〜不適切な指導〜

「ばかやろう」

「殺すぞ」

と怒鳴る。

ものを投げつける。

日常的に暴力を振るう。

・・・・

これらは

生徒への教員による

不適切な指導

行き過ぎた指導

と呼ばれます。

同じやり方で我が子をしつけたら、

不適切なしつけ?

行き過ぎたしつけ?

とはいわず、

明らかに

虐待

であり、

親は

児童虐待防止法違反や暴行罪、

傷害罪、強要罪

で逮捕される可能性があるほどの罪。

何か問題があると

「不適切な~~」

というタイトルがつくこと自体に違和感を感じます。

不適切=適切でない

暴力は適切でないどころか

犯罪ですよ!

どこか加害者をかばう

要らない思いやり

を感じてしまいます。

特に教師と生徒

親と子

のような

力のあるものと非力なものとの関係において起こる事象に関して。

虐待を受けて自宅で死亡した小4女児(千葉県野田市)の事件についていえば、秘密だと言いながら助けを求めたアンケートを加害者の父親に渡すという

非力な行為どころか

子どもを守る立場が行なった愚行により

最悪の事態を招いたのです。

・・・・・

弱い立場である子どもが

大切にされないのは

大人自身が非力だからです。

非力だから

非を「不適切」などという文学に

変えたりするのでしょう。

・・・・・

何れにせよ、

不適切な指導や

虐待が主な理由であろう自死が

10~14歳の子どもの死因で1位であること。

-2017年厚生労働省による人口動態統計による-

近年日本で自殺者が減っている中、

この年代の子供たちの人数が増えている。

しかも少子化の時代に!

子供の孤独度が世界一、という恐ろしい事実がこの実態を表しています。

国連の関連団体が発表する

各国の幸福度ランキングも参考になります。

日本は156カ国中58位。

昨年からさらに4つ順位を下げました。

OECD経済協力開発機構の調べによると、

加盟国36カ国中32位と

特に先進国の中で幸福度が低い現状が浮き彫り。

もはや先進国なのか・・。

経済力と心の満足度がアンバランスな状態=

競争社会の中で人間が人間らしく幸せに生きることができない図

見事と言っていいほど、

OECDの打ち出す順位に現れています。

大人が社会生活の中でストレスを抱え

精神的な余裕がないことが

不適切な

行き過ぎた態度

という結果に出てしまうのでしょうか。

立場や知識を振りかざす大人に対して

子どもは圧倒的に非力。

そんな相手に

「殺すぞ」

「ばかやろう」

などと怒鳴る・・。

自分を貶めているだけだと感じます。

恥ずかしい大人に対して

子どもは心の中で馬鹿にしながらも

身の安全のために

従順に振る舞わなくてはならない。

性的虐待

暴行

差別

など現場での被害者の心理構造は皆同じです。

👨 👩 👴 👵 👦

まず不適切な指導!をしてしまう教員は

自分の行いを俯瞰してみてほしい。

その醜さに気づき、

子どもを怒鳴る前に

自分を省みてほしい。

子どもは見透かしていますよ。

かわいそうな大人・・と。

大人がもっと本当の大人になりましょうよ。