〜バルーンアートの魅力🎈〜

バルーンは見るだけけで笑顔にさせてくれます。

ワクワクして思わず触りたくなります。

そして触ればそのぷくぷく感がさらに笑顔を増します。

 

動物ならだっこして癒されますし

お花ならいつまでも持って眺めていたい。

ベッド枠で揺れるハートも

明るい気持ちにさせてくれます。

パーン!

と割れる音を連想して怖がる子どももいますが、

それはアーティストが膨らませているときに

大人が耳を塞いで

割れるよ、割れるよ。

とあえて怖がらせているから。

だから大人は先入観を振り払って我慢我慢。

と言ったアーテイストもいました。

プロのアーティストだからまず作っているときに割れる

ということはほとんどないのです。

風船は割れるものという固定観念を持たせては楽しさ半減です。

ただし、病棟プレイルームが南向きだったり

西向きだったりすると

時間によっては温度が上がって風船は割れやすくなるもの。

だから部屋が暑く感じる場合のみ

少し注意が必要です。

🎈 🎈 🎈 🎈 🎈 🎈

スマイリングホスピタルジャパンでは

たくさんのバルーンアーティストが活動しています。

バルーンアーティスト瞳さんがアースディでSHJのロゴとスマホジくんをバルーンで飾ってくれました。

同じバルーンといってもそれぞれとても個性的です。

うさぎ、くま、お花、剣、犬などは一般的に見えても

アーティストや

バルーン教室で作る子どもたちなど

作る人によって全く違います。

SHJは見るだけ、もらうだけ・・

じゃないから子どもたちも

ときにはお母さんたちもアーティストになって

作品を仕上げることができます。

色を選ぶ

膨らませる

結ぶ

ねじる

組み合わせる

形を整える

一つひとつの工程に

違った楽しさやドキドキがあります。

風船? 可愛いね。 作ってもらって飾りたいな・・。

だけではその醍醐味は伝わりません。

一瞬の表面的なイメージで終わらせたらもったいない。

SHJは必ず参加型の活動です。

🌀膨らませるときはポンプの力の入れ具合

🌀結ぶ時のコツ

🌀ねじる時の勇気の大きさ

🌀動物を作るなら足の長さや数を見越してねじる位置を決める

回数を重ねるうち、どのように分割したら

バランスのとれた形ができるか工夫することで

考えることや概念学習にもつながります。

ダックスフンドなら

足はこれくらい短くていいかな

とか想像して楽しみながら製作活動に没頭できます。

さあ、できたらみんなで見せ合って

一匹いっぴきの違いは豊かな多様性に気づかせてくれるかも。

アートは人を幸せにする!

実感です。

*ラテックスアレルギーの子どももいるのでその点もSHJは細心の注意を払っています。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook