便利さは主体性、創造性、情熱の敵!?

研修会講義を振り返って~1~

東京大先端科学技術研究センター教授で、

日本財団とともに実施する「異才発掘プロジェクトROCKET」のディレクターを務める

中邑賢龍先生の講義は

「AI時代の能力と特別支援教育

テクノロジーとアートの果たす役割」

でした。

AIやロボットにより変わっていく社会において、

教育、とりわけ特別支援教育はどうあるべきか・・。

個々の特性や能力を活かすプロデューサーが必要であるという観点から

先生の取り組みが紹介されました。

その中で

一つの価値観にまとめられた多様性ない社会において

不便さや無駄の排除、過度の規格化、思考の停止が蔓延することで

子どもたちの主体性や創造性が低下している現状があるという話には深く頷きました。

教育現場で管理が厳しくなればなるほどその傾向は強まるでしょう。

前回綴った目標設定の強制然り。

アートをはじめとしたユニークさまでも排除される社会になってはならない。

スマイリングホスピタルジャパンの理念が生き続け、

子どもたち本来の姿が尊重されるべきは変わらないよう努力するのが

私たちの使命だと改めて胸に刻んだ次第。

さて、不便さや無駄の排除による

子どもたちに起こっている現象を

興味をひくエピソードをもとに紹介されました。こうです。

日本のポテトチップスの袋には

ギザギザがついていたり、

切り目が施されていたり

開けやすい配慮があります。

「ユニバーサルデザイン」

「合理的配慮」

を超え

誰にでも簡単、楽なデザイン。

これが思わぬ現象に繋がっているというのです。

かたや、外国のお菓子の袋は

お菓子以外に付加価値はあまりなくて

中のお菓子を食べるためには

自分でなんとかしてね、

というスタンスを決め込んでいます。

しぜん、

頭を使わなくては美味しいスナックに辿りつけません。

歯で噛み切ってみたりいろいろ工夫します。

日本の子どもに外国のお菓子を渡すと、

これ、開かない

歯で噛み切ったら?

汚いからイヤだ

じゃ、ハサミで切れば?

持ってない

誰かに貸してもらったら?

面倒くさい

じゃ、どうするの?

要らない

子どものお菓子への情熱を持ってすれば

万難を排して突き進む!

というイメージはもう古いようです。

少なくとも日本の子どもにとっては。

便利すぎるんですね。

想像力や工夫がなくなっている。

便利

安全

壊れない

そんな利点を追求した商品開発のおかげで

つまらない

味気ない

協力の必要ない

工夫したり考えたりが無駄であるかのような世の中になってしまったとしたら、

殺伐としていて味気なく悲しいです。

合理性を追求するあまり

感性や創造性の象徴である

アート

が軽んじられる世の中になってほしくない。

AIやロボットのテクノロジーの発達と

アートの共存

互いが果たす役割について

さらに中邑先生に

伺ってみたい・・・

そう思いました。

教育のグローバリゼーション!

グローバル社会と言われて久しい。

たしかに開発援助がすすみ、産業は国をこえて規制緩和。大国による援助の名の下で行われる目に見えない小国の支配はインフラを中心にめまぐるしい。

だけど、それぞれの国の特有な文化や習慣、考え方まではグローバル化できないところに、大きな落とし穴があるような気がします。

文明、技術、物質の普及を「豊かになった」と喜んでいると、気づかないうちに本当の幸せを見失っていた、そんな例は、皮肉にも、

いよいよローカルの時代~ヘレナさんの「幸せの経済学」 by ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ+辻信一

を読み、さらにドキュメンタリー「幸せの経済学」を観たあと、ブログで感想を綴っています(→7/10投稿「幸せの経済学」)。

さて、日本でグローバル化どころか、世界の流れに逆行する現象が起こっているのが教育。

学校ではフィールドワークだ、アクティブラーニングだと流行語虚しく、授業数を増やし、子どもを教室に閉じこめる時間の延長。夏休みの短縮が起こっています。

知識の量や数値で人を評価するような、無駄な競争社会作りに邁進しているようにしか見えません。

世界の教育事情について北欧を例に書いたことがあります(→2017/7/12投稿「フィンランドの教育」)。チームで協力する姿勢を学んだり、失敗から学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。自分の好きなことを見つけて伸ばしたり、コミュニケーションの力をつける機会がふんだんにある、と。

授業数も日本より少なく、学校の外でのフィールドワークがたっぷりあることも特徴です。

AI(人工知能)の研究が進み実用化が進んでいる今、AIには及ばない部分こそ、学校教育での活動に必要なことなのではないでしょうか。

     AIとは・・人間の知能そのものをもつ機械

        ・・人間が知能を使ってすることを代わって行う機械  

人工知能学会HPより

学校教育での活動に必要なこと、それは、

・・・クリエイティブな思考

・・・社会を良くしようとするコミュニケーション力や行動力

・・・情報をどうやって集め、いかに取捨選択し活用するか  

などを練習すること。

これこそグローバルスタンダードではないかと考えます。

これらの力をつけ、AIとうまく共存することで、

グローバル社会のなかで、

違った民族と自由に意見しあい、

他国と良好で安定した関係を築き、

国民一人ひとりが幸福になるということが、

グローバル化の今こそ、一つ一つの国が追求すべきこと。

それこそが豊かな国力となるのではないでしょうか。

こんなデータがあります。

「高校生の国際比較意識調査」

🌀自分は優秀だと思う

米国・・・88%

中国・・・67%

韓国・・・47%

日本・・・15%

🌀自分は価値のある人間だと思う

米国・・・89%

中国・・・88%

韓国・・・75%

日本・・・36%

日本は謙虚さが美徳とされる国だからの結果でもあるでしょう。

しかし、この数字を見る限り、悲しいかな、若者が幸せになろうと希望する姿が見えてこない。

もっとも、中国や韓国はものすごい競争社会で受験熱が日本以上だと聞きます。

それでもこのデータが物語る理由についてはまた調べてみたいと思います。

日本の教育現場、動きながら課題を見つけ、解決の方法を考え試し自分なりの策を見極め、集団の中で意見を言い仲間と一緒に問題を解決していく。そんな生き生きとした学びの場が少なすぎるのではないでしょうか。

⭕️知識が豊富な人=優秀な人

⭕️一流の大学を出て一流企業に勤めている=価値ある人間

って勘違いしてない? 

それこそが国際基準に激しく逆行です。

国境を越え、人と人が手を携えよりよい地球を作っていく人材を作ることが、教育のグローバリゼーションだと考えます。

優秀になって序列を上げたい」より、

「貧困問題を解決するという志を果たすために勉強して優秀になりたい!」

と若者が言えば、聞いている方だって幸せな気持ちになります。

さあ、何時間も教科書や黒板とにらめっこして知識を溜め込むのはやめ、本当に幸せになるための学びへ向かって教育のグローバリゼーションに目覚めよ、日本!

AIの役目を、私たち人間が躍起になっているなんて、

人間であることがもったいなくなるよ。