SHJヒストリー15 病棟でおしゃれ!~

病気や治療の副作用で髪が抜けることがあります。甲状腺の病気や糖尿病などが原因だったり、治療の副作用としてはがんや肝炎など。多くの場合、原因となっている病気や治療が終われば、個人差もありますが、半年から1年で再び髪も元通りになるようです。

しかし、女性の場合はその間、人に会いたくなくなるほど辛いものです。女の子だって小さい頃からおしゃれしたいもの。髪が抜けてしまったらどれほど落胆するでしょうか。

先日テレビの特集で、高校生が社会貢献の部活を立ち上げ、抗がん剤による治療中の子どもむけに髪を寄付しているというのを知りました。かつら業者に無償で持ち込み、抜け毛で困っている患者さんのためのウィグにしてもらうためです。規定の長さまで我慢して伸ばし、バッサリ! 女子だけでなく男子も趣旨に賛同して参加しているそうです。

人の痛みに思いを巡らすことのできる若者の存在が嬉しい。この高校生がどんな経緯でこの部活を立ち上げたかは見逃してしまいましたが、若い人が自ら人権意識に目覚めるストーリーは爽やかな気持ちにさせてくれます。

勤務していた病院では、医療用ウィッグの業者が出入りし、かつらの注文を取っていたのを度々目にしました。治療中の女の子とお母さん、ウキウキ楽しそうに髪型を選んでいる風景にホッとしたものです。

そんな中、お母さんもひと工夫。ニット帽に毛糸で三つ編みをあしらったとても可愛いウィグ付き帽子を作って我が子に被らせていました。このアイデアはお母さんたちの心を躍らせました。希望する子に注文を取ってせっせと作るお母さん、そして楽しみに待つ子どもとお母さん。病棟に当事者同士の思いやりのコミュニティが出来上がっていく様子、お母さんたちの力強さ、愛情の深さを感じたこと、強く印象に残っています。

おしゃれもアート。主体性エンターテイメント。素敵なもの、綺麗なもの、楽しいものは憧れを生み、人と人をつなぎます。楽しい会話も生まれ元気にしてくれます。

💅 💇 💄 👗 👒 👔 🎀 👚

スマイリングホスピタルジャパンも、子どもたち、お母さんたち向けのネイルアートやヘアメイクを提案中。衛生面や薬剤使用によるリスクが邪魔をして病院から許可を頂けないでいますが、今ではオーガニックで代用できます。

そろそろもう一度提案してみましょうか・・。病院はもっともっと変わるはず。

 

Smiling Hospital Japan Official Website