クリスマスの余韻は子どもたちからのメッセージ

年の瀬、この1年間でいただいた感想から一部を紹介します!

子どもたちの感想はいつもワクワクドキドキ。

💮すごく楽しみにしていて、本当は安静にしていなければならいのに、看護士さんに無理を言って見に行きました。 Wさん

💮きのうはたのしかったです。おどりがとくに、たのしかったです。おんがくがたのしかったです。 Sくん

💮点字について教えていただきありがとうございます。私はと中参加となってしまったけれど、点字について気になっていたのでとても楽しむことができました。点字をうっているとき、きちょうな体けんをすることができたな、と思いました。うつときには、もっと時間がかかると思ったけれど、そんなに時間はかからないさぎょうだと思いました。 Aさん

💮たのしかった。またきてね。 Kくん

💮一番おもしろかったのは、口からトランプが出てくるところです。でもだいたいたねはわかりました。小5 Yくん

お母様からの感想はいつも励みになります。

💮初めてのジャグリングでした。どういう反応をするか予想がつきませんでしたが、お兄さんがボールを出した途端ニコニコ。ジャグリングが始まると、お尻をぴょんぴょんさせ、楽しさ爆発でした。自我が芽生えてからの入院は退屈で、かなりイライラも溜まっていたようでしたが、素敵なリフレッシュをさせてもらいました。親子共々楽しめました。ありがとうございました! Eくんのお母様

💮紙を折ったり切ったり、というシンプルな作業でかわいいイラストと写真の紙で遊べるので、言葉が出ない、指先の力があまりない娘でも楽しく過ごせる内容でした。とくに六角返しのパズル、にわとり→たまご→ヒヨコがお気に入りです。パッと絵が変わるのが、いないいないばあ、と同じようで、笑いながら楽しんでいました。Hさんのお母様

💮今日はとても素敵なマジックをご披露いただきましてありがとうございます。傘が飛び上がって見えるようなパントマイムは面白かったです。息子よりも母の方が熱中してしまいましたが、口からトランプが出てくるマジックを見た息子が不思議そうな顔をしていたもが印象的でした。間近で見たにもかかわらず全くタネがわからなかったトランプマジックには驚きました。 Tくんお母様

保育士さんからの感想は時に辛口。それが大事。

💮今年2回目の紙芝居でしたが、今回も参加した人たち全員が楽しんでいました。特に1人でお泊まり(入院)している子たちは、終わった後も、「楽しかったね、また見たいね」「いい歌だね」と話し、とても楽しんでいました。また、参加していたお母さんたちもゆっくりした時間を過ごすことができたと思います。ありがとうございました。  お願い・・お話のところで「死んじゃった」などの表現があるところが気になりました。「死」を連想させる表現は避けてください。

*************************************************

死生に関わることは文学の世界では避けて通れないもの、それによってグッと内容が迫ってきて感動を呼ぶものなどがあります。表現者としての立場としては難しいところでしょうが、場をわきまえた文学、という観点ではアーティストにとってはジレンマというところでしょうか。デリケートな部分、大切に寄り添っていきます。保育士さん、ご指摘ありがとうございました。

来年に向けてさらに楽しみに、そして励みになるメッセージ、大事にします。

Smiling Hospital Japan Official Website