〜いじめ件数、前年度の3倍!〜

実態調査による2016年度の都内公立校のいじめの認知件数と、その増加傾向についての新聞記事を読んだ。都教育庁は、増加原因はいじめの捉え方を広げたことが考えられる、としている。

どこか現実に向き合っていない狡さを感じる。

専門家のコメントが続く。「学校が小さな兆候を見逃さないようにしなければならない。いじめの芽を摘み取るために学校ができる具体的ノウハウを示す必要がある…」と。

いじめ防止対策として、「初期段階から対応して芽を摘む」というのは、随分前からよく耳にする表面的表現。その先にある具体策は?

これまで学校がいじめに向き合ってこなかったとしたなら今後、どう向き合うつもりなのか。

文部科学省HP「学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント」の中に、

●全ての児童生徒への適切な教育指導として

 1「いじめは人間として絶対に許されない」という意識を一人一人の児童生徒に徹底させなければならない。いじめをはやし立てたり、傍観したりする行為もいじめる行為と同様に許されないという認識、また、いじめを大人に伝えることは正しい行為であるという認識を、児童生徒に持たせること。

2 いじめられる児童生徒や、いじめを告げたことによっていじめられるおそれがあると考えている児童生徒を徹底して守り通すということを、教職員が、言葉と態度で示すこと。

●いじめの早期発見・早期対応として

 教師が児童生徒の悩みを受け取るためには、まず何よりも、全人格的な接し方を心がけ、日頃から児童生徒との心のチャンネルを形成するなど深い信頼関係を築くことが不可欠であること。

とある。

生徒に向き合うよりも、事務仕事に追われて長時間労働を強いられ、過労が蔓延する現場に、子どもたちと深い信頼関係を築く時間的、精神的余裕はない。

家庭に地毛証明を出させる学校が多いというのが最近話題になった。

それに対応するため他府県で色の明るい地毛の生徒に染毛を迫る教員が現れた。

決まりありきで教師自身に想像力のない思考停止が起こる事態。

情けないかな、現実のことである。

人権を平気で侵害する学校が全人格的な接し方ができるのか。

文科省の掲げるいじめ対策が絵に描いた餅にならないことを願う。

大勢の中の一人として数値で評価する教育システムを必要な限りなくし、一人ひとりがその子らしくいていい社会。違いがあって当たり前、違いを評価し合える学校。競争が好きな人、できる人はすればいい。体力の違いや、身体の不自由も人それぞれ。自分なりの幸せのかたちを自由に模索、確立できる社会になれば、意地悪な気持ちや相手を蹴落とそうとする歪んだ競争心も生まれないだろう。いけないことはいけないと声を大にして言える、そして本来人間が持っている正義感をのびのびと発揮できるだろう。

いじめ・・学校の中だけの問題ではない。

社会が変わらなくては・・。

参考資料:文部科学省HP「学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント」

 SHJヒストリー25〜ボランティアなしでは病院は成り立たない!〜

神奈川県立こども医療センターのボランティア組織は全国のモデル。

各地から訪れる見学者が、その運営を参考にしているようです。

病院にはボランティアがいて当たり前、ボランティアがいなければ成り立たない、そんな欧米に比べれば、日本は病院でのボランティア活動に対する意識はまだまだ途上にあります。

そんな中、この病院ではボランティアの気持ちを大切にし、気持ち良く活動ができるような様々な工夫がされています。

例えば定期ミーティング。意見交換、活動紹介、バザー手伝いの募集等々で賑やかです。

また、広々と明るいボランティアルームには活動の合間にホッと一息するための計らいが。

冷蔵庫の中に自由に飲んでいいドリンク。テーブルの上にはちょっとつまめるスイーツ。十分な荷物置き場とロッカーも。

縫製のボランティアさんたちが慣れた手つきでミシンを踏んでいる傍ら、こちらのテーブルでは打ち合わせ、あちらのテーブルではクリスマスオーナメントや名物のつるし雛を手縫いするグループ。そしてSHJはといえば活動前のリハーサル。病棟へ行く前後、ボランティアルームに居合わせた方たちに音楽や紙芝居を披露させていただくこともしばしば。みなさん、得した気分!と言って喜んでくださいます。

「子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かぶね!」と。

まとめているのは、オレンジクラブというボランティアグループ。

ボランティアコーディネータを中心に300人以上がボランティアとして登録、個人と団体30近いグループがさまざまな活動をしています。

オレンジクラブのボランティアの手作りつるし雛はこの病院の名物です。
季節ごとの飾り付けは患者さんの楽しみ。病院ロビーに花を添えます。

 

グループはボランティア募集を目的にパンフレットを作成、総長さんのコメントも添えられています。

「オレンジクラブのボランティアさんたちは子どもたちが病院にいることの緊張感や 不安感を和らげてくださっています。 専門職と並んで欠くことのできない存在。 通院や入院されているこどもたちやご家族の支援のため、ボランティアの人材を必要としています」

パンフレット ボランテイアのご案内 より

子どもたちのために何かできることをしたい、と集まってくるボランティアたちをスタッフの一員として位置付け、信頼し、期待を寄せる病院の考え方は、ボランティアのモチベーションを高め、結果、開かれた病院というイメージにつながっています。モデルといわれる所以がここにもあります。

パンフレット 神奈川県立こども医療センター ボランティアのご案内 

ホームページ 神奈川県立こども医療センター オレンジクラブ 

たくさんのボランティアをまとめるコーデイネータは優しさの中にも厳しさが。

時にはピリッと辛口のコメントあり、お叱りあり。

最初の活動場所でボランティアのあるべき姿を叩きこまれた、と言ってもいいかもしれません。

開始してから1年間、神奈川県立こども医療センター1カ所で月に4回の活動を通して実績を積みました。

その実績が他の病院からの信頼を得ることにつながりました。

5年間で変わったこと。

活動場所が45までに増えたこと。

そしてSHJスタッフが子どもたちがら学びながら楽しく気持ち良く活動するスタイルを築けたこと。

そして一番は、子どもたちの笑顔が増えたこと。

続く・・。

Smiling Hopsital Japan Official Website

SHJヒストリー24 ~念願叶ってスタート!でも現実は・・~

基本的に小児病棟へ入ることができるのは患児の両親だけ。

面会の時は兄弟であっても病棟の外で待ちます。

特に学齢期の子どもは、学校などの集団で風邪を含む感染症に罹りやすいもの。

面会時に病棟へウイルスを持ち込む危険性が高く、免疫力の低い患児への影響を防止するためです。

大人であっても極力感染のリスクから子どもたちを守る観点から病棟へ入ることはできません。

そんな厳しい環境の中でリスク排除ばかりにこだわれば、子どもたちの日常生活が単調で全くつまらないものになってしまいます。

今では多くの病院が、治療を受けるばかりの生活が果たして患児たちのためなのか、大切な成長期を犠牲にしてはいけないのではないかと、子どもの成長をトータルで考えるようになりました。学校教育の保障は浸透しても、さらにエンターテイメントや趣味、芸術などの文化的活動がもっともっと必要なのではないかという理解が広がりました。

そんな背景から、感染症のリスクから子どもたちを守ること大前提に、病棟でのボランティア活動が広がりました。

・・・感染症のリスクから子どもたちを守る・・・

そのためには採血による抗体検査をし、基準値に満たない場合はワクチン接種をします。

検査対象の感染症は、はしか、水疱瘡、おたふく風邪、風疹です。

検査結果、ワクチン接種証明、そして1年以内に受けた健康診断の結果を、病院への活動申込書に添えて提出し、承認されて初めて病棟に入ることができます。

大好きな兄弟も入れないところに入れてもらうのですからどんな厳しい審査も受けて立つ!そんなボランティアが全国各地で活動しています。

そんな中、

~プロの芸術家がダイナミックでワクワクするような質の高いプログラムを子どもたちに!~

というSHJの働きかけは大胆で刺激的だったようです。

まずやってみましょう。

というボランティアコーディネータの理解のもと、はじめに訪問したのは血液腫瘍等の、長く過酷な治療を要する長期入院の子どもたちの病棟。

まず看護科長(病棟看護師長さん)さんのもとへご挨拶。

「これからどうぞよろしくお願いします」

看護科長さんは、心なしか頬に緊張をにじませながらも笑顔で、

「子どもたちのためにありがとうございます」

それまでのボランティアとは違った、ちょっと変わった雰囲気に不安を隠しきれない様子でした。

そしていざ、プレイルームへ。

子どもたちやお母さんたちは、

「何だろう、何だろう・・」

と興味と不審が入り混じったような複雑な表情で迎えてくれました。

しかし、医師や看護師はといえば、緊張の連続の中忙しそうに立ち働く中、歓迎する様子は微塵もなく・・。

笑顔で受け入れるなどという余裕は全くない、むしろ煩わしい。

院内学級のベッドサイド授業で、医療の妨げになっているかもしれないと感じながらの身の置き場のなさには慣れていたけれど、改めて、

ボランティア?面倒だな・・そんな空気が痛く刺さりました。

そんな現場に構わず、私たちを送り出したボランティアコーディネータは頑として子どもたちのサイドにいる人なんだと感動したのを覚えています。

コーディネータの笑顔と現場の険しい表情と・・・

これは試されている・・

現実の厳しさに打ちのめされながらも、初回、終わる頃には笑顔ほころぶ子どもたちとお母さんたちに救われました。

活動させていただき、ありがとうございます。

まずはスタートが切れたことに感謝と安堵。

この瞬間から、子どもたちにもっともっと楽しんでもらい、必要とされる活動にするにはどうしたらいいか、自問自答の日々が始まりました。

子どもたちが心から楽しんでくれたら、きっと医療者たちを唸らせることができる!

医師たちの厳しい表情は子どもたちにとって何よりのストレス。

よし、病棟丸ごと笑顔にするぞ!!

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official website

〜日本民藝館 日常生活に宿る美〜

目黒区駒場にある大好きな場所。

民藝運動の本拠として、思想家、柳宗悦氏(1889-1961)の企画設計により1936年に開設されました。

無名の職人達が作った民衆的工芸品を「民藝」と名付け、その普及と「美の生活化」を目指したのが柳氏らによる民藝運動。

運動に参加したバーナード・リーチや棟方志功の作品も常設されています。

緑豊かな駒場野に埋もれるようなその佇まいは、近代美術館の洗練さとは違う、品の良い奥ゆかしさと控えめさを醸し出しています。

庶民が日常何気なく用いた工芸品の中に宿る美しさを見出し、その審美眼を惜しげもなく公開しようとした創設者のこころねが重なります。

どっしりと落ち着いた建物は、周りの木々に溶け込んでいて風情があります。

純粋な日本の建築様式なのにどこか英国の木造建築のスタイル、ブラック・アンド・ホワイトを思わせ、学生時代が懐かしくなります。

ちょうど「日本人が愛した英国の椅子 ウインザーチェア」展が開催されていて、すべてのアンティーク椅子が漆喰と煤けた木材の色の対比とマッチしていました。

「美」とは眺めるだけで満足するものではない、生活の中に溶け込んでこそ、その意味がある・・・

家具や食器など生活用品が大好きで、そんな私の気持ちをすうっと受け入れてくれる場所です。

観葉植物やインテリア。色や形、配置する角度までこだわると不思議に一角がアートになり、心地よさを与えてくれる。

そんな私の生活の楽しみ方は、まさに柳宗悦氏の哲学と一致しているようで嬉しくなります。

展示品には極力説明を添えないというのがこの館のユニークな方針。

その訳は、知識で見るのではなく、直感の力で見ることが何よりも肝要である、という柳氏の見識によるものだそう。

知識の蓄積が苦手な直感勝負の私にとって、この点も深く共感します。

工芸品とは生活の知恵が形になったもの。でも機能美と一言では表せない温もりがあります。

日本民芸館。

閑静な駒場の住宅街から駒場野公園に向かう途中にあります。

SHJヒストリー23〜見切り発車?いえ、善は急げ!〜

神奈川県立こども医療センターのボランティアコーディネーターにアポイントを取って3月末にまずはご挨拶。待てよ・・。

アーティストがたった一人決まったきり。

見切り発車の常習犯。大風呂敷を広げて大事な時に人様に迷惑をかけては元も子もない。

しかし必要なことを同時進行しなくてはいつまでも物事は始まらないのである。

  企画書を作りながら・・・

  引き続きボランティアセンターに通い詰め・・・

  相変わらずのAlbertからの弾丸メールに返信し・・・

  こっちで相談、あっちで相談・・・

  そしてアーティストあつめに奔走・・・

それにしても仲間はたった一人のコメディアン。

私の慌てぶりを傍観、外野から面白おかしく発破をかけ、時にはちゃちゃを入れるのもコメディアン。

最初のアーティスト、クラウディで良かったのか、悪かったのか。いえいえ、良いコンビだった気がします。

そしてその後は職場の音楽講師のMariさんに打診。

芸術家というのは決断が早い。

「いいですね!私でよければ是非!」

コメディ・・音楽・・、絵画系も必要だ。

間をおかず、前任校の版画家でもある美術講師に企みを打ち明けました。

やはり早い。

「やらせて! さっそく恵里さんのお家で打ち合わせね!」

「アートの力はすごいんだから!!」

さあてと、出来上がった手作り感満載の企画書を提出しに、4月初め再びコーディネータの元へ。

素人色の濃い貧弱なものだけど、かえって気持ちは伝わるだろう。

ワクワク、ドキドキとボランティア室の扉を叩きました。

・・4月初回打ち合わせの後いきなり5月は無理だな、6月のスタートがベスト・・。

そんな松本の思惑の中にも、普段のセッカチぶりが十分発揮されていると思いきや、コーディネータは上手だった!

「4月は年度始めで難しいから5月からやりましょう!」

飛び上がるほど嬉しかったのを覚えています。こちらから提案していることを思ったより早く始めさせてもらえるなんて、先延ばしにする理由はありません。

しかし5月・・。

「私ごとで恐縮ですが、3月に結婚しました。えっと、名刺を新しくしたので・・」

とゴソゴソと名刺を渡す。

「GWに新婚旅行で・・」

「まあ、素敵な名刺。じゃ、帰ったらすぐできるわね」

かくして、初回に向けた病院、アーティストとの活動開始の打ち合わせは、バルセロナ、東京間遠隔で行われたのでありました・・。

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official Website