〜患者になってわかったこと〜

アートを病院や施設の子どもたちに!

スマイリングホスピタルジャパンの4つの活動方針は

🌀本物のアート

🌀定期活動

🌀参加型活動

🌀個別活動

と、1つずつの意義と必要性を綴ってきました。

その過程で

自分自身が患者として長期間ベッド上で過ごした頃を思い出し

その時の無力感、やるせなさが

今の活動に導いてくれたのだ、

改めて確認することができました。

🛌 🛌 🛌 🛌 🛌

意識は戻っても

動けずにベッドに張り付いていた頃。

上半身はコルセットで固められ、右肩から手首まではギプスと包帯でぐるぐる巻き。

指先まで自分の意思では動かない。

点滴に耐えられる血管を求めてやがて足の甲に針が常駐され、

かろうじてナースコールが左手に握らされていました。

そんな私の周りでは

白衣が動き回り電子音が響き、

そして看護師さんのパタパタという足音が行ったり来たり。

それらが日常の風景になっていました。

しまいにはこの軽やかな足音は○○さん・・

この重々しい足音は○○先生・・

足音の持ち主まで判別できるほどに。

あ、誰かが点滴台を押しながら廊下を歩いてくる。

さっき出て行ったこの部屋の窓側の患者さんが戻ってくるのかな。。

医療機器が載せられたステンレス製のカウンターが

キャスターに揺られてカタカタとやってくる。

どこかの部屋で誰かがナースを呼んでいる。

ナースの小走りが続く。

あの音は夕飯を運ぶキャリアに違いない。

心なしか病院食の匂いが一緒に運ばれてくる。

そんな風に一にちが過ぎる。

音があってよかった。匂いがあってよかった。

情景を想像して楽しんでた。

ささやかなエンターテイメント。

長いようで短いようで。

それにしても単調で退屈なはずなのに、

痛みと不安だけがちゃちゃを入れてくる。

こんな時間の流れに

ダイナミックな刺激があったらとも思うし、

そっとしておいて欲しいという内向きな気持ちもある。

長期入院生活・・

自分には縁のないことと思っていた。

患者になってわかったこと・・・

言葉にできないくらいの

苦痛や心配や無念さが怒涛のように押し寄せてくる。

身体が動かない分、頭の中ではあれこれとマイナスのことばかりがぐるぐる忙しい。

しかしそのうち、自分の生き方を反省し、これからどうしていくべきなのかを考える時間が与えられたのだとわかった。

🎈 🎈 🎈 🎈 🎈

長期入院生活・・

自分を持て余しているなか、

笑わせてくれる人が来てくれたら・・。

おもしろい話をしてくれる人がいたら・・。

歌ってくれる人がいたら・・。

いやいや、あの頃はそんなことは

夢にも思わなかった。想像もしなかった。

時代は変わったなあ。

病院に楽しい催しがあるなんて。

遊びと学びが仕事の子どもたちのいる病棟では

定期、参加型、個別の質の高い芸術活動があるんだって?

入院してないと経験できないかもしれないほどのわくわくを取り入れている病院が増えているとか。

あれ?

それって

いつの間にか自分が設立したNPOの話?

そう、

時代を変えたのは

スマイリングホスピタルジャパン!

長期入院生活の中で患者になってわかったことを通し、

奇跡の生還をどう生かすか

無意識のうちに夢が膨らんでいったのかもしれない。

それならここでもっと勉強しなさい、

子どもたちから教えてもらいなさい、

と連れて行かれたのが病院内の学校だったと。

そんな風に思います。

〜 定期活動のわけ〜

難病や障がいと闘いながら入院している子どもたちに豊かな情操活動を!

そんなスマイリングホスピタルジャパンのこだわり活動方針は、

🌀本物のアート

🌀定期活動

🌀参加型活動

🌀個別活動

このうち「本物のアート」はこれまで

またか~、

と言われてしまうくらい

強調してきたことです。

そしてその次の定期活動の理由は・・・?

不定期だと

生活のリズムや見通しが持てず、

「楽しみに待つ」

というワクワク感がありません。

単発だと

とかく活動者の満足に終わってしまう。

子どもたちがまたやりたい!

と思ってもなかなか次のチャンスは巡ってきません。

「じゃあまた今度の水曜日ね」

というわけにはいかないからです。

病棟へは、きちんと病院と打ち合わせをして手続きをしてからでないと、活動どころか、入ることもできないのです。

定期活動をすることによって、

○曜日の△時からスマイリングのアーティストが来る!

という期待感を持って

子どもたちはその時間を楽しみにすることができます。

保育士さんは生活のリズムになっている、といいます。

医療者は、処置等のスケジュールの区切りに、

看護師さんは○曜日の予定設定に一役買っている、といいます。

家族はその時間に子どもと参加するために用事の段取りを。

 

楽しみにしてもらうために

スタッフが毎回真心込めてポスターを作り、病院に送ります。

必要な枚数を印刷して、たくさんの子どもや家族の目に触れるようにと、

要所要所に貼ってくれる病院スタッフの丁寧さにも感動します。

あ〜、喜んでくれているな、

待っていてくれてるな、と。

質の高い芸術活動を楽しんでもらうこと以外に

これほどの付加価値があるとは

最初は思ってもみませんでした。

どの立場の人にも笑顔を届けられ、

重宝に思ってもらえるとは

夢のようです。

まずは定期活動に星3つ⭐️⭐️⭐️!

Happiness Helps Healing!

Smiling Hospital Japan Official Website

〜なぜアートなのか〜

「医療現場にアートを持っていくことでどんな効果があるのか」

これは団体趣旨の核心となる問いです。

まず、生活の中で心を豊かにするものといえば、

自然とアート

と考えます。

人間の手によって作られたものがアートであり、その反対が自然。

この対極にあるものが満足や精神の安定をもたらしてくれるというのは、

面白い現象だな、とふと思います。

さてそのうち、

団体のテーマであるアートについて考えます。
私の考えるアートとは・・

「アートの豊かさや多様性は、日常の中に反映させることができるもの」

「気分が落ち込んでいる時、体調がすぐれない時に無意識と言っていいほど自然に求めるもの」

「アートの価値は心のままに表現すること。だからアートに取り組んでいるとき、精神は自由でいられる」

こう考えるとどんな環境にいてもアートの多様性を持ってすれば日常を豊かにできる。

だからとても自由で開放的で個別的な価値を持ちます。

病棟やベッド上という極めて限られた空間にいても、一旦アートに向き合えば心は自由でいられるのです。

病院での生活は、与えられるもので過ごしたり、治療を待ったりと受け身になることがほとんど。

毎日が成長過程にある子どもにとって、

感性を呼び覚ますような情操活動は不可欠です。

もちろん、病気を治すために入院、治療します。医療は最優先であることには変わりありません。

しかし、それだけでは痛みや辛さ、閉塞感などに心が折れてしまいます。

白衣、電子音、冷たい機器に囲まれ楽しむことを諦めてしまいます。

子どもを救い、守るための現場が、子どもの心にかえって傷を負わせてしまっては本末転倒です。

見るだけ、聞くだけではこれも受け身となります。

ですから入院中には特に

アートが主体的な創造活動でなければなりません。

やりたい!

と思うような質の高いプログラムを、

専門家がファシリテートします。

その結果、

高揚感 

感動

自発的な行動

をもたらし、

生きる力、生きる喜びにつながります。

クリエイティブな活動が心も脳も活性化させ、愉快な気分になり、

できた!

という達成感や自信につながります。

この自信があったからこそ闘病を乗り越えた経験が

入院生活を前向きに捉え、

生涯の生きる力に結びつきます。

もう一つの自発的アート効果は、

活発なコミュニケーションを生むこと。

閉鎖空間においてのインクルーシブな社会づくりや、

ダイナミズムや感動をきっかけに、共感が生まれ

孤独感や疎外感を吹き飛ばします。

新しい仲間意識も生まれるかもしれません。

入院中は気分も落ち込んで人に会いたくない、と内向してしまうことが多いものです。

そんな時、

「スマイリングホスピタルジャパン

 アーティストと遊ぼう!

ごご2時から プレイルームにて」

そんなポスターを見てたまたま集まった子どもたちは、

一緒に歌ったり、楽器を奏でて1つの音楽を完成させたり、

ものづくりでは自分の世界に没頭し、作品が完成すれば周りの子たちの作品が気になり

互いに見せ合ったりアイデアを参考し合ったり・・。

大道芸で笑いを共有し、飛び入り参加して人気者になったり・・。

一緒に活動し交流するうち、同じ病室であることに初めて気づき、

それからはそれまで締め切っていたカーテンを全開にして

入院中のさまざまな思い、

好きなこと、

元いた学校のこと・・など、

対話が生まれ、

生き生きとした人間関係が生まれます。

活動を通したコミュニケーションによって、

入院生活の質向上や心の安定をもたらすこと。

この意味に置いても、

SHJならではの大きな価値を見出すことができます。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜アートは闘病の力!〜

久しぶりに活動に寄せていただいた感想を紹介します。

まさに、

アートは闘病の力!

💫ねん土がすごくのびてびっくりしました。

かたぬきは、上手にできてうれしかったです。

しゅじゅつして、大へんだったけど、楽しかったです。おうちでかざります。

お花の形のビーズがかわいかったです。またやりたいです。

ありがとうございました。

子ども

・・・手先を動かして夢中になる子ども。病気だからってそれが何なの?!

それくらいのエネルギーを感じます。幼心に、「しゅじゅつして大変だった」

だけど楽しかったと。これから続く入院も頑張れる。痛くたって外に出られなくたって、綺麗でわくわくするアートがあるんだもん。

そんな気持ちかな、と想像します。

💫入院中の点滴やいろいろな管に繋がれて病棟のプレイルームにも行けずベッドの上での遊びに飽き、ストレスで歯ぎしりがひどくなっていました。

ちょうど月曜日の朝、管が2本とれ点滴だけになった時、絵本を読んでくださる方が来ていると伺い、母娘共にワクワクしてプレイルームへ。

迫真の演技に娘の久々の笑顔が見られた喜びと、母である私自身も楽しく声をあげて笑いました。

これまで知らず知らずのうちにためていたストレスが一気に吹き飛んだようでした。

素晴らしい活動、これからも続けていっていただきたいと思います。

頑張って下さい!!                           

・・・子どもらしい体験ができない我が子を思うお母さん、アーティストの訪問にささっと目頭を拭う姿をたびたび目にします。そんなお母さんに笑顔が戻るのは子どもがアートを楽しむ姿を見て・・。 

アートはお母さんにも勇気と力をプレゼントできるのだと確信します。

同時に私たちスマイリングの活動にもエールを送ってくれる。

お母さんは素晴らしい!

💫毎月さまざまな内容のイベントが開催され、短期入院はもちろん、長期入院児も飽きることなく楽しんでいます。

また、付き添いの方もプロの音楽を涙して聴いたり気分転換の時間になっています。

その日の体調でプレイルームに参加できなくても、SHJの方が訪室してくれるのでどの子どもたちも平等に楽しめるのでありがたいです。         

保育士

・・・イベントというような華やかなものではありません。病棟のプレイルームに集まれる子ども3~15人ほど、そしてお母さんやお父さん。

こじんまりとアットホームな集まりです。目の前で、そして参加しながら本物のアートを楽しむ。

安静が必要だったら病室でプライベートコンサートや個別のクラフトワーク。

似顔絵のプレゼントなら、横になっていたって画家さんのスラスラと描く様子を見ながら出来上がるのを楽しみにするのも楽しいひと時。

アートは闘病の力!

 〜私は私!自分で決めるの!〜

新しいアーティストボランティアの初回活動を見学しました。

編み物作家による

「毛糸でなにができるかな?」

というタイトルで、

アナウンサーでもあるアーティストはまずは毛糸にまつわる絵本を読んでからスタート。

活動は編み物作家&アナウンサーの長久保さと子さん。素敵な笑顔がプレイルームを明るくしていました。

1ラウンド目に集まったのは小学低学年~中学年の3名とお母さん合わせて5名。

作るものは、ポンポンかフリンジにリボンをあしらったペンダント。ブレスレットや髪飾りにもできるように材料も豊富にアーティストが用意。

見本を見ながら全員がペンダントを選びました。

毛糸は色の美しさや肌触りの心地よさなど魅力たっぷり。見ているだけで、触っているだけでなんだか癒されるとお母様。

そんなおしゃべりの最中も子どもたちはクリクリと目を動かしながら好きなのを選んでいます。

モコモコふわふわのモヘア毛糸を見つけて、

「わあ、気持ちいい。これなんてどう?」

と思わず促してしまった私。

しまった!余計なお世話は要りませんでした。

「こういうの私嫌い。それよりこっち」

大人の提案なんてうるさいだけ。子どもは、

「私が選ぶの!」

私は私よ!というオーラを放ちながらじっくりと探しています。

そんな様子を、見るとも気にとめるともなくマイペースで作業するのは男の子。

ピンと揃えた4本の指に毛糸をくるくると巻き、別に選んだ毛糸でしっかり結びます。点滴をつけていても、不便さから工夫が生まれたのでしょう。器用に手を動かしています。ゆっくりゆっくり。

ハサミを使う段になるとさらに丁寧に、慎重に。不自由さがあると考えて工夫する力がつくんだな~と関心して見ているうち、1つ目が完成。

男の子は1つ作ってはさらりと、

「ありがとうございました」

互いにあいさつをして病室へ。

クールでかっこいいなあ、と後ろ姿を見送る。

女の子二人はニコニコしながら首にかけて部屋に戻る気配なし。

「もう一つ作る?」

「うん!」

さて次はどんな色?

意外や意外。

1つ目とまったく同じ色の組み合わせを選んだ子がいました。

「違う色にしたら?こんなにあるんだから」

と今度はお母さんのアドバイス。

「いいの!」

ピシャリとどこか凛としたレディーの風格。

色も大きさも全てそっくりの2つのペンダント完成。

「一つはお友達にプレゼントするの」

「そうか、仲良しとお揃いでオシャレするんだね」

「うん!」

楽しみだね。

私は私。自分で決めるの。

そうだったね。

何を作るかも、色も大きさも、そして完成したらどうするのかも、ぜ~んぶ

自分で決めるの!

満足気な笑みがこぼれ、心なしか、胸をえへん!と張ったように病室に戻って行きました。

目の前で体ごと大切なことを教えてくれる子どもたち。

今日も心があったかい。

Smiling Hospital Japan Official Website

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)