レモネードスタンドの日🍋

2000年にアメリカの少女が

自宅の庭で始めたレモネードスタンド。

小児がんと闘っていた

アレックス・スコットさん考案

「小児がん治療研究支援のレモネードスタンド」は

瞬く間に全米、カナダへと広がりました。

もともと

アメリカの子どもたちが

小遣い稼ぎのために行う

レモネードスタンドはとても一般的でした。

これにヒントを得て、

収入を小児がん研究と啓発のために

寄付しようとアレックスさんは考えたそうです。

(→レモネードスタンドについて

これに倣って日本では2016年に

日本レモネードスタンド普及協会が設立され

レモネードスタンドを通して

小児がんなど小児医療支援のための寄付活動

啓発活動 

などを行なっています。

アメリカで6月12日を

「アレックスのレモネードスタンドデー」

として各地でチャリティイベントが行われていることから

日本ではこの日に一番近い日曜日を

「レモネードスタンドの日」としています。

今年は昨日6月16日でした。

この日に各地でイベントが開催されたり

秋には大学や高校の文化祭で行われたりなど

活動の認知が高まり広がっているようです。

🍋 🍋 🍋

SHJの活動は

入院、入所している子どもたち。

この中で長期入院している子どものうち

小児がん患者の占める割合は非常に高いのです。

SHJも学生の校外プロジェクトや

自主上映会等イベントを通して

難病や障がいと闘う子どもたちについての

普及啓発活動を少しずつ進めているところです。

日本では年間約2500人の子どもが罹ると言われますが、

その実態はまだまだ知られていません。

15歳以下の子どもが罹るがんを

小児がんと言いますが、

不慮の事故に次ぎ、

14歳までの子どもの死亡原因の第一位にもなっている、

本当は身近な病気なのです。

また、小児がんサバイバー(→がんサバイバー 医学書院)にとって、

晩期障害のために

治癒後であっても学業、就職など社会生活で

困難を抱える場合がとても多いのです。

もしかしたら近くにそんな方がいるかもしれない。

隣人の痛みを理解するために

そして

今まさに小児がんと闘っている友人のために

普及啓蒙活動はとても大切。

楽しみながら多くの人に知ってもらうチャンスが広がれば

さらにその活動は

飛躍的に大きくなるでしょう。

英語のことわざ

”If the life gives you lemon, make lemonade”

というのがあります。

「人生があなたにレモン(酸っぱい試練)を与えるなら、レモネードをつくればいい(甘みを加えて美味しくすればいい)。」

日本レモネード協会ホームページで紹介されていました。

なんてお洒落で

なんて愛溢れる

コンセプトでしょう。

週末のレモネードの日。

一年で一番たくさんのレモネードが飲まれた日だったことでしょう。

東京新聞でも紹介されていました