広がる広がる!小児病棟ウォールアート🕊

日大板橋病院小児病棟の次は

日赤医療センター小児病棟の処置室。

カラフルな鳥や魚が壁を天井を泳ぎ

飛び回ります。

イラストレーターonly-toomariのデザインのもと

プロデューサーは子どもたち。

「どこに貼るのがいいかな」

「この辺りにたくさん飛んでいると楽しいね」

子どもたちと保育士さんと

ワクワクしながらプランを膨らませていると

看護師長さんが入ってきました。

ステッカーを見るなり

「わあ!楽しみね」

「そうだ、剥がしちゃいましょう」

とおもむろに壁に貼ってあった

医療者向けマニュアル?

注意書き?

「ここにあってもどうせ見ないのよ」

と言いながらビリビリと剥がし始めました。

師長さんありがとう!

これで心置きなく貼ることができます。

「やった!好きなところに貼っていいんだね!」

はしゃぐ子ども3人が

  ここがいいあそこがいい

  そこは見えない

  もうちょっと上に

などと言いながらレイアウトを考えます。

まず入り口に立ちます。

  痛いの嫌だな・・

  と渋々扉を開けて入った時に

  目の前に鳥がたくさん飛んでいるように・・。

「あそこ!もうちょっと右!」

「男の子の鳥と女の子の鳥を一緒に貼りたい」

そして今度は処置用ベッドに横になってみます。

  天井にも貼っていい?

  「もちろん!」

自然と目に入ってちょっと嬉しいかもしれないね。

「真上じゃなくて、ちょっと下がいい」

掲示物がすっかりなくなった真っ白な壁には

思う存分たくさん貼ろう。

高いところは長身男子に貼ってもらって。

お医者さんが座った時に

隠れない位置はどこかな・・・

たくさんの医療機器が乗ったワゴンで隠れない場所は?

そしてせっかくだから

壁のシミを鳥で隠しちゃおう。

子どもの手が届かないところに貼るのは

看護実習生や看護師さん。

子どもたちが現場監督になって

看護師さん

実習生の皆さん

保育士さん

看護師長さん

みんな集まって

ガヤガヤと貼っていきました。

「これで私たちも仕事が楽しくなる!」

とは看護師さんの言葉。

嬉しくて心踊りました。

医療者の表情一つで

子どもを不安にさせるか、

安心させるかが決まると言ってもいいくらいですから。

ナースステーションからもバッチリ!見えます。

子どもたちのはしゃぐ様子に

ウォールアートをやって本当に良かったと満ち足りた気持ちになりました。

現場の医療者にとっても居心地のいい空間を作っていること

この上のない喜びです。

それというのも

このワクワクを作っているのは

他でもない

子どもたちだということ。

これこそが

一番の喜びです。

主役はいつでも子どもたち。

これから全国に広げていきます。SHJ小児病棟ウォールアート!

お問い合わせはこちらまで 

only-toomari オフィシャルサイト

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook