〜活動はいつもwin win win〜

入院しながら闘病生活を送っていると

ときに後ろ向きな気持ちに襲われます。

お友達はどうしてるかなあ・・

自分のことを忘れてしまっただろうか・・

妹や弟は元気にしているかなあ・・

早くおうちにかえりたいな・・

寂しい・・

治療は辛い。なぜ自分だけこんな痛い思いをしなくてはならないんだろう・・

だけど、自分が病気になってしまったせいでお母さんが大変・・

いい子にしていなきゃ・・

辛いなんて言っては心配をかけるから・・

我慢して早く退院するんだ・・

そんな思いから、無理に笑顔を作ったり、自分の気持ちを抑えたり。

お母さんはそんな我が子の気持ちはとっくに察している。

一番辛いのは子どもなのに、かえって気を遣わせている、

できることなら代わってあげたい。

そんなに頑張らなくていいんだよ、と言ってあげたいのに

余裕がなくなってしまっている。

そんな親子の葛藤が日常続くと、ギクシャクした関係を作ってしまうかもしれません。

また、兄弟や父親としても、

入院している当人のことが一番心配だけれど、

日常的に一番正面に向き合う付き添いの家族、

・・母親だったり父親だったり・・

との意思疎通や寄り添い方に戸惑いを感じることもあります。

チーム医療には医療者の他に、

心理士

保育士

ケースワーカー

など多職種が参加し、患者、家族への心のケアへの介入は十分行われています。

しかし、心理へのダイレクトなアプローチはときに

特に患児には「支援されている」

という受け身な気持ちにさせてしまうかもしれません。

僕は私は自分だけなんだ、

という自尊心が損なわれないような関わりが必要です。

2018/8/27 投稿~心に寄り添うということ

でも述べていますが、

直球でない寄り添いが、子どもに主体性を促し

笑顔や達成感を生みます。

やりたい気持ちをそっと引き出し、

やりたくなったら参加する

SHJの質の高い定期的アートプログラムがまさにそれ。

主体的参加型芸術活動によって、

子どもたちは、

心から楽しみ、

夢中になり、

心のままに自分の世界に没頭します。

我が子が喜んで自分から取り組む姿に、

お母さんが安堵し、救われたと話す方もいます。

お母さんが笑うと子どものストレスや心配が減っていく・・

そんな笑顔の連鎖が医療者を安心させます。

医療を施しながら子どもの心のバランスを心配する医師や看護師。

ホッと胸をなでおろし、職務に没頭できると聞かせてくれた医師もいます。

そればかりか、

「一緒に子どもたちのために頑張りましょう!」

と、医療とアートのコラボを意欲的に進める医師もいます。

患児

家族

医療者

の間に起こりがちな閉塞した煮詰まり感や

一番密接でいながら立場的な相入れなさがあるとすれば、

医療でない立場として病棟に身を置く私たちが

誰もが楽しみながら解決できる実践者かもしれません。

 

もちろん、私たち自身が活動を楽しみ、子どもたちから学ばせてもらっていますから、

誰もが嬉しい活動です。

まさにwin win winの連鎖。

三方よし!

〜「みんな同じ」の苦痛〜

食の細かった小学校低学年時代。

給食の時間が嫌いでした。

特に嫌だったのは、時代を思いっきり反映する

脱脂粉乳。

小学2年生ぐらいまで飲まされていた!!覚えがあります。

いや1年生の時だけだったかな、あまりの苦痛にその期間が長く感じられます。

アルミの丸いやかんにたっぷり入っていて、給食当番がアルマイトのカップに均等に!注ぎます。

少しにして・・・

と懇願するも、「みんな同じ」量じゃなキャダメだよ。

とあしらわれ・・。

確か、クラスに1人はいる健康優良児然とした体格のいい子は、

何食わぬ感じでごくごく飲んでいました。

お代わりまでして眩しすぎる!

味覚を疑う余地なしのたくましさ!

しかし尊敬の眼差しというには程遠く、

ショッキングな光景に、幼心にあっけにとられた💧。

その時の気持ちはっきりと覚えています。

ネットサーフの結果、

牛乳給食に移行し始めたのは1958年、完全牛乳給食になったのは1963年

とありますが、杉並区は遅れていたのでしょうか。

私が在学したT小学校は、少なくとも1960年代後半までは脱脂粉乳のミルクだったこと間違いありません。

これほどの負の思い出、忘れたくても忘れられませんから。

これを飲まずに済むにはどうしたらいいか、そればかり。

勉強どころではありません。

だから週末はのびのびしたものでした。

さて、給食は健康優良児だろうが、小柄な子だろうが、

基本は「みんな同じ」量。

基本の量が足りない子はお代わりできます。

それなら基本の量が多すぎる子だっているはず。

そんな子は脱脂粉乳を減らしてと懇願した私の心境と同じで、

少なく盛り付けて欲しいと頼んだところで、

「みんな同じ」と一蹴されるかまたは先生に言いつけられ、食べ終わるまでマークされるか。ここでも平等の名の下に同じを強制されるんですね。

最近では完食を指導されたことがきっかけで不登校や体調不良になった、

というケースがすごい勢いで増えていると新聞で読みました。

担任にわかってもらえない不信感や強要される恐怖などからでしょうか、対人恐怖症になる場合もあるとか。

牛乳を無理やり(怖い!)飲まされたことでPTSDになったり。

転校せざるを得なかったケースも。

さらに完食指導が訴訟に発展した例もあるそうです。

背景には食品ロス削減の考え方が。

しかし、身体や心に傷を負うほどまでにここにこだわる?

何が大切かに思いを巡らす余裕なく、近視眼的になり血眼で「食べろ!」と迫る怖い先生の顔。

不登校にならないほうがおかしいでしょう。

新聞の記事では、

「給食は本来、楽しく食べて、食事の大切さを学ぶ場。強制は絶対にやめて」

との支援団体の訴えを紹介しています。

食べることは生きることの基本。

健康のために偏食をなるべく治す必要はありますが、

それは楽しく美味しく食べながらしか実現しません。

国が進める食育とは・・・

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。食育基本法:農林水産省

この基本法の中に「完食」の言葉は1つも見つかりませんでした。

「健全な食生活」を実現するために、無理やり完食を迫り、身も心も傷を負わせてはシャレですみませんよ!

食育の推進=完食

との勘違い多発!

「みんな同じ」量を食べることに何の意味もありません。

食べることを楽しむこと。

心豊かに暮らす本当の幸せにつがなる気がします。

〜入院して初めての笑顔〜

「あっ」とおどろくトランプマジックに興味を持ち「もう一度見たい」という思いがわいてきた。その時に体調が悪かったがモジャさんが来てから元気になったからまた来てください。待っています。

病棟で時々とるアンケート。小5男児の感想です。一度見たマジックが強く印象に残っていたのでしょう。入院中に、ちょうどSHJの活動がありマジシャンが来てくれて元気になれたんだね。

そしてお母様からのコメントも添えられていました。

2週間ほど、抗がん剤の副作用に苦しみ、歩けず話せず起き上がるのも容易ではない状態の時、モジャさんが来てくれて数々のマジックを見せてくださいました。大好きなマジックを眼の前で見られたことに感動で、その一瞬は痛み、苦痛から逃れることができました。息子に入院してのち、初めて笑顔をくださったのがモジャさんです。今でもあのひと時の感動が忘れられません。「また来るね」と声をかけてくださいました。息子と待っています。長く苦しい闘病生活に感動と癒しをありがとうございました!

アンケートは活動の向上が目的ですが、とるほどに、SHJの理念とプログラムがすっかり受け入れられ喜ばれていることがわかり励みになります。

モジャさんはじめ、SHJのアーティストによる参加型活動は、単なる気分転換の楽しい時間という枠を超えた「凄いアーティストの本格的な芸術活動」。

目の前で繰り広げられるダイナミックなアートは「入院してたからできた体験」とも言われ、入院生活を「➕」に変えるほどの力を持っています。

さらに他のお母様からは、

今年の頭に息子が入院して、気持ちが落ち着かない中、保育士さんから塗り絵ワークショップに誘っていただきました。鮮やかで細かな色使いの絵葉書に、心が温かくなりました。入院して3ヶ月が経ち、息子がイラストの塗り絵をしています。異年齢の子どもたちが集まり、歓声を時々あげながら、皆懸命に塗っています。黙々と集中して塗っている息子を見て、他の子供達を見て、気持ちがさらに温かくなり、希望で胸が熱くなります。このような機会を与えてくださりありがとうございます。息子が塗った絵は、いつも心配して祈ってくれている祖父母に送ります。今後も楽しみにしています。

お母さんたちにとっても大きな力になっていること、嬉しくなります。

病棟保育士さんからのコメントからは、日々子どもと家族全体に寄り添い支える立場としての温かさが伝わってきます。

いつも楽しく素敵な活動を企画してくださり、ありがとうございます。毎回違った内容で、次はどんな人たちが来るのかな?と子どもたちだけでなく、付き添いの方、スタッフも楽しみにしています。内容が様々なのでその度に子どもたちの目の輝きも違い、その姿を見ていてとても嬉しくなります。病棟で生活している子どもたち、そして付き添いの方たちにとても大きな刺激になっているのだな、と感じています。

医師からは、

子どもたちが笑顔になることが我々病院スタッフにとって、一番の喜びです。子どもたちの未来のために、ともに頑張りましょう!

医療者に一緒に頑張ろうと言われることは私たちの本望。SHJの活動が現場で欠かせないものなのだと気づかせてくれます。

入院してから初めて笑った!

どれだけ我慢してきたのだろう。

そんな子どもたちのために、もっと頑張ろう。もっともっと多くの病院や施設で活動ができるように!

SHJが子どもたちに笑いをもたらせば、医療者も安心して治療に専念できる。

→治癒率が上がる、早くなる・・!

→子どもたちに、家族にもっと笑顔!!

そんな公式を勝手に作っています。

SHJヒストリー34〜そして沖縄へ!〜

2012年5月に神奈川ではじまり、その後、東京、宮城、京都、大阪で。

さらに北海道、静岡、愛知、広島、兵庫、福岡へと広がったSHJ。

今年は茨城、そしてついに国内最南端の沖縄地区が宮古島で設立となりました。

宮古新報による沖縄地区設立紹介の記事 アーティストのコメントが最高です。中央は地区コーディネータの神原夫妻。

活動する病院、施設の数は現在合わせて44。登録方法、活動の形態や報告の仕方はそれぞれがちがっていて、各地区のコーディネータが工夫して運営しています。雰囲気や患者さんたちへの向き合い方もそれぞれで、戸惑いながらも勉強になります。

病棟に入ることができるのは基本保護者のみだから、病院と団体がいかに信頼関係を築くかというのも大きな鍵。

個人でボランティアをさせてください、と言ってもなかなか入れないのはそのためで、「まずはスマイリングホスピタルジャパンに登録してください」と案内してくれる病院もあったり。

そんなこんなで、現在活動しているアーティストは130を超えました。

たった6年弱でどうやってここまで広げたの?

とよく聞かれるけれど、はじめた張本人としても、

自然と・・。

としか言いようがないくらい、無理してアーティストを誘ったわけでも病院に営業したわけでもない。

この団体を設立に駆り立てた何かが、いざ活動が始まると勢いを増した、という感じ。それもやっぱりごく自然と。

趣旨に賛同する人が後を絶たない草の根の支えが基本にあります。

そして支援してくれる団体や企業も。

そんな方達に見守られ続けることで継続発展がある。

実際の活動は、地区をまとめるコーディネータのちから、そしてアシスタントの存在がなくては全く無理。

その上で、アーティストがアーティストを呼び、アーティスト一人ひとりの素晴らしいプログラムが実績となり活動場所が増えました。

もちろん紆余曲折はありました。

残念ながら撤退した病院や地区もあり、わずかながらアーティストやコーディネータを辞めた人も。苦い思い出も悔しい無理解も屈辱も、そして理不尽な思いもすべて糧にできたかな、と今だから言える。

困難と向き合う子どもたちに教えてもらったたくさんのことは、かけがえのない宝もの。

それさえあれば、転んでも転んでも前を向いていけそうな気がします。

これから出会う子どもたちやお母さんたちからも、心ふるえるような感動や気づきをいただきながら、今後スマイリングホスピタルジャパンがどんな風に成長していくのか、ワクワクします。

さらに高め合える人がもっと増えたら未来はさらに輝くにちがいない。

スマイリングをもっと盛り上げながら自らも成長したいと思う人、こんなやり方どう?とアドバイスしてくれる人をどんどん巻き込みたい。

全国に広がった今、改めて関わってくださる方達へ感謝し、草の根の活動を大切に、そして開かれたNPOでありたいと思います。

Smiling Hospital Japan Official Website