モンテッソーリと「環境設定」🧱

人間が自然の法則に従って成長していくのが乳幼児期。

しかし子どもを取り巻く環境は

都市化、機械化、さらにIT化によって

どんどん人工的になりました。

ですから子どもたちは

本来経験しなければならない

必要不可欠の経験さえできない環境に置かれています。

時間を戻すことはできないし

当然機械化やIT化による恩恵は計り知れないものです。

そんな時代にあって

人間の子どもが乳幼児期に経験しなければならないことは

意図的に経験させてやらなければならない。

その方法を生理学的根拠に基づいて教えてくれているのが

モンテッソーリ教育です。

こどもの生命を観察することから始め

子どもがよりよく生きるための支え

と言っていい教育法です。

例えば

✔︎ゲーム機の進化などにより

室内で電子画面を見、電子音を聞くばかりの時間

✔︎核家族化により小さい子の面倒を見る

おばあちゃんおじいちゃんの知恵をもらったり

手伝ったりと言った人間的交流の減少

✔︎利便性の発達によりボタン一つで操作簡単になった故

蛇口さえひねる事ができなくなった

✔︎遊びが変わり指先で細かな作業をしなくなったとか

✔︎外遊びが減り重たいものを運ぶための知恵や

バランスをとって歩くことなど必要がなくなってきている

このような環境のもと

生涯にわたる心身の健康の土台になる

基本が経験ができにくくなった今、

今から100年ほど前に

障害児教育から発した

モンテッソーリの教育方法は

まさに現代にこそ必要なのです。

何かのやり方を親や周りの大人が教える時

「子どもがやりやすい環境を整えること」

「ゆっくり見せること(提示)」

これがまずモンテッソーリ教育の基本です。

自分でするんだ!

という気持ちを大切に

最大限活かせすための環境設定。

そして

その気持ちに最大限応えるために

「してみせること」が有効なのです。

決して大人のペースでなく。

まるで自然の法則を人工的に作っているようですが

それが現代の子どもを取り巻く環境においては

必要不可欠ということです。

それは健常と呼ばれる子も

障がい児と呼ばれる子も同じです。

自分のベストを尽くして

「自分一人でできるようになった!!」

という至上の喜びを通し

子どもたちには

生きる喜びをたくさんもってほしいものです。

🧱 🧱 🧱 🧱 🧱

スマイリングホスピタルジャパンの

重心児在宅学びサポートでは

モンテッソーリ教育の専門家が学習支援ボランティアに加わりました。

例えば、感覚により数の概念や文字を学ぶという

モンテッソーリの理念をかたちにした

感覚教具は

特別支援教育が専門の学習支援ボランティア手作りの

S HJオリジナルユニバーサルさんすうセット。

感覚教具は先に述べた

「子どもがやりやすい環境」作りに当てはまります。

そして

「ゆっくり見せること」

により概念やしくみを集中して体得

できるようにしています。

大好きなモンテッソーリ教育の理念

「子どもがやりたい!と思う環境設定」と

「子供のペースで・・」は、

スマイリングホスピタルジャパンの理念にぴしゃりと重なります。

それは

在宅障がい児へのアプローチ

そして

プロがファシリテーターに徹する小児病棟での芸術活動も然りです。

公益財団法人モンテッソーリ教育綜合研究所

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

 

〜線上歩行!?〜

モンテッソーリ教育の活動の中に「線上歩行」というのがあります。

教室の2×3メートルほどの空間に、幅5cmくらいの白いビニールテープで円が描かれており、綱渡りのように両足を交互に進めていきます。平衡を保てるようになると、手や頭の上にあえて不安定なものを載せて歩くことに挑戦します。

このような練習を毎日続けることは子どもにとって楽しいばかりでなく、体の平衡感覚を身につけ、不注意から怪我をしたり事故にあったりすることから身を守ることにつながります。

モンテッソーリ子どもの家で3年を過ごした息子も、「線上歩行」が好きで、真剣な表情でいつまでもやっていました。最後まで線を外さないで歩けた時の得意げな顔は忘れられません。

線を見つけるとその上を歩きたくなる子どもの習性はまさに、モンテッソーリの言うところの「自然からの宿題」なのだと思います。

つい最近、コマーシャルで使われ、見るたびおかしくて、

「そうそう」

と頷いた場面。

子どもというのは道路の白線や路肩に敷かれた縁石の上をわざわざ選んでバランスをとって歩く習性がある、というもの。

自分にだって覚えがある。お転婆だった私は親が見たら卒倒しそうな場所を選んでいたもの。

昭和の杉並区。

住宅街を流れる神田川には、両岸に架かる無数の一本橋がありました。幅は片足でやっと乗れるほど。

急に懐かしくなって調べてみると、「切梁」と言って、鋼矢板を打ち込みコンクリートで固められた橋で、土圧で土手が崩壊しないように支えるものだそうです。

今でこそ、整備されて撤去されましたが、当時は神田川というと大雨のたびに氾濫していたから(高井戸と浜田山の間のあたり)水深もそれなりにあり、流れも速かったように思います。

そんな危険な場所の幅10cmにも満たない「切梁」が格好の遊び場だったのです。

まさに究極の「線上歩行」。長さは8メートルほどだったと記憶します。

当時をスマホジくんで再現!

小学校低学年の頃でしょうか。やんちゃ仲間と一緒にこの「切梁」をなんどもなんども行ったり来たりしてスリルを味わって満足していたのです。

「危ないからここでは遊んではいけません」

という札は全く効き目なし。

「それが面白いんじゃん!」

てな感じでした。

両親にとって、三人兄弟の真ん中の私は眼中にないから、そんな危険な悪いことをしていたとは知らず終い。

この曲芸はバランス感覚を身につけるのに大変有効ですから、親の目を盗んで犯したことには大きな大きな意味があります。

危険を顧みずスリルを追い求めたあの時代。あの頃があって唯一の取り柄、運動神経の良さが育まれました。何にも活用されていないけれど、奇跡的に命を取り留めた経験はそのおかげかも知れません。

加齢による足腰の衰えを感じるこの頃、なるべく体を動かすようにしています。

「線上歩行」も、流行りのバランスボールと同じようにインナーマッスルを鍛えてくれるかも。

〜モンテッソーリ珠玉の講義〜

研修会での児童発達とモンテッソーリ教育の専門家による講義は、普段から興味を持ってさまざまな関連図書に親しんでいながらも、さらに深い理解に繋がりました。

自分の中での確認作業という意味もあり、ブログで何度も取り上げて整理していますが、やはり臨場感のある講義を聴いていると、生き生きとした子どもとのやりとりが目の前に広がってくるようです。

単に読んで知っていたことも、臨床に基づく説明を通して改めて納得。スマイリングとモンテッソーリ教育との関連性や共通点についての話は、設立の理念やユニークさへの賛同が伝わってきて、心の底から嬉しくてワクワクした気持ちで聞きました。

◇具体的な関わり方・・・SHJの4つの活動方針(左)に、モンテの考え方(右)を対応させた説明は、SHJにも愛情を持ってくださっている証、幸せなことです。

🌀参加型…自発的な活動内容の選択

🌀個別活動…個別の興味に寄り添う

🌀定期活動…何度でも繰り返し

🌀本物のアート…玩具でなく本物を

特に「本物を使う」というところには、子どもの感性への敬いや信頼感が表れていて、まさにスマイリングの理念にぴたりと合うのです。

また「参加型」の、自分で選ぶ、自分で決めるスマイリングの活動には、参加する自由、しない自由もあって、さらにその日の活動のうち何をするかを自分で選ぶ自由も保障されています。

とうぜん、子どもたちが選べる素材の豊富さや環境をプロのアーティストが用意しているからできること、というのが大前提にある。そこがスマイリングアーティストのすごいところ。

物事の正しいやり方をして見せて、決して正さないこと。自分で気づく力を持っているという信頼を置くこと。これもスマイリングアーティストの子どもに対する眼差しにどんぴしゃり!

◇子どもと関わるときの大人の立ち位置として大切にすべきこと・・・大人は決して上にいる立場ではなく、子どもから教えてもらうという真摯な気持ちが必要だとあらためて確認しました。

🌀子どもは自分を育てる力を持っている、という、全面的な信頼のもと関わること。

🌀子どもと接して人格に影響しないことは何一つない、ということを意識すること。数ある例の中で印象に残ったのは、こちらが自由を保障することで、子どもが自由を享受できて初めて相手の自由を尊重できる人になる、という話は説得力がありました。大人の価値観で子どもの自我を抑えつけてしまわないようにしなくては。

自分が幼い時に思ったことや親に理解されなかったこと。

今改めてモンテを知れば知るほど、頑固に自分の世界にとどまっていたことを、それでよかったんだと、肯定的に自分を振り返ることができました。

モンテッソーリについて知っている人も知らなかった人も、示唆に富んだ講義に新しい気づきを得、活動に生かしたい、など嬉しいアンケート結果となりました。

日常生活を抽象概念と結びつけるモンテッソーリ教具がたくさん展示されました。

Smiling Hospital Japan Official Website