つながり映画祭」第9回目は15日(金)まで、アップリンク渋谷で!

「経済性・効率性から一面的に人間の価値を決めつけ排除するのではなく、人間のありのままの姿を葛藤しながらも受け止め合う姿」

を描き出す国内、海外の映画を上映しています。

期間中10種類の作品が公開されますが、そのうち3つはバリアフリー上映。字幕はもちろん、全ての情景が副音声ナレーションで説明されます。

河瀬直美監督の「あん」を観たいという理由の他に、このオープンシステムとも呼ばれるバリアフリー上映を体験したかったというのがもう一つの理由。

 目を閉じて音と会話とナレーションでスクリーンの様子を思い浮かべてみる。

 耳を塞いでスクリーンの映像と字幕で映像の奥行きをイメージする。

初めての体験でした。

正直、最初はナレーションを邪魔に感じました。

映像だけで登場人物の心情を想像するのに慣れているせいか、細かな説明がノイズとなってしまう。目からも耳からも情報をいとも簡単に手に入れることのできる立場ってこんなにわがままなんだ。

そのうちだんだんと慣れてきて物語の中にぐいぐいと引き込まれていき、気づくとナレーションがちっともうるさくない。作品の素晴らしさがそうさせたのは当然のこととしても、不思議でした。目の不自由な方、耳の不自由な方、そしてどちらでもない人たちが一つの作品を、時に笑い、涙しながら観ている。一体感のようなものがそうさせたのかもしれません。

人はユニバーサルデザインの中に自然と溶け込み、気持ち良く共存できる。インクルージョンの力があるんだな~と身をもって感じました。

「あん」

樹木希林演じる老女はどら焼き屋のアルバイト募集ポスターに吸い寄せられ戸を叩く。最初は戸惑う永瀬正敏演じるどら焼き屋店長だが、老女の心の籠った美味しい粒あんが人気となり急に繁盛し始めた。しかし、この老女が昔ハンセン病を患っていたという噂がものがたりを急展開させ核心に迫っていく。

「世間は怖いよ」

店長のつぶやきは社会の無理解や差別に対する心の底からの叫びでした。

エンドロールさえも終わったというのに、観覧席は動かない。

しばらく席を立てずに涙を拭っていたのは私だけではありませんでした。

バリアフリー上映を通してこころのバリアフリーをも訴える素晴らしい作品でした。

つながり映画祭 http://www.uplink.co.jp/movie/2017/49469

~ユニバーサルさんすうセット~

個別の学習時間には一人一人の運動機能や認知特性にあった教材が必要です。

12/11投稿

医療的ケア児や重い障がいの子にお家で学習サポート!

のKくんの個別学習で使われていたのが、学びサポートの担当者(特別支援学校の教員)が少しずつ開発、製作してきた数量の概念を培うための教材、名づけて

「ユニバーサルさんすうセット」

小学校に入ると配られるあのさんすうセットを、肢体不自由のある子どもにも対応できる仕様に作りました。

脳性まひなどの脳のダメージにより思うように手を動かせなかったり、奥行きを把握することが難しいかったりする場合には、大きさと重さ、そして枠を工夫することが感覚をつかむのにとても有効です。

通常、算数の基礎となる数量概念は、紙の上での文字による計算ではなく、外でたくさん遊んだり、砂場や水遊びなどを通して自然と形成されるものです。

教室でも学習の導入期に実物で感覚的に学習するためのさんすうセットを使います。

しかし、見えにくさがあったり、思うように手を動かせなかったりする障がい児には、さらにコントラストをはっきりさせ見やすくします。そして重さと大きさなどの手がかりがあり、自分がそのものに働きかけた結果が明確に分かるような実物教材を使うことが必要です。

このさんすうセットはKくんの学習にはなくてはならないものでした。

今後も学びサポート事業を通して、通常の教材では学びにくい子どもたちに「ユニバーサルさんすうセット」を使った学習を広めていきたいと考えています。

Smiling Hospital Japan Official Website

医療的ケア児や重い障がいの子にお家で学習サポート!

「学びサポート事業」が10月スタートしました。

現在教材準備と試行、リサーチを進めています。

「学びサポート」とは?・・・

痰の吸引、胃ろう注入、人工呼吸などの医療的ケアを受けながら自宅で過ごす子ども、

重い障がいのために体調が不安定なため、特別支援学校に通学籍があっても週に2~3日しか通えない子ども、

通学しても学校での医療ケアに限界があるため、途中で帰宅せざるを得ない子どもなど、

教育を受ける権利が十分に保障されていない子どもがたくさんいます。

関連として、9/15投稿 医療的ケア児にもっと目を向けて!を参照ください。

http://ellie.smilinghpj.org/?p=2506

この不条理に対して自ずと必要性が浮かび上がったのが、「学びサポート」。在宅での学習サポート事業です。

数名のお母様方に対する聞き取り調査を通して、学校になかなか通えない子どもの現状が浮き彫りになってきました。

学校での集団活動には大きな意義がありますが、反面、個別的な対応の必要性が高いにもかかわらず、個別学習の時間が学校生活の中で必ずしも十分に確保されていない実態もわかってきました。

今回は週に2~3日しか通学できず、その上ほとんど途中で早退しなければならない中学生Kくんのお宅にお邪魔しました。

すでに不定期の個別学習をしているKくんですが、ご家庭がSHJの学びサポートの実地リサーチと聞き取り調査に協力してくださいました。

Kくんと担当の特別支援学校教員とのやりとりは生き生きとしたものでした。

途中数分の休憩を挟んだ1時間半に及ぶ授業にKくんはとても集中して熱心に取り組んでいました。

数量の概念学習は教員の手作りの教材で。

発話が困難なKくんは教員の手作り文字盤を使って質問に答えていました。

Kくんのさんすう学習の様子を見て、数量概念がどのように作られていくのかなど、障がいのある子どもの学習には学びの本質があると感じました。

障がいのある方から多くの学びがある、こちらが学ばせていただいた時間でした。

学びサポート事業を通して学びたいけどその機会に恵まれない子どもに寄り添っていきたい!

と強く感じました。まずは団体の体制を十分にするため、しばらくはリサーチと準備に集中します。

Smiling Hospital Japan Official Website

SHJヒストリー29 〜ウォールペイントで病院がカラフルに変身!〜

〜真っ白の壁にウォールペイント!〜

子どもたちへのアートプログラムに加え、病院自体をもっと明るく少しでも楽しい場所にしたい!

という願いは設立当時からの夢でした。

病院は何故かどこもここも真っ白だから、スマイリングのアーテイストが心躍るようなダイナミックな絵を病院中に描いてくれたら素敵だな、と感じていました。

ハンガリーのスマイリングホスピタルでは、病院でウォールペイントをするのが盛んであること、

たくさんの写真とともにハンガリー代表のアルバートから紹介され、いつか日本でも!とワクワクしたものです。

しかし、塗料は匂いや揮発性が強いとされ、どの病院でも敬遠されました。

そんな残念な思いとともに諦めかけていた頃、神奈川県立こども医療センターから嬉しい電話が!

理学療法室前の待合廊下があまりにも殺風景だからなにか楽しい絵を描いてくれないか、との依頼です。

なるほど、下見に行くと、ポスター一枚ない、寂しく冷たい雰囲気。

痛いリハビリを待っている間、目の前が真っ白なんて、痛みしか思い浮かばず逃げ出したくなるにちがいない。

これは急いで取り掛かろう。

塗料代は神奈川小児医療基金が協賛してくれるとのW嬉しい提案に、もう考えることは何もない。

兼ねてからウォールペイントを提案してくれていた登録アーティストのイラストレーター真鍋麻里さんが、待ってました!とばかりに引き受けてくれ・・。

2日掛かりでポップで賑やかな風景ができあがりました。

私はといえば、指示された色で塗り絵を黙々と、そして思い切り楽しみました。

子どもたちと一緒にできたらなぁ・・と考えながら。

  ウォールペイント・・

  画用紙の大きさを気にすることもない。

  子どもたちだったらどんなにのびのび描いてくれるかな。

  どんな夢いっぱいの絵になるかな・・。

  大人だって子どもたちと一緒にできたらどんなに楽しいだろう。

まだまだ病棟に入って塗料を使う許可は出ません。

いつか病棟でも!

と願う毎日です。

Mari Manabe Official Website

Smiling Hospital Japan Official Website