〜アートは闘病の力!〜

久しぶりに活動に寄せていただいた感想を紹介します。

まさに、

アートは闘病の力!

💫ねん土がすごくのびてびっくりしました。

かたぬきは、上手にできてうれしかったです。

しゅじゅつして、大へんだったけど、楽しかったです。おうちでかざります。

お花の形のビーズがかわいかったです。またやりたいです。

ありがとうございました。

子ども

・・・手先を動かして夢中になる子ども。病気だからってそれが何なの?!

それくらいのエネルギーを感じます。幼心に、「しゅじゅつして大変だった」

だけど楽しかったと。これから続く入院も頑張れる。痛くたって外に出られなくたって、綺麗でわくわくするアートがあるんだもん。

そんな気持ちかな、と想像します。

💫入院中の点滴やいろいろな管に繋がれて病棟のプレイルームにも行けずベッドの上での遊びに飽き、ストレスで歯ぎしりがひどくなっていました。

ちょうど月曜日の朝、管が2本とれ点滴だけになった時、絵本を読んでくださる方が来ていると伺い、母娘共にワクワクしてプレイルームへ。

迫真の演技に娘の久々の笑顔が見られた喜びと、母である私自身も楽しく声をあげて笑いました。

これまで知らず知らずのうちにためていたストレスが一気に吹き飛んだようでした。

素晴らしい活動、これからも続けていっていただきたいと思います。

頑張って下さい!!                           

・・・子どもらしい体験ができない我が子を思うお母さん、アーティストの訪問にささっと目頭を拭う姿をたびたび目にします。そんなお母さんに笑顔が戻るのは子どもがアートを楽しむ姿を見て・・。 

アートはお母さんにも勇気と力をプレゼントできるのだと確信します。

同時に私たちスマイリングの活動にもエールを送ってくれる。

お母さんは素晴らしい!

💫毎月さまざまな内容のイベントが開催され、短期入院はもちろん、長期入院児も飽きることなく楽しんでいます。

また、付き添いの方もプロの音楽を涙して聴いたり気分転換の時間になっています。

その日の体調でプレイルームに参加できなくても、SHJの方が訪室してくれるのでどの子どもたちも平等に楽しめるのでありがたいです。         

保育士

・・・イベントというような華やかなものではありません。病棟のプレイルームに集まれる子ども3~15人ほど、そしてお母さんやお父さん。

こじんまりとアットホームな集まりです。目の前で、そして参加しながら本物のアートを楽しむ。

安静が必要だったら病室でプライベートコンサートや個別のクラフトワーク。

似顔絵のプレゼントなら、横になっていたって画家さんのスラスラと描く様子を見ながら出来上がるのを楽しみにするのも楽しいひと時。

アートは闘病の力!

 〜私は私!自分で決めるの!〜

新しいアーティストボランティアの初回活動を見学しました。

編み物作家による

「毛糸でなにができるかな?」

というタイトルで、

アナウンサーでもあるアーティストはまずは毛糸にまつわる絵本を読んでからスタート。

活動は編み物作家&アナウンサーの長久保さと子さん。素敵な笑顔がプレイルームを明るくしていました。

1ラウンド目に集まったのは小学低学年~中学年の3名とお母さん合わせて5名。

作るものは、ポンポンかフリンジにリボンをあしらったペンダント。ブレスレットや髪飾りにもできるように材料も豊富にアーティストが用意。

見本を見ながら全員がペンダントを選びました。

毛糸は色の美しさや肌触りの心地よさなど魅力たっぷり。見ているだけで、触っているだけでなんだか癒されるとお母様。

そんなおしゃべりの最中も子どもたちはクリクリと目を動かしながら好きなのを選んでいます。

モコモコふわふわのモヘア毛糸を見つけて、

「わあ、気持ちいい。これなんてどう?」

と思わず促してしまった私。

しまった!余計なお世話は要りませんでした。

「こういうの私嫌い。それよりこっち」

大人の提案なんてうるさいだけ。子どもは、

「私が選ぶの!」

私は私よ!というオーラを放ちながらじっくりと探しています。

そんな様子を、見るとも気にとめるともなくマイペースで作業するのは男の子。

ピンと揃えた4本の指に毛糸をくるくると巻き、別に選んだ毛糸でしっかり結びます。点滴をつけていても、不便さから工夫が生まれたのでしょう。器用に手を動かしています。ゆっくりゆっくり。

ハサミを使う段になるとさらに丁寧に、慎重に。不自由さがあると考えて工夫する力がつくんだな~と関心して見ているうち、1つ目が完成。

男の子は1つ作ってはさらりと、

「ありがとうございました」

互いにあいさつをして病室へ。

クールでかっこいいなあ、と後ろ姿を見送る。

女の子二人はニコニコしながら首にかけて部屋に戻る気配なし。

「もう一つ作る?」

「うん!」

さて次はどんな色?

意外や意外。

1つ目とまったく同じ色の組み合わせを選んだ子がいました。

「違う色にしたら?こんなにあるんだから」

と今度はお母さんのアドバイス。

「いいの!」

ピシャリとどこか凛としたレディーの風格。

色も大きさも全てそっくりの2つのペンダント完成。

「一つはお友達にプレゼントするの」

「そうか、仲良しとお揃いでオシャレするんだね」

「うん!」

楽しみだね。

私は私。自分で決めるの。

そうだったね。

何を作るかも、色も大きさも、そして完成したらどうするのかも、ぜ~んぶ

自分で決めるの!

満足気な笑みがこぼれ、心なしか、胸をえへん!と張ったように病室に戻って行きました。

目の前で体ごと大切なことを教えてくれる子どもたち。

今日も心があったかい。

Smiling Hospital Japan Official Website

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜子どもたちがくれた宝もの〜

✏またきてね。ずっとだいすき。わすれないでね。わたしもわすれない。

ある参加してくれた子どもからのメッセージです。かわいい絵も添えられています。

私たち団体の宝ものです。

時々、スマイリングの活動がどう受け止められているかをアンケート形式で調査させていただき、向上、改善に努めています。

子どもたちはもちろん、親御さん、保育士さん、看護師さんなどの医療従事者からのたくさんのコメントが、活動の励みになっています。

特に子どもは、お世辞抜きの正直な意見を直球でくれるから、ちょっと痛いけど、とても有用です。

「声が大きくて不快だった」

「楽しかったけど大きい人たちにはつまらないんじゃない?」

など辛口の感想も、どんどん書いてくれます。

子どもの素直さはピンポイントで大切なこと、大人が気づかなくてはいけないことを教えてくれます。

こちらも「はい!わかりました」

と素直になれるから不思議です。

こんなメッセージも。

✏二胡演奏は初めて聴いたり触ったりして楽しかったです。触った感想は、思ったより軽くて弦が落ちないように工夫されていると思いました。力を入れなくてもいい音が出せて嬉しかったです。きらきら星が上手に弾けるようになったら楽しいと思いました。

・・・体力の弱っている子どもが「力を入れなくてもいい音が出せた」と満足する様子、改めて、大切にしたい部分だと、教えてくれました。

✏こんなにたくさん笑ったのは久しぶりだったのでよかったです。ふだん病室では音楽を聴かないのでとても新鮮な感じがしました。

・・・入院中の音楽が新鮮で久しぶりに笑った。意外性やサプライズの要素が陽気な気分を引き出し、前向きになるきっかけになります。

✏ずっと退屈していて、ちょうど工作とかしたかったからすごく嬉しかった。

・・・工作などは保育士さんも工夫しているようですが、大勢の子どもたち一人一人に対応するのはなかなか難しい(→12/21投稿 病棟保育士は大きな力)ようです。SHJのアーティストの存在は子どもたちだけでなく、保育士さんの力にもなっていることがわかり、喜びもひとしおです。

子どもたちのキラキラの感性から私たちが学ぶことは、まだまだたくさんありそう。

ワクワクします。

〜またきてね。ずっとだいすき。わすれないでね。わたしもわすれない〜

・・・また来るよ。ずっと大好きだよ。忘れないよ・・・

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 〜スマイリング効果!〜


✏明日外科手術予定の9ヶ月の娘にバルーンを作っていただきました。また痛いことがあるのでは?と怯える娘に優しく楽しく接していただき、娘から笑顔がこぼれました。救われたのは母である私も同じです。


✏入院して1週間、とても久しぶりに息子の笑顔を見ることができました。作っていただいた作品(トンボ)を自分からつかもうと手をのばし、ぶんぶん振り回し、楽しそうにしていました。入院中、我慢や頑張ることが多い中、楽しい時間をいただきありがとうございます。これからも子どもたちの笑顔が見られるよう、続けてもらえたらと思います。


✏入院も長くなり病室から出たくてたまらないストレスで表情に陰りが見えて心配していた中、楽しげな音楽が聞こえてきました。本当は病室の外へは出てはいけなかったのですが、そんな様子を見た医療スタッフの方がプレイルームへの参加を促してくれました。母にとっても新鮮で心を助けられ、励まされました。


痛みや我慢ばかりでなく、友達との交流や外遊びからの断絶。いろんな経験をしながら成長するはずの時期、行動範囲は医療機器に囲まれたベッド上。

母親は、どんな痛みも引き受けるからできることなら代わってあげたい、でも何もできないという自責の念に苛まれ胸が締め付けられるといいます。

かたや、子どもは自分のせいでお母さんが泣いている、と自分を責めてしまう。これ以上悲しませないように、我慢しなくちゃ、と幼心に「ほんとうのきもち」に蓋をしてしまう子どもも多いものです。

そんな中、感性を呼び覚ますようなワクワク楽しい活動は気分をガラリと変えてしまいます。

病院にはなかなかいないタイプのちょっと風変わりな?人たちが、プロフェッショナルアートで意外性とダイナミズムをもたらします。

陽気な風が病棟中に吹き荒れる、という感じ。

ほら!お母さんも笑ってる!

子どもは愉快な気持ちに、そしてお母さんは子どもの生き生きとした姿にホッとする。お母さんの笑顔が子どもを安心させる。

そんなサイクルができます。

もっともっと広げたい、もっと広げなくちゃ、スマイリング効果!

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜ニュースレターVol.16〜

2014年2月に創刊したニュースレター。

4号から季刊になり、早くも今月号が16号目となりました。

何から何まで手作業だった1号発行の涙ぐましい光景については、3/14投稿の、

~ニュースレター発送作業班集合!~に書いています。

16号を掲載します。A4サイズ裏表だけだった1号。2号は4ページに、3号から8ページへと成長しました。回を重ねるごとにさらに読み応えあるものにしていきます。

明日は年に一回全国からSHJメンバーが集まる研修・交流会。

研修会で学んだ後は、地区ごとの活動報告。

そして夜の懇親会はどんなアーティストパーフォーマンスが飛び出すか!

ワクワクドキドキ。

Smiling Hospital Japan Official Website