〜さすがプロだね!〜

「さすがプロはすごいね~」

「今度読み聞かせる時のヒントをもらいました!」

「もっと聞いていたい声だったね」

「登場人物に合わせて声色を変えるところ、臨場感がたまらない!」

あちこちのベッドサイドでこんな感想で持ちきりでした。

今日は慶応病院の活動アシスト。

アーティストは声優の平沢ゆかりさん。

素敵な声でお話の世界に引き込む声の専門家。

何キロあるんだろう・・と思うほど重たい荷物を携え・・、もちろん中身は全部絵本。

易感染の子が多い乳児室は4人部屋でも、ベッドサイドごとにガウンを取り替えて活動します。その着替えも結構な作業。

アーティストは汗かきかきの状態でも、当の子どもたちはベッド上で退屈していたのですから、早く早く・・とガウンを着る間も待ちきれない様子です。

比較的小さい子どもが多かった今日の訪問。

ベッドにいながらお母さんやお父さんと一緒に読み聞かせに体を揺らしたり、絵本を指差したりして笑顔が溢れました。

ある子は絵本よりもゆかりさんの顔をジィーッと見つめて・・・。

「ほらほら、見て」

とお母さんが絵本を指すけれど、一瞬絵本に視線が写ってもすぐにゆかりさんの優しい顔に興味が戻ります。

馴染みのない人の訪問も刺激になっているのですね。

もちろんゆかりさんの笑顔は絶品!それが一番の理由かもしれません。

あるお父さんは、

「わあ、あんなにぐずってたのに、笑ってる。信じられない。集中して聞いているよ」

とお母さんに嬉しそうに話していたり。

行ってみないとわからないのが小児病棟。

何歳の子ども?

何人参加できる?

どんなお話が好き?

ケースバイケースに応えられるようにと、キャスターつきのバッグにわんさかと魅力的な絵本や朗読用の本を猛暑の中、子どもたちを思う一心で・・。もちろん実際使うのはそのうちほんの一部であることを覚悟の上で。

アーティストの思いは本当に温かい。

「プロはできて当たり前。だけど病院では褒められ感謝される。もったいないけどとても嬉しくてホッとする」

とアーティスト。

病院ではプロだからこその技術に感動し、また来て欲しい、入院しててもこんなにすごい体験が個別に味わえるなんて、と喜んでもらえる、まさにwin winの活動であること、今日も実感しました。

平沢ゆかりFacebook

Smiling Hospital Japan Official Website

エリアごとの連携はSHJの大切な宝物

スマイリングホスピタルジャパンは東京の本部で事業管理しながら、活動自体は北海道から沖縄まで、12の地区で独立して運営しています。総勢160名ほど。

たくさんの人を巻き込んだものだ、と我ながらよくぞここまで、と思います。

心ある人たちが集まってくれたことに感謝を込めて、気持ちよく活動できているかな、と各地へ思いを馳せる毎日です。

まず地区コーディネーターの存在なしではこのシステムは無理というもの。リーダーとしてしっかりエリアを引っ張ってくれています。

研修会の前に行ったコーディネータ連絡会の風景@日赤医療センター小会議室

業務は病院や施設の窓口、アーティスト対応、活動マッチング、活動付き添い、報告書作成、地区報告ブログ更新など。

地区ごとにカラーがあり、それぞれ、コーディネーターを中心に、十分なコミュニケーションをとりながら仲良く活動を盛り上げています。

時々、コーディネーターに連絡をとり、困ったこと、やりにくいこと、新しいアイデア、エピソードなどを聞いたりするのは、代表としての楽しみです。

先日嬉しいことがありました。

各地区ブログはもちろん、広報など、S N Sでできる仕事を遠隔で行うボランティアがいます。在宅業務のため、地区のメンバーともメールやラインでの連絡が中心で、会う機会がありませんでした。

やっと一堂に会したのは3月に開催したSHJ全国研修交流会でした。

そんな在宅広報ボランティアが体調を崩して入院したと知った地区のメンバー6名ほどが、揃って見舞いに行ったと連絡が来ました。

その時の様子を写真付きで教えてくれ、真ん中で嬉しそうにピースする当人の周りでキラキラの笑顔で支えるメンバーたちを見て、ああ、いいなあ、みんなあったかいなあ、と心が温かくなりました。

活動者がまず寄り添い合っている・・素敵だな、これは原点かもしれないと感動したものです。

担当のアーティストが突然の体調不良で活動ができなくなると、コーディネータが中心となってささっと連絡し合います。

待っている子どもたちをがっかりさせないようにと、代わりを引き受けるアーティストがいる・・。そんなことはしょっちゅう。

各地区が同じ1つの目的のもと、良い関係を築き、子どもたちからたくさんのことを教えてもらいながらやりがいを持って活動していること、誇りに思います。

コーディネータが核となる各地区のSHJコミュニティへ、本部からエールを送ります。

今年加わったのは沖縄地区と茨城地区。

もっともっと増えますように。

13番目はどこでしょう。楽しみです。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜スマホジくん誕生!〜

スマイリングホスピタルジャパンのホームページトップ画面に、ちょこんと座っている棒人間。

楽器やクラフト材料、絵の具や絵本を散らかして、いたずらっぽくニコニコと。

このイラスト、私が趣味で描いてみたもの。

HPのデザインを一新するにあたり、写真などの素材がない中、「こんな感じにしたい」というイメージを膨らませて仕上げました。

今では、「やっぱり活動中の写真や、何より子どもの笑顔の写真が欲しいよね」

という声もあり、今年中には再度HPのデザインを変えるつもり。

それにしてもこのイラストはなかなかの評判で、

「このイラストを描いたイラストレーターさんに、団体のパンフレットの挿絵を描いてもらいたい」

などと問い合わせをもらったりで、

「おおっ、なんちゃってアーティスト返上か!」

と飛び上がるほど嬉しかったもの。

しかし、

「実はこれ、私が描いたんです・・」

と聞いた次の瞬間、相手はうろたえたように、

「ああ、そうなんですか。すごいですね!プロの方ではないんですね・・」

ということになり、話はお蔵入り。

応用が利かないのでそれはそれで助かった!

さてこの人物に勝手にスマホジと命名していたところ、あるイベントでバルーンアーティスト瞳さんが風船でこのスマホジくんを作ってくれました。

風船のプクプクした感じがあまり可愛くて、写真を撮ってとっておいたところ、スタッフがトリミングをして出来上がったのがこの公式!?スマホジくん。

スマイリング

スピタル

ャパン

の頭文字をとって名付けられたキャラクター。

しばらくは事務所でニコニコしてるど、やがてしぼみ、次のイベントでまた瞳さんが作ってくれるというパターンが定着しつつあります。

改めて、

スマイリングホスピタルジャパン公式キャラクター

スマホジくん

よろしくお願いします!

*この場を借りて、スタッフの皆さん(トリミング担当者以外)にお詫び

・・代表が勝手なことをしてゴメンなさい!・・

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)